Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月24日

ITエンジニアにおすすめの資格14個|おすすめ資格を選ぶポイント3つ

ITエンジニアにおすすめの資格は、自分がどの業界を目指しているか、スキルアップができるかどうかでどれを取得するかが選ぶポイントです。IT業界に興味がある人は、基本情報技術者からまずは取得してみましょう。基本的な資格でも、転職や就職に有利になります。

ITエンジニアにおすすめの資格14個|おすすめ資格を選ぶポイント3つ

ITエンジニアの現状

ITエンジニアにおすすめの資格14個|おすすめ資格を選ぶポイント3つ
IT業界では人材不足が続いており、ITエンジニアやプログラマーが枯渇している状態と言われています。人材不足が続いているため、現在はITエンジニアとプログラマーの積極的な採用が心掛けられているでしょう。

ITエンジニアを志望している人は、資格を取得すると就活の際に便利です。この記事では、ITエンジニアにおすすめの資格について紹介するとともに、資格を選ぶポイントについても紹介しています。

IT資格の重要性

ITエンジニアにおすすめの資格14個|おすすめ資格を選ぶポイント3つ
ITエンジニアにおすすめの資格はありますが、必ずしも必要ではありません。ITエンジニアの資格に関しては、運転免許や弁護士資格のように特定の資格を持っていなければ勤まらない業界ではありません。しかし持っていれば便利なので、余裕があれば取得しておきましょう。

必ず必要があるわけではなく、取得を優先して本業を後回しにする必要はありません。また資格で高評価が得られませんが、スキルを評価する材料になります。

ITエンジニアにおすすめの資格14個

ITエンジニアにおすすめの資格14個|おすすめ資格を選ぶポイント3つ
ITエンジニアは資格が必要ではありませんが、スキルを必要する際に取得するだけです。ITエンジニアでおすすめの資格には、基本情報技術者や応用情報技術者などがあります。資格の数は数多くあるため、どの資格がおすすめかがわからない人がとても多いです。

企業によっては特定の資格を取得することを勧めたり、資格手当を付けてくれる職場もあります。ここからは、ITエンジニアにおすすめの資格を詳しく見ていきましょう。

ITエンジニアにおすすめの資格1:情報セキュリティスペシャリスト

ITエンジニアにおすすめの資格14個|おすすめ資格を選ぶポイント3つ
ITエンジニアにおすすめの資格には、情報セキュリティスペシャリストがあります。最新セキュリティの技能や知識が身に付き、実践的な資格が身に付く国家資格です。暗号化の技術やサイバー攻撃の対策などの、セキュリティに関する知識が身に付きます。

現在は廃止されており、代わりに現在は情報処理安全確保支援士という資格の種類を勧められています。しかし試験内容は、情報セキュリティスペシャリストがベースです。

ITエンジニアにおすすめの資格2:ネットワークスペシャリスト

ITエンジニアにおすすめの資格14個|おすすめ資格を選ぶポイント3つ
ITエンジニアにおすすめの資格には、ネットワークスペシャリストがあります。情報処理系の資格の中では難関な方で、合格率は10%未満なので独学では厳しい部分が多いでしょう。やむを得ず独学で勉強しなければいけない人のために、通信教育などが多数開講されています。

合格するには半年から1年はかかると言われており、多くの人が独学で合格しています。また現役でなくても、中堅の人が合格したという事例もあるでしょう。

ITエンジニアにおすすめの資格3:データベーススペシャリスト

ITエンジニアにおすすめの資格には、データベーススペシャリストがあります。情報系の中でも難関レベルで、合格率は10%程度です。他のIT系の資格と比べると、とても難しい内容を問われることがあります。

データベーススペシャリストはとても高難易度なので、独学で難しい場合は通信講座などを開設されている場合もあります。同じ業界の人は、業務の傍らで合格している人がたくさんいます。

ITエンジニアにおすすめの資格4:エンベデッドシステムスペシャリスト

ITエンジニアにおすすめの資格14個|おすすめ資格を選ぶポイント3つ
ITエンジニアにおすすめの資格には、エンベデッドシステムスペシャリストがあります。組み込みに関する技術や知識に基づき、ハードやソフトの開発において、実装やテストを業務を行っているのがほとんどです。

組み込みシステムを対象に、機能性に優れたハードウェアやソフトウェアの開発を行い、その開発工程に基づいた始末書を作成します。求められるポイントは、ソフトとハードを繋げることです。

ITエンジニアにおすすめの資格5:システムアーキテクト

ITエンジニアにおすすめの資格には、システムアーキテクトです。システム開発において対象業務の設計や分析に携わっており、IT業界ではSEやプログラマーの上級職として、システムの開発や構築を行います。

情報システムを構築する能力は欠かせなく、プログラミング言語やセキュリティ、ネットワークに関するシステムの知識に合わせて、広い範囲の知識を身に付ける必要があるでしょう。

ITエンジニアにおすすめの資格6:ITストラテジスト

ITエンジニアにおすすめの資格には、ITストラテジストです。国内のソフトウェア業界を進化させるために、企業のIT化促進を目指している人が対象です。情報技術系の国家資格の中でレベルが高く、専門分野を身に付け情報技術を色々な業界に活かします。

ITストラテジストは資格がなくても務められますが、スキルの証明を行う際に取っておくといいでしょう。また情報技術の知識に留まらず、経営視点の戦略作りを行います。

ITエンジニアにおすすめの資格7:システム監査技術者

ITエンジニアにおすすめの資格14個|おすすめ資格を選ぶポイント3つ
ITエンジニアにおすすめの資格には、システム監査技術者があります。経済産業省が公認している国家資格で、情報処理系の資格の一つです。情報システムを監査するために必要な知識と技術が身に付くでしょう。

試験に合格すると、システムの監査役を任されたり、システムを外からチェックできる立場として働くのに有利になるでしょう。またITエンジニアのノウハウも問われるため、ITを基準にマネジメントの仕事に携われます。

ITエンジニアにおすすめの資格8:ITサービスマネージャー

ITエンジニアにおすすめの資格14個|おすすめ資格を選ぶポイント3つ
ITエンジニアにおすすめの資格には、ITサービスマネージャーがあります。高度なITの知識を身に付けたい人を対象に、安定的にシステムを作動する際やトラブル発生時に速やかに対処できるための技術を身に付くでしょう。

ITサービスマネージャは国家資格で、午前は四肢択一式、午後は記述式です。午後の試験は難易度が高く、合格するためには対策を練る必要があるでしょう。資格は毎年10月で、年に一回しか行われません。

ITエンジニアにおすすめの資格9:プロジェクトマネージャー

ITエンジニアにおすすめの資格14個|おすすめ資格を選ぶポイント3つ
ITエンジニアにおすすめの資格には、プロジェクトマネージャーがあります。プロジェクト全体の進行を管理し、成果物や納期に関して責任を背負う役職です。プロジェクト全体を見据えた上で意思を決定し、成功に導くまでが仕事の一連です。

プロジェクトマネージャーは社外の人と交渉を取ったり、プロジェクト全体を管理したりなどの仕事を任されます。人と話す機会が多いため、交渉力やコミュニケーション力が必要です。

ITエンジニアにおすすめの資格10:ITパスポート

ITエンジニアにおすすめの資格には、ITパスポートがあります。全ての社会人に必要なITの知識を証明できる国家資格です。情報技術の業界に興味があれば、IT系の資格のステップアップとして受けられるでしょう。

試験形式は、コンピュータ上の試験問題をマウスやキーボードを用いて受験します。技術と管理、経営の3分野があり、今年から試験内容が大きく変わると言われています。

ITエンジニアにおすすめの資格11:基本情報技術者

ITエンジニアにおすすめの資格には、基本情報技術者があります。情報技術に関する基本的知識や技術が身に付き、プログラムを開発したり設計書を作成したりなどを担当する国家資格です。

受験者数は毎年10万人以上で、ITエンジニアの基本知識が身に付きます。専門的な知識に関しても問われるため、マネジメントスキルも役立つでしょう。合格率は25%で難易度はやや高めですが、国家資格なので取得すれば世界的に通用します。

ITエンジニアにおすすめの資格12:応用情報技術者

ITエンジニアにおすすめの資格には、応用情報技術者があります。ハイレベルなITの知識や技術を身に付き、本気でIT業界を目指す人に向けた国家資格です。

情報技術を活かして経営や情報の戦略を身に付け、差異分析などを行えるなどの技術水準が求められます。試験内容は基本情報技術者と一緒ですが、レベルが高くなるため試験対策を行いましょう。また試験形式は午前が選択問題、午後は記述問題が出題されます。

ITエンジニアにおすすめの資格13:マイクロソフトオフィススペシャリスト

ITエンジニアにおすすめの資格には、マイクロソフトオフィススペシャリストがあります。国家資格ではありませんが、この資格はマイクロソフトのオフィスソフトの操作技能を測る資格です。

試験はパソコンで行い、試験科目はWord、Excel、PowerPoint、Access、Outlookの5科目があります。またWordとExcelに関しては、一般と上級の2つのレベルがあるのが特徴的です。

ITエンジニアにおすすめの資格14:情報処理安全確保支援士

ITエンジニアにおすすめの資格には、情報処理安全確保支援士があります。試験形式は情報セキュリティスペシャリスト試験をベースに作られているため、難易度や合格率がほぼ一緒です。

平均の合格率は15%程度で、他の資格試験と比べると難易度が高いところが特徴的です。ほとんどのIT系の資格試験が年1回なのに対し、情報処理安全確保支援士だけは年2回なので他の試験と比べると受験しやすいでしょう。

ITエンジニアにおすすめの資格を選ぶポイント3つ

ITエンジニアにおすすめの資格14個|おすすめ資格を選ぶポイント3つ
ITエンジニアが資格で有利になる場合は、未経験でも業界に対する関心を示すパターンや、資格がなければ雇ってくれない企業がある場合です。また資格手当を採用している企業があるため、取得していると得をする部分があります。

IT業界は現在は人材不足なので、若さがあれば資格や経験がなくても就職することができます。ここからは、おすすめのIT系の資格を選ぶポイントを詳しく見ていきましょう。

ITエンジニアにおすすめの資格を選ぶポイント1:自分が望む職種に合っているか

ITエンジニアにおすすめの資格14個|おすすめ資格を選ぶポイント3つ
IT系のおすすめの資格を選ぶポイントは、自分が望む職種に合っているかどうかです。特にインフラ系のITエンジニアに関しては、他のIT系の業種よりも資格が評価される傾向にあります。

自分が望んでいる業界に向けて資格を取る場合もあり、志望先の業界を予習しておくのにはちょうどいい機会となるでしょう。また資格を取るには勉強が必要なので、取得すると技術や知識が身に付きます。

ITエンジニアにおすすめの資格を選ぶポイント2:スキルアップにつながるか

ITエンジニアにおすすめの資格14個|おすすめ資格を選ぶポイント3つ
おすすめのIT系の資格を選ぶポイントは、スキルアップにつながるかどうかです。現在の仕事でどんなスキルが必要か考えると、取得すべき資格が見えてくるでしょう。もし自分が取るべき資格がわからなければ、誰かに相談するのも一つの方法です。

本業と関連する資格や、会社で推されている資格を取得すると、企業内での評価が上がります。また資格を取ることで資格手当を受けられ、給与を上げられるチャンスに繋がるでしょう。

ITエンジニアにおすすめの資格を選ぶポイント3:管理者志望か技術者志望か

ITエンジニアにおすすめの資格14個|おすすめ資格を選ぶポイント3つ
おすすめのIT系の資格を選ぶポイントは、管理者と技術者のどちらを目指しているかです。管理職を目指している場合は、税理士資格などを取得すると仕事で有利になるでしょう。単純に帳簿に数値を書き込む作業などは、AIの代わりに任される可能性が高いからです。

技術者を目指している場合は、基本情報技術者や応用情報技術者を取得しましょう。どちらも難易度は高いですが、所得することでITの技術の証明になります。

ITエンジニアにおすすめな資格を参考にしましょう

ITエンジニアにおすすめの資格14個|おすすめ資格を選ぶポイント3つ
この記事では、ITエンジニアを目指す人に向けたおすすめの資格や、資格を取るためのポイントを紹介しました。資格を取ることでスキルアップに繋がったり、給与を上がったりするなどのメリットがありますが、資格の価値はその知識を活かせる場面に表れます。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related