Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月24日

IT技術者に必須なプログラミング言語9つ|プログラミングの勉強方法4選

プログラミングはIT技術の中でも定番のスキルです。プログラミング言語は数多くの種類があるため、どの言語を学習して何を開発したいのか明確にすることが重要です。IT技術者としてスキルアップを目指したい人におすすめの言語と、その学習方法をご紹介していきます。

IT技術者に必須なプログラミング言語9つ|プログラミングの勉強方法4選

IT技術にプログラミングは必須

プログラミングはIT技術の中でもよく知られていて、就職活動だけでなく教養としても注目されているため、興味を持つ人も多いのではないでしょうか。

IT技術はこれからも需要が増加していくと予想されるため、プログラミングの知識を持つことはキャリアアップの大きな助けになるでしょう。プログラミングの経験を積めば多様な働き方に対応できるようになり、ライフプランも立てやすくなります。

IT技術者に求められるプログラミング言語9つ

一口にプログラミングといっても、プログラミング言語には目的に合わせてさまざまな種類があります。どの言語の習得を優先するか迷っている人は、自分がプログラミングを利用して最終的に何を開発したいのか検討するのがおすすめです。

本項目ではIT業界で比較的よく使われているプログラミング言語9つの特徴を紹介しています。言語によって、どのようなジャンルの開発に適しているかが異なりますので注目してみてください。

IT技術者に求められるプログラミング言語1:HTML

Webサイト作成に興味のある人はHTMLと、セットで学ばれることが多いCSSの習得を優先するとよいでしょう。HTMLはWebサイトの基礎的な部分を制作するための言語で、テキストに色を付けるといったレイアウトの部分はCSSを使って制作します。

HTML/CSSともにWebの講座や関連書籍なども充実していて簡単に学ぶことができるので、ITプログラミングの技術習得が初めての人でも取り掛かりやすいです。

IT技術者に求められるプログラミング言語2:PHP

PHPはWebアプリ・Webサービスを作ることに特化しており、習得のしやすさからIT技術初心者におすすめの言語です。HTMLにコードを埋め込むことができ、HTMLだけではできない動作を簡単に実現することができます。

Webサービス系を開発したい人は優先して習得しましょう。PHPだけでできることは限られているので、Webサービス以外の開発もしたい場合は他の言語を合わせて習得する必要があります。

IT技術者に求められるプログラミング言語3:Javascript

パソコンやスマホを持っている人なら、普段意識していなくても毎日のようにJavascriptを利用していると言えるほど、数多くのWebサービスで使われています。

Webサイト上でページ切り替えをすることなくタブで情報を切り替えたり、ポップアップウィンドウを表示したりできるため、Webサイトの機能を高めるためには必要不可欠です。ブラウザゲームを作ったりアプリを開発したりすることも可能です。

IT技術者に求められるプログラミング言語4:Java

JavaはJavascriptと名前が似ていますが、まったくの別物です。Javaの特徴は開発できるものの幅広さと動作する環境の豊富さです。Javaを習得すれば非常に幅広い開発ジャンルで活躍できます。Andloidアプリ開発にもよく使われています。

JavaはITプログラミング初学者には少しむずかしいとされていますが、習得すればさまざまな開発に対応できるので、Webスクールで習得しても損はありません。

IT技術者に求められるプログラミング言語5:Python

人の書いたプログラミングコードが煩雑で読めないということがありますが、Pythonはコードがシンプルで、同じ内容なら誰が書いても同じ記述になることから初心者でも読みやすく書きやすい言語なのが特徴です。

Pythonは比較的昔からある言語ですが、今でも根強い人気があり、実際の現場でも使われています。その上、近年注目されているIT技術であるAIプログラミングではPythonが主流となっています。

IT技術者に求められるプログラミング言語6:Ruby

Rubyは日本で作られたプログラミング言語で、さまざま開発に適しており実際に使われてきました。Ruby On RailsというRubyのフレームワークがあり、豊富なフレームワークを用いて開発を効率化することができます。Rubyを学習するならRuby On Railsも合わせて理解しましょう。

シンプルで比較的読みやすいコードを書くことができ初学者にもわかりやすい上、開発できるものも幅広いのでおすすめです。

IT技術者に求められるプログラミング言語7:C++

C++はC言語をベースとしてC言語での開発をスムーズにするための機能を追加しているのが特徴の言語です。C++の特徴は、属性データを組み合わせて作ったデータをオブジェクトとして扱うオブジェクト指向の言語として、開発の効率を上げる工夫がなされていることです。

C++は大規模なサービス開発に向いており、ゲーム開発やWebサービス開発もできないわけではありませんが、PHPやJavaなどの言語の方が主流です。

IT技術者に求められるプログラミング言語8:C#

C#もCやC++と名前が似ていますがC言語やC++とはまったく別の言語で、C言語とC++のような互換性はありません。C#はむしろJavaの影響を強く受けた言語であり、「.NET Framework」があればあらゆる環境で動くということが特徴です。

コードの書きやすさから、ゲーム開発にもよく使われます。C#は初心者でも充分習得可能な言語で、VisualStudioのような統合開発環境にも対応しています。

IT技術者に求められるプログラミング言語9:Swift

Swiftはアップルによって作られたプログラミング言語です。macOSおよびiOSで利用することをメインとしています。

従来アップル製品向けのアプリケーションの開発はObjective-Cでおこなわれていましたが、Objective-Cよりも初学者にわかりやすく、敷居の低い言語としてSwiftが登場しました。Swiftが普及することでアップル製品向けの開発が活発化することを目的としています。

IT技術者に必要なスキル3つ

IT技術者に興味のある人やIT技術者を目指したい人は、開発に必要なプログラミング言語をはじめとする技術的な専門知識を身につけるだけでなく、実際にさまざまな環境で仕事をこなしていくために必要なスキルを磨くことも必要です。

IT技術者に現場で求められやすいスキル3つは専門知識、コミュニケーションスキル、粘り強さの3つです。この3つは、就転職活動での履歴書や面接の自己PRに盛り込むのもおすすめです。

IT技術者に必要なスキル1:専門知識

IT技術職でキャリアアップを目指すには専門知識を日々高めていくことが重要になります。変化の激しい業界であり、学ぶ必要のある事柄も際限なく増えていきます。

資格を取得したあとも現状に満足せず、得意な分野や興味のある分野の知識を更新し、日頃からIT情報サイトや雑誌などに目を通す習慣を付けましょう。

IT技術者に必要なスキル2:コミュニケーションスキル

IT技術者は技術職とはいえ、プロジェクトではチームでの作業になり、メンバーと意思疎通しながらの仕事になります。

SEやプロジェクトのリーダーになれば顧客とのやりとりも欠かせません。持っているプログラミング技術を最大限活かすためには周囲との連携能力が必要になります。

フリーランスでクライアントと直接会わないで仕事をするとしても、チャットやメールを活用し連絡を取り合うことは重要です。

IT技術者に必要なスキル3:粘り強さ

プログラミングは地道なコーディング作業をこなしていける粘り強さも必要です。プログラミングは試行錯誤を繰り返していかなければならず、大規模な開発には長い時間を要しますので、こつこつと取り組めることがIT技術者の適性の一つといえるでしょう。

粘り強さはなかなか外面から判断のつく要素ではないので、履歴書や面接では今までに粘り強さを発揮した具体的エピソードも合わせてPRできるようにしておきましょう。

ITプログラミングの勉強方法4選

ITプログラミングは多くの人が学んでいるIT技術のため、学ぶ方法も充実しています。プログラミングを学ぶための環境はパソコンさえあれば簡単に整えることができるので、方法によってはほとんどお金をかけずに学ぶことも可能です。

もちろん、Webスクールや書籍を利用して学ぶことで、より効率的に初心者からIT技術のプロを目指すことができます。

ITプログラミングの勉強方法1:Webスクールを受講する

専門のWebスクール受講には受講料がかかりますが、その分スクールのノウハウを活かした効率的な学びの時間を得ることができます。

各プログラミング言語ごとの講座だけではなく、「Webデザインコース」や「アプリ開発コース」のように、プログラミングで成し遂げたいことに沿って、複数の言語をまとめて学ぶことができるプランもあります。

コースを活用すればすぐに実際の業務でも役立つ実践的なスキルが身につきます。

ITプログラミングの勉強方法2:解説サイトで独学

ITプログラミングはPCスキルであることもあり、ネット上で無料の講座も充実しています。有料の会員サイトであればより快適に学ぶことができたり、会員限定講座が視聴できたりなどの特典を受けることができます。

解説サイトでは講師に質問をすることができるサービスを備えている場合もあり、独学の不安を解消することができます。

ITプログラミングの勉強方法3:プログラミング関連書籍を読む

プログラミングは書籍を利用することで体系的に学ぶことができるほか、書籍からはIT業界の動向も知ることもできます。書籍での学習はつまづいた時に質問することができないので、他のサービスと併用するか、プログラミングの勉強会に参加するなどの工夫が必要になるでしょう。

自分の学習しているプログラミング言語についてある程度知識を得たら、辞書的な使い方ができる本を揃えてみるのもおすすめです。

ITプログラミングの勉強方法4:資格試験を受ける

学習の一つの目標地点として資格の習得を目標にしてみるのもよいでしょう。就職の際に資格者を優遇するという求人もあります。

日々のIT技術の進歩はめざましく、資格を一度習得しても技術は常に更新されていきます。資格の習得だけで満足するのではなく、得た知識をいつでも活用できるように日々更新する姿勢を持つことが大切です。

IT技術者に必須なプログラミングについて深く知っておこう!

IT技術者はプログラミングの知識があればあるほどキャリア形成に幅を持たせることができるといえます。プログラミング言語は言語によって得意な開発ジャンルが異なるので、一つ身につけて終わりではなく、さまざまな言語に触れてみることが大切です。

プログラミング言語は紹介した以外にも多くの言語がありますが、実際の現場で必要とされやすい言語や人気の言語から学習を広げていくのが上達の近道といえます。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related