Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月24日

税理士を目指す方必見!税理士試験対策におすすめの予備校7校

税務関係のスペシャリストである税理士は、合格率が20パーセント以下と低く容易ではありません。しかし、予備校を選び、コツコツ頑張る事で資格取得も可能です。そこで、税理士予備校の学校、税理士の仕事などについてまとめました。ぜひ読んでください。

税理士を目指す方必見!税理士試験対策におすすめの予備校7校

税理士とは

税理士を目指す方必見!税理士試験対策におすすめの予備校7校
税理士とは、納税書類作成、税務相談を受けるなど、税金のスペシャリストです。

脱税は重い罪です。だからこそ、正しく税金を納めるということが大切です。その一方で税務処理は複雑なところもありますので、専門知識が必要です。

特に不動産など大きな財産は税金も大きくなりがちです。その点においても、税理士のようなスペシャリストが必要な所以です。

税理士の年収

税理士を目指す方必見!税理士試験対策におすすめの予備校7校
税理士の年収は開業か勤務かによって違いますが、開業税理士で平均3,000万円前後、勤務税理士で平均700万円です。

こうしてみると、難しい試験に合格したからこそ、このように年収が高いといえます。その一方で低い年収の方は開業税理士にも関わらず年収300万円未満、勤務税理士で年収400万円から500万円と、決して高い年収とは言い難いケースもあります。

税理士資格について

税理士を目指す方必見!税理士試験対策におすすめの予備校7校
税理士試験は、基本的に試験を受けて合格した人に与えられるものですが、大学で学ぶことにより免除される項目もあります。

ゆえに必ず5項目すべてを受験する税理士は少ない傾向にあります。さらには、5教科を受けて一度に5教科を合格しないといけないわけではありません。

例え1教科だけでも合格したら、合格した教科の持ち越しができるのでコツコツと合格を目指していくことができます。

受験資格

法律学又は経済学を学んでいることが条件にはなるものの、大学・短大を卒業された方、日商簿記一級所有者、税理士などの補助の仕事を2年以上従事した方など、受験資格は非常に門戸が広いです。

必ず大学を出ていないといけないこともなく、ともすれば中卒の方も目指すことができます。確かに予備校に通ったりと、並大抵の努力では難しい所はあるでしょう。しかし、努力をすればどんな方でも税理士に合格するチャンスがあります。

試験科目

税理士を目指す方必見!税理士試験対策におすすめの予備校7校
受験項目は必須科目である、簿記論、財務諸表論、法人税か所得税の選択必須科目、相続税法、消費税法もしくは酒税法、国税徴収法、事業税もしくは住民税、固定資産税の選択科目です。

このうちの5教科を合格することによって、晴れて税理士になることができます。多くのケースでは全てに合格してようやくそのような仕事につけるところがありますが、税理士は1教科でも合格をしたら、1教科合格とカウントされます。

勉強時間

税理士を目指す方必見!税理士試験対策におすすめの予備校7校
勉強時間は、飲み込みが早い方で勉強時間は平均2,500時間、大体の方の平均時間は5,000時間から6,000時間と言われています。

このように見てみると、膨大な時間がかかりますが大体3年以上かけて税理士への合格を目指している方が多いです。税理士試験の勉強する方は多くのケースでは、予備校であったり、大学で税務関係のことについて学んでいることが多いです。

合格率

簿記論、所得税法など色々な試験科目がありますが、全てにおいて合格率は20%以下と決して高い数値ではありません。

地道に合格を目指し、対策をしていく必要があります。先ほども触れたように1科目でも合格をしたらそれは合格とカウントされます。

そして5教科を全て取ったら晴れて税理士となるので、1年につき1教科、2教科の合格を目指し頑張っている人が多いです。予備校はそのようなスタイルでのフォローもしています。

税理士予備校の選び方

税理士を目指す方必見!税理士試験対策におすすめの予備校7校
大学で税務法について学んでいる方も多い一方で、税理士の予備校に行っている方も多いです。

独学で学ぶ方法もありますが、自分一人で勉強していくには、限界があります。それに対し予備校は試験対策などのノウハウを持っているので、圧倒的に予備校のほうが軍配が上がるケースが多いです。

独学でテレビなどの誘惑に負けてしまう方は、税理士予備校に通ったほうが合格を勝ち取れるケースが多いです。

専門学校

税理士予備校と聞いてすぐに思い出すのは専門学校でしょう。

専門学校に通って学ぶことによって、試験対策が恩恵を受けることも出来ますし、何より自分のペースで勉強していくよりは、指導してもらった方が合格への道のりに近づきやすい一面があります。

そのようなことから、税理士を目指す場合、予備校として専門学校に行くことを決める人は圧倒的に多い傾向があります。

通学・通信講座の学校

仕事をしながら税理士合格を目指している場合、通信講座タイプの予備校のほうが税理士合格に近づきやすいです。

その理由は専門学校だと、平日に授業がある、もしくは夜間であっても必ず一定の時間に授業があるからです。平日は仕事があるというのはもちろんのこと、夜間であっても残業などがある企業だと授業に参加しにくい一面があります。

それに対し通信であれば、都合の良い時間に勉強をすることができます。

通信教育専門の学校

税理士を目指す方必見!税理士試験対策におすすめの予備校7校
通信教育専門の予備校は、どちらかと言うと独学に近いところがあります。独学に比べると、対策をもらえるところがある一面があることから完全なる独学ではありませんが、それでも専門学校、通学などと比べると、非常に強い意思が必要になります。

その代わり、マイペースで勉強することができますのでモチベーションを維持でき、なおかつ忙しい人には大変ふさわしい予備校の選び方と言えるでしょう。

予備校比較|税理士試験対策におすすめの予備校7校

税理士を目指す方必見!税理士試験対策におすすめの予備校7校
自分で努力する事が第一である一方で、指導力、横道に逸れたくなるような誘惑をうまくシャットアウトするノウハウがある予備校が一番ふさわしいのは言うまでもありません。

では税理士試験の対策としてふさわしいのはどこの予備校なのでしょうか。様々な予備校がありますので、その中で自分に一番合う税理士試験対策ができる予備校を探し出していきましょう。

税理士試験対策におすすめの予備校1:資格の学校TAC

税理士試験対策の予備校の一つの資格の学校TACは、社会人、大学生などダブルスクールで通っている方に人気です。

なぜ資格の学校TACが人気なのかは、全国にある事はもちろんのこと、講師陣は優秀な人材が多いからです。なおかつ生授業を売りにして、対面での指導に力を入れています。対面だからこそ迫力が違うところがあり、そこが人気の秘密です。

税理士試験対策におすすめの予備校2:資格の大原

資格の大原も大変有名ですが、税理士試験対策としても非常に人気で、2018年度の合格率は約60%と言われています。

もちろん10人しかいなくて、そのうち6人が合格したというようなことはなく、大原西の合格者が404名、全国の合格者が672名という高確率になっています。その点からも、資格の大原の実力がよくわかります。

税理士試験対策におすすめの予備校3:資格スクールの大栄

資格スクールの大栄も税理士試験の予備校として非常に人気な学校の一つで、一番の特徴は、消費税法、簿記論などピンポイントでのコースがあることです。

もちろんそれを2年以上かけてやるということはなく、長くても大体8ヶ月ぐらいまでのコースがあります。自分のレベルに合わせて勉強することもできますし、一つ一つをコツコツと合格する税理士試験にぴったりのコース選びができます。

税理士試験対策におすすめの予備校4:LEC東京リーガルマインド

LEC東京リーガルマインドは、簿財横断プレミアムコースなどで2教科を同時に合格を目指したり、総仕上げの直前対策パックなど、各コースに特徴があります。

さらにはパーフェクトコースなるものもあり、こちらは税理士試験において、必要な知識を基礎から全てカバーするようなものもあります。そのようなところから、自分のレベルに応じてコースを選ぶことができる一面があります。

税理士試験対策におすすめの予備校5:クレアール

クレアールは、税理士の対策試験をする予備校として最適で、非常に効率的な学習法である非常識合格法なるものを打ち出しています。

非常識と言うとあまり良くないイメージがありますが、この後に「合格方法」というのがあるので、大変気になるところがあります。 Eラーニングシステムという独自の映像専用の学習システムなどもありますので、特に忙しい方に向いている税理士予備校と言えるでしょう。

税理士試験対策におすすめの予備校6:ネットスクール

税理士対策試験の予備校にしては大変珍しく、ネットスクールは主にスマホ、タブレットなどを使ってネット上で学習できるシステムとなっています。

だからこそ、忙しい社会人の方でも通勤時間などで税理士試験に挑むことができます。短期間で合格した人々の勉強法を研究しているので、効率よく勉強することができます。

税理士試験対策におすすめの予備校7:スタディング

スタディングは税理士試験対策の予備校として、通勤時間の合間などの隙間時間にできることが特徴です。

基本的にスマホだけで完結することができますので、テキストを持ち運んで勉強するという必要がありません。また講義が数分から30分と短時間ですので、本当に通勤の合間にできます。

さらには画像を見ながらだと電車、バス通勤の人でないと難しいところがありますが、車通勤の方のために音声のみの学習方法もあります。

税理士の働き方

税理士を目指す方必見!税理士試験対策におすすめの予備校7校
税理士の試験を受けて、合格してから税理士として働くことができます。

多くの人は税理士試験に合格したら、税理士として就職する方がほとんどでしょう。そこで気になるのは、税理士の働き方です。では税理士の働き方にはどのような働き方があるのでしょうか。

税理士においても、様々な働き方がありますので、是非とも参考にしていきましょう。

一般企業

税理士を目指す方必見!税理士試験対策におすすめの予備校7校
税理士の働き方の一つとして一番メジャーなのが、一般企業への就職なのではないのでしょうか。

様々な企業があるので一概には言えませんが、多くの場合は税務専門の部署を設けている所は多くはありませんので、ほとんどは経理として働く形になります。一般企業も利益を追い求める以上、経理部門は必ずあります。

故に税理士としては門戸の広い働き方と言ってもいいでしょう。

税理士法人

一般企業以外となると、税理士法人で働くことになります。

基本的に所長が一人いて、そこに補助の税理士として働くことになるケースが多いです。会計事務所で働く魅力としては、顧客の方の税務関係を一通り一人で担当する形になり、やりがいがあるところにあります。

しかしその一方で、規模が小さいと福利厚生がしっかりとしている会計事務所はまだまだ少なく、給与面でも仕事量の割にはそこまで多くない一面もあります。

独立開業

税理士を目指す方必見!税理士試験対策におすすめの予備校7校
大きく稼ごうと思ったら、独立開業をすることにより、高収入を得られる可能性があります。

ただし、上記のように雇用をされる方と違い、顧客を得られなければ収入は低い、もしくは0になってしまう可能性があります。その点においては、実力が全てと言ってもいいでしょう。

当たれば大きく儲けることができますが、そうでなければ非常に苦しい状況にもなりえます。

税理士の資格取得には計画性も必要

税理士を目指す方必見!税理士試験対策におすすめの予備校7校
税理士は5教科の合格をもってしてなることができますが、5教科を一度に全て合格させることは難しく、計画性が必要です。

1年のうちに1教科か2教科を合格するように、長い資格取得計画をする必要があります。その為にも予備校を検討しつつも税理士試験対策をする必要があります。

税理士に興味がある方は、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。その為にも予備校を検討してみましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related