Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月24日

知財の転職で知っておくべき求人サイト8選|必要なスキルとは?

知的財産には人の知的活動によって創られたサービスや商品のアイデアや音楽などの芸術による創作物などがあり、その知的財産を守る仕事があります。これらを守るためには、知的財産権に関する知識が必要であり、転職の際には有利となる資格があったりなどもします。

知財の転職で知っておくべき求人サイト8選|必要なスキルとは?

知財とは知的財産のこと

知財の転職で知っておくべき求人サイト8選|必要なスキルとは?
財産には車や家、家具、企業であれば商品や建物など、いろいろな財産があります。その財産の中には、人の知的活動によって創られたサービスや商品のアイデアや音楽などの芸術による創作物のように形のないものもあります。

このような形がなく、人の知的活動によって創られた財産のことを知的財産と言い、知財と呼ばれることもあります。この知財に関わる仕事はいろいろとあり、その仕事への転職を希望する人もいます。

知財の転職で知っておくべき権利

知財の転職で知っておくべき求人サイト8選|必要なスキルとは?
知財はお金や商品のように形のある物ではありません。なので、知財は権利によって守られています。そのため、知財の権利について知識を持っておかないと、他人や企業の知財の権利を侵してしまう危険性があります。

場合によっては犯罪となってしまうこともあるため、知財に関する仕事への転職を希望している場合には、必ず事前に知財の権利に関しての知識は持っておく必要があります。

特許権

テレビなどでよく耳にする知財の権利の1つが特許権となります。特許権は企業などが持つ独自の技術や発明に対する商品やアイデアを他人に真似をされたり、勝手に利用されたりしないように保護するための権利です。

特許権を取得するためには、特許庁に出願をして、審査を通る必要があります。ただし、特許権には出願から20年、一部は延長によって25年と、その有効期限は決まっています。

実用新案権

知財の転職で知っておくべき求人サイト8選|必要なスキルとは?
特許が技術やアイデアなど発明に関する権利を守っていますが、実用新案件は物自体の形状や、構造や組み合わせなどにかかる権利を守ります。なので、実用新案件では特許のように発明は必要なく、より便利にするための工夫が重視されます。

特許ほど審査のハードルが高くはありませんが、その有効期限は10年と特許よりも短いです。そのため、ライフサイクルの短い技術やアイデアなどに対して取得することが多いです。

商標権

流行った商品や人気の高い商品などには類似品が出回ったりなどすることがあります。しかし、消費者がオリジナルと類似品の区別ができないこともあります。

もし、類似品をオリジナルと思い込んで使って、その類似品が高い評価を得ることがなければ、勘違いをしてオリジナルに低い評価をしてしまう可能性があります。

なので、類似品と区別をするために、商標に対して独占排他的な商標権を付与して、商品の信頼や信用を保護します。

著作権

知財の転職で知っておくべき求人サイト8選|必要なスキルとは?
映画が始まる前や、テレビでドラマやアニメなどを観ていると、著作権に関する注意のテロップが入ることがあります。また、音楽の違法ダウンロードなどの注意喚起などにも著作権も文字はよく見ます。

この著作権も知財の1種となります。主に、美術や音楽、文芸や学術などの作者の思想や感情が表現された物が対象となり、作者の著作物に関する権利を守っています。

知財の主な転職先とは

知財の転職で知っておくべき求人サイト8選|必要なスキルとは?
知財はお金や建物のように形のある物ではありません。しかし、知財も立派な財産であり、企業によっては自社の持つ知財がなくなると利益を生むことができなくなってしまうというという会社もあります。

そのため、会社の知財を守ったり、新たに特許などを取得したりなど、知財に関する仕事をする部署を設けている会社もあります。知財に関する仕事に転職を希望するのであれば、知財に関する部署がある企業へ転職する必要があります。

知財部

上記で述べた通り、会社によっては知財に関する仕事をするための部署を設置しているところもあります。そのような部署を知財部と呼びます。知財部は製造業や、研究、開発関連の企業が設置していることが多いです。

また、知財部がなくても、法務部や開発部などが知財関連の仕事を兼任している場合もあるので、知財部がなければ、知財に関する仕事が全くないとは言い切れません。なので、そのような場合には、事前に確認すると良いでしょう。

知財の転職で有利な学歴は大卒

知財の転職で知っておくべき求人サイト8選|必要なスキルとは?
知財は形のないものを権利で守る必要があります。ですが、知財を権利で守るという概念を認識することができなければ、知財に関する仕事はできません。

なので、これらの概念を把握できる高学歴や大卒の人などが転職では有利となります。しかし、研究職や開発、製造などの実務経験のある人の方が、知財に関しての知識を持っていることも多く、即戦力にもなるため、高学歴や大卒が必ずしも有利というわけではありません。

技術系企業は理工系が有利

知財の転職で知っておくべき求人サイト8選|必要なスキルとは?
技術系企業では、特許などに関する技術への理解を持っている人が就職や転職に有利となります。そのため、理工系の学部出身者が有利となることがあります。また、知的財産に関する科目が履修できる理工系の大学も増えてきていることも理由の1つとなっています。

また、知財関係の仕事は、入社後すぐに就くのではなく、研究や開発などの実務経験を積んだ後に、知財関係の仕事へと移っていくという場合も多いです。

知財の転職に有利な転職サイト8選

知財の転職で知っておくべき求人サイト8選|必要なスキルとは?
転職活動では転職サイトやハローワークなどを利用する人もいますが、転職エージェントを利用する人も増えてきています。しかし、転職エージェントにはいくつも種類があり、それぞれ持っている特徴が異なります。

そのため、知財に関する仕事への転職を希望する場合には、知財関係の仕事の情報が得やすい転職エージェントを利用する必要があります。

知財の転職に有利な転職サイト1:BIZREACH

ビズリーチはテレビなどでよくCMが流れているため、その認知度は高いです。ビズリーチの大きな特徴としては、ハイクラス転職に特化しているということです。

知財関係の仕事は商品やサービスの詳細を理解し、そのうえで知的財産権やその他の法律などを理解しておかなけれななりません。そのため、知財関係の仕事はハイクラスな仕事となります。そのため、ビズリーチは知財関係の仕事を探すことに向いています。

知財の転職に有利な転職サイト2:リクナビNEXT

転職活動を始める際には、求人情報の数の多さや、ブランド力、認知度の高さなどによって、ひとまずリクナビNEXTに登録はしておくという人は多いです。リクナビNEXTは転職エージェントではなく、転職サイトです。

、リクナビNEXTには非常に多くの求人情報が集まっていて、転職活動に関する情報を得ることもできます。そのため、知財に関する情報も得ることができるでしょう。

知財の転職に有利な転職サイト3:doda

知財の転職で知っておくべき求人サイト8選|必要なスキルとは?
DODAもビズリーチと同様にはテレビなどでよくCMが流れているため、その認知度は非常に高いです。転職エージェントとしても、大手3大エージェントのうちの1つとなっていて、求人数が非常に多く、非公開求人の取り扱いも多いです。

また、DODAでは転職活動をする女性のサポートに力を入れています。そのため、知財関係の仕事への転職を検討している女性にオススメの転職エージェントです。

知財の転職に有利な転職サイト4:JACリクルートメント

JACリクルートメントもDODAと同様に大手3大エージェントの1つで、ビズリーチと同様にハイクラス転職に特化した転職エージェントです。なので、JACリクルートメントもおすすめの転職エージェントとなります。

JACリクルートメントでは求職者側と企業側の両方を同じアドバイザーが担当するため、段取りがスムーズになったり、求職者側と企業側のアドバイザー同士で意見が異なったりなどすることがありません。

知財の転職に有利な転職サイト5:マイナビエージェント

リクナビと同様に、就職活動や転職活動ではマイナビやマイナビ転職にひとまず登録するという人は多いです。そのため、ブランド力、認知度も非常に高いです。また、同様の理由から、転職エージェントも、ひとまずマイナビエージェントを選ぶという人は多いです。

マイナビにも非常に多くの求人情報が集まるため、知財関係の仕事を探す際におすすめの転職エージェントとなります。

知財の転職に有利な転職サイト6:REX

知財の転職で知っておくべき求人サイト8選|必要なスキルとは?
REXアドバイザーは公認会計士や税理士、経理に特化した転職エージェントです。これらは会社によっては知財関係の仕事をしたり、知財関係への転職が有利となったりなどします。そのため、知財関係の仕事への転職を希望している人にとっておすすめの転職エージェントとなります。

ただし、職種を絞っているだけ求人情報の数も絞られているので、他の転職サイトや転職エージェントを併用して活用すると良いでしょう。

知財の転職に有利な転職サイト7:リーガルブリッジ

知財の転職で知っておくべき求人サイト8選|必要なスキルとは?
リーガルブリッジは知財や法務に特化した転職エージェントです。そのため、知財関係の仕事をへの転職を希望している人には非常におすすめの転職エージェントです。

また、リーガルブリッジのスタッフも知財や法務の専門知識を持っているため、専門的な相談にも的確に応えてもらうことができ、スムーズな転職活動を行うことができます。

知財の転職に有利な転職サイト8:MS-Japan

MS-Japanは管理部門に特化して転職エージェントです。そのため、経理や法務などにも特化しています。先に述べた通り、これらの仕事では知財関係の仕事に関わることができます。

なので、リーガルブリッジと同様に、知財関係の仕事への転職を希望する場合はMS-Japanもおすすめの転職エージェントとなります。

知財の転職に有利な資格

知財の転職で知っておくべき求人サイト8選|必要なスキルとは?
知財関係の仕事への転職を希望する場合には、技術的な知識から法的な知識まで幅広い高度な知識が必要となります。

そのため、転職活動での面接などではこれらの知識を持っているということをアピールできる資格を持っていると有利になる場合があります。まtあ、その知財の転職に有利な資格にはいくつか種類があります。

知財の転職に有利な資格1:弁理士

代理士は特許権、実用新案権、意匠権、商標権などの知財に関する専門的な知識を持ち、これらの取得のために、代理で手続きを行ったり、サポートをしたりなどを行うことができます。

そのため、代理士は知財に関する専門家なので、この資格があれば、知財関係の仕事の求人に対しては非常に有利となります。

知財の転職に有利な資格2:知的財産管理技能士

知的財産管理技能士は国家資格の1種で、3級から1級に分かれています。知的財産管理技能士も弁理士と同様に、この資格を取得しておくと知財の専門家ということで、知財関係の仕事への転職が非常に有利となります。

知財の転職に有利な資格3:ビジネス著作権検定

ビジネス著作権検定は知的財産権のうち、著作権に特化した資格となります。先に述べた国家資格である知的財産管理技能士の2級以上を取得する場合には、このビジネス著作権検定の上級合格が受験資格となっています。

そのため、知的財産管理技能士の取得を目指す場合には、まずビジネス著作権検定を受ける必要があります。

知財の転職を叶えよう

知財の転職で知っておくべき求人サイト8選|必要なスキルとは?
知財関係の仕事に就くためには、技術面や法律面など、幅広く高度な知識を求められます。しかし、それだけ知財の価値は重要であり、それを守る仕事はやりがいがあります。なので、知財関係の仕事への転職を希望しているのであれば、その転職を成功させましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related