Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月25日

TOEIC800とは?TOEIC800が転職に役立つ5つの理由

TOEICは、転職活動でどの程度役に立つのでしょうか。ここでは、TOEICの点数別に転職にどのような影響を与えることが多いのか紹介していきます。さらにTOEICは、800点あれば大手企業で認められてると言われています。800点を基準にしている会社も紹介します。

TOEIC800とは?TOEIC800が転職に役立つ5つの理由

TOEICとは

TOEIC800とは?TOEIC800が転職に役立つ5つの理由
TOEICとは、英語を日常的に使っていない人の能力を試す試験です。運営は、アメリカ合衆国の営利を目的としない団体が実施しています。世界中で行われている試験なので、就職や転職などで使われることも多いです。

TOEICは、聞き取りと読解力が試される試験です。10点から990点という評価が与えられるので、自分の英語力を試す目的で利用する人も少なくありません。

TOEICテストの概要

TOEIC800とは?TOEIC800が転職に役立つ5つの理由
TOEICテストの概要は、リスニングが100問、リーディングが100問のテストです。聞き取りは約45分間、読解は75分間程度行われます。リスニングに関しては、北米だけでなくオーストラリア、ニュージーランドなども採用されます。

さらに語句を選ぶ問題や間違っている語法を試す問題なのが、出題されます。TOEICテストの対策本などは数多く発売されているので、事前に勉強しておくと良いでしょう。

TOEICの使われ方

TOEIC800とは?TOEIC800が転職に役立つ5つの理由
日本でのTOEICの使われ方は、大学の合格判定や内申点のアップ、転職や就職の際の参考、昇進の材料などです。国際的な力が求められる現代の日本において、能力を確認する役割があります。

今後もTOEICは、幅広い使われ方がされることが確実視されています。TOEICについて知識を深めておくことは、転職を考えている人にとってはとても大事なことと言えるでしょう。

TOEICの点数と転職市場での評価

TOEIC800とは?TOEIC800が転職に役立つ5つの理由
ここからは、TOEICの点数と転職市場での評価を紹介していきます。TOEICは点数が点数が低いよりも高い方が、転職市場で有利に働くことは明らかです。

現在TOEICの点数がいまいちという人は、ひとまずTOEIC800を目指すようにしましょう。TOEICを特に重要視するような大手企業では、いかにTOEICで高い点数を獲得できるかがポイントになってきます。

TOEIC600点未満

TOEIC800とは?TOEIC800が転職に役立つ5つの理由
TOEIC600点未満の場合は、転職にとって全く役に立ちません。履歴書に書くかどうかも微妙な点数なので、800点は獲得することができるように勉強しないといけません。足切りの対象になる可能性があるので、注意です。

この点数の人は、まずは600点を目指してから800点を目指すと良いです。TOEICで苦手だと感じた部分があった人は、その部分を克服するように努めましょう。

TOEIC600~700点

TOEIC800とは?TOEIC800が転職に役立つ5つの理由
TOEIC600~700点の場合は、転職では最低限必要な点数と言えるでしょう。この点数がある人は、大手企業に転職する際に履歴書に書いても良いです。ただ、800点に比べては劣る数字と言えます。

そのため、企業によってはTOEICの点数が低いので採用するかどうか迷ってしまう点数でもあります。この程度のTOEICの点数で満足せず、800点を目標に頑張ると良いでしょう。

TOEIC700~800点

TOEIC800とは?TOEIC800が転職に役立つ5つの理由
TOEIC700~800点は、転職活動に有利な数字です。希望する転職先で採用される確率も上がるので、勉強した成果が出たと言えるでしょう。多くの企業も転職してくる人にこの程度の点数を期待していると言われています。

転職でも有利になる点数ですが、昇進にも大きく関わってくる点数とも言えるでしょう。ただこの数字に満足することなく、TOEICの点数を800点、900点とアップさせることを目指しましょう。

TOEIC800~900点

TOEIC800とは?TOEIC800が転職に役立つ5つの理由
TOEIC800~900点は、グローバルな企業に転職したい場合にとても有利です。海外との取引をメインにしている会社や海外進出している企業の有料ポストに転職することが可能でしょう。

TOEIC800~900点があれば、そもそも英語の自信がある人が多いでしょう。自分の英語力を面接でアピールすれば、採用される確率が上がること間違いなしです。

TOEIC900~990点

TOEIC800とは?TOEIC800が転職に役立つ5つの理由
TOEIC900~990点は、転職先に外資系企業を選んでも良いでしょう。非常に難易度の高い点数なので、転職先で高く評価されること間違いなしです。自己アピールで積極的に自分をアピールしていきましょう。

ただTOEICでこの点数を取ることができても、実際には英語の会話力が無い人もいます。入社後苦労しないように引き続いて英語の勉強をする必要があるでしょう。

TOEIC800が転職に役立つ5つの理由

ここからは、TOEIC800が転職に役立つ5つの理由について紹介していきます。まずは800点を目指そうと考えている人は、どうして評価されるのか知っておくとモチベーションが上がるでしょう。

転職を考えている人は、TOEIC800あると安心できます。英語が苦手な人も理由を念頭に置いておくと良いでしょう。TOEIC800がすでにある人は、今よりももっと良い職場で働ける可能性を秘めています。

TOEIC800が転職に役立つ理由1:ビジネスで使える英語力

TOEIC800が転職に役立つのは、ビジネスで使える英語力が試されるからです。TOEICでは、600から700点以上あればビジネスで英語使える人材だと言われています。

800点は、そのスコアを超えているので十分通用する人材だという認識を転職市場で持たれます。仕事で英語を使うことが多い職場に就職したいと考えている場合であっても、かなり有利になるでしょう。

TOEIC800が転職に役立つ理由2:継続的努力ができることの証明

TOEIC800とは?TOEIC800が転職に役立つ5つの理由
TOEIC800あれば、継続的努力ができることの証明にもなります。転職市場でも普段の仕事から継続して頑張れる人と好印象を持たれることでしょう。TOEIC800は、すぐ達成することは困難です。

繰り返して努力できる人は、仕事もできる人だとと言えるでしょう。何事にも諦めない気持ちは、社会人にとって何よりも大事でしょう。根性があるので、世間で高く評価されるでしょう。

TOEIC800が転職に役立つ理由3:書類選考はほぼ通る

TOEIC800が転職に役立つ理由としては、書類選考はほぼ通るということです。書類選考の時点で足切りに合うことが少ないので、面接対策に集中することができるでしょう。

普段書類選考で落ちることが多い人は、TOEIC800を目指すと良いでしょう。書類選考で悩む日から卒業して、転職活動を有利に運ぶことが可能です。転職先に大企業を選ぶこともできるでしょう。

TOEIC800が転職に役立つ理由4:職責・報酬アップもある

TOEIC800が転職に役立つ理由は、職責・報酬アップもあるという点です。TOEIC800があれば、転職先で今よりも良い立場に就ける可能性があります。

その場合は、今よりも給料アップや仕事のやりがいアップに繋がることも期待できるでしょう。800点も獲得した自分に自身を持てば、強気で転職することも可能です。ステップアップする自分を楽しめるでしょう。

TOEIC800が転職に役立つ理由5:仕事の選択肢が広がる

TOEIC800が転職に役立つのは、仕事の選択肢が広がるからです。TOEIC800があれば、国際的な仕事に就くことも夢ではないでしょう。仕事の選択肢が広がるので、可能性もアップします。

今までローカルな仕事をしていた人は、海外を相手にした刺激的な会社で大活躍できる可能性もあります。800点取ることは容易ではありませんが、努力した分良い企業に転職可能でしょう。

TOEIC800を採用基準にしている大手企業例

TOEIC800とは?TOEIC800が転職に役立つ5つの理由
ここからは、TOEIC800を採用基準にしている大手企業例を紹介していきます。TOEIC800を目標にしている人は、このような大手企業に転職で着ることも夢ではありません。

TOEIC800を採用基準にしている会社の多くは、世界を舞台に活躍しているケースが多いです。やりがいだけでなく給料水準も高い会社が多いので、チェックしてみると良いでしょう。

TOEIC800を採用基準にしている大手企業1:日立製作所

日立製作所は、経営幹部にTOEIC800を求めていると言われています。日立製作所は日本を代表する電機メーカーとして、国内外で知名度の高い会社です。経営を任せる人に英語力を任せることは、経営上大事なことでしょう。

日立製作所で経営幹部候補して転職しようと考えている人は、英語を良く勉強しておくと良いです。大いなる野望を持っている人におすすめです。

TOEIC800を採用基準にしている大手企業2:住友不動産

TOEIC800を採用基準にしている大手企業として有名なのは、住友不動産です。住友不動産は、採用の際にTOEIC800を求めていると言われています。大手不動産会社なので、海外の顧客との取引も多いのでしょう。

住友不動産に転職したいと考えている人は、特にTOEICの点数を気にした方が良いです。点数は高い方がより転職には有利になるので、しっかり勉強しておきましょう。

TOEIC800を採用基準にしている大手企業3:野村不動産

野村不動産は、同じ不動産業を取り扱っている企業です。採用基準としてTOEIC800を求められています。転職したい人は、不動産業の勉強だけでなく英語の勉強もしっかり行いましょう。

さらにこの大手企業では、TOEICの点数は足切りの対象ではないかと言われています。この企業に転職したい人は、点数を稼げるようになってからチャレンジした方が良いでしょう。

TOEIC800を採用基準にしている大手企業4:楽天

楽天は、昇進するためにTOEIC800が必要だと言われています。そもそも楽天では、社内で公用語を英語と定めています。TOEIC800程度無い場合は、会社のメンバーとして仕事に支障が出てしまう可能性が高いでしょう。

また実際に楽天で働いていた人の中には、入社までにTOEICを取ることを求められた経験を持つ人もいます。

TOEIC800を採用基準にしている大手企業5:ソフトバンク

ソフトバンクは、 TOEIC800点以上で報奨金が出ることで知られています。グローバルにスピードを持って成長している企業なので、TOEICを勉強することを推奨していると言えるでしょう。

転職する際には、TOEICの点数が高ければ高いほど有利に働くことは明らかです。

TOEIC800を採用基準にしている大手企業6:旭化成

旭化成は、新卒採用で高いTOEICを基準にしていると言われています。グローバル化の展開を加速させたいと考えられていて、英語ができる人材を求めていると言われています。

旭化成に転職する際には、新卒に負けない英語力が必要と言えるでしょう。

TOEIC800を目指す勉強方法

TOEIC800を目指す勉強方法は、頻繁に出てくる単語を確実に覚えることが大事です。単語の発音も共に押さえておけば、リスニングにも役立つでしょう。さらに文法に関しても頻繁に出題されるものを中心に覚えておけばOKです。

良く出る単語や文法を解説した問題集などをチェックして、集中して勉強することがおすすめです。

TOEIC800点の転職におけるメリットを知りキャリアアップしよう

TOEIC800とは?TOEIC800が転職に役立つ5つの理由
TOEIC800あれば、転職してキャリアアップしていくことも夢ではありません。勉強して努力した分が評価されることが多いので、しっかり勉強して自分の武器にしていきましょう。

Related