Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月25日

ブランドマネージャーに求められる10のスキルとブランド戦略のメリット

皆さんこんにちは、今回は「ブランドマネージャーに求められる10のスキルとブランド戦略のメリット」と題し、「ブランドマネージャーに求められる10のスキル」をピックアップし、その際に必要なブランド戦略のメリットを具体的にご紹介します。ぜひご参考下さい。

ブランドマネージャーに求められる10のスキルとブランド戦略のメリット

ブランドマネージャーとは

ブランドマネージャーに求められる10のスキルとブランド戦略のメリット
ブランドマネージャーというのは、「特定の企業が持つ企業ブランドや製品ブランドを円滑に世間(市場)へ浸透させること」を念頭に置き、そのブランドによって企業利益を継続的に図る人のことを言います。

このブランドマネージャーが企業で活動することを一般に「ブランドマネージャー制」と呼び、これは「個別の担当者が、商品ブランドに対するすべての責任を担う制度」を指します。各商品ブランドの収益に結び付ける仕事です。

ブランディングの種類

ブランドマネージャーに求められる10のスキルとブランド戦略のメリット
ブランドマネージャーのスキルの1つとして「ブランディングの種類を円滑に賄うこと」があり、その種類には「機能的ブランディング」、「感情的ブランディング」、「自己表現ブランディング」などがあります。

機能的ブランディングは「顧客にとって欲しい情報を持つブランディング」となり、感情的ブランディングは「好印象を持つ物」を指し、自己表現ブランディングはブランドを自己派生する内容を指します。

エクスターナルブランディング

ブランドマネージャーのスキルが生かされる内容の1つに「エクスターナルブランディング」というものがあり、これは「経済市場や顧客にとって好印象を与えるブランディング効果をねらうもの」で、主に企業側から外へ向けたブランディングの効果を指します。

このブランドマネージャーが持つ「エクスターナルブランディング」のスキルによって、企業ブランド・製品ブランドは継続的に維持されていくことになります。

インターナルブランディング

次に「インターナルブランディング」ですが、これは先述の「エクスターナルブランディング」の場合とは逆の意味合い・効果となり、企業が社内の社員・関係者に対してブランド効果を影響させるものとしてあり、これもブランドマネージャーの重要なスキルです。

主に企業ブランドを独自に発展させていくための土台作りがメインとなり、このインターナルブランディングを賄うスキルによって、企業利益の将来が安定します。

ブランドマネージャーに求められる10のスキル

ブランドマネージャーに求められる10のスキルとブランド戦略のメリット
さてここからは「ブランドマネージャーに求められる10のスキル」と題し、実際にブランドマネージャーとして働く際に必要なスキルを10個の形でご紹介していきます。

ブランドマネージャーの仕事は主に「企業ブランド・製品ブランド」を円滑に世間・市場に展開させ、少しでも多くの顧客にとって好印象を持たせること、またその印象操作をもって企業利益に直結させることなどが意識されます。

ブランドマネージャーに求められるスキル1:ブランディングの知識

ブランドマネージャーに求められる10のスキルとブランド戦略のメリット
まず「ブランディングの知識」ですが、これはブランドマネージャーが独自のスキルを培う上では十分注意すべき内容になります。

一般的にすべての企業は「自社ブランド」というものを持っており、そのブランドは企業そのものへの信頼や、商品価値などを高めてくれる効果があります。

このための資本・土台を担うのがブランディングの知識となるため、ブランドマネージャーはそのスキルを十分活用する必要があります。

ブランドマネージャーに求められるスキル2:マーケティングの知識

ブランドマネージャーに求められる10のスキルとブランド戦略のメリット
これもブランドマネージャーにとって重要なスキルになりますが、マーケティングの知識というのは基本的に「企業の存続を約束し、その企業の将来像を安定させていくための資本」ともなるため、ブランドマネージャーはその点を大いに考慮する必要があります。

この場合に必要なスキルは主にコンサル系の実力で、経営コンサルタントとして企業ブランドを円滑に市場へ展開させていけるだけのスキルが十分求められます。

ブランドマネージャーに求められるスキル3:知的財産に関する法律の知識

ブランドマネージャーに求められる10のスキルとブランド戦略のメリット
ブランドマネージャーは主に「ブランド」という無形財産・知的財産を扱って企業利益を伸ばす仕事に就くため、この「知的財産に関する法律の知識」を持つことは非常に重要なスキルになるでしょう。

たとえば他社のブランドを勝手に使用してしまった場合、あるいは他社ブランドに酷似する内容のブランドを使用した場合には、その被使用者(ブランドを盗用された企業)から告訴を受けることもあり、その点で信頼を失うことがあります。

ブランドマネージャーに求められるスキル4:ファシリテーション能力

ブランドマネージャーに求められる10のスキルとブランド戦略のメリット
「ファシリテーション能力」とは、主にミーティングの場への発言・参加を促し、議題(テーマ)を整理して、参加者の認識や相互理解をサポートすることによって得られる「組織や参加者の活性化」や「組織と社員との協働を」促進させる能力のことを指します。

つまり、企業独自に催す会議・ミーティングにおいて提案されるアイデア・企業展開の方法などを全社員に認識させる仕事で、これもブランドマネージャーの重要なスキルです。

ブランドマネージャーに求められるスキル5:コミュニケーション能力

ブランドマネージャーに求められる10のスキルとブランド戦略のメリット
ブランドマネージャーだけでなく、これは企業に勤めるすべての役職者に求められる重要なスキルの1つとなります。企業交渉や企画の説明をはじめ、製品の紹介・宣伝に使うテロプを考え、それを第三者に伝える際などには、必ずコミュニケーション能力が重要です。

コミュニケーション能力はこの場合、「話し合う能力」と言うより「交渉能力」、「解説能力」の意味合いのほうが強く、ブランドマネージャーの重要なスキルとなります。

ブランドマネージャーに求められるスキル6:プレゼンテーション能力

ブランドマネージャーに求められる10のスキルとブランド戦略のメリット
ブランドマネージャーの重要なスキルの1つとして、この「プレゼンテーション能力の促進・向上」があります。プレゼンテーションというのは主に「自社で扱う製品の説明・売り込み」をするために設けられる情報提示の場となります。

ブランドマネージャーに就く場合にはこの「プレゼンテーション能力・スキル」を十分向上させておく必要があり、それによってブランド効果も促進されるでしょう。

ブランドマネージャーに求められるスキル7:観察力

ブランドマネージャーに求められる10のスキルとブランド戦略のメリット
ブランドマネージャーの仕事では主に「企業効果が得られる経済市場をいかに冷静かつ客観的に俯瞰できているか」が勝負になる場合があります。

つまり、他社・競合企業との切磋琢磨し合う形でのブランド促進を担うことがあるため、この場合に「ブランドが市場でどれくらいの価値を持ち、また今後どの程度の経済効果を上げられるか」という点を十分観察する力が必要になります。

ブランドマネージャーに求められるスキル8:分析力

ブランドマネージャーに求められる10のスキルとブランド戦略のメリット
これはブランドマネージャーのスキルとしての「経営コンサル系能力」に関わるスキルですが、この分析力をしっかり身に付けておくことによってその企業の将来安泰が約束され、さらに現状の経済状況の改善や、企業方針の抜本な変革などにも役立てられます。

ブランドマネージャーは経営コンサル系の能力を十分養っておく必要があり、そのうちに「経常分析」のスキルが含まれるため、この点にも配慮しましょう。

ブランドマネージャーに求められるスキル9:計画性などの管理能力

ブランドマネージャーに求められる10のスキルとブランド戦略のメリット
1つの企業を安定させ、さらに将来に向けてその企業利益を継続的に伸ばしていくためには、必ず「企業展開を進めていくための事業計画」と、その計画を断続的・継続的に賄っていくための管理能力(企業管理能力)が重要になります。

この「事業計画を円滑に進め、さらに企業状況安定させるための管理能力」も、ブランドマネージャーの重要なスキルとして求められるため、事前に配慮しておく必要があります。

ブランドマネージャーに求められるスキル10:意思決定力

ブランドマネージャーに求められる10のスキルとブランド戦略のメリット
これはいわゆる「企業がその場その場で取るべき判断能力」と同じになりますが、企業にとって少しでも利益になる道はどちらかを決める場合、あるていど大胆な事業計画の促進を想定しておくことも大切です。

企業利益を伸ばすためには、内外的な経済刺激による分析スキル・客観的なコンサル能力などが必要となるため、ブランドマネージャーの手腕はこの2つの点でも十分発揮されることになります。

ブランドマネージャーの主な役割4つ

ブランドマネージャーに求められる10のスキルとブランド戦略のメリット
さてここからは「ブランドマネージャーの主な役割4つ」について具体的にご紹介していきます。ブランドマネージャーとして働く際にどのような知識・スキル・事前準備が必要かを具体的に想定しながら、それぞれのビジネスシーンで役立つ情報をご紹介します。

基本的にブランドマネージャーとしてのメインの仕事は「経営コンサル的なサポートによって、企業ブランドを伸ばすこと(向上させること)」にあります。

ブランドマネージャーの主な役割1:事業計画

ブランドマネージャーの主な役割としては、まず「企業が将来的に安定する事業計画を立てておき、その期間において企業ブランド・商品価値を顧客に浸透させる」という内容があります。

これによって企業が独自の事業展開・ビジネス規模の拡大を図る場合でも安定して事業を進めることができ、さらにはその企業の関連会社・商品の印象も顧客にとっては好印象が持たれやすくなります。

ブランドマネージャーの主な役割2:商品開発

企業というのは、次々と自社商品を生産していきます。そのため、次々の商品開発を円滑にできるための事業計画も必要となり、ブランドマネージャーのスキルの1つとして、この「次世代において必要とされる商品開発」を抜本的に見直せる能力が求められます。

この繰り返しによって企業規模が拡大していくと言って過言ではなく、一般に出回っている商品やサービスというのは、主に既成商品が改善された内容を持ち合わせます。

ブランドマネージャーの主な役割3:新商品投入計画

ブランドマネージャーのスキルの1つとしても特に重要な点がこの「新商品投入計画」です。ブランドマネージャーとして働く際には、このスキルを十分会得できるステップを踏んでおきましょう。

これは、従来の企業製品から抜本的にその用途・目的を変更した商品に場合に見合わせられるもので、新しい製品を生産してもその製品価値が変わらず顧客・市場に受容される傾向をサポートする結果となります。

ブランドマネージャーの主な役割4:新商品の投入とフォローアップ

これは先述の「新商品投入計画」に関連する内容・スキルとなりますが、ブランドマネージャーの仕事には「新規商品を開発・販売した後に、その製品・商品・サービスが円滑に顧客・市場に浸透していけるための環境整備」が非常に重要なスキルとして求められます。

これによって、1つ1つの製品・サービスの世間への浸透度が変わり、将来的な企業利益を安定させていくための(概略的な)土台を作り上げることができます。

ブランド戦略による企業側のメリット7つ

ブランドマネージャーに求められる10のスキルとブランド戦略のメリット
ここからは「ブランド戦略による企業側のメリット7つ」と題して、主にブランドマネージャーが担うブランドによる印象操作の上で、さらにどれくらいの企業メリットがあるか、また顧客浸透度を担う場合にどれほどの企業の安泰が見られるかをご紹介していきます。

ブランドマネージャーが第一のスキルとして担うべき点は「特定企業がブランド効果によって顧客から信頼されることへのサポート」で、これに十分配慮しましょう。

ブランド戦略による企業側のメリット1:競合商品やサービスとの差別化

まず「競合商品やサービスとの差別化」についてですが、これは自社製品が他企業と比べて「どれくらいの価値が(顧客にとって)あるか」を具体的に示すための指標になります。

この指標(自己利益を確定するための指標)をもって顧客、あるいはクライアント企業はその製品・サービスに対して信頼を持ち、その後の需要に際する根本的な想定をしていくことになります。

ブランド戦略による企業側のメリット2:付加価値の向上と価格決定権

付加価値というのは、単純に見れば「他者(他社)から付けられるその商品・サービスへの価値」となり、その商品・サービスを生産した企業が独自で付ける価値ではありません。

つまり、一度売り出した製品やサービスが世間において付けられる価値を指し、この価値基準が高ければ高いほど、その企業にとっての将来的安定像が飛躍し、確約されることになります。この点を配慮して、ブランドマネージャーは企業利益を促進させます。

ブランド戦略による企業側のメリット3:ビジネスパートナーの協力

企業が自社利益を上げる場合、必ず競合企業(協働企業)、提携企業、雇用(非雇用)企業との連携による土台が必要になります。

ブランドマネージャーの場合も同じく、その企業内で抜本的に企業理念・方針を変革しながら、自社製品やサービスを円滑に顧客・他企業に対してその信頼性を求める時、必ず協働してくれるビジネスパートナーが重要となります。

ブランド戦略による企業側のメリット4:法的保護を受けられる

この場合の「法的保護」というのは主に「一度立ち上げたブランドの効果を法的に保護すること・乱用を免れるための措置」となり、ブランドマネージャーのスキルとしても非常に重要な内容となります。

自社ブランドが他企業・個別営業者などによって乱用・流用された場合、その企業のブランドは顧客にとって「間違った風評」をもたらしてしまうケースが増えるため、この点の保護手段として法的手段に訴える形での保護が求められます。

ブランド戦略による企業側のメリット5:ブランドによるイメージアップ

企業ブランドというのはどのような場面でも「イメージアップを図るための重要な土台」になり、ブランドマネージャーとしてはこの点を十分活用できるスキルが問われます。

このイメージアップというのは主に、起業して2年3年してから必要になってくる場合が多く、継続して経営・運営していく場合には、どうしても必要なスキル・能力として扱われるでしょう。

ブランド戦略による企業側のメリット6:採用活動の効率化

企業ブランドにあこがれて採用応募してくる就活者・転職者も多く見られるため、ブランドマネージャーとしては少しでも好印象を持たせるブランドを考案し、この場合も企業の将来の安定像を事前に図っていく形になります。

企業にとって新社員採用というのは、そのまま将来における企業発展を担う根本的な実力となるため、この点も非常に重要なスキルとして認められます。

ブランド戦略による企業側のメリット7:社内のモチベーションアップ

これは社内に対するブランド効果が期待されるものですが、企業ブランドを広く世間に浸透させ、それなりの顧客信用度を獲得した場合には、その企業で働くこと自体が大きな励みになり、転職者にとっても転職後の定着率を引き上げられることになります。

このように、企業ブランドを充実させ、顧客信用度を引き上げるためのブランディング効果を担う上では、さまざまなオプション的効果が得られます。

スキルを磨いてブランドマネージャーを目指そう

ブランドマネージャーに求められる10のスキルとブランド戦略のメリット
先述では「ブランドマネージャーに求められる10のスキルとブランド戦略のメリット」と題し、「ブランドマネージャーに求められる10のスキル」をピックアップし、その際に必要なブランド戦略のメリットを具体的にご紹介しました。

ブランドマネージャーに求められるスキルで重要な点は、顧客信用度を引き上げることによって企業利益を伸ばし、「企業の将来的安定像」を現状から導き出すことにあります。

Related