Search

検索したいワードを入力してください

男性におすすめ!転職に役立つ40歳からの資格11選|資格ランキング5位

初回公開日:2019年06月12日

更新日:2020年01月23日

記載されている内容は2019年06月12日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

男性は、人生について真剣に考える時期が誰にでもあります。40歳からの資格取得を意識するときはその時期に差し掛かった証拠です。自分自身が何をして生きていきたいのか、じっくり考えるチャンスになります。周りの人を観察してみて自分に欲しい資格を探すのも良いでしょう。

男性におすすめ!転職に役立つ40歳からの資格11選|資格ランキング5位

40歳男性が目指すべき資格

男性が自分の将来設計を考えて、転職を考えたときのラストチャンスとなる年齢は40歳前後です。

40歳男性だと、独身のままの状態を望むタイプの人や結婚して子供を持っているタイプの人と分かれますが、どちらの状況であっても最低限欲しいお給料の金額が明確になってくる時期です。

将来のための貯金を始めるにしても、同じ職場に長く勤めていないとお給料は上がらない事が多いので、転職ばかり繰り返すのは難しくなって来ます。

自らの特性と目的に適した資格を取ろう

この時期の男性に起こる心の変化では、自分自身の性格とピッタリ合う職業に就きたいと本気で考えだしたり、自分の実力を伸ばすために必要な資格を取得するために勉強を始める人が増えて来ます。

社会人になったばかりの頃よりも、社会人生活に慣れて来て将来設計をキチンとイメージしやすくなるのが、男性は40歳が多いからです。

男性におすすめ!転職に役立つ40歳からの資格11選

バリバリの働き盛りを迎える40歳からの資格で、将来の転職に役立つものをご紹介していきます。

きっと知らなかった資格も出てくるはずです。自分にとって必要になると感じられる資格を見つけられるはずです。資格を取得したあとの仕事のイメージをしてみると、自分にとって本当に必要か判断することができます。

資格1:TOEIC860点以上

男性で40歳からのおすすめ資格は、TOEIC860点以上です。

最近は、グローバル化が進み日本語以外の言葉を話せる人材を積極的に雇う傾向が高まってきています。

ビジネス英語をしっかり話せると証明するには、TOEIC試験がおすすめです。TOEIC860点以上を取ると評価はAランクになり、どんな相手とも十分なコミュニケーションを取る事が可能なレベルと認識されます。

資格2:介護福祉士

男性で40歳からのおすすめ資格は、介護福祉士です。

これからも、どんどん加速していく高齢化社会には社会的需要がとても高い分野です。この資格を取っておくと将来、介護事務所の開業を目指したくなった時に役立ちます。

介護福祉士の受験資格を得るには、実務経験が3年以上あること、実務者研修を受けて修了している事が必須になります。介護業界の経験があるなら、チャレンジしておきたい資格です。

資格3:証券アナリスト

男性で40歳からのおすすめ資格は、証券アナリストです。

投資コンサルタント、ファンドマネージャーといった金融に関するスペシャリストだと証明する資格です。企業側が、株主または投資家に財務状況や経営状態、今後の見通しを報告する立場になる時に必要な資格です。

資格取得には通信講座を受ける必要があります。最終合格まで進むことは、簡単ではありませんが履歴書に記載すると面接官の目を引く事は間違いありません。

証券投資の分野において、高度の専門知識と分析技術を応用して、各種情報の分析と投資価値の評価を行うことにより、投資助言や投資管理サービスを提供するプロフェッショナルとしての資格です。

出典: https://www.saa.or.jp/landing/cma/index.html |

資格4:簿記4級

男性で40歳からのおすすめ資格は、簿記4級です。

主催は全国経理教育協会で、構成と内容は日商簿記と差がないです。1~4級と上級があり、レベルの感じは全経簿記1級が日商簿記2級に当たり、全経簿記上級が日商簿記1級になります。

注意が必要なのは、各級のレベルが日商簿記と異なるところです。自分の目標設定が日商簿記で言うなら、どのあたりのレベルが欲しいのか明確にして同じレベルの級を受けるようにしましょう。

資格5:マンション管理士

男性で40歳からの資格おすすめは、マンション管理士です。

マンション管理士の仕事は、管理組合の運営から始まり建物の技術的問題に対して指導や助言を行うことが可能になる、マンション管理のスペシャリストです。

採用された後の流れを説明していきます。お給料は比較的高くはありませんが、同じ職場で長く勤めることになる事が多く安定しています。

マンション管理士とは、専門的知識をもって、管理組合の運営、建物構造上の技術的問題等マンションの管理に関して、管理組合の管理者等又はマンションの区分所有者等の相談に応じ、助言、指導その他の援助を行うことを業務とします。

出典: http://www.mlit.go.jp/about/file000067.html |

資格6:危険物取扱者丙種

男性で40歳からのおすすめ資格は、危険物取扱者丙種です。

難しい資格だと思われがちですが、危険物取扱者はガソリンスタンドや化学工場、タンクローリーなどの一定数量以上の危険物の製造、または危険物の取扱いがある危険物施設内での危険物の取扱いや立合いをする事が可能になる資格です。

年齢を重ねても働きやすいので、仕事として安定して長く勤めることができます。

丙種危険物取扱者は、特定の危険物(ガソリン、灯油、軽油、重油など)に限り、取り扱いと定期点検ができます

出典: https://www.shoubo-shiken.or.jp/kikenbutsu/ |

資格7:通関士

男性で40歳からのおすすめ資格は、通関士です。

通関士の仕事は、輸出輸入をしている通関業者の下で通関手続を代行して申告や検査・関税納付と許可など通関業務を行うことが可能になる財務省管轄の国家資格です。

仕事内容が、海外とのやりとりになるのでコミュニケーションを取る事ができる程度の英語力が必要になります。通関士の需要は、高くなってきているので就職しやすい職業です。

通関士とは、国家試験である通関士試験に合格した者のうち、勤務先の通関業者の申請に基づく財務大臣の確認を受け、通関業務に従事する者をいいます。
(通関業法第13条、第14条、第23条、第31条)

出典: https://www.customs.go.jp/tetsuzuki/c-answer/shiken/8001_... |

資格8:運行管理者(貨物・旅客)

男性で40歳からのおすすめ資格は、運行管理者です。

運行管理者は、タクシーやバス、トラックなどの営業用車両の運行の安全確保のために国土交通大臣指定機関などが行なっている運行管理者試験に合格し、安全輸送の責任者として事業者から選任を受けた人のことです。きちんとした国家資格です。

運行管理者の主な業務は、ドライバーの乗務割の作成、乗務記録の管理、休憩・睡眠施設の保守管理、ドライバーの指導監督、業務前後の点呼によ るドライバーの疲労・健康状態等の把握や安全のための指導など多岐にわたっています。人や車両の動向を掌握して常に安全を確保する高度な判断力と、運転者にいつも適切な指示を行う優れた指導力とが求められます。

出典: https://www.unkan.or.jp/about.html |

資格9:ITパスポート

男性で40歳からのおすすめ資格は、ITパスポートです。

国家資格の中の「情報処理技術者試験」で、最も基本的な試験区分の一つと言われています。

ハードウェアやデータベースの技術的な内容から始まり、法務や会計、財務などの知識力も重要視されます。「ITをどのように活用し営業を活性化させていけるのか」という部分を考える力も大切になります。

新しい技術(AI、ビッグデータ、IoT など)や新しい手法(アジャイルなど)の概要に関する知識をはじめ、経営全般(経営戦略、マーケティング、財務、法務など)の知識、IT(セキュリティ、ネットワークなど)の知識、プロジェクトマネジメントの知識など幅広い分野の総合的知識を問う試験です。

出典: https://www3.jitec.ipa.go.jp/JitesCbt/html/about/about.html |

資格10:MOSエキスパートレベル

男性で40歳からのおすすめ資格は、MOSエキスパートレベルです。

Excel、Wordなどのパソコンの実務スキルを確かめるための試験です。

コンピュータ上でアプリケーションを操作する実技試験で、日常の仕事で即使える操作スキルが身につきます。独学でソフトを使っている人にとっては、独学まで知ることのできなかった便利な機能を身につける良い機会にもなります。

資格11:宅地建物取引士

男性で40歳からのおすすめ資格は、宅地建物取引士です。

金融関係のお仕事の人や、不動産関係、建築関係の人達の間では人気の高い資格です。持っているだけで評価される事が多く、信頼度も上がります。

試験の合格率は15%程度と低く、難しいと言われていますが、市販のテキストを購入して独学で試験に受かる人も多いです。

男性の転職に役立つ資格ランキング5位

40歳から資格取得する人達の間で、実際に人気を集めている資格ランキングの発表をしていきます。

人気の資格ランキングの中には、女性に人気の資格も入っています。男女問わず持っていると仕事をする上で役立つ資格ということになります。

第5位:簿記

転職に役立つ40歳からの資格ランキング第5位は、簿記です。

簿記は、事務で働く女性に大人気の資格です。最近では、事務の仕事を基本から学び直したい人や、今よりも極めたい男性からも人気を集め出している資格でもあります。

第4位:宅建士

男性の転職に役立つ40歳からの資格ランキング第4位は、宅建士です。

宅建士は、宅建試験に合格しただけではなる事ができません。宅建士になるには、実務経験が2年以上あることが必要になります。

不動産関係の仕事に就いていなくて実務経験がない人でも「登録実務講習」を受けると「2年以上の実務経験を有する者と同等以上の能力を有する者」と認められます。宅建士になるための登録条件を満たすことが可能になります。

第13条の15 
法第18条第1項の国土交通省令で定める期間は、2年とする。

出典: http://888.fubenkyou.net/gyouhou/kisoku/013-15.html |

宅地建物取引に関する実務経験が2年に満たない方は、この登録実務講習を修了することにより「2年以上の実務経験を有する者と同等以上の能力を有する者」と認められ、宅地建物取引士資格の登録申請を行うことができます。

出典: https://www.retpc.jp/koshu/jitsumu/about/ |

第3位:販売士

男性の転職に役立つ40歳からの資格ランキング第3位は、販売士です。販売士は、商工会議所主催で行われている販売士検定試験に合格した人に与えられます。

販売士試験は3級から1級まであります。3級は入門試験レベルになります。2級は中間管理職レベルで、1級が店長クラスレベルになります。商工会議所主催で行われる民間検定試験ですが、接客を極めるためには取得しておくと必ず役に立つ資格です。

1級 経営に関する極めて高度な知識を身につけ、商品計画からマーケティング、経営計画の立案や財務予測等の経営管理について適切な判断ができる。
マーケティングの責任者やコンサルタントとして戦略的に企業経営に関わる人材を目指す。
2級 マーケティング、マーチャンダイジングをはじめとする流通・小売業における高度な専門知識を身につけている。
販売促進の企画・実行をリードし、店舗・売場を包括的にマネジメントする人材を目指す。
幹部・管理職への昇進条件として活用しているところもある。
3級 マーケティングの基本的な考え方や流通・小売業で必要な基礎知識・技能を理解している。
接客や売場づくりなど、販売担当として必要な知識・技術を身につけた人材を目指す。
流通・小売業に限らず、BtoCの観点から社員教育に取り入れている卸売業や製造業もある。

出典: https://www.kentei.ne.jp/retailsales |

第2位:ビジネス実務法務検定

男性の転職に役立つ40歳からの資格ランキング第2位は、ビジネス実務法務検定です。

ビジネス実務法務検定は、東京商工会議所主催で行われている公的検定試験です。ビジネスを行う上で知っておくとスムーズに営業や販売、総務に人事と応用することができます。

企業では、法律に基づいて契約を結んでいるので、消費者や取引先とのトラブルが起こった時に自分が法律を知っておくと素早い対応が可能になります。

営業で取引先との契約書を締結する場面を想像してください。契約内容に不備や不利益がないか発見し、正しい判断ができれば、トラブルを未然に防ぐことができます。身につけた正しい法律知識は、業務上のリスクを回避し、会社へのダメージを未然に防ぐことができます。同時に、自分の身を守ることにもなります。

出典: https://www.kentei.org/houmu/miryoku.html |

第1位:知的財産管理技能検定

男性の転職に役立つ40歳からの資格ランキング第1位は、知的財産管理技能検定です。知的財産管理技能検定は、まだ知らない人もいますが、2008年に作られた新しい国家資格になります。

また知的財産管理技能士試験は、企業内で著作権や特許、意匠など知的財産などの管理を行うために必要な知識が十分に備わっているかの確認をする検定試験です。

知的財産管理技能検定は、技能検定(働くうえで身につける、または必要とされる技能の習得レベルを評価する国家検定制度)の中の「知的財産管理」という職種に関する国家試験です。

出典: http://www.kentei-info-ip-edu.org/about.html |

40歳から資格に挑戦するには

40歳から資格に挑戦するには、どんな事に気をつけると失敗しないで済むのか考えて見ましょう。

男性が転職を考えるときは、女性よりも勇気が必要になることかことが多いです。同じ職場に長く勤めないとお給料の昇給がないことや、役職を得るには年齢が少しでも若い頃から働くことも大切になって来ます。

無駄に転職を繰り返すことのないように、いろいろ考えて行動を起こすようにしましょう。

転職・独立につながる専門性が高い資格がおすすめ

40歳からの資格を考えるときは、次の転職や独立に繋がる専門性の高さを重視して選ぶことが大切です。

企業に勤めている時は、自分自身に必要な資格を持っていなくても周りの人が資格を持っていれば問題が無い場合も多いです。でも独立を考えたときは、自分自身に必要な資格が出てくることもあります。

早めに資格を取得しておくと、転職や独立がスムーズに進むようになります。

今後社会的に需要が高くなる資格は何かをチェックしておく

40歳からの資格を考えるときは、世の中の流れをしっかり観察し需要が高くなる資格をチェックしておく事が大切になってきます。

世の中の流行りは、入れ替わりが激しいです。だからこそ、これから先の社会に需要が高まっていく資格を見極めていくことが重要になって来ます。

40歳からの資格取得は目的意識が重要

男性に取って40歳から資格を取得する時間は、人生を左右する大切な時間になります。

自分自身のためになることを考える時間や、自分の好きなことを続けていくために必要なことを考えて40歳から資格を取得するために使える時間は、貴重な時間です。どうやって無駄なく時間を使うか考えて見ましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related