Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月09日

ハイタッチセールスの効果と上手に行う方法4つ|目的や特徴も解説!

ビジネスにおいて使われる「ハイタッチセールス」という言葉について詳しくご紹介しています。耳にした事はあるけれど、よく意味が分からない方も多いでしょう。クライアントとの良い関係を築いていくためにも、是非参考にしてみてください。

ハイタッチセールスの効果と上手に行う方法4つ|目的や特徴も解説!

ハイタッチセールスとは?

ハイタッチセールスの効果と上手に行う方法4つ|目的や特徴も解説!
「ハイタッチセールス」とは代理店などを介さずに、「直接営業」をする営業方法のことを指します。外資系IT企業でよく使用されている、業界ワードの一つです。

ハイタッチは本来、味方同士で行われるコミュニケーション方法である事から、「クライアントに喜んでもらえるような(良きパートナーになるための)営業」というニュアンスを含めています。今回は、このハイタッチセールスについて詳しくご紹介していきます。

ハイタッチセールスの語源

ハイタッチセールスの効果と上手に行う方法4つ|目的や特徴も解説!
ハイタッチセールスは、スポーツで点を獲得した際や、仕事で成果を出した時に仲間同士で行われる「ハイタッチ」が語源となっています。語源を知り、少しだけイメージが湧いたのではないでしょうか。

案件を増やしたいセールスマンが、意識的に取り込んでいるハイタッチセールスですが、その最終目的とは一体何でしょうか。こちらではハイタッチセールスの目的や、それによって得られる効果について、詳しくご紹介していきましょう。

ハイタッチセールスの目的

ハイタッチセールスの目的は、他社との差別化を図るために、「相手のニーズを的確にとらえ、感動と感銘を与えること」を目的としています。つまり、もっと分かりやすく言うと「取引先とハイタッチするような、良好な関係を築く」ということです。

ハイタッチは味方同士で行われるコミュニケーション方法なので、より近い関係になる事がねらいです。では、ハイタッチセールスにおいてもたらす効果を、さらに詳しくご紹介しましょう。

ハイタッチセールスの効果3つ

ハイタッチセールスの効果と上手に行う方法4つ|目的や特徴も解説!
ハイタッチセールスがもたらす効果は、大きく分けて「関係性・信頼性・差別化」の3つです。どうしてハイタッチセールスをしたほうがいいのか、考えたことがある方もいらっしゃるでしょう。

ハイタッチセールスは、高い成績を誇るセールスマンが積極的に取り入れている営業法です。営業成績をアップさせる上で、とても大切なキーワードとなるこの3つの効果について順番に確認していきましょう。

ハイタッチセールスの効果1:クライアントとより深い関係になる

ハイタッチセールスは、代理店などを通さずに直接営業をする方法であるため、お客さまとより密接な関係を築くことができます。

当然のことではありますが、代理店を通さないことから、直接取り引きをする機会が多くなるため、お客さまの要望などをより一層聞き出しやすくなります。

その結果、お客さまやクライアントは、次第にあなた自身や会社に対しても心を開いてくれるようになり、より深い良い関係を築くことができます。

ハイタッチセールスの効果2:信頼性が高まる

ハイタッチセールスの効果と上手に行う方法4つ|目的や特徴も解説!
ハイタッチセールスの効果として、お客さまと企業のより深い関係を築くことにより、信頼性の向上にも繋がると言えます。こまめに連絡を取り合うことによって、お客さまのニーズにももっと耳を傾けることができるようになります。

後半の方でも説明がありますが、ハイタッチセールスを行うことにより、お客さまの要望や、してほしくないことなども詳しく聞き出せることから、それを厳守することであなたへの信頼が厚くなります。

ハイタッチセールスの効果3:商品以外の部分で差別化できる

ハイタッチセールスの効果として、商品以外の部分で差別化ができるという点も、大きな魅力の一つです。

ライバルが多数存在する業界や、似たような商品が出回っている厳しい状況でも、お客さまと深い関係性・信頼性を築き上げることによって、他社と区別していただけるようになります。

以上の点からわかるように、ハイタッチセールスを行うことには、たくさんの魅力があると言えるでしょう。では次に上手に行う方法をご紹介します。

ハイタッチセールスを上手に行う方法4つ

ハイタッチセールスの効果と上手に行う方法4つ|目的や特徴も解説!
ハイタッチセールスを上手に行うためには、4つのポイントをおさえておきましょう。ここまで語源や効果についてご紹介しましたが、実際にどうすればいいのか、上手に行う方法が気になる方も多いはずです。

ハイタッチセールスを上手に取り入れることによって、得られる効果はとても大きいです。したがって、今回はその方法についてポイントを4つに絞って、詳しくご紹介していきましょう。

ハイタッチセールスを上手に行う方法1:客から話したくなる会話をする

ハイタッチセールスの効果と上手に行う方法4つ|目的や特徴も解説!
ハイタッチセールスを上手に行うポイントとして、まずはお客さまから話したくなるような会話をすることが大切です。では、その理由はなぜでしょうか。

また、一体どうすればお客さまから話をしてくれるようにできるでしょうか。トップセールスマンがお客さまから話したくなるような会話をしている理由として、以下の3つのポイントをおさえておきましょう。

クライアントの話を聞く

お客さまと直接的な良い関係を築くためには、コミュニケーションを通して信頼を得る必要があります。当然のことではありますが、コミュニケーションを取るためには、クライアントの話をよく耳にすることが大切になります。

お客さまには、要望や、して欲しくないことがいくつかあるはずです。営業をしていく上でこの2つの点は非常に重要なポイントです。

では、どうすればお客さまが話をしてくれるようになるかをご紹介しましょう。

自己開示をする

自己開示をすること、つまり、自分自身のことを話すことが有効です。営業マンの方から話題を振ることによって、お客さまに話し始める「きっかけ」を与えることができます。

話題が見当たらない場合は、世間話や、誰でも知っているような話題を振ると、会話がスムーズに進行するでしょう。また、当然のことではありますが、事実を話す必要があります。

信頼関係を構築したいあまりに、嘘を言っても、お客さまは直感で分かります。

踏み込んだ話をしない

お客さまと会話が弾んできたからといっても、あまりに踏み込んだ話をするのはやはりNGです。いきなりプライベートに踏み込んだ話題を振ってしまうと、お客さまは警戒心が強くなってしまうため、ハイタッチセールスが行えなくなります。

何を話していいのかわからない場合、または話し始めには、世間話などの当たり障りのない話題から振ってみる事がおすすめです。それでも難しい場合は社内の上司に相談してみるのも一つの手です。

ハイタッチセールスを上手に行う方法2:クライアントが理解しやすい話をする

クライアントが理解しやすい話をすることは当然のように感じますが、自身も気づかないうちに、意外にもできていないセールスマンが多く実在します。これを機に、改めて心得ておきましょう。

相手目線で話す

お客さまは専門用語で話ができるほど、商品に対して知識を持っていない可能性があります。むずかしい言葉ばかりを使って話を進めていくと、話についていけなくなり、購入する意思をあきらめてしまう可能性が考えられます。

一度お客さまが理解しにくいと感じてしまうと、その時点から距離ができてしまい、ハイタッチセールスを行うことができなくなります。相手が話を理解できているか、確認しましょう。

ハイタッチセールスを上手に行う方法3:してほしくない事を聞く

ハイタッチセールスの効果と上手に行う方法4つ|目的や特徴も解説!
これといって要望がないお客さまにも、「してほしくないこと」がいくつかあるはずです。お客さまの要望を聞き出すことは商談にとって必要不可欠であり、その後商談を進めるにあたって重要なポイントとなってきます。

「昼間は忙しいので電話ではなくメールで連絡をしてほしい」など、例え細かなことでもそれを守ることにより確かな信頼を得られるチャンスになります。より成果を求めるためにも、この点は意識しておきましょう。

ハイタッチセールスを上手に行う方法4:営業後も気配りを怠らない

お客さまと直接的かつ良好的な関係を維持するためには、営業後の気配りは欠かさないことが大切です。「アフターフォローは大切」だと頭では分かっていても、つい忙しい日々に追われてしまい、しっかりとフォローできていない方も多いのではないのでしょうか。

しかし、この営業後の気配りが、その後の商談にも繋がってきます。目先の利益だけを求めた営業をしていては、信頼は獲得できず、後々の商談は生まれてきません。

ハイタッチセールスの特徴4つ

ハイタッチセールスの効果と上手に行う方法4つ|目的や特徴も解説!
ハイタッチセールスの大きな特徴は「訪問すること・提案型の営業方法・裁量権を持つことができる・リソースを使用できる」と、全部で4つに分けることができます。しかし、それだけを聞いてもイメージがわかない方も、多いのではないでしょうか。

実際にトップセールスマンとして活躍されている方の経験をもとに、「ハイタッチセールスをすることによって得られる大きな特徴」について、順を追って見ていきましょう。

ハイタッチセールスの特徴1:客の所に訪問する

ハイタッチセールスは、お客さまの所に訪問することが大切です。商品購入後のことがおざなりになってしまうセールスマンが多くいますが、目先のことしか考えていない営業では、確かな信頼は得ることができず、後々の商談に繋げられません。

一般的に「アフターフォロー」といいますが、このひと手間を掛けることによって、お客様の信頼を確実に得ることができます。

ハイタッチセールスの特徴2:提案型の営業方法

ハイタッチセールスの効果と上手に行う方法4つ|目的や特徴も解説!
提案型営業とは「お客さまに喜んでもらいながら、売上を上げることができる営業方法」のことです。この提案型営業は、お客さまとセールスマンの双方にとって、とてもメリットがある営業方法です。

なぜならば、お客さまが「解決したい問題・欲しい結果・満たしたい感情」に対するメリットを提供するからです。そのために、あなたが提案営業力を身につけることによって、お客さまに感謝されながら、売上を上げられるようになります。

ハイタッチセールスの特徴3:大きな裁量権を持つことが出来る

ハイタッチセールスの効果と上手に行う方法4つ|目的や特徴も解説!
意思決定において、自分自身の考えで判断または決定をし、物事を処理していく権利のことを「裁量権」といいます。つまり、簡単に言うと、「自由に決めてよい」ということです。

一般的に「会社」という組織の中では、特に大企業になればなるほど、些細なことでも上司や上部組織の意向を確認した上で、意思決定をする必要があります。ハイタッチセールスを行うことにより、大きな裁量権を持つことができるというメリットがあります。

ハイタッチセールスの特徴4:社内のリソースを使用する事が出来る

最後に、ハイタッチセールスを上手に行うことによって、社内のリソース(資産や資源のこと)を使用することができるという特徴が挙げられます。世間ではリソース不足で悩んでいるセールスマンが多くいる中で、これは大きな裁量権を獲得したセールスマンの特権だと言えます。

以上、大きく分けた4つの特徴を積極的につかみ、今後の営業に活かしてみると良いでしょう。

ハイタッチセールスについて理解しよう

ハイタッチセールスの効果と上手に行う方法4つ|目的や特徴も解説!
お客さまとの関係を大切にしているか否か、その姿勢はお客さまにも伝わります。今回ご紹介したハイタッチセールスを取り入れることにより、お客さまとのより確かな信頼を得ることがでるようになります。

こちらの記事を読んでいただいた皆さまが、上手にハイタッチセールスを行い、もっとお客さまとの良好な関係を築くことができるよう願っています。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related