Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月11日

税理士試験の難易度を11科目別に解説!税理士試験の様々なデータも紹介

税理士試験は全部で11科目あり、その中から5科目を選んで受験することができます。しかし受験をする際には資格が必要なので、ちゃんと資格を満たしているかを確認しましょう。また税理士試験は難易度が高いので、事前にしっかりと準備をしておくことが大切です。

税理士試験の難易度を11科目別に解説!税理士試験の様々なデータも紹介

税理士試験は科目ごとに特徴がある!

税理士試験の難易度を11科目別に解説!税理士試験の様々なデータも紹介
税理士試験は難易度が高く、科目ごとに特徴があります。税理士試験は全部で11科目あり、その中から5科目選んで受験を行うという仕組みです。科目を選ぶ際と受験する順番が大切なポイントとなるでしょう。

税理士試験は全部の科目が6割以上の正解で合格できますが、合格率は年毎に12%前後の差があり、実質的には競争の世界です。会計系の科目は5割以上、税法系の科目は7割以上が合格ラインの目安です。

税理士試験は難易度は?

税理士試験の難易度を11科目別に解説!税理士試験の様々なデータも紹介
税理士試験は難関試験と言われているため、難易度はそれなりに高いと言えるでしょう。税理士試験は、年に1回しか行われず、全部で5科目の試験に合格しなければいけません。

試験内容は会計に関する学問の2科目と、税法に関する学問の3科目から選ぶことになります。合格率は科目ごとで異なりますが、高くても約3割程度で他の科目は約1割代です。ほとんどが2割未満なので、試験の難易度はとても高いと言えます。

難易度の高い税理士試験の11科目

税理士試験の難易度を11科目別に解説!税理士試験の様々なデータも紹介
税理士の資格を得るためには、税理士試験に合格するのが最も一般的です。受験するには資格が必要で、国税審議会が定めている条件に沿っている場合は、年齢や国籍を問わず税理士試験を受験できます。毎年8月に実施され、1回のみの受験となります。

税理士の資格を取得するには、税理士試験には必ず合格しなければなりません。ここからは、難易度の高い税理士試験の科目について紹介します。

難易度の高い税理士試験の科目1:財務諸表論

税理士試験の難易度を11科目別に解説!税理士試験の様々なデータも紹介
財務諸表論は簿記論と同じく、税理士試験では必須科目で難易度は高いです。理論と計算が50点ずつ出題され、総計で100点満点の試験です。理論は記述式の問題があるため、限られた文字数で文章を書く力が必要となります。

財務諸表は企業の財産や経済に関する情報を株主に報告するためにまとめた書類です。財務諸表論の内容を覚えると、財務諸表の理論や作成の仕方を身に付けることができるでしょう。

難易度の高い税理士試験の科目2:簿記論

簿記論はほとんどが計算問題で、素早く正確に計算ができる力が必要です。迅速な計算力が必要なので、計算が遅い人は難易度が高いと感じるでしょう。簿記論は基本的に全問解けないと言われますが、その理由はボリュームが多いことと難しい計算問題があるためです。

国家試験で解けない問題が出題される傾向にありますが、税理士試験は全般的に難しい問題を飛ばすこともテクニックとして教えられています。

難易度の高い税理士試験の科目3:相続税法

相続税法も難易度の高い資格で、色々な税金の納税義務者、税金の計算方法、納付、申告、還付の必要事項を定めた法律です。他の税法と異なる点は、1つの税法に相続性と贈与税の2つが定められているため、1税法2税目という別名があるところです。

難易度の高い税理士試験の科目4:消費税法

消費税法は消費税のことや課税の対象となる物、税金の計算方法を習得する難易度の高い税理士試験です。申告や還付、納税の手続を適正に行う際の必要事項を身に付けるために必要です。

卸売業者や小売業者、製造業者と資産などの移転は、最終的には消費者が負担することになります。その過程の業績や課税をなくすため、納税義務者は売り上げの消費税額から仕入れの消費税額を控除した税金を支払わなければいけません。

難易度の高い税理士試験の科目5:酒税法

酒税法はアルコール1%以上の酒類に対し、課される税金について勉強する税理士試験の科目です。難易度は高く、試験問題は計算問題と理論問題の2種類があります。出題範囲は種類に関する法令であったり、国税通則法租や税特別措置法などの法令についてです。

種類を製造した側は酒類の数量に応じて、引き取る酒類の量に応じ、酒税を収めなければいけません。税率は酒類の級別や種類に応じ、リットルごとで基本額が違います。

難易度の高い税理士試験の科目6:国税徴収法

国税徴収法は、滞納している税金を徴収するための手続を勉強する科目です。他の科目と異なる部分は、計算問題より理論問題が難易度が高い部分です。出題範囲は国税に関する法令や国税通則法、租税特別措置法などの法令が該当します。

昔からある科目なので、出題内容が安定しているのが特徴的です。対策は立てやすいですが差が付きにくいため、競争率が高いでしょう。国民から適正に税金を徴収する方法が身に付けます。

難易度の高い税理士試験の科目7:住民税

住民税は地方自治体が行政サービスを行うために、個人や法人に対して課される税金に関しての試験科目です。試験問題は理論問題と計算問題の2種類があり、難易度はそれなりに高いです。同施行令や地方税法、施行規則についての知識が身に付きます。

個人や法人のどちらにも支払いの義務があり、市町村税と都道府県税の両方を負担しなければいけません。

難易度の高い税理士試験の科目8:事業税

事業税は個人や法人が行う事業に対し、地方税法に基づき都道府県が支払いを命じている税理士試験の科目です。試験問題は計算問題より理論問題の方が難易度は高いでしょう。同施行令や地方税法、施行規則について勉強します。

日常生活を過ごす際に聞きなれない種類の税金ですが、個人事業主や法人が事業を行う際に一定の金額を支払わなければいけません。法人税の地方版であり、一番最後に受験する人が多いため難易度は高いです。

難易度の高い税理士試験の科目9:固定資産税

固定資産税は家屋や土地などの、国民の資産に課される税金に関する税理士試験の科目です。試験問題は理論問題と計算問題の2種類があり、固定資産に関連する関連事項を勉強します。そこには施工規則や地方税法も含まれます。

試験では、固定資産の軽減の仕方を主に問われます。昔からあった資格だったため、出題内容は安定しています。対策は立てやすいですが周りとの差を付けにくいため、競争激化は避けられません。

難易度の高い税理士試験の科目10:所得税法

所得税法は、所得から引かれる所得税の解釈や理解を問う税理士試験の科目です。難易度は高く、理論問題と計算問題の2種類があります。

個人が年間ごとに得た所得に対して支払う税金を指し、個人で負担する税金であるため多くの人がイメージしやすい資格です。確定申告や年末調整などで役立てられる資格です。個人資産の税務に必要になってくるでしょう。

難易度の高い税理士試験の科目11:法人税法

法人税法は、法人が事業で得た国税や課税、すなわち法人税の解釈と理論に関して身に付ける税理士試験です。所得税が個人で負担する税金であるのに対し、法人税は法人が年間ごとに得た所得から支払う税金です。

税理士になると、ほとんどの人が法人税に関わるでしょう。税理士として欠かせない科目の一つで、消費税法と同じくらいの難易度です。また企業利益に課される税金であるため、税理士を目指す人に役立つでしょう。

税理士試験について知っておきたいこと6選

税理士試験の難易度を11科目別に解説!税理士試験の様々なデータも紹介
難易度の高い税理士試験に合格し、税理士になるには税理士名簿への登録が必要です。登録の条件は、5科目に合格することと2年以上の実務経験です。学歴では法律学や経済学に関する大学か短大出身者で、それぞれの科目を1科目以上履修しなければいけません。

職歴に関しては、法人や個人の会計に関する事務系の仕事で経験がある人が優遇されやすいでしょう。ここからは、税理士試験について知っておくべきことを紹介します。

税理士試験について知っておきたいこと1:税理士試験の形式

税理士試験の難易度を11科目別に解説!税理士試験の様々なデータも紹介
税理士試験は出題範囲が広く難易度がバラバラであるため、合格率も科目ごとに差があります。税理士として活躍するために、将来性を視野に入れて科目を選択しましょう。

試験の形式は計算問題と理論問題の2種類があり、科目によってはどちらかの難易度が高い場合があります。税理士試験は国家試験であり、税理士になる際に必要な能力や知識があるかどうかを測るための物です。

税理士試験について知っておきたいこと2:合格までの勉強時間

税理士試験の難易度を11科目別に解説!税理士試験の様々なデータも紹介
税理士試験の勉強時間は科目ごとで難易度が違うため、合格までに必要な勉強時間には個人差があるでしょう。勉強時間は目安なので、あくまで参考にしかなりません。まずは目指している職種に合わせて科目を選び、計画的に勉強しましょう。

勉強時間は科目ごとで違いますが、150~600時間は必要だと言われています。また税理士の仕事の経験がある人と未経験の人とでは、合格するまでの勉強時間に違いが出てくるでしょう。

税理士試験について知っておきたいこと3:年齢別合格率

税理士試験の難易度を11科目別に解説!税理士試験の様々なデータも紹介
税理士試験の合格率は、平成29年度の税理士試験では25歳以下が例年より最も高い34.0%です。26〜30歳で24.5%、31〜35歳が21.6%と年齢層が上がるほど合格率が低くなる傾向にあるでしょう。年齢ごとの合格率は顕著で、20代前半と40歳以上とでは数倍の差があります。

昨年度は一昨年と比べて合格率が全体的に下がっており、25歳以下が27.0%、26~30歳で18.1%という記録となっています。

税理士試験について知っておきたいこと4:合格率の推移

税理士試験は難易度が高いのが特徴的なので、合格率が推移しやすいです。近年では人気が落ちている傾向にあるため、税理士試験の受験者数は減少している傾向にあります。しかし簿記論と財務諸表論は合格率が最も高く、毎年約30%の合格率を保持しています。

法人税法と所得税法は税理士試験の中で難易度が最も高く、毎年10~15%の間を推移しています。近年でも合格率は12%に満たないです。

税理士試験について知っておきたいこと5:他の資格と比べた難易度

税理士試験の難易度を11科目別に解説!税理士試験の様々なデータも紹介
税理士試験の難易度は、司法書士以上公認会計士未満と言われています。税理士試験は弁護士や公認会計士の次に難易度が高く、司法書士の方が易しい傾向にあるでしょう。試験は年一回しか行われないのが特徴的で、その原因は難易度が高いところにあります。

税理士試験は財務諸表論と簿記論は必修で、法人税法や所得税法のどちらかは必ず選択しなければいけません。以上の3つと残りの2科目を受験科目として選択するという形式です。

税理士試験について知っておきたいこと6:どんな人が合格しやすい?

税理士試験の難易度を11科目別に解説!税理士試験の様々なデータも紹介
税理士試験に合格しやすい人はまず、法学部、経済学部、経営学部、商学部の大学もしくは短大を卒業している人が上げられます。その学部以外の大卒もしくは短大卒の人でも、経済学や法律学の科目を1科目以上履修している人も受験資格に入ります。

大学3年以上の学生の場合は、保健体育や外国語を除く24単位以上の一般教育科目と、経済学や法律学に関する科目を履修し36単位以上あることが条件です。

税理士試験の難易度を把握して勉強しよう!

税理士試験の難易度を11科目別に解説!税理士試験の様々なデータも紹介
税理士試験は種類ごとに難易度に差が出やすく、受験するためには資格が必要なので決して簡単なことではありません。そして税理士試験に合格して税理士を目指すのは、資格を得るのが難しいため容易いことではないでしょう。

しかしその一方で、難関な試験や条件をクリアして税理士になった人はたくさんいます。受験資格をクリアし、第格や専門学校で勉強をすることで税理士試験に合格する可能性は高くなるでしょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related