Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月10日

簿記論と財務諸表論を同時に受験するメリット15個|同時合格のコツ3つ

税理士試験のうち、簿記論と財務諸表論を同時に受験すると良いというのは知っていますか。ここでは簿記論と財務諸表論を同時に学習し受験するメリットをみていきます。また、簿記論と財務諸表論を同時に合格するためのコツについてもご紹介します。

簿記論と財務諸表論を同時に受験するメリット15個|同時合格のコツ3つ

簿記論と財務諸表論の同時受験は最終的な合格可能性のアップにつながる

簿記論と財務諸表論を同時に受験するメリット15個|同時合格のコツ3つ
税理士を目指している方で簿記論と財務諸表論を受験する場合には同時受験が最終的合格可能性をアップしてくれます。簿記論も財務諸表論もどちらも難易度が高い科目ですが、これらは同時学習するメリットが多くあります。

そのため、簿記論と財務諸表論を同時に学習して受験することによって、より合格率が高まります。税理士を目指す場合はどちらの科目も合格しなければなりませんので、より効率的に学習するためにもおすすめです。

簿記論と財務諸表論を同時に受験するメリット15個

簿記論と財務諸表論を同時に受験するメリット15個|同時合格のコツ3つ
税理士試験の科目で簿記論と財務諸表論は必ず合格しなければならない科目ですが、これらの科目を同時に受験するメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

ここでは簿記論と財務諸表論を同時受験するメリットを15個紹介します。これから簿記論や財務諸表論を学習しようとしている方は特に以下のメリットをご確認ください。

簿記論と財務諸表論を同時に受験するメリット1:計算力の絶対的な底上げができる

簿記論と財務諸表論を同時に受験するメリットは計算力の絶対的な底上げができることです。簿記論を学習することで財務諸表論の計算力を8割方確保できます。

簿記論と財務諸表論は全く同じ範囲の内容ではなく、簿記論では仕訳中心で、その仕訳をもとに財務諸表の集計を行うという流れで一連の流れとなっています。そのため、簿記論が合格するレベルであれば財務諸表論の計算力底上げにもつながり合格率が高まるということです。

簿記論と財務諸表論を同時に受験するメリット2:お互いに相乗効果がある

簿記論と財務諸表論を同時に受験するメリット15個|同時合格のコツ3つ
簿記論と財務諸表論を同時に受験するメリットとしては、お互いに相乗効果があるということが挙げられます。簿記論を学習することにより仕訳の理解が深まれば財務諸表論においても仕訳の理解を深めることになって知識の定着につながります。

また、財務諸表論の理論を暗記すれば簿記論の計算でも良い影響があるでしょう。簿記論と財務諸表論にはつながりがあって、多角的な相乗効果が期待できます。

簿記論と財務諸表論を同時に受験するメリット3:早期からモチベーションが上がる

簿記論と財務諸表論を同時に受験するメリットに早期からモチベーションが上がるということがあります。税理士になるには必修科目を全て合格しなければならず、いずれはどの科目も勉強しなければなりません。

税理士を目指したときに簿記論と財務諸表論を同時に学習するとなればかなりの気合が必要ですが、同時に合格するということは早期にモチベーションを上げてより短期間で税理士資格をとることにつながります。

簿記論と財務諸表論を同時に受験するメリット4:リスクを分散できる

簿記論と財務諸表論を同時に受験するメリット15個|同時合格のコツ3つ
簿記論と財務諸表論を同時に受験するメリットにリスクを分散できることがあります。簿記論と財務諸表論の同時受験で、万が一どちらかが壊滅的に相性の悪い問題が出題されても、もう一方の科目では何とか合格できたということがあります。

試験は運もありますので、出題範囲によって苦手な分野が出ることも多々あります。しかし、二科目同時受験によってサブ的に受けた方が合格するという幸運もあり得るということです。

簿記論と財務諸表論を同時に受験するメリット5:不合格でも来年につながる

簿記論と財務諸表論を同時に受験するメリットとして不合格でも来年につながるということが挙げられます。税理士の試験は非常に難関ですので、一度受けただけでは合格できないケースも多いです。

しかし、二科目を必死に勉強した知識は時間を経て定着します。もし合格できなかったとしても、勉強した知識は来年の合格へつながっているということです。日々の努力はいつか報われるということで歯をくいしばって頑張りましょう。

簿記論と財務諸表論を同時に受験するメリット6:近年の出題傾向に対応できる

簿記論と財務諸表論を同時に受験するメリットとしては、近年の出題傾向に対応できるということが挙げられます。近年の税理士試験では簿記論なのに財務諸表論のような問題や、財務諸表論なのに簿記論のような問題が出題される傾向にあります。

その場合、財務諸表論と簿記論の両方を学習しておけば全体的な理解が深まり、上記のような問題にも自然に対応できるようになります。また、全体的な平均点も底上げされます。

簿記論と財務諸表論を同時に受験するメリット7:計算力のスピードアップ

簿記論と財務諸表論を同時に受験するメリット15個|同時合格のコツ3つ
簿記論と財務諸表論を同時に受験するメリットとしては、計算力のスピードアップが挙げられます。近年の出題傾向として、財務諸表論であっても時間内に解くことができないほどの難易度が高かったり、ボリュームがある問題が出題されています。

その場合、簿記論の計算力やスピードが必要になります。そのため、簿記論と財務諸表論を一緒に学習することによって、計算力が高まり、結果スピードも速くなるというメリットがあります。

簿記論と財務諸表論を同時に受験するメリット8:簿記論と財務諸表論は表裏一体で理解力が高まる

簿記論と財務諸表論を同時に受験するメリットとは、簿記論と財務諸表論は表裏一体で理解力が高まるということです。税法の中で簿記論と財務諸表論は表裏一体で、同時学習することにより会計を理解する土台ができます。

税理士の基本である会計基礎と計算力、財務理論を一とおり理解することは税理士になる上で大変重要です。その点を重点的に学習できるということで簿記論と財務諸表論は一緒に学ぶメリットが大きいです。

簿記論と財務諸表論を同時に受験するメリット9:時間がない人に有利

簿記論と財務諸表論を同時に受験するメリット15個|同時合格のコツ3つ
簿記論と財務諸表論を同時に受験するメリットとしては、時間のない人に有利だということが挙げられます。時間がないからこそ、簿記論と財務諸表論の二科目を同時に学習することでトータル的な学習時間を短縮できます。

二つの科目を学習することは一見余計に時間がかかるように感じるでしょうが、結局は学習する科目ですし、一度に学習することで復習することなく理解を深めることができます。

簿記論と財務諸表論を同時に受験するメリット10:自分を追い込むことができる

簿記論と財務諸表論を同時に受験するメリットは自分を追い込むことができるということです。税理士になるためには複数科目に合格しなければなりませんが、一度に全て合格するのは無謀です。

しかし、中でも簿記論と財務諸表論は関連する部分も多く一緒に勉強することで理解が深まります。二科目同時に学習するということはかなりの集中力を要し、生半可な気持ちでは合格できない税理士試験で自分を追い込むことができます。

簿記論と財務諸表論を同時に受験するメリット11:時間がないから工夫する

簿記論と財務諸表論を同時に受験するメリット15個|同時合格のコツ3つ
簿記論と財務諸表論を同時に受験するメリットとしては、時間がないから工夫して学習するということが挙げられます。簿記論も財務諸表論もどちらも学習には時間がかかります。しかし、それら二科目を受験するには、自分なりに工夫を凝らさなければうまく進められません。

たとえば、録画された講義内容を普通より速度を速めてみたり、ダラダラとノートを書くのをやめるなど自分なりの合格への工夫をするようになります。

簿記論と財務諸表論を同時に受験するメリット12:その後の他科目への学習意欲をかきたてる

簿記論と財務諸表論を同時に受験するメリットとしては、それら二科目に合格した場合に残りの必須科目を学習する意欲が掻き立てられるということがあります。

簿記論と財務諸表論を同時に受験し合格できれば、時間的な節約にもなりますが、それ以上に自分の学習方法への自信につながります。それは、これからの他科目への学習意欲につながります。

簿記論と財務諸表論を同時に受験するメリット13:ダラダラと勉強するのをやめられる

簿記論と財務諸表論を同時に受験するメリット15個|同時合格のコツ3つ
簿記論と財務諸表論を同時に受験するメリットとしてはダラダラと勉強するのをやめられるということが挙げられます。税理士試験は国家試験の中でも難関で、合格しなければならない科目も多いです。

そのため、今年は受からなくてもいいやと中途半端な勉強をしてダラダラと何年も勉強して結局合格できないとなりがちです。ところが、簿記論と財務諸表論を同時に合格しようとすれば自然と甘い考えはどこかに吹き飛びます。

簿記論と財務諸表論を同時に受験するメリット14:どちらか一方の学習よりも合格ラインに到達しやすい

簿記論と財務諸表論を同時に受験するメリットとしては、どちらか一方のみを学習した人よりも理解の幅が大きく合格ラインに到達しやすいということが挙げられます。

財務諸表論のみをひたすら学習するよりも簿記論も合わせて学習した方が計算力が高いですし、簿記論のみ学習するよりも財務諸表論を学習したほうが財務に関する知識が深くなります。結果的に二つ学習した方が合格ラインへの到達がしやすくなります。

簿記論と財務諸表論を同時に受験するメリット15:会計の基礎ができ税理士業で役立つ

簿記論と財務諸表論を同時に受験するメリット15個|同時合格のコツ3つ
簿記論と財務諸表論を同時に受験するメリットとしては、会計の基礎ができ税理士業で役立つということが挙げられます。税理士の仕事は主に会計帳簿の記帳代行や会計業務、財務書類の作成、確定申告や税務相談です。

中でも会計に関する知識は税理士の基本です。簿記と財務諸表を一度に学習することによって会計の基礎知識がしっかりとするため、税理士となった場合にも大きな力になります。

簿記論と財務諸表論を同時に合格するコツ3つ

簿記論と財務諸表論を同時に受験するメリット15個|同時合格のコツ3つ
簿記論と財務諸表論を同時に受験するメリットについてみてきましたが、簿記論を財務諸表論はどちらも難易度が高く学習は大変です。

では簿記論と財務諸表論を同時に合格するためにはどういったことをすれば良いのでしょうか。ここでは簿記論と財務諸表論を同時に合格するためのコツを3つご紹介します。

簿記論と財務諸表論を同時に合格するコツ1:ちょっとした空き時間でも有効に使う

簿記論と財務諸表論を同時に合格するためのコツとしては、ちょっとした空き時間でも有効に使うということが挙げられます。簿記論も財務諸表論もどちらも難易度が高く学習量も必要ですが、まとまった時間をみつけて学習したのでは時間がいくらあっても足りません。

そこで、ちょっとした空き時間を有効に使ってみるのがおすすめです。仕事をしながらでも、休憩時間やちょっとした空き時間を有効に使ってみると良いでしょう。

簿記論と財務諸表論を同時に合格するコツ2:Webによる通信講座を活用する

簿記論と財務諸表論を同時に受験するメリット15個|同時合格のコツ3つ
簿記論と財務諸表論を同時に合格するコツとしては、Webによる通信講座を活用することが挙げられます。Webによる通信講座では短時間に効率よく学習できるよう要点がまとめられています。

通信講座を使用することは学習効率を上げてくれますし、それによって二科目を短時間で学習することが可能になります。

簿記論と財務諸表論を同時に合格するコツ3:同時合格者の体験談を参考にする

簿記論と財務諸表論を同時に合格するコツとしては、同時合格者の体験談を参考にするということが挙げられます。簿記論と財務諸表論の同時合格者は、学習方法に自分なりの工夫があったり、参考にすべき内容が多くあります。

また、的を絞った学習をしている場合も多く参考にすると合格への近道となる可能性は高いです。

簿記論と財務諸表論の一発同時合格を目指しましょう

いかがでしたか。簿記論と財務諸表論の一発合格は無理なことではないということがわかっていただけたでしょうか。簿記論と財務諸表論は一見まったく違う内容のように見えますが、会計の一連の流れを理解すると表裏一体で、つながりがあることがわかります。

簿記論と財務諸表論の二科目を学習することで、理解を深めたり計算力をあげるという効果もあります。その効果を理解し、簿記論と財務諸表論の一発合格を目指しましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related