Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月03日

人事制度の近年のトレンド8選|人事制度が変化するメリット・デメリット

人事制度は、会社の根幹とも言われています。自分の会社にはどのような制度が最適なのか、頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。この記事では、人事制度の基本から、最新のトレンドまでご紹介します。自分の会社の人事制度について改善したい方は、読んでみてください。

人事制度の近年のトレンド8選|人事制度が変化するメリット・デメリット

人事制度とは

人事制度の近年のトレンド8選|人事制度が変化するメリット・デメリット
人事制度とは基本的な部分は労働基準監督署が定める雇用におけるルールに基づいています。しかし、人事制度の実態は会社によって様々です。会社によって社員の評価方法が異なっていたり、正解は基本的にはありません。

しかし、人事制度を会社で定めておかなければ、社員の評価もできず、社員の教育や成長も損なわれてしまう可能性があります。人事制度とは、社員を管理する上で欠かせないことであり、とても重要なルールです。

人事制度の目的

人事制度を持つことの目的としては、人事を評価するためや人材育成や給料に関する管理などがあります。また、人事制度には求人内容や面接などの基準を設けることも含まれています。

会社は何を販売するか、どのように販売するか、誰に販売するかということでお金が生まれますが、それらは全て人材が作り上げるものです。そのため、人事の教育や人材確保はとても重要なことであり、人事制度はそれらのベースとなります。

人事制度の構成要素

人事制度の構成要素としては。大きく分けて評価、報酬、等級の3つがあげられます。評価は人材教育なども含まれており、個人の能力を見定めることが含まれます。また、等級に関しては、社員を平等に評価するためにもとても大切な要素の1つです。

そして、報酬に関しては評価の延長線にもなりますが、社員のモチベーションアップにも繋がるため、資格を取得できた社員に対してとてもやる気をあたえています。

人事制度の重要性

人事制度は会社の中でもとても重要なことです。もし人事制度がなければ、社員をまとめることも、新しい社員を探すにも支障がでてきます。人事制度の中に社員教育が含まれていることから、社員のスキルアップも激減することが考えられます。

そうなると、会社の業績アップも見込めなくなり、結果的に会社が落ち込んでしまうといっても過言ではありません。それほど、人事制度は重要視する必要があります。

人事制度のトレンド8つ

人事制度の近年のトレンド8選|人事制度が変化するメリット・デメリット
人事制度は時代と共に変化していきます。働き方改革など耳にする機会が多くなりましたが、人事制度に関してもこのような運動が影響していきます。人事制度も社内で現状が正しいのかと見直される傾向があり、人事制度に関してもトレンドがあります。

良き人材を育てるためにも役立っており、これからも人事制度は変化していく見込みです。では、最近の人事制度に関するトレンドをご紹介しまので、ぜひともご参考にしてください。

人事制度のトレンド1:個人重視

人事制度の近年のトレンド8選|人事制度が変化するメリット・デメリット
最近では個人重視な人事制度がトレンドとなっています。個人重視とは、その方の特徴やスキルに合わせて力量を発揮できるように、個人的な評価をすることです。

少し前までは、個人重視というよりかは、グループや部署での人事制度を設けていた企業がとても多かったです。

それに比べてチームワークでの仕事というよりかは、個人の力量を重視する傾向が強くなっているため、年功序列という概念も薄くなってきています。

人事制度のトレンド2:短期的である

ひと昔前の、人事制度は長く同じ会社で働くことを前提に人事制度が作られておりましたが、最近のトレンドでは短期的な人事制度が増えています。正社員を採用するよりも派遣社員を取り入れることもその1つです。

また、長期的に勤めないとなると、転職回数も多くなり何社も経験値があることから即戦力になることが多く見込まれると期待をされています。そのため、数年で昇進になるケースも増えています。

人事制度のトレンド3:情報開示を行う

人事制度の近年のトレンド8選|人事制度が変化するメリット・デメリット
人事採用について最近では、応募者の情報開示を行うことがあります。最近ではプライバシーや個人情報に関する意識が高まっているなか、職務経歴書に偽りがないかを確認する企業も増えています。

確認方法はそれぞれですが、直接退職している企業に連絡をすることもあります。職務経歴書などに偽りがある場合は、採用が決まっていたとしてもその後、不採用になる可能性が高いです。

人事制度のトレンド4:随時評価

人事制度の近年のトレンド8選|人事制度が変化するメリット・デメリット
トレンドの人事制度の中には、随時評価を行う企業が増えています。上司は部下を評価するこ際に、普段からではなくボーナス前や学期ごとに行うケースが多かったなか、最近では随時評価を行う企業は増えているということです。

そのため、昇格なども給料アップに関してもその随時行われるため、社員のモチベーションアップにつながります。

人事制度のトレンド5:ヒアリング方式

人事制度の近年のトレンド8選|人事制度が変化するメリット・デメリット
最近ではメンタルヘルスケアなど、社員の精神的な面に関してもチェックをする傾向が強くなっています。そのため、ヒアリング方式を取り入れる会社も増えています。

ヒアリング方式とは、直接社員と面談をすることもありますが、無記名でアンケートのように希望や願望を記入して社員の生の声を集める企業も増えています。

面談をする場合には、社員同士のよいコミュニケーションにもなるため綿複数で取り組むこともあります。

人事制度のトレンド6:成長志向

社員が楽しく仕事に取り組め、自身で自己啓発に取り組むことが期待される、成長志向を取り入れる人事制度があります。最近では最も注目されている人事制度であり、社員にとっても企業にとっても良い結果をもたらすことが期待されます。

スキルの高い人材を会社は求めますが、入社後もそのスキルや経験を伸ばし続けることができる環境作りにも説教的に取り組んでいる傾向が高まってきています。

人事制度のトレンド7:評価制度の開示

最近の人事制度では、社員を評価する基準やポイントを開示する企業が増えています。そうすることにより、社員は社員でどのようなことを会社が望んでいるか、求めているかということが明確になり、お互いの意向の把握をしやすくなります。

そして、評価制度を理解することで、社員にも見える化となり信頼関係が深まるということも期待されています。そして、その評価内容を元にさらなるステップに踏み出すことができます。

人事制度のトレンド8:給料に反映

人事制度の近年のトレンド8選|人事制度が変化するメリット・デメリット
人事制度は社員のやる気や向上心をアップさせることを目的にしていることも多く、ご褒美は給料に反映するスタイルも増えています。給料に反映されることが社員の満足や納得度合いをあげることができます。

ひと昔前では、業績が良かった社員には表彰状や贈り物などを渡す企業も少なくありませんでしたが、現代のトレンドは社員は名誉よりも、給料に反映されることの方が喜びを感じられる傾向が強いです。

トレンドに合わせて人事制度を変化させるメリット

人事制度の近年のトレンド8選|人事制度が変化するメリット・デメリット
これからの人事制度を考えていく上で、重要なポイントになることが変化です。人事制度もトレンドにあわせて変化していく必要があります。時代と共にIT化も進んでいくなかで、考え方や取り組み方がかわることもあります。

それと同時に、労働基準が変わったり、働き方改革などあらゆる取り組みがなされています。トレンドによって人事制度を変化させるメリットをご紹介しますので、ぜひともご参考にしてください。

成果がきちんと評価される

人事制度をトレンドにあわせて変化させるときにメリットとして、成果が評価されやすくなることが考えられます。近頃のトレンドでは、その都度人事評価をすることが増えており、成果をあげることですぐに評価されることはメリットとされています。

成果を上げることで評価をしてあげると、社員の仕事に対するモチベーションや向上しがアップすることが最近のトレンドです。

評価が先延ばしにされない

人事評価をトレンドで変化させるなかで、評価を先延ばししないということになると、タイムリーに自身への評価に対するアクションを受け取れます。そのため、評価がよくないときには、社員へ指導や注意をすぐに行うこともできるので、改善も早くなります。

評価を先延ばしにすることは、業務改善に遅れをとることも考えられるため好ましくはありません。評価を早くすることにより、社員のスキルアップも百なることが期待されます。

トレンドに合わせて人事制度を変化させるデメリット

人事制度の近年のトレンド8選|人事制度が変化するメリット・デメリット
人事制度をトレンドにあわせて変化させることは、メリットもありますが、デメリットになるケースも考えられます。人事制度は会社の中でもとても重要なルールなため、変更する際にはデメリットも把握しておく必要があります。

時代の流れにあわせて人事制度もトレンドにあわせて変更する必要がありますが、基本的には現状よりもよい方向に向けるために行うことが望ましいです。

正しい評価が難しい

人事制度をトレンドにあわせて変化する際に、正しい評価であるかどうかが難しいと感じることがあります。

評価を遅らせないでタイムリーにするとなると、評価もすぐに行うことになり、全貌を確認しきれていないということにならないように注意しましょう。

トレンドにあわせるだけでなく評価は正しくするべきなので、ある程度は情報収集する時間と、正当な評価をする時間は取るようにすることをおすすめします。

変動が頻繁に起こる

人事制度の変更により、評価をタイムリーに行うことで、個人の評価が頻繁に変動する可能性があります。また、人事制度のトレンドの移り変わりにあわせて、変更していると、頻繁に人事制度がかわり、社内で周知することが難しくなります。

人事制度が頻繁に変更になる事で、社内での人事制度に関することに混乱を招いてしまう恐れも考えられます。そうならないためにも、人事制度を変更する時にはきちんと検討する必要があります。

人事制度のトレンドを押さえよう

人事制度の近年のトレンド8選|人事制度が変化するメリット・デメリット
人事制度の近年のトレンド8選と人事制度が変化するメリット・デメリットのまとめはいかがでしたか。人事制度にもトレンドがあり、トレンドにあわせて変化させることも必要です。

まずはトレンドをチェックしてポイントをおさえていきましょう。

Related