Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月11日

新卒で外資系企業への就活を成功させるには?外資系企業の6つの特徴

外資系企業は、日系企業と異なり、新卒です給料が高かったり働き方が比較的自由です。しかし、成果を上げることができなければクビになりうる厳しい環境です。この記事では、外資系企業の特徴や向いてる人の特徴を中心に記述しています。

新卒で外資系企業への就活を成功させるには?外資系企業の6つの特徴

外資系企業とは?

新卒で外資系企業への就活を成功させるには?外資系企業の6つの特徴
「外資系企業」とは、外国法人もしくは外国人が一定程度以上の出資をしている日本企業を指します。ですが、明確な定義はなく、企業の株を保有している外資系株主からの影響が高い企業という意味で認知されている風潮があります。

そのため、外資系企業でも共同出資した企業や日本企業が海外企業に買収された場合など、さまざまなケースがあります。新卒の人は、どの外資系企業に就職したいのか調査する必要があります。

外資系企業に多い業種とは

新卒で外資系企業への就活を成功させるには?外資系企業の6つの特徴
外資系企業には、金融関連・コンピューター関連・アパレル関連などが多いです。その他にも、サービス業・製造業・マーケティング・開発設計などさまざまな業種があります。

成果を出すことができれば年収も高くなる外資系企業では、天井知らずで年収が増えていくため、業種によっては、年収1,000万円以上稼ぐ人もいます。

ですので、新卒の人は、自分の得意分野である業種に就職することをおすすめします。

外資系企業の特徴6つ

新卒で外資系企業への就活を成功させるには?外資系企業の6つの特徴
外資系企業は、日本企業と比べて自由に働くことが可能なので、近年、新卒が多く応募している傾向にあります。しかし、さまざまな特徴があるので、しっかりと把握しておく必要があります。

今回は、外資系企業の特徴として、「会社の風土」「教育制度」「ワークライフバランス」「新卒や女性の働きやすさ」「待遇面」「雇用の安定性」について紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

外資系企業の特徴1:会社の風土

新卒で外資系企業への就活を成功させるには?外資系企業の6つの特徴
外資系企業の特徴の1つに「会社の風土」が挙げられます。外資系企業では、即戦力を採用し成果をどんどん要求する傾向にあります。一方、日本企業では、新卒で採用した社員を育て、将来的に戦力になるように指導します。

この会社の風土の違いから、新卒でもらうことができる給料も大きく異なります。新卒で外資系企業に就職を考えている人は、頭に入れておいてください。

外資系企業の特徴2:教育制度

新卒で外資系企業への就活を成功させるには?外資系企業の6つの特徴
外資系企業の特徴の1つに「教育制度」が挙げられます。前述したように、外資系企業では、即戦力を採用し成果をどんどん要求する傾向にあり、日本企業では、新卒で採用した社員を育て、将来的に戦力になるように指導します。

外資系企業は、新卒を育てるのではなく最前線で成果を出すように指示するため、新卒の人の能力が問われることが多いです。

外資系企業の特徴3:ワークライフバランス

新卒で外資系企業への就活を成功させるには?外資系企業の6つの特徴
外資系企業の特徴の1つに「ワークライフバランス」が挙げられます。ワークライフバランスとは、充実感を持ちながら働くことに加えて、プライベートな時間も取ることができるということを指します。

外資系企業では、成果を上げることさえできれば、どのような形で働いても問題ないというところが多いです。

そのため、在宅勤務の人や会社に少しだけ顔を出す人など、比較的自由に働くことができます。

外資系企業の特徴4:新卒や女性の働きやすさ

新卒で外資系企業への就活を成功させるには?外資系企業の6つの特徴
外資系企業の特徴の1つに「新卒や女性の働きやすさ」が挙げられます。

外資系企業は、成果主義であることから、成果を上げることさえできれば、どのような働き方をしても構わないという風潮があります。
新卒や女性の方も同じですので、自分の生活に合った働き方をすることも可能です。

特に、女性は、家事や子育てで家から出ることができない場合もありますので、非常に働きやすいと言えます。

外資系企業の特徴5:待遇面

新卒で外資系企業への就活を成功させるには?外資系企業の6つの特徴
外資系企業の特徴の1つに「待遇面」が挙げられます。外資系企業では、前述したように、成果を上げることを重要視しており、新卒の人でも成果があれば給料も上がります。日本企業と比べた時、かなりの差がある場合もあります。

しかし、成果を上げることができなければ、新卒でもベテランでも前月の半分の給料しかないということもありますので、不安定な部分もあります。

外資系企業の特徴6:雇用の安定性

新卒で外資系企業への就活を成功させるには?外資系企業の6つの特徴
外資系企業の特徴の1つに「雇用の安定性」が挙げられます。外資系企業では、前述したように、即戦力を採用し成果をどんどん要求する傾向にあります。成果を上げることができなければ、給料が低くなると同時に、新卒でもベテランでもクビを宣告されることもあります。

日本企業では、新卒の人でもいきなりクビを宣告されることは少ないので、成果主義である外資系企業の大きな特徴と言えます。

新卒必見!外資系企業に向いてる人の7つの特徴

新卒で外資系企業への就活を成功させるには?外資系企業の6つの特徴
外資系企業は、前述したように、実力や成果を重視しています。ですので、年齢関係なく、成果を出すことができれば、新卒の人でもかなり多くの給料をもらうことができます。しかし、成果が出なければ、ベテランの人でも給料が下がることもあります。

今回は、新卒の人が見ておきたい、外資系企業に向いてる人の特徴を7つ紹介します。新卒の人だけでなく転職を考えている人も、ぜひ、参考にしてみてください。

外資系企業に向いてる人1:自己主張できる

外資系企業に向いてる人の特徴として、「自己主張できる」ことが挙げられます。外資系企業では、前述したように、成果を重視するので、自己主張して成果をアピールすることも重要になってきます。自己主張することで給料アップにつながることもあります。

しかし、不明瞭な自己主張は、マイナスに評価されてしまい、逆に給料が下がってしまう可能性があるので、明確な根拠を持って自己主張することが大切です。

外資系企業に向いてる人2:実力主義が苦痛にならない

外資系企業に向いてる人の特徴として、「実力主義が苦痛にならない」ことが挙げられます。外資系企業では、前述したように、実力や成果主義で評価されます。ですので、長い時間働いていても成果を出すことができなければ評価されません。

また、外資系企業は、残業するとマイナスの評価を受けてしまうことが多いです。自分の成果で評価してほしいという人は、外資系企業に向いてると言えます。

外資系企業に向いてる人3:語学力がある

外資系企業に向いてる人の特徴として、「語学力がある」ことが挙げられます。

外資系企業の多くは、英語などの外国語でコミュニケーションを取ることが多く、語学力がないと仕事が進まないという可能性もあります。そのため、TOEICなどの試験を受けて高得点を取っておくことをおすすめします。

このように、外資系企業に向いている人は語学力があり、うまくコミュニケーションを取ることができます。

外資系企業に向いてる人4:負けず嫌いな人

外資系企業に向いてる人の特徴として、「負けず嫌いな人」が挙げられます。外資系企業は、前述したように、成果を重視するので、年齢に関係なく仕事を評価されます。そのため、自分よりも若い人が給料が高いということも大いにありえます。

若い人よりも給料が低くて悔しいという感情を持ち、より仕事に精を出せる人が、外資系企業に向いてるでしょう。

外資系企業に向いてる人5:柔軟な対応ができる人

外資系企業に向いてる人の特徴として、「柔軟な対応ができる人」が挙げられます。外国の人とコミュニケーションを取ることが多くなる外資系企業では、さまざまな意見が飛び交います。文化や風習も異なってきますので、柔軟に対応する能力が求められます。

自分のやり方にこだわってしまうと周囲との連携がうまくいかないこともあります。ですので、周囲に合わせた働き方が重要であり、より成果も上げやすくなります。

外資系企業に向いてる人6:リーダーシップがある

外資系企業に向いてる人の特徴として、「リーダーシップがある」ことが挙げられます。外資系企業は、実力・成果を重視しており、即戦力を採用するために、リーダーシップがあるかどうかを評価している企業もあります。ベテラン社員だけでなく新卒にも同じように評価しています。

このように、リーダーシップを発揮できる人は、チームで動くときに周囲を見渡してフォローできるので、外資系企業で働くことに向いています。

外資系企業に向いてる人7:海外出張に抵抗が無い

外資系企業に向いてる人の特徴として、「海外出張に抵抗が無い」ことが挙げられます。

外資系企業に勤めていると、海外の本社に出向くことも多くなるため、海外出張に抵抗があると苦痛に感じてしまいます。そのため、海外に行くのが楽しみという人は、外資系企業に向いていると言えるでしょう。

このように、海外出張に行く機会があるため、抵抗が無い人が外資系企業に向いています。

新卒が外資系企業で働くメリットとデメリット

新卒で外資系企業への就活を成功させるには?外資系企業の6つの特徴
外資系企業は、新卒の人でも成果を上げることができれば、かなり高水準の給料をもらうことができます。その反面、成果を上げることができなければ給料も低く、最悪クビになることもあります。企業によってどのような環境なのかを把握しておく必要があります。

今回は、新卒が外資系企業で働くメリットとデメリットを紹介します。特に、新卒の人はデメリットの部分も参考にしてみてください。

メリット

新卒が外資系企業で働くメリットは、日本企業よりも給料が高いということが一番の理由として挙げられます。同じ仕事内容でも、日本企業と外資系企業では給料に違いがあるため、新卒の人は外資系企業を選ぶ傾向にあります。

しかし、外資系企業は、福利厚生が充実しておらず、給料が高いのはこの福利厚生があらかじめ含まれているためと言われています。

デメリット

新卒が外資系企業で働くデメリットは、突然クビになることがあるということです。実力・成果主義であることが多い外資系企業は、仕事ができないと判断されてしまうと、すぐクビになることもあります。加えて、退職金が出ないことも多いです。

また、給料形態として年俸制を採用しているところが多く、前年の評価次第では給料が低くなることもあります。新卒の人は、このようなデメリットも把握しておく必要があります。

外資系企業と日系企業の違い

新卒で外資系企業への就活を成功させるには?外資系企業の6つの特徴
外資系企業と日系企業の違いは、業務効率になります。日系企業では、事業を行うにあたって、承認やハンコをもらうことが多いです。一方、外資系企業では、システムによって厳重に管理されていますので、かなり業務効率が良いです。

そのため、残業することも他人の仕事を手伝うということもほとんどありません。日系企業では、無茶な要求で残業することもあるので、業務効率でいえば一目了然です。

外資系企業はメリットはあるが仕事で結果を出すことが前提

新卒で外資系企業への就活を成功させるには?外資系企業の6つの特徴
外資系企業は、日系企業とは異なり、新卒の人でも成果を出すことができれば、高い給料をもらうことができます。その反面、成果を出せなければ収入に大きく影響するだけでなく、最悪の場合、クビになることもあります。

仕事歴や経験でなく、自分の成果に応じて評価してほしいという人は、外資系企業に向いています。一方で、安定を求めたり楽な仕事をしようと考えている人は、外資系企業に向いていないでしょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related