Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月11日

大手企業の営業への転職のメリット5つ|向いている人の特徴3つ

皆さんは、大手企業の営業への転職について詳しくご存知でしょうか。この記事では、大手企業の営業への転職のメリットや向いている人の特徴についてを、ご紹介いたします。転職を考えている方や、大手企業に勤めたいという方は、ぜひ最後までご覧ください。

大手企業の営業への転職のメリット5つ|向いている人の特徴3つ

営業職とは?

大手企業の営業への転職のメリット5つ|向いている人の特徴3つ
皆さんは、「営業職」というものをご存知でしょうか。「営業職」は、自社の商品を顧客に売り、企業と顧客の「橋渡し」をする大切な役目を持っています。

営業職は品物の流通に繋がっています。皆さんも営業職に就いて、顧客に素晴らしい物を提供してみませんか。

営業職の仕事内容

営業職は、自社の製品を第三者に売り込みに行くという場合がほとんどです。

企業によっては、アポイントメントなしの飛び込みで他の企業に商品を売り込みに行ったり、訪問販売や電話販売をする場合もあります。

企業によって営業の仕事内容はさまざまですが、人とコミュニケーションを取らなくてはいけないという点は共通しています。

営業職に必要な知識や経験

大手企業の営業への転職のメリット5つ|向いている人の特徴3つ
営業職は、知識がなく未経験の人でも仕事をすることができます。しかし、企業によっては他の会社での営業経験や知識が必要になる場合があります。

未経験や知識がなくも、最初に企業で営業についての研修を受けることができますし、ほとんどの場合は営業経験が無くても企業に歓迎してもらえます。

営業職の平均年収

営業職の平均的な年収は、約4,000,000円です。

この数字は年齢に関係なく、営業職の総合的な平均年収として出されています。もちろん、企業によってこの数字は前後しますが、一般的な企業に勤める会社員よりも約300,000円から500,000円以上も高い数字となっています。

転職先に営業職を考えていなかった方も、自分の年収で企業を選んでみましょう。

大手企業の営業への転職のメリット5つ

大手企業の営業への転職のメリット5つ|向いている人の特徴3つ
ここではこの記事のメインである、大手企業の営業への転職のメリットをご紹介いたします。

一口に「営業」と聞くと、「辛そう」「きつそう」「すぐ辞めたくなりそう」などのネガティブな言葉ばかりが浮かんできませんか。しかし大手企業の営業は、ネガティブな事ばかりではありません。ここで具体的なメリットを知って、あなたも転職を考えてみましょう。

大手企業の営業への転職のメリット1:社会的信用がある

大手企業の営業への転職のメリット5つ|向いている人の特徴3つ
大手企業の営業への転職のメリット1つ目は、「社会的信用がある」ということです。大手企業は世間の認知度が高く、勤めていると周りから羨ましがられる場合もあります。

実は大手企業の営業は大口の顧客が多く、企業名を雑誌やテレビで見かけることもあります。その分幅広い年齢の人から認知されており、信用も厚いです。

大手企業の営業への転職のメリット2:給料が上がる

大手企業の営業への転職のメリット2つ目は、「給料が上がる」ということです。大手企業の営業は、一般的な企業よりも平均して20,000円から50,000円程度給与が高い傾向にあります。

今自分がもらっている給与に不満を持っている方や、ライフスタイルをステップアップさせたい、と感じている方には、大手企業の営業はピッタリな転職先です。さらに、企業によってはインセンティブやボーナスも受け取ることができます。

大手企業の営業への転職のメリット3:将来性がある

大手企業の営業への転職のメリット3つ目は、「将来性がある」ということです。大手企業は一般的な企業と違い、会社が倒産したりリストラにあう確率が低いです。

大手企業は世間の認知度が高く、従業員数は、一般的な企業よりもかなり多いことがほとんどです。そのため、破産やリストラが起こりにくいと言われています。

将来性が高い大手企業の営業で、あなたも働いてみませんか。

大手企業の営業への転職のメリット4:勤務環境が良い

大手企業の営業への転職のメリット5つ|向いている人の特徴3つ
大手企業の営業への転職のメリット4つ目は、「勤務環境が良い」ということです。大手企業では仕事ができる環境がしっかりと整っており、不自由を感じることが少ないです。

例えば、従業員に対するサポート体制や清潔で過ごしやすいオフィスなど、大手企業は一般的な企業よりも優れている点が多数あります。

そのため、営業職が初めての人や新卒でも不自由することなく仕事を始めることができます。

大手企業の営業への転職のメリット5:福利厚生が充実

大手企業の営業への転職のメリット5つ|向いている人の特徴3つ
大手企業の営業への転職のメリット5つ目は、「福利厚生が充実している」ということです。福利厚生とは、企業の従業員が得ることができるサービスや援助のことで、大手企業の場合はかなり幅広いサービスを受けることができます。

多くの場合は企業に所属している従業員だけでなく、家族も福利厚生としてサービスや援助を受けることができ、主に失業保険や子ども手当などが有名です。

大手企業の営業への転職のデメリット3つ

大手企業の営業への転職のメリット5つ|向いている人の特徴3つ
ここでは、大手企業の営業への転職のデメリットを項目ごとにご紹介していきます。

大手企業の営業に転職するということはメリットも多いですが、もちろんデメリットも存在します。ここからは、転職後に一体どのようなデメリットが待っているかを見ていきましょう。

大手企業の営業への転職のデメリット1:激務である

大手企業の営業への転職のデメリット1つ目は、「激務である」ということです。大企業の営業は、ほとんどの場合休日出勤や残業があります。

その他にも、自宅で勉強しなければならないことが多かったり、仕事中に移動が多かったりと体力的にも厳しく感じることがあります。そのため、激務に耐えられるような、十分な体作りも欠かすことはできません。

大手企業の営業への転職のデメリット2:新卒と中途採用の処遇が違うことがある

大手企業の営業への転職のデメリット2つ目は、「新卒と中途採用の処遇が違うことがある」ということです。大企業の営業は、ほとんどの場合中途採用は即戦力と見なされ、研修が無かったり研修期間が少ないことがあります。

新卒の場合は研修期間はきちんと取られ、新卒でもできそうなことから仕事を選ぶというケースが多いですが、中途採用の場合は着任したその日から、あまり説明もされず営業を任されることがあります。

大手企業の営業への転職のデメリット3:意見が上に通りにくい

大手企業の営業への転職のデメリット3つ目は、「意見が上にとおりにくい」ということです。大企業の営業は、ほとんどの場合上司が強い権限を持っていたりするため、部下たちの意見はとおりにくいです。

この状況は、意見がはっきり言いたい方はつらいでしょう。もし、自分が所属していた今までの会社で意見をし易い環境であったならば、新しい環境に慣れるまでにかなりの時間がかかります。

大手企業の営業への転職が向いている人の特徴3つ

大手企業の営業への転職のメリット5つ|向いている人の特徴3つ
ここでは、大手企業の営業への転職が向いている人の特徴についてをご紹介いたします。

大手企業の営業への転職といっても、向いている人や不向きな人がいます。自分の転職希望先の企業が、本当に自分に向いている会社なのかを考えていきましょう。

また、向いている人の特徴が自分に当てはまらなかったとしても、現状の自分と照らし合わせて向いている人の特徴に近づけるようにしていきましょう。

大手企業の営業への転職が向いている人の特徴1:自分の実力に自信がある

自分の実力に自信があるという方は、大手企業の営業に向いています。

大手企業は実力主義な場合が多いので、仕事が好きであったりスキルに自信があるという方は、大手企業の営業でスキルアップしながら仕事の成績を残しましょう。

営業職に就いて自信満々で仕事をこなす方は、職場でとても重宝されます。また、強い向上心のある方も営業にとても向いています。

大手企業の営業への転職が向いている人の特徴2:コミュニケーションが得意

大手企業の営業への転職のメリット5つ|向いている人の特徴3つ
コミュニケーションが得意な人は、大手企業の営業に向いています。

営業職は、「人と人とのコミュニケーション」です。人と関わることが好きな人や、自分は明るい性格で喋ることが好きという方は、ぜひ大手企業の営業への転職を考えてみましょう。

逆に、自分は喋ることが苦手だけれど営業に興味がある・転職を考えているという方は、人と喋る練習から始めましょう。

大手企業の営業への転職が向いている人の特徴3:柔軟に対応できる

物事を柔軟に捉え、対応できる人は、大手企業の営業に向いています。

営業職全体に言えることは、「マニュアルに捕らわれず、いつも心に余裕をもって行動しなければならない」ということです。営業にはある程度のマニュアルがありますが、実際に営業へ出向くときは自分一人で行くという場合がほとんどなので、その場で誰かに頼ることができません。

心に余裕をもって、突然のアクシデントなどには自分の判断で乗り切りましょう。

大手企業の営業への転職の注意点4つ

大手企業の営業への転職のメリット5つ|向いている人の特徴3つ
ここでは、大手企業の営業への転職の注意点についてを、具体的にご紹介いたします。

最近大手企業の営業へ転職してみたけれど、こんなことがあるなんて知らなかった。と後悔することが無いように、ここで予習・復習をしておきましょう。

大手企業は1つではありませんから、この注意点を確認して自分に合った希望の企業への転職を成功させましょう。

大手企業の営業への転職の注意点1:仕事があっているか

大手企業の営業への転職の注意点1つ目は、「仕事があっているか」ということです。今自分が持っているスキルが、果たして転職先の仕事に活かせるかを考えてみましょう。

自分が得意とする分野の仕事に就くことができないと、次第に仕事が苦痛になってきます。そのため、営業職の経験がある方も未経験の方も早期退職とならないために、転職先の業務内容を調べておきましょう。

大手企業の営業への転職の注意点2:就労環境は大丈夫か

大手企業の営業への転職の注意点2つ目は、「就労環境は大丈夫か」ということです。今の自分のライフスタイルと、希望転職先の企業の就労環境を比べてみることが大切です。

例えば大手企業の営業は、休日出勤や急な呼び出し、残業がある場合があります。今の会社が定時で帰れる環境で土曜日や日曜日が休みであれば、転職したら生活が大きく変わることとなりますので、その環境に順応できるかがカギとなります。

大手企業の営業への転職の注意点3:実力主義に耐えられるか

大手企業の営業への転職のメリット5つ|向いている人の特徴3つ
大手企業の営業への転職の注意点3つ目は、「実力主義に耐えられるか」ということです。大手企業の営業は実力主義の場合が多いため、自分がタフで負けん気があることが大切です

この注意点は特に、今現在の自分の仕事と転職先の企業の仕事内容が異なっている人に当てはまります。これまでに営業の経験がない人は、転職前にしっかりと勉強することが必要です。

大手企業の営業への転職の注意点4:退職後のことを考えておく

大手企業の営業への転職の注意点4つ目は、「退職後のことを考えておく」ということです。今自分が所属している会社を退職した後、どのような方法で大手企業の営業に転職できるか、しっかりとした計画が必要です。

退職後、必ず希望の企業に就くことができるとは限りません。将来的に大手企業の営業に転職するためには、現在の会社にまだ所属しているうちから転職エージェントに登録したり、情報収集を始めましょう。

大手企業の営業に転職してキャリアアップしよう

大手企業の営業への転職のメリット5つ|向いている人の特徴3つ
大手企業の営業への転職のメリットや向いている人の特徴については、いかがでしたでしょうか。大手企業の営業に転職すると、自分にとってメリットがたくさんあります。

これから就活を控えている方は、ぜひ大手企業の営業職も視野に入れてみてください。今転職を考えていないという方も、この記事を機に自分のキャリアアップを目指して大手企業の営業への転職を考えてみましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related