Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月25日

公認会計士×中小企業診断士のダブルライセンスの4つのメリット

公認会計士と中小企業診断士のダブルライセンスにはメリットが多いです。ここでは公認会計士と中小企業診断士の現状と将来性や特徴のほかダブルライセンスのメリットをみていきます。また、ダブルライセンスを目指す方におすすめのテキストもご紹介します。

公認会計士×中小企業診断士のダブルライセンスの4つのメリット

公認会計士×中小企業診断士のダブルライセンスで有利に仕事を進める

公認会計士と中小企業診断士、どちらも人気の資格で就職にも有利になるというイメージですが、これらの資格は公認会計士×中小企業診断士で組み合わせてダブルライセンスをとることにより問題解決能力がアップするというメリットがあります。

では、公認会計士の現状や将来性や特徴、中小企業診断士の現状や将来性や特徴とはどのようなものなのでしょうか。ここでは公認会計士と中小企業診断士の特徴や将来性についてみていきます。

公認会計士の現状と将来性

公認会計士は国家資格であり、専門性が高く豊富な経験の積み重ねによって取得できる資格で、取得することによって業務の幅が広がり高収入が望めます。では公認会計士の現状はどのようになっているのでしょうか。

また、公認会計士に将来性は望めるのでしょうか。ここでは公認会計士の現状と将来性についてみていきます。

公認会計士の現状

公認会計士の現状としては、好景気を背景に売りて市場であり、好景気であるといえます。それは、監査業務の厳格化によって公認会計士の作業工数が増えたことに起因しますが、会計士は現在不足しておりこのまま売りて市場の状態は続くと見込まれます。

現状の会計士不足状態が続く限りは、公認会計士の場合には引く手あまたですが、一方好景気はいつまで続くかは不透明で、必ずしもその状態が続く保証がないというのが現状です。

公認会計士の将来性

公認会計士の現状は売りて市場とのことでしたが将来性についてはどうでしょうか。公認会計士の将来性で一番気になるのがAIの登場でしょう。

公認会計士の仕事がAIに奪われると危ぶまれていますが、公認会計士は正確な計算といった機械的な業務だけが仕事ではなく個人事業主や企業から会計の専門家として相談にのるなどコンサルタント業務も行います。よってAIに全ての仕事を奪われる心配はないでしょう。

公認会計士の特徴

公認会計士の特徴としては財務諸表監査業務は企業の財務状況の信頼性を高めるためにも社会的意義が大きく、やりがいも大きな仕事だということです。

独占業務の財務諸表監査において、企業作成の貸借対照表や損益計算書などの財務諸表を検査して企業が不正会計や虚偽の決算報告を行っていないかをチェックしています。また業務を通しさまざまな経営者と関わることも多くステップアップできる材料に触れる機会も多いです。

中小企業診断士の現状と将来性

中小企業診断士の資格は経営に関する全般を幅広く学ぶものであり、国家資格です。企業経営に深くかかわることができる専門資格であり、公認会計士など他の資格と組み合わせることによって、より力を発揮できる資格の一つといえます。

では、中小企業診断士の現状と将来性はどのようになっているのでしょうか。ここでは中小企業診断士の現状と将来性についてみていきます。

中小企業診断士の現状

中小企業診断士は、中小企業経営に関わるさまざまな相談対応やアドバイスを行うことが主な仕事ですが、現状としては独立して仕事にできているという人と企業内診断士となっている人が同じ程度の割合になっています。

中小企業診断士の資格を取得したからといって、いきなり独立開業できる人はほとんどおらず、まずは企業内診断士としてキャリアを積んでから独立への道をすすむというのが現状です。

中小企業診断士の将来性

中小企業診断士の将来性ですが、この資格のみではなかなか厳しいといえます。というのは、中小企業診断士の資格保持者はほとんどが企業内診断士として業務の傍らに行っていることが多く、専門的知識を活かして仕事をしている人が少ないからです。

また、企業に勤めている中小企業診断士の中で独立開業を目指す人はわずか半数にも満たないという現状があります。ただし、他の資格との組み合わせによっては将来性も変わってきます。

中小企業診断士の特徴

中小企業診断士の特徴としては、その企業の経営に関してのコンサルティング業務を行うということです。しかし、実際は資格取得者であっても企業に勤務する企業内診断士として仕事をして、他業務が忙しくコンサルティング業務はあまり行うことがでないのが現状です。

本来であれば中小企業のさまざまな相談にのりアドバイスをする立場ですが、活躍の場が少ないのが問題です。

公認会計士×中小企業診断士のダブルライセンスの4つのメリット

公認会計士と中小企業診断士の特徴や現状、将来性についてみてきましたが、これら公認会計士×中小企業診断士のダブルライセンスを取得することによって相乗効果があります。ここでは公認会計士×中小企業診断士のダブルライセンスによるメリットを4つご紹介します。

公認会計士×中小企業診断士のダブルライセンスのメリット1:問題解決能力がアップ

公認会計士×中小企業診断士のダブルライセンスをとることのメリットは問題解決能力がアップするということです。公認会計士は過去の財務データ分析によって問題を見つけることが得意ですが、どうすればコスト削減できるかといった経営課題解決や改善が不得手です。

しかし、中小企業診断士の資格を取得することによって財務面と経営面両方に強くなり、問題解決能力を上げることができます。

公認会計士×中小企業診断士のダブルライセンスのメリット2:数字に強くなる

公認会計士×中小企業診断士のダブルライセンスをとることのメリットとしては、数字に強くなるということが挙げられます。中小企業診断士は企業経営資源の人やモノやお金といった情報を分析して経営改善するための判断をする能力を持ちます。

しかし、税務や会計といった数字には弱い一面があります。しかし、公認会計士の資格を持つことによって財務のプロとなって会計や財務といった数字の側面を強化することができます。

公認会計士×中小企業診断士のダブルライセンスのメリット3:顧客からの信頼度

公認会計士×中小企業診断士のダブルライセンスをとることのメリットとしては、顧客からの信頼度を得ることができるということです。

公認会計士も中小企業診断士もどちらも国家資格であり信頼性は高いですが、どちらも持つことは大きな強みで顧客からの信頼はより強固になります。財務の面でも経営改善の面でも頼れるパートナーとして、企業からの信頼はより大きなものになるでしょう。

公認会計士×中小企業診断士のダブルライセンスのメリット4:仕事の幅が広がる

公認会計士×中小企業診断士のダブルライセンスをとることのメリットとしては、仕事の幅が広がるということが挙げられます。

中小企業診断士として経営診断ができ、また公認会計士として監査業務を行うことができ、経営コンサルタントとしての仕事の幅が広がります。また、経営コンサルタントとして活動範囲も広がって、専門とする分野が広がりスキルを強化することができます。

公認会計士×中小企業診断士のダブルライセンスを活かせる3つの仕事

公認会計士×中小企業診断士のダブルライセンスをとることでメリットがあるということがわかりましたが、これらのダブルライセンスを活かせる仕事とはどのようなものになるのでしょうか。

ここでは公認会計士×中小企業診断士のダブルライセンスを活かせる3つの仕事をみていきます。

公認会計士×中小企業診断士のダブルライセンスを活かせる仕事1:中小企業のコンサルティング業務

公認会計士×中小企業診断士のダブルライセンスを活かせる仕事としては、中小企業のコンサルティング業務が挙げられます。

中小企業診断士は経営診断や、それをもとにどのように経営改善するかというアドバイザー的業務に強みを持つ一方で、公認会計士は決算や財務などの監査業務を得意としており、それら二つの分野を持つことにより中小企業のコンサルティング業務で活躍することができます。

公認会計士×中小企業診断士のダブルライセンスを活かせる仕事2:ベンチャー企業での経営幹部

公認会計士×中小企業診断士のダブルライセンスを活かせる仕事にベンチャー企業での経営幹部が挙げられます。ベンチャー企業の経営幹部は少ない人員で何でもこなせる人材を求めています。

公認会計士と中小企業診断士のダブルライセンスを持っていると両方の資格を一人でこなせるために役立ちます。事業の側面と経営の側面両方を見ることができるダブルライセンスは早い段階で経営者に近いポジションを目指せるということです。

公認会計士×中小企業診断士のダブルライセンスを活かせる仕事3:監査法人

公認会計士×中小企業診断士のダブルライセンスを活かせる仕事仕事として監査法人が挙げられます。監査法人というと、公認会計士の資格があれば十分ではと考えられる方は多いでしょう。

しかし、監査法人は現在、ただ企業の財務を管理するだけではなく企業のコンサルティング業務の担うことが多くなっています。その際に、企業経営や改善点を提示できる中小企業診断士の資格が活きてきます。

公認会計士×中小企業診断士のダブルライセンスを所得する際におすすめの書籍4冊!

公認会計士×中小企業診断士のダブルライセンスをとることで、企業のコンサルティング業務で役だったり、また顧客からの信頼が高まったりとメリットが多いことがわかりました。

では、公認会計士×中小企業診断士のダブルライセンスをとるために役立つ書籍にはどういったものがあるのでしょうか。ここでは、公認会計士×中小企業診断士のダブルライセンスを取得するためにおすすめの書籍を4冊ご紹介します。

公認会計士:24週間で独学合格!公認会計士試験マル秘学習法

24週間で公認会計士試験を独学で合格するということをコンセプトに、その学習法を紹介します。公認会計士試験にむけて何から勉強すれば良いかわからないという方におすすめの一冊です。公認会計士試験合格のための勉強の進め方や考え方を学ぶには最適の一冊といえます。

大変、良いです。独学で会計士を目指すのは、難しいようですが、独学する上での要点がわかりやすです。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1PHECP2YJ8Z... |

公認会計士:公認会計士試験 社会人が独学合格する方法

社会人になってから公認会計士の資格をとろうと奮起している方に最適な、通勤時間やスキマ時間を使って勉強する方法を教えてくれる一冊です。

短時間の勉強で成果を出したい、自分の勉強法に自信がないという方も、夢をあきらめることなく難関試験に挑むことができるよう著者がとっておきのメソッドを公開します。ダブルライセンスを目指す方にもおすすめの一冊です。

限られた時間の中で勉強し成果をあげる方法が分かりやすく解説されている。また、筆者の他の資格試験や社会人経験によって培われた試験前のコンディション整え方も載っていて非常に参考になった。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3JGWVON2H02... |

中小企業診断士:中小企業診断士 最速合格のための スピードテキスト

中小企業診断士試験の合格に必要な知識を簡潔かつ的確に記載したテキストです。中小企業診断士の試験に出題される項目の要点をコンパクトにまとめており、学習ポイントや体系図もあり、わかりやすい一冊となっています。

また、企業経営に関する基本事項が簡潔にまとめられており、後で見返す場合にも役立つテキストとなっており、ダブルライセンスを目指すためにおすすめの一冊です。

コンパクトにしっかりとまとめられています。
わかりやすい解説と丁寧な説明でじっくりと学習できます。
例題も参考になりますし、欄外の「補足」「解説」がとても読み応えがあって参考になります。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2J992UWI29T... |

中小企業診断士:ゼロからスタート! 金城順之介の中小企業診断士1冊目の教科書

全頁オールカラーのわかりやすいテキストで、中小企業診断士試験合格への最短ルートを提示してくれる一冊です。

資格総合スクールLECで人気の講師が初学者でもわかりやすいように中小企業診断士試験合格のため、過去問を徹底文先して、1次試験2次試験に共通する基礎知識や応用科目をまとめたテキストとなっておりダブルライセンスをとるのに最適な一冊です。

タイトルに「1冊目の教科書」とあるように、中小企業診断士試験の概要や勉強方法のコツ、二次筆記試験対策でも必要となる基礎的な知識、を資格受験校講師がまとめた本です。中小企業診断士試験の学習範囲のうちこの本の内容がカバーしているのは基礎的な部分のみで、二次筆記試験にあまり関係しない内容はバッサリ落とすなどメリハリの効いた内容になっています。1冊目というコンセプトに合った構成は好感が持てました。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/RRNMVRTZD174... |

公認会計士×中小企業診断士のダブルライセンスで活躍の場を広げましょう!

いかがでしたか。公認会計士×中小企業診断士のダブルライセンスをとることにより、問題解決能力が高まり、数字にも強く企業の経営改善方法も提示でき、メリットが大きいということがわかりました。

公認会計士も中小企業診断士もどちらも国家資格で、取得するためには大変な学習必要です。しかし、それ以上にダブルライセンスをとるメリットがあります。公認会計士×中小企業診断士のダブルライセンスで活躍の場を広げましょう。

Related