Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月13日

クリエイティブディレクターの年収と仕事|夢を叶える5つのステップ

クリエイティブディレクターが夢という方は、年収についても気になっているのではないでしょうか。本記事ではクリエイティブディレクターの年収と仕事、夢を叶える5つのステップについて紹介していきます。クリエイティブディレクターを目指す人はぜひ参考にしてみてください。

クリエイティブディレクターの年収と仕事|夢を叶える5つのステップ

クリエイティブディレクターとは

クリエイティブディレクターの年収と仕事|夢を叶える5つのステップ
クリエイティブディレクターという職種を知っていますか。

クリエイティブディレクターとは、コンセプトを開発し、アイデアを具現化するための指針を決定、各分野の専門スタッフを指揮するリーダー的立場の人物を指します。雑誌の広告、CM、イベントなどで企画から制作までを監督する役割なども担います。

本記事ではクリエイティブディレクターの年収と仕事、夢を叶える5つのステップについて紹介していきます。

アートディレクターとクリエイティブディレクターの違いとは

クリエイティブディレクターと混合しやすい職にアートディレクターがあります。

クリエイティブディレクターとアートディレクターの違いは、クリエイティブディレクターはチームの全体の進行や方向性などに携わる部分を担う総責任者、アートディレクターはデザイン部門専門の責任者です。

どちらも在籍する会社の場合は、クリエイティブディレクターはアートディレクターの上司になります。

【年代別】クリエイティブディレクターの平均年収

クリエイティブディレクターの年収と仕事|夢を叶える5つのステップ
職業を目指す上で年収を重要視するという人も多いのではないでしょうか。クリエイティブディレクターの年収はどのくらいか気になっている方もいるでしょう。

クリエイティブディレクターはクリエイティブ部門で一番上の職種にあたるので年収は高い傾向があります。

次は20代前半・20代後半・30代・40代など、年代別にクリエイティブディレクターの平均年収を紹介していきます。

クリエイティブディレクターの20代前半の平均年収

クリエイティブディレクターの20代前半の平均年収は372万です。20代のうちは規模の小さい案件を担当することが多いので、そのまま比例して年収が少ない傾向がありますが大きな案件を担当する人は年収が高いでしょう。

一般的な職業の20代前半の平均年収は320万前後です。比較するとクリエイティブディレクターは高い年収ということになります。

クリエイティブディレクターの20代後半の平均年収

クリエイティブディレクターの20代後半の平均年収は429万です。駆け出しの20代前半のころよりも仕事の量も増えたり、プロジェクトの大きさも以前より大きいものを担当している傾向にあるため、年収はアップしている年齢の時期でしょう。

大きなプロジェクトをうけている人は年収900万円以上貰っている場合もあります。一般的にいわれている20代後半の平均年収は373万なので、年収に差がついています。

クリエイティブディレクターの30代の平均年収

クリエイティブディレクターの30代の平均年収は438万といわれています。30代になると役職についたり、責任ある仕事を任されるので、年収としても大きな金額を貰うクリエイティブディレクターは増えてきます。

一般的な職業の30代の平均年収は395万円なので、比較すると年収額は十分多いと考えて良いでしょう。

クリエイティブディレクターの40代以上の平均年収

クリエイティブディレクターの40代以上の平均年収は655万です。40代以上は、後輩の育成など人材教育を行う立場になっているでしょう。

一般的な40代の平均年収は477万円なので、比べると1.3倍以上多い年収額をもらっていることがわかります。

50代では平均年収は642万円といわれていますが、40代以上のクリエイティブディレクターの平均年収が上回ります。

クリエイティブディレクターが活躍する業界とは

クリエイティブディレクターの年収と仕事|夢を叶える5つのステップ
実際にクリエイティブディレクターはどのような業界で活躍するのでしょうか。次はクリエイティブディレクターが活躍する業界、広告業界・アパレル業界・WEB業界について紹介していきます。

クリエイティブディレクターが活躍する業界1:広告業界

クリエイティブディレクターが活躍する業界1つ目は広告業界です。広告業界とは、メディアの広告枠をクライアントに売り、手数料を得る企業形態の業界です。

広告業界でのクリエイティブディレクターの仕事は、各種広告や宣伝を通して企業の商品やサービスについて、クライアントの要望に添えるようCMや雑誌を使って宣伝したり、イベントなどを企画したりします。また、その過程を監督する仕事です。

クリエイティブディレクターが活躍する業界2:アパレル業界

クリエイティブディレクターの年収と仕事|夢を叶える5つのステップ
クリエイティブディレクターが活躍する業界2つ目はアパレル業界です。アパレル業界は、衣服の製造業および流通業のことを指します。

アパレル業界でのクリエイティブディレクターは、集客率をあげるための宣伝効果を狙ったイベント、広告などを手掛けるプロジェクトのリーダー的存在です。イメージ戦略やマーケティングを考え、ブランドPRと共にビジネス全体のディレクションを行います。

クリエイティブディレクターが活躍する業界3:WEB業界

クリエイティブディレクターの年収と仕事|夢を叶える5つのステップ
クリエイティブディレクターが活躍する業界3つ目はWEB業界です。WEB業界とは、インターネットを通じて提供するサービスを提供している業界です。近年はスマートフォンの普及から盛んな業界であり、今後の将来性も期待されています。

WEBディレクターとは、WEBサイトを扱った企画・設計の時点から携わったりプロジェクトの遂行まで監督します。そのほか、サイト構築後の運用に関わる仕事を行うこともあります。

クリエイティブディレクターに向いている人の5つの特徴

クリエイティブディレクターの年収と仕事|夢を叶える5つのステップ
クリエイティブディレクターを目指そうと考えた時、必要になってくる部分としてヒアリング力が高いのか、コミュニケーション能力が高いのかなどあります。次はクリエイティブディレクターに向いている人の5つの特徴について紹介していきます。

クリエイティブディレクターを目指す人は、これからあげていく特徴について、不足している部分があれば補っていけるよう考えていきましょう。

クリエイティブディレクターに向いている人の特徴1:ヒアリング力が高い

クリエイティブディレクターに向いている人の特徴として、ヒアリング力が高いことがあげられます。

ヒアリング力とは、相手の話を丁寧に聴き、理解することです。ヒアリング力が足りていない人は、自分の思い込みや価値観に縛られ、クライアントの望んでいる内容を企画に盛り込むことができていません。

クライアントの希望を実現するものを作りには高いヒアリング力が必要でしょう。

クリエイティブディレクターに向いている人の特徴2:コミュニケーション能力が高い

クリエイティブディレクターの年収と仕事|夢を叶える5つのステップ
クリエイティブディレクターに向いている人の特徴としてコミュニケーション能力があります。コミュニケーション能力はどの仕事でも高く評価される能力ですが、クリエイティブディレクターでも必になる能力です。

クリエイティブディレクターはクライアントとの打ち合わせが多い仕事です。良い仕事を行うにはクライアントとの信頼関係が重要になり、コミュニケーション能力は欠かせないでしょう。

クリエイティブディレクターに向いている人の特徴3:知識や新しいことに興味関心が高い

クリエイティブディレクターに向いている人の特徴として、知識や新しいことに興味関心が高いことがあげられます。クライアントはクリエイティブディレクターに対して企画力を期待しています。

知識や新しいことに興味関心を置いている人は引き出しが多く、時代のニーズに合わせたアイディアを提案することができるでしょう。

クリエイティブディレクターに向いている人の特徴4:コツコツ努力できる

クリエイティブディレクターの年収と仕事|夢を叶える5つのステップ
クリエイティブディレクターに向いている人の特徴としてコツコツ努力できる勤勉な部分も必要になるでしょう。クリエイティブディレクターは全体的な総責任者的立場なので、制作内容にかかわることに関しては把握している存在です。

集客に関する分析や企画を提案する上では流行、制作側に合わせた技術の知識など抑えておくために常にコツコツと努力できる人が、クリエイティブディレクターに向いているでしょう。

クリエイティブディレクターに向いている人の特徴5:プレゼンテーション能力が高い

クリエイティブディレクターに向いている人の特徴として、プレゼンテーション能力が高いことも必要です。プレゼンテーション能力とは自分が伝えたいことを相手にきちんと伝える能力のことをいいます。

クリエイティブディレクターは企画段階でクライアントに対して、直接プレゼンテーションを行います。プレゼンテーション能力が高くないと企画が通らなかったり、難航してしまうでしょう。

クリエイティブディレクターになりたい!夢を叶える5つのステップ

クリエイティブディレクターの年収と仕事|夢を叶える5つのステップ
最後にクリエイティブディレクターへの夢を叶える5つのステップについて紹介していきます。クリエイティブディレクターは責任ある職種ですが、年収も比較的高くやりがいは十分感じられる仕事として人気があります。

ただ、クリエイティブディレクターは制作の総監督的立場なため誰しもなれるわけではない仕事です。クリエイティブディレクターを目指す人は、どのようなステップを踏めばいいか意識していくことは大切でしょう。

クリエイティブディレクターになるためのステップ1:どの業界で活躍したいかを考える

クリエイティブディレクターになるためのステップ1として、まずどの業界で活躍したいかを考えましょう。

クリエイティブディレクターが存在する業界としては、アパレル業界、広告代理店や編集者、事業会社の制作部門が多いでしょう。最近ではwebやスマートフォンによりコンテンツが多様化したことで、活躍の場が広がっています。

業界によって携わる内容、技術などが異なるのでまずはじめに業界についての知識を増やしましょう。

クリエイティブディレクターになるためのステップ2:有効な資格を取得する

クリエイティブディレクターになるためのステップ2として、有効な資格を取得することを考えてみましょう。

とはいえ、実際クリエイティブディレクターになるために必須となる資格は特にないといわれています。デザイン系やアパレル業界を目指す場合は色彩検定を抑えて置いても良いでしょう。

web系であれば、Photoshop検定やillustrator検定などCGスキルを扱えるという資格もおすすめです。

クリエイティブディレクターになるためのステップ3:キャリアを磨く努力をする

クリエイティブディレクターの年収と仕事|夢を叶える5つのステップ
クリエイティブディレクターになるためのステップ3は、キャリアを磨く努力をすることです。突然クリエイティブディレクターになりたいといっても、それなりのキャリアを積んでいて経験を評価されなければ抜擢されないでしょう。

キャリアを磨くとは、仕事に取り組む過程の中で、身につけていく技術や知識、経験、さらに人間性を磨いていくことです。まずは、目指す業界での現場に入り制作チームに参加することが第一になります。

クリエイティブディレクターになるためのステップ4:プログラミングスキルの取得

クリエイティブディレクターになるためのステップ4は、webやIT業界に携わる場合、プログラミングスキルを取得したほうが良いということです。

プログラミングスキルを身に着けていると、設計側との打ち合わせや作業段階のスケジュール確認などでも非常にスムーズです。

広告業界でも、Webサービスと連動した企画を行うこともあるので、Web関連のプログラミングスキルを身に付けているとプラスになるでしょう。

クリエイティブディレクターになるためのステップ5:転職エージェントに登録

クリエイティブディレクターの年収と仕事|夢を叶える5つのステップ
クリエイティブディレクターになるためのステップ5は、転職エージェントに登録することです。

一般的に制作チームの取りまとめ役というクリエイティブディレクターは、元々いる社員の中から抜擢される職種でもあるので一般的に求人として出てくることは少ない職種です。

しかし、転職エージェントであれば非公開求人の情報を持っているのでクリエイティブディレクターの求人も取り扱っている傾向にあります。

クリエイティブディレクターで高年収を目指そう!

クリエイティブディレクターの年収と仕事|夢を叶える5つのステップ
クリエイティブディレクターの年収と仕事、夢を叶える5つのステップについて紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

制作チームの総監督であるクリエイティブディレクターは非常にやりがいがある仕事なので、興味がある方はクリエイティブディレクターで高年収を目指しましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related