Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月22日

【業界別】営業職の平均年収8選|営業職に求められるスキル5つ

今回は「【業界別】営業職の平均年収8選|営業職に求められるスキル5つ」と題し、「【業界別】営業職の平均年収8選」をピックアップし、営業職に就く場合の営業職に求められるスキル5つについて具体的にご紹介します。ぜひご参考にしてみて下さい。

【業界別】営業職の平均年収8選|営業職に求められるスキル5つ

営業職とは?

【業界別】営業職の平均年収8選|営業職に求められるスキル5つ
基本的に営業職というのは「特定企業で生産した自社製品を顧客ニーズに見合わせた上で販売し、それを土台にする上で企業としての将来設計を測り、その後の事業を運営・管理していくこと」を指します。これは営業マーケティングとも呼ばれます。

営業もマーケティング戦略の1つとして「自社の売り込み・企画製品の宣伝」がメインとなり、その平均年収にしても出世によって昇格するのでやりがいが見られます。

営業職の仕事内容

【業界別】営業職の平均年収8選|営業職に求められるスキル5つ
営業職の仕事内容の主なものは「自社の商品を顧客に宣伝して購入を促す仕事」、「個別営業・ルート営業・新規開拓などさまざまな営業分野を備えていくこと」、「商品説明をわかりやすく伝えること・スケジュール管理をすること」などが土台となります。

営業に就く上では現代においてその平均年収が右上がりになっていると言われますが、企業独自の営業実績によってその状況も変わるため、その点をしっかり押さえましょう。

営業職の平均年収

【業界別】営業職の平均年収8選|営業職に求められるスキル5つ
一般の営業職の平均年収についてですが、この場合は営業を担う企業の発展によって大きく変わります。平均年収をアップさせるための経営コンサルにおけるハウトゥを磨き、各企業に見合った最適なマーケティング方針を十分確保することが重要になります。

一般的な営業職の平均年収は「350万円から1,500万円」前後と言われ、さらに年収アップを工夫する点では、競合企業との提携や、独自の事業規模の拡大などが見られます。

営業職の現状

【業界別】営業職の平均年収8選|営業職に求められるスキル5つ
営業の現状についてですが、これはインターネット販売などをはじめとするIT関連企業が躍進し始めているため、人間が顧客のもとへ訪れて販売・商品宣伝をするといった従来の営業スタイルは10年後ないし20年後にはなくなっているという予測が立てられています。

営業に就いて平均年収をアップさせるためにも、まずIT関連スキルを確保し、ネット販売などに精通する形での営業職スキルを向上させることなどが勧められます。

営業職の将来性

【業界別】営業職の平均年収8選|営業職に求められるスキル5つ
営業職に関わる人は、平均年収アップをねらいつつ、年々増加傾向にあると言われます。その場合でも、常に求められるのは営業スキルに対応できる人材が必要です。

若年層の人材は次々と転職する世情にあり、時代の流れに乗り遅れることによって、営業職としての仕事や活躍の場を減らすことにつながるでしょう。

営業職の将来性を見る上では、商品の開発・宣伝ができる人材の成長が期待され、転職市場でもこの点が着目されます。

【業界別】営業職の平均年収8選

【業界別】営業職の平均年収8選|営業職に求められるスキル5つ
さてここからは「【業界別】営業職の平均年収8選」と題して、営業職に就く場合、実際にどれくらいの平均年収がもらえるかを具体的にご紹介していきます。

営業というのは、他種企業・職種分野との密接な関連によって成り立つ側面が強いため、他の企業・職種業界がどのような世情にあるかをしっかり調べておく必要があるでしょう。その上で、他種業界と営業との関連性から平均年収の割り出しが必要になります。

【業界別】営業職の平均年収1:医療業界

【業界別】営業職の平均年収8選|営業職に求められるスキル5つ
まず、営業職で医療系器具を販売・宣伝する場合の平均年収ですが、これは一般的に見て「1,000万円~2,000万円」前後と言われます。

かなり高額の平均年収が確保できるとともに、医療分野であるため顧客ニーズが緩むことなくその将来性も安泰します。

営業職に就く場合、まずこの医療系への営業販売・宣伝を兼ねた事業拡大が望ましく、その上で、医療部門に関するさまざまな知識・情報をストックしておくと良いでしょう。

【業界別】営業職の平均年収2:外資系

【業界別】営業職の平均年収8選|営業職に求められるスキル5つ
次に営業において外資系企業に携わる場合の平均年収ですが、この場合はベース給とインセンティブ給という2つの給与制から成り立ち、その2点を加味した上で「800万円から4,000万円」前後と言われます。

これほどの平均年収の格差がある理由は、新卒アナリストからマネージングディレクターを兼ねて営業(コンサル系職)に携わる場合があるためで、マネージングディレクターの場合は最高の平均年収となります。

【業界別】営業職の平均年収3:金融業界

【業界別】営業職の平均年収8選|営業職に求められるスキル5つ
次に営業職に就きながら金融業界へ携わる場合ですが、この場合の平均年収は全体として「450万円」前後、男性の場合で「500万円」以上、女性の場合では「350万円」以上という形になります。

金融業界ではその役職やビジネス規模によって手取りの平均年収も大きく変わってくるため、また営業スキルやその後の事業展開によっても年収額は変わるため、事前準備として金融業の世情を調べる必要があります。

【業界別】営業職の平均年収4:不動産業界

【業界別】営業職の平均年収8選|営業職に求められるスキル5つ
次に不動産業界に営業職として携わる場合ですが、この場合の平均年収は年代別でかなりわり分かれてくる傾向があります。20代では「450万円」前後が相場となり、30代では「500万円」前後が相場となるでしょう。

この場合でも、男性の場合は女性よりもその平均年収額がどうしても高い傾向が見られますが、営業スキルをしっかり身に付け、特にコンサル系の技術を獲得している場合は、女性でも年収アップは期待できます。

【業界別】営業職の平均年収5:IT業界

【業界別】営業職の平均年収8選|営業職に求められるスキル5つ
次にIT業界に営業職として携わる場合についてですが、この場合の平均年収額は一般的に「450万円」から「1,000万円」前後が相場とされています。この場合でも男性のほうが女性よりもやや年収額が高い傾向が見られ、これは勤務シフトによる影響もあります。

IT業界ではまず顧客ニーズ・企業ニーズの変動が早いこともあり、その世情にしっかり付いていける実力を確保することが必須となるでしょう。

【業界別】営業職の平均年収6:広告業界

【業界別】営業職の平均年収8選|営業職に求められるスキル5つ
次に広告業界に営業職として携わる場合ですが、この場合もまず年代別によってその平均年収額が大きく変わる傾向があります。20代では一般的に「450万円から500万円」前後となり、30代では「500万円から600万円」前後がその相場となるでしょう。

この場合でも営業スキル・コンサル系の技術や能力を確保している際には、それなりの昇給が見られるため、さらに年収アップが期待できます。

【業界別】営業職の平均年収7:商社

【業界別】営業職の平均年収8選|営業職に求められるスキル5つ
次に商社の場合ですが、これは営業で携わる場合でもそのビジネス規模によってその平均年収にはっきり違うため、営業に就いた時点の平均年収も大きく変わるでしょう。

男性の場合で「550万円」、女性の場合は「450万円」前後とされ、その平均年収は400万円台が相場とされます。

営業に携わりながらビジネス規模を拡大していく場合、企業からの依頼なども増えるため、その点で昇給されて平均年収がアップすることもあります。

【業界別】営業職の平均年収8:医療・福祉

【業界別】営業職の平均年収8選|営業職に求められるスキル5つ
次に「医療・福祉」ですが、福祉関連企業に営業として携わる場合、その平均年収では他の職種に比べて安くなる傾向があります。営業にて医療・福祉に関わる場合、男性の場合で「400万円」、女性の場合は「350万円」前後とされます。

医療関連といってもその業種はかなり多くなるため、看護師と介護士との間にはその平均年収において大きな差があり、また携わる仕事内容によって営業昇給も変わります。

営業職に求められるスキル6つ

【業界別】営業職の平均年収8選|営業職に求められるスキル5つ
さて、ここからは「営業職に求められるスキル6つ」と題して、実際に営業に就く場合に必要となるスキル・能力・そのノウハウについて具体的にご紹介していきます。

営業職というのは主に、自社製品の説明・販売・マーケティングに関する戦略の基本ノウハウを十分身に付けておくことがポイントで、それらの実力を独自に向上させることがまず期待されます。営業職に就く上で事前に自己能力を確認しておきましょう。

営業職に求められるスキル1:自己管理能力

自己管理能力というのは仕事とプライベートをしっかり分けられる自己管理、自己スキルを客観的に把握するための自己管理となり、これは営業だけでなく、すべての職種に就く場合に必須の管理能力が必要となるでしょう。

マーケティング手法や商品説明においても、事前に自分の実力が特定の企業・顧客にとってどれだけ必要とされているかを十分確認しておき、それをベースにした上で管理能力を高める必要があります。

営業職に求められるスキル2:ヒアリング能力

次にヒアリング能力ですが、これは「傾聴する力」のこととして一般的には認められますが、営業におけるヒアリング能力というのは「調査能力」を指しており、市場価値を踏まえた上でその(営業職に必要な)企業の将来ニーズの分析などが必須とされます。

この場合にポイントとなるのは、ヒアリング能力を高めると同時に、営業に関する自己スキルの向上を図っておくことで、それらを土台にし企業利益を伸ばすことが必要です。

営業職に求められるスキル3:コミュニケーション能力

そもそも営業職に就く場合には、このコミュニケーション能力が必須とされます。これは現代においても変わらず、たとえネット販売において電子メールのやり取りをする上でも、このコミュニケーション能力は必要不可欠のものとしてあげられます。

この場合でのポイントとなる点はまず「自社製品の宣伝内容を客観的把握により顧客に伝えること」で、1人でも多くの顧客を確保するためのスキルの向上となるでしょう。

営業職に求められるスキル4:情報収集力

営業職では情報収集能力は必須のノルマとされ、この情報収集によって、自社と競合企業の実態調査や、製品販売のハウトゥなどにおける必須のポイントなどを確認することができます。

さらに顧客ニーズを正確に把握することが営業では重要となるため、顧客にとってどのような製品が受け入れられやすいか、商品説明の場合に何が必要か、などについても十分把握することが可能です。平均年収を上げるためにも十分会得しましょう。

営業職に求められるスキル5:提案力

営業では新しい事業展開への提案・起案というものがかなり重要な項目になります。この新しい事業展開への提案によって、その後の企業利益はさらに進展させることができ、さらに顧客ニーズへの対応力を大幅にアップさせることが可能になるためです。

この場合での営業のポイントは、まず各競合企業でなされている営業内容・ハウトゥをしっかり把握しておき、「自社はいま何をすべきか」という点を明確に持つことになります。

営業職に求められるスキル6:将来ビジョンの想定力

次に営業職で必要とされるスキルは、この「将来ビジョンの想定力」です。これは企業独自の発展を約束するためにも必須の課題となり、競合企業との事業拡大を伴う場合にも、自社の生き残りをかけることができる必須の土台として認められます。

この場合は特にコンサル系の手腕・能力が必要となり、企業の現状を把握した上で企業ノルマ・方針・ビジネスプランの根本的な改革を検討し、企業利益を伸ばすことに尽力します。

営業職の平均年収を知って就職や転職に役立てよう

【業界別】営業職の平均年収8選|営業職に求められるスキル5つ
いかがでしたか。今回は「【業界別】営業職の平均年収8選|営業職に求められるスキル5つ」と題し、「【業界別】営業職の平均年収8選」をピックアップし、営業職に就く場合の営業職に求められるスキル5つについて具体的にご紹介しました。

営業職で必要な点は、まずコンサル系スキルを高めておき、企業の現状を把握した上で、安定した将来ビジョンを設定できる技術です。スキルアップして、平均年収もアップさせましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related