Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月10日

会計事務所へ転職したらするべきこと5つ|キャリアアップ法2つ

税理士を目指している人や税務の仕事に興味のある人の中には、会計事務所働くことを考える人も少なくないでしょう。また、会計事務所で働いている人の中にも転職を検討している人もいるでしょう。この記事では、会計事務所に転職したい方向けにまとめています。

会計事務所へ転職したらするべきこと5つ|キャリアアップ法2つ

会計事務所とは

会計事務所とは、税理士の個人事務所にあたり、法人と個人の税務相談や各種税務申告業務、記帳代行という税務、会計に関する業務サービスを行っていきます。

税務や会計に関する知識がある公認会計士や税理士の資格を取得した方が、独立開業し事務所の運営を行っています。

現在、主に経理が確立されていない中小企業の会計代行業務、または株式公開支援や企業再編支援などを行う会計事務所の増加が目立ってきています。

会計事務所の仕事

会計業務の仕事は、記帳代行業務と巡回監査業務の2つに分かれます。

記帳代行業務は入出金に関わる資料を顧問税理士に預け、損益計算書や貸借対照表など税務申告の基となる書類の作成を受託します。

一方巡回監査業務は、定期的にクライアント先を訪問し、会計帳簿の資料に基づいて記帳内容・会計処理・税務処理が適正に行われているかを確認し、指導を行います。時には、経営者の方と経営に直結した相談も行います。

仕事の分担

会計事務所の仕事の分担として、以下が挙げられます。

・会計業務
・依頼相談
・税務調査の立ち合い
・巡回監査

主に税理士の仕事になってきますが、書類の作成は、税理士の資格を有していない方も担当します。

どの会計事務所も一つのチームとして取り組み、仕事を分担することで、税理士や会計業務などの他で替えが利かない職務に対して全うすることができ、お客が満足する対応に追求することができます。

会計事務所へ転職したらするべきこと5つ

会計事務所へ転職する前に、転職をしたら何をすべきかを知っておくと、いざ勤めてからの姿勢であったり業務をする見通しがつきます。そこで、転職をしたらすべきことの事例を5つにまとめました。

今までの経験を最大限に活かせるように、自分のしてきたことと照らし合わしつつ、会計事務所へ転職した際のすべきことを知り得ておきましょう。

会計事務所へ転職したらするべきこと1:経験やポテンシャルを生かして働く

会計事務所に転職する方の多くに、中小企業で税務を担当してた経験がある方多く、その経験に加え、資格を取得し優位に働くことができます。

現在働いている職場を退職し、会計事務所に転職するためには、自分が応募した会計事務所の面接で評価を得る必要になってきます。会計に関する実務経験が未経験者よりも有利になり、経験者として蓄積した実務経験から勤めることができます。採用されてからは、即戦力として期待されます。

会計事務所へ転職したらするべきこと2:OJTで基礎知識を集める

会計事務所の多くは、OJTの指導方法を採択しています。現場で上司や先輩から指導をもらい、基礎知識を固めます。

この方法は、通常営業時に行われるので、もしお客からの質問で不明点があったことを、そのままにしておくと、お客との信頼関係を築くことができない可能性もありますので、積極的に上司に報告や相談が大切になります。

また、OJTによって上司との人間関係を構築できるので、自分が働きやすい環境にしていきましょう。

会計事務所へ転職したらするべきこと3:顧客対応を実践で覚える

会計業務を人の話や知識のみでは、迅速かつ適切な対応ができかねないのが会計業務の仕事です。実際にお客と相談し、実践していくことが求められます。

実際に先輩と同席をして、どのような話をしているか、どんな質問でどんな雰囲気で相談しているか、実務を通じて学び得ることが大半です。その経験を、自分で振り返りまとめることで、多くの顧客対応をこなす礎となります。積極的に実務経験を積んでいきましょう。

会計事務所へ転職したらするべきこと4:資格をとる

会計事務所に転職となれば、資格を有していることが自分の仕事を有利にします。また、本格的に税理士になりたいのであれば、公認会計士などの税理士資格が必須です。

会計事務所の多くは、働きながらでも資格を取得するプログラムを採択しているところも多いです。仕事と勉強を両立しいくことは、困難ですが、事務所の同僚の励ましがあったり、経験者に質問がしやすいこともあって、好循環をもたらす可能性もあります。

会計事務所へ転職したらするべきこと5:部下や事務所をマネジメント

会計事務所に転職し実務経験を重ねると、今度は自分が部下にOJTをする日が必ずきます。

上記で、OJTによる方法で基礎知識を固めた自分は、上司から学んだ実務経験を会計事務所に勤める新人の部下を指導し、自分が新人時代に学んだことを同じように、部下へ伝えていくことで部下の成長へと導きます。

また事務所内の人間関係を構築しいくことで事務所との運営にもなるので、会計事務所をマネジメントしていくことにもなります。

会計事務所からのキャリアアップ2つ

会計事務所に転職してお客との信頼つむ実務経験を積んでくると、自分の働き方が見えてきます。「自分でも会計事務所を開けるのではないか」「今、働いている場所は、自分に合った会計事務所なのか」という考えた方も起こってきます

ここでは、もし自分が独立開業した場合や、他の会計事務所に転職となった場合について、メリットやデメリットを踏まえながら説明していきます。

会計事務所からのキャリアアップ1:独立開業

会計事務所で働く方の中には、独立開業を目指して働く人もいます。独立するとどのようなメリットやデメリットがあるのかまとめました。

もし、会計事務所の独立開業を考えているのであれば、メリットとデメリット知り、理想の働き方を考えてみるのも一つの方法になります。独立開業には、特に税金面や登録の面での関連があります。

独立のメリット

独立のメリットとして個人税理士事務所の場合は、節税ができます。経費の範囲が広く、家族の給与や、保険など個人事業主に比べて経費計上できるので節税効果があります。

また、決算月を自分で決めることができます。しかし、税理士事務所、会計事務所の場合は個人事業主のため毎年3月に確定申告をしなければなりません。

独立のデメリット

独立にあたってのデメリットとして以下の登録関連になります。

株式会社になる場合は、役員の登録変更が必要になります。社員税理士の登録変更手続きをする場合は、を法務局で先に行う必要になります。

また、登記手続きが必要になり、事務所を設立するためには名称等の登記手続きが必要になります。

会計事務所からのキャリアアップ2:他の会計事務所に転職

他の会計事務所に転職するにあたっては「失敗したくない」と考える方も多いでしょう。他の会計事務所に転職するからには、自分の理想の職場に出会いたいと考えるため、多くの情報を収集する必要があります。

今回、転職に失敗しないためにもメリットとデメリットをお伝えします。メリットやデメリットを知ることで、現状の環境と照らし合わせて判断もできるので、会計事務所へ転職する際に、参考にしてみてください。

転職のメリット

転職するメリットとして、会計事務の仕事を一度経験すれば、どんな会計事務所に転職しても実務が通用し、転職に有利です。

どの時期になると繁忙期がくるか把握できているので、前もっての行動やペースを自分で調整して進められます。

企業勤務の会計士や税理士はチームワークが重視されるため、部内で助け合いながら仕事を進められると安心になります。現在の職場で自信が損失したり、モチベーションを変える方法ともなります。

転職のデメリット

転職のデメリットは、会計事務所は法人ではなくて個人事務所が多数を占めます。給料や福利厚生などの待遇には期待できないことです。退職金制度も完備していないことがほとんどです。

また、個人事務所ですから、代表である所長が全ての決断を行うのは当然のことです。自分のペースに合わない人がいれば、自分の仕事のペースダウンにもなりがちなので、最初から見極めて、他の会計事務所に転職するということは、とても難しいとされます。

会計事務所に転職する前にチェックすべきポイント4つ

会計事務所に転職する前に、チェックすべきポイントを4つ挙げました。会計事務所に転職となると、前の職場で働いていた契約条件や人的環境が異なる点が多く存在します。

異なる点においては、残業時間や給料水準、会計事務所の人間関係や会計業務に活かせる資格などがあり、転職の前に気になる点です。勤務してから「知らなかった」や「思った条件と違う」などの転職に失敗したにためにも、勤める前に必ず調べるようにしましょう。

会計事務所に転職する前にチェックすべきポイント1:残業時間

結論から話しますと、会計事務所の繁忙期には必ず残業があります。会計事務所の仕事は、お客である企業の決算時期になると大幅に業務が増えるからです。

残業時間があるとすれば、残業時間を基本給に上乗せしてくれる仕組み(みなし残業時間)を把握しておくことも必要です。企業によっては、時間分の賃金をあらかじめ計算し、基本給に上乗せするという形で雇用契約を結ぶことがあります。契約事項は、必ず確認しましょう。

会計事務所に転職する前にチェックすべきポイント2:給与水準

税務スタッフの年収を決めるポイントは、大きく分けて「経験年数」と「資格(税理士試験科目合格数)」が関わります。

また、「資格」は何科目合格しているかによって、10万~100万円ほどの年収増が見込めます。
経験年数年収
未経験~1年未満280万円~350万円
1年以上~3年未満320万円~400万円
3年以上~5年未満350万円~450万円
5年以上~10年未満400万円~500万円
10年以上450万円以上

会計事務所に転職する前にチェックすべきポイント3:税理士の人間関係

会計事務所に転職するにあたり、会計事務所に在籍している人の人間関係も気になる点です。人間関係で転職を繰り返しては、会計業務の経験を積むことが損なわれます。

転職して最初は、上司と業務をこなしていくことになるので、積極的に会話や実務の報告をして、人間関係の構築に努めましょう。気になる会計事務所があった際に、ホームページで事務所内の雰囲気を知れるところもあるので、チェックしておくこともできます。

会計事務所に転職する前にチェックすべきポイント4:会計業務に活かせる資格

先に会計事務所に転職し勤めるにあたり、基礎的な業務ができるための準備としての資格があります。資格を先に取得すると自分の評価や上げることのもなります。

基礎的な業務ができるための準備としては、以下の資格も有効的です。
業務資格
決算書を「作る」ための資格・簿記検定・税務会計能力検定
決算書を「読む」ための資格・ビジネス会計検定 ・中小企業診断士
社会保険についての資格・FP技能検定 ・社会保険労務士

サポート体制の整った会計事務所に転職しよう

いざ転職し会計士事務所に勤めても「誰も教えてくれない」となれば、働く先でつまずく可能性がありますので、事前に会計事務所の下調べをしましょう。

「入社後はまずは、あなたのペースで」や「熱意や意欲のある方を応援します」とサポートに力を注ぐ姿勢を見せている事務所もあります。そのような事務所ですと、実務経験を積めたり、資格取得の学習に専念できたりと安心ですので、しっかり事務所を見極めることが必要です。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related