Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月11日

管理者に求められる役割と仕事内容について|管理者としての6つの心得

管理職にはどのような役割があるのかご存知でしょうか。管理職の役割をしっかり理解できていれば、自信を持って業務を進めることが可能になります。今回は管理職の役割や心得についてまとめてみました。管理職に必要な役割や心得は理解して、立派な管理職を目指しましょう。

管理者に求められる役割と仕事内容について|管理者としての6つの心得

管理職(管理者)とは?

管理者に求められる役割と仕事内容について|管理者としての6つの心得
管理職とは、企業の目標を達成するために組織運営をおこなう管理者のことを指します。管理職のおもな役割には、業務管理や人材育成があげられます。

今回は、組織の管理者である管理職が目標達成のために、必要な役割や心得について解説しましょう。

管理職の定義

管理職とは、企業の目標を達成するために仕事や部下をマネジメントしながら、組織運営をおこなう管理者と定義されます。

労働基準法では、管理職にあてはまる条件を3つあげています。1つ目は、経営者と一体的な立場で仕事をしている点です。2つ目は、勤務時間について厳格な制限を受けていない点です。3つ目は、管理職にふさわしい待遇を受けている点です。

企業では「部長」や「課長」という役職名が「管理職」に該当します。

管理職に必要とされるスキル

管理者に求められる役割と仕事内容について|管理者としての6つの心得
管理者が役割を果たすために必要なスキルを3つ紹介しましょう。

3つのスキルとは、テクニカル・スキル、ヒューマン・スキル、コンセプチュアル・スキルのことです。

テクニカル・スキルとは仕事を遂行する時に必要な知識や技術のことです。ヒューマン・スキルとはコミュニケーション・交渉力・調整力のことになります。コンセプチュアル・スキルとは問題や課題の本質を捉える能力のことで、問題解決能力に必要なスキルになります。

管理職(管理者)の役割7つ

管理者に求められる役割と仕事内容について|管理者としての6つの心得
企業の目標を達成する管理者である管理職には大切な役割があります。管理職の役割を7つ紹介しましょう。

管理者である管理職の7つの役割とは、部下の管理・人材育成・業務の構想・目標設定・業務の進行管理・経営理念の浸透・評価とフィードバックがあげられます。それぞれの役割を具体的に解説しましょう。

管理職の役割1:部下の管理

管理職は、部下が仕事で成果を発揮するために、仕事の進行管理をする役割があります。部下が、順調に仕事を進めているのか、あるいは仕事が滞っていないか、管理者として随時チェックしておきましょう。

仕事の進捗管理と併せて、部下のモチベーションも確認しておいて下さい。仕事に対して前向きに取り組んでいるか、逆にやる気を失ったり悩み事があったりしないか、把握しておきましょう。部下の管理は管理者の大切な役割です。

管理職の役割2:人材育成

管理者に求められる役割と仕事内容について|管理者としての6つの心得
企業が発展するために、管理職には現場を支える人材を育てる役割があります。組織の管理者である管理職にとって人材育成は大切な役割のひとつと言えるでしょう。

会社を支える人材になるためには、業務知識や顧客情報、営業力や企画力などが必要になります。また、高いモチベーションや向上心を持ち、経営理念の深い理解力も求められます。管理者として、日常業務や勉強会などあらゆる機会を通して部下を育成する必要があります。

管理職の役割3:業務の構想

管理者に求められる役割と仕事内容について|管理者としての6つの心得
管理職には企業が発展し続けるためにどのような仕事を創出するべきか考える必要があります。組織の管理者として業務を構想することは大切な役割と言えるでしょう。

管理職は社内全体の仕事の流れを考慮に入れながら、具体的な構想を練らなければなりません。管理職は管轄する部門だけ成果をあげれば良いという考えではなく、他部門の利益のことも考慮に入れながら構想を立てましょう。

管理職の役割4:目標設定

部下の目標設定も、管理者の大切な役割です。目標を設定する時は2つの点に注意して下さい。

1つ目は部下が達成可能な目標を立てましょう。すばらしい目標であっても、達成不可能な目標では意味がありません。頑張れば達成できる目標を設定して下さい。

2つ目は具体的な目標を立てて下さい。「良い仕事をする」という抽象的なものではなく、数字を盛り込んだ具体的な目標を立てましょう。

管理者として目標設定も重要な役割です。

管理職の役割5:業務の進行管理

管理職は、業務が順調に進行しているか管理をする役割があります。仕事で成果を出すためには納期だけではなく品質も管理する必要があります。企業によっては、より新しいサービスを要求されるケースもあるでしょう。

管理職は、従来どおりの業務を単に進めるのではなく、問題意識を持ちながら業務の進行管理をする役割があります。競合他社よりも高い品質や新たなサービスを生み出すことで、企業をより発展させることができます。

管理職の役割6:経営理念の浸透

管理職には、組織の管理者として経営理念を部下に浸透させる役割があります。多くの企業は経営理念を持っています。したがって、企業は利益を追求するだけではなく、理念を実現させようと活動しています。

企業には経営理念に基づいた規律や判断基準が存在しています。企業のスタッフは経営理念に基づいて仕事を進める必要があります。管理職は、組織の管理者として部下に経営理念を浸透させる役割を持っています。

管理職の役割7:評価とフィードバック

管理職には定期的に部下の仕事を振り返り、改善点や問題点をフィードバックする役割があります。部下の仕事の進め方や業績を丁寧に見直し、管理者として改善するべき点があれば指導して下さい。もちろん、評価すべき点があればほめてあげましょう。

管理職は、部下の管理者として評価とフィードバックをすることも大切な役割です。管理職と部下が意思疎通をはかり、仕事の課題を共有することで、部下の成長につなげていきましょう。

管理職(管理者)としての心得6つを紹介!

管理者に求められる役割と仕事内容について|管理者としての6つの心得
管理職が、管理者の役割を果たすための心得を6つ紹介しましょう。

6つの心得とは、危機管理に気を配る・チームワークを良くする・話を良く聞く・言行が一致している・環境を整備する・部下をほめるの以上になります。

管理職は常に6つの心得を心掛けることで管理者の仕事をスムーズに進めましょう。

管理職(管理者)としての心得1:危機管理に気を配る

仕事上のトラブルを放置したり、処理を間違ったりすると企業の存続に関わる問題に悪化することがあります。管理職は管理者として危機管理に気を配らなければなりません。

危機管理について考える時、予防と対処法に分けて下さい。

予防とはトラブルを防ぐ対策を立てることです。小さなミスも原因を究明し対策を立てて下さい。対処法とはトラブル発生後の対策です。トラブルが発生した時、管理職へ迅速に報告する体制を整えましょう。

管理職(管理者)としての心得2:チームワークを良くする

管理者に求められる役割と仕事内容について|管理者としての6つの心得
人間関係の良好なチームをつくることも組織の管理者の大切な心得です。スタッフが互いに刺激し合い成長することで、企業も発展していきます。

管理職は、スタッフが互いを認め合った上で、健全に競争できるチームを作る役割があります。そのためには、スタッフ間の信頼関係を形成する必要があります。公平なルールを作り、責任権限を明確にしておきましょう。

チームワークが良ければ、部下も安心して仕事をすることができます。

管理職(管理者)としての心得3:話を良く聞く

管理者に求められる役割と仕事内容について|管理者としての6つの心得
管理職は、部下の話を良く聞きましょう。

部下の話を良く聞くことで、部下の性格や能力を把握することができます。部下の性格や能力を把握していれば適切な仕事を与えることができ、仕事の効率化につながります。

また、トラブルを未然に防ぐこともできます。経験の浅い部下は、トラブルの芽に気付いていない可能性があります。管理職が部下の話を良く聞くことで、トラブルの芽に気付き、事前に解決することもできます。

管理職(管理者)としての心得4:言行が一致している

管理職の言行が一致していることは大切な心得のひとつです。

例えば、遅刻癖のある管理職が部下に時間厳守を伝えても説得力がありません。あるいは、目標達成に本気でない管理職が目標必達を伝えても部下は動かないでしょう。部下は管理職の仕事に対する姿勢を厳しい目で見ています。

努力したにも関わらず言行が一致しなかったということはあるでしょう。大切なことは、管理職が誰よりも達成しようとしている姿勢です。

管理職(管理者)としての心得5:環境を整備する

管理者に求められる役割と仕事内容について|管理者としての6つの心得
管理職は、部下が働きやすい環境を整備しましょう。環境には物理的な環境と心理的な環境があります。

物理的な環境とは、パソコンや事務机など働くために必要なツールやシステムのことです。部下がストレスなく仕事ができる職場環境を作りましょう。

心理的な環境とは、部下が安心して仕事ができる雰囲気や風土のことです。部下が積極的に仕事に取り組めるよう、管理職は部下との心理的距離を縮め相談しやすい環境を作りましょう。

管理職(管理者)としての心得6:部下をほめる

管理職は部下をほめてあげましょう。ほめることは部下のモチベーションにつながります。

部下をほめる場面は、仕事で成功した時と失敗を報告した時があげられます。

部下が仕事で成功した時、多くの人の前でほめて下さい。成功した部下だけでなく他のスタッフにも影響を与えます。いつか自分もほめてもらおうと、仕事のやる気につながります。失敗を報告した時もほめて下さい。失敗を隠したら問題が悪化する可能性があるからです。

管理職(管理者)への転職におすすめエージェント3選

管理者に求められる役割と仕事内容について|管理者としての6つの心得
管理職(管理者)への転職におすすめエージェントをご紹介します。

今回は、管理職(管理者)求人が多い「ビズリーチ」「リクナビNEXT」「doda」の3社について解説していきます。

管理職(管理者)への転職におすすめエージェント1:ビズリーチ

ビズリーチは人材紹介型の型転職サービスです。年収600万以上のハイキャリアを目指している人が対象になっています。

ビズリーチに登録すると企業から直接オファーを受けることが可能です。今までのキャリアを生かすことができる職場を希望している方、あるいは好条件なキャリアを目指している方には、おすすめの転職サイトです。

管理職(管理者)への転職におすすめエージェント2:リクナビNEXT

リクナビNEXTの特徴は転職活動の基本からサポートしてもらえるところです。管理職経験者であっても、転職活動は初めてという方の場合にはおすすめの転職サイトになるでしょう。

リクナビNEXTに登録すれば、就職支援の情報を活用したり自己分析をしたりすることも可能です。管理職としての自分の強みを確認することができるでしょう。また、希望が合えばどの求人にも応募することが可能です。

管理職(管理者)への転職におすすめエージェント3:doda

dodaは、豊富な求人数を誇る転職エージェントの1つです。特に、ITや通信、営業や企画系の求人数が多く、非公開求人も多数持っています。

転職活動を初めてされる方、あるいは積極的に転職活動をしている方、いずれのタイプの方にとってもおすすめの転職サイトです。

管理者に求められる役割や心得等に注意を払い立派な管理者を目指しましょう

管理者に求められる役割と仕事内容について|管理者としての6つの心得
組織の管理者である管理職に必要な役割や心得について解説しました。部下をまとめ、企業の目標達成のためには、いずれも大切なことです。管理職自らが意識して取り組みましょう。

管理職が自信を持って業務を進めるためには、明確な判断基準とビジョンを持つことも大切です。組織の管理者が明確な判断基準を持てば、部下は迷うことなく仕事をすることができます。ビジョンがあれば組織の可能性を広げることができるでしょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related