Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月24日

人事や総務の仕事内容15個|人事や総務に向いている人と不向きな人

皆さんこんにちは、今回は「人事や総務の仕事内容15個|人事や総務に向いている人と不向きな人」と題し、「人事や総務の仕事内容15個」をピックアップし、人事や総務に向いている人と不向きな人の特徴を具体的にご紹介します。ぜひご参考にしてみて下さい。

人事や総務の仕事内容15個|人事や総務に向いている人と不向きな人

人事と総務の違いとは?

人事というのは、「人材を育成しつつその適材適所を確認し、各社員の働きをもって企業利益を上げることに直結させる仕事内容」となり、総務の仕事はその人事企画が円滑に進められるよう取り計らいます。

つまり、会社を運営していくための根本的な働きにまず人事があり、その人事で行なわれる人材管理を企業内でスムーズに行えるよう各部署との連携を図り、その成果を企業利益に結び付けられるようにするのが総務となります。

人事・総務の仕事内容15

人事や総務の仕事内容15個|人事や総務に向いている人と不向きな人
さて、先述では主に「人事と総務の仕事内容の違い」についてご紹介しましたが、ここからは「人事・総務の仕事内容15」と題して、それぞれの仕事内容との比較をしながら、主に人事で行なわれる仕事内容の詳細をご紹介していきます。

人事というのはその企業で働く人材の確保をはじめ、その人材育成や、各人材の能力(潜在能力を含む)・スキルをどのように展開すれば企業利益に直結させられるかを担う重要部署となります。

人事

人事や総務の仕事内容15個|人事や総務に向いている人と不向きな人
まず人事で行なわれる仕事内容を見ていきましょう。人事でなされる仕事の根本には「企業内で各職種に就ける人材の確保と育成」をはじめ、それぞれの社員にとっての適材適所を具体的に図る部署となります。

総務としてはこの人事が行なう仕事を円滑に行えるよう配慮するとともに、人事が任される人材確保・育成をできるだけ理想の形につないでいくための部署管理・環境設定などを行ないます。この2つの職種の違いを見極めましょう。

人事の仕事内容1:採用・退職手続き

人事の仕事には、この「採用・退職手続き」という社員がその企業に入って仕事を始める・退社するといった基本的な手続きを行なう部署としてあり、主に各人材のビジネスライフの根本的な仕事を行ないます。書類の受付係として認められる部分もあるでしょう。

つまり、社員各自がその会社で働くための基本的な土台を用意し、その職場環境を与える時点で働く部署が人事となり、入社時期・退職時期を担う部署として認められます。

人事の仕事内容2:異動

人事異動に関する手配・手続きを行なうのも人事の大きな役割であり、これは先述しました「適材適所に各人材を就ける」といった企業利益を図る場合の根本的な仕事内容に組まれるでしょう。

企業としてどのような人材をどの部署に就けるかというのは、どんな場合においても非常に重要な項目として認められます。人事ではこの「企業利益を上げるための根本的な役割」をはじめ、各人材が能力を発揮できる部署の割り当てをします。

人事の仕事内容3:研修・教育

人事や総務の仕事内容15個|人事や総務に向いている人と不向きな人
どのような企業に入社した場合でも、この研修・教育・セミナーなどに関する人材育成の環境が必ず用意されているもので、その場合の手配を行なうのもこの人事の大きな役割として見られます。

総務でもこれに関わる形になりますが、人事はその初歩的な環境設定を追わされる形となるため、この点では人事部の仕事のほうがメインとして認められます。総務の場合は、あらかじめ人事が取り決めた内容を円滑に進められる状況設定をします。

人事の仕事内容4:評価

人事や総務の仕事内容15個|人事や総務に向いている人と不向きな人
人事評価というのは、それまでの各社員の就業実績に基づき、どれだけ企業利益を上げるために活動・活躍できたかという点を評価する「総合的評価」と、各職種において個別で能力を発揮し、その点で個別のノルマを達成できたことへの「個別評価」とに分けられます。

まずこの2つの評価を総合的に行なう部署が人事となり、人事ではそこで評価した内容をその後の企業での働きにつなげる形で、各社員の育成に役立てていきます。

人事の仕事内容5:給与

一般的にどのような企業でも、毎月の給与を計算してその内訳を記載した「給与明細」を作成し、各社員に手渡します。この給与明細には、会社から支給される金額の「支給額」をはじめ、税金や社会保険料を差し引きする「控除額」などが記載されます。

このような各社員に割り当てられる給与試算を明細書として作成するための経理を行ない、毎月の各社員の働きをそのまま給与換算する仕事も人事の重要な役割になります。

人事の仕事内容6:労務

まず「労務」というのは一般的に、「採用した各人材に割り当てられる給与計算、社会保険手続き、交通費計算、入社、退職手続きなどについて、法律や会社規定に基づいた事務的な仕事内容」となり、この仕事を具体的かつ詳細に行なうのも人事の範囲に認められます。

これは先述の「給与試算」の内容に組まれる仕事になりますが、これらの経理担当に見られる仕事内容も人事の大きな役割として用意されています。

人事の仕事内容7:健康管理・福利厚生

人事では先述の給与明細作成に加え、さらに福利厚生の手続きを担い、主に各社員の健康管理を継続して行なう義務があります。たとえば定期的に行なわれる健康診断での環境設定・手配・書類手続きなどをはじめ、その過程を概略的に賄う仕事となるでしょう。

健康管理というのは、企業利益を上げるための最も初歩的な管理内容となるため、人事ではこの福利厚生面の徹底をまず任され、それについての知識なども問われます。

総務

総務というのは人事の中にある部署としても良く、その主な仕事内容は「企業利益を抜本的に改革していき、企業レベルそのものを向上させること」に見られます。そのための人材育成はもとより、特に各部署の連携を図ることに注力しつつ、企業全体の運営に努めます。

人事課、営業課、エンジニア関連部署などの連携を図ることがその仕事の第一とされ、そのための環境設定・手配をはじめ、経営陣の円滑な仕事展開を担う部署になります。

総務の仕事内容8:受付・来客対応・秘書

総務部ではこの「受付・来客対応・秘書」に関する仕事内容を主に任され、とにかく会社運営が円滑に進められることを期待し、世間ニーズをその根幹から支えるための仕事を請け負う形になります。

これらは人事の仕事にもなりますが、その中でも総務が受け持つ仕事内容となり、総務では人事で行なうべき各種仕事を(その名のとおり)「総合的に受け持つ部署」として働きます。

総務の仕事内容9:法務・コンプライアンス

まずコンプライアンスというのは「法令厳守」の意味合いを持ち、この場合は各企業で掲げられた社内規則・規律を各社員に厳守させるための環境設定・人材育成などが含まれます。

人事の仕事に含まれるこの育成関連の仕事ですが、これを主に総務の仕事として割り当てる企業も多く、そのためのセミナー開催や会議設営などを含め、その一連作業に関わる全体的な仕事を受け持つ形になります。

総務の仕事内容10:広報

人事や総務の仕事内容15個|人事や総務に向いている人と不向きな人
各種企業では、この「広報宣伝の充実」にとても注力する部署が置かれやすく、その部署の働きによって、企業そのものの知名度・信頼・実績への関心をさらに向上させる働きにつなげます。

この広報宣伝に関わる仕事内容も主に総務の役割として任され、企業宣伝、新しい企画の宣伝、世間・顧客への随時更新された情報の公開や企業戦略をはじめ、その他の主な情報宣伝を担います。

総務の仕事内容11:情報管理・取締役会

人事でも情報管理の必要・重要性がよく問われますが、この情報管理をはじめ、企業内で定期的に行なわれる各種会議の管理・設営・プランニングを行なうのも総務の主な仕事になります。

総務では「総合的な人事部門の仕事を行なう部署」となるため、このような人事関連の仕事はそのほとんど受け持つことになるため、もし総務に就く場合には事前に「総務で行なう仕事・関連職種」などを調べておくと良いでしょう。

総務の仕事内容13:社内行事

人事や総務の仕事内容15個|人事や総務に向いている人と不向きな人
企業ではだいたい「企業カレンダー(季節カレンダー)」などが用意されており、そこではその企業独自で開催する各イベントが列記されていることが通例となります。この各イベントの開催をその土台から受け持つのも総務の主な役割となります。

総務では人事関連の仕事を担う上で、特にイベント管理に関する内容が比較的多く、その過程を少しでも円滑に進められるよう、さまざまな部署との連携を図りながら行ないます。

総務の仕事内容14:備品・設備管理

人事や総務の仕事内容15個|人事や総務に向いている人と不向きな人
会社・企業には営繕という役割を持つ部署があり、これは主に「その企業の建物・備品の管理・補修」などを請け負う役割・部署となります。この備品管理・説明管理や補修を請け負うのも総務の重要な役割となり、そのための環境設定や人材管理が任されます。

総務の仕事内容15:その他の庶務

庶務というのは一般的に「雑事・いろいろな関連事務」などを指しますが、総務の仕事は先述のように「人事で行なわれる仕事を全体的に行なう内容」となるため、この庶務への従事が非常にそのあり方として合致する傾向があります。

経理・人事・営業事務に関するあらゆる仕事を受け持つことになり、その内には人材の健康管理や各部署の営繕作業などを含め、すべては企業利益を守るための仕事となります。

人事・総務に向いている人と不向きな人

主に人事・総務に就職する場合ではまず「各種企業研究・自己分析を踏まえて自分の能力や性格を把握しておき、さらに事務関連の職種で必要となるニーズを見極めておくこと」が重要となるでしょう。

上記を踏まえた上で、一般人事・総務を希望する場合は「真面目な性格」や「コツコツタイプ」といった地道に仕事管理できる能力を持ち、さらにその仕事の魅力を明確に考えられる人材が多くの場合に求められるでしょう。

向いている人

人事・総務で働くことに「向いている人」ですが、この場合はまず真面目で堅実な人、協調性がある人、他人の意見をしっかり聞ける人、社会的マナーをしっかり持ち、それを仕事に充実して発揮できる人、などとなるでしょう。

人事や総務は目立つ職場ではないため、スタンドプレイ(個別で目立つ仕事のあり方)が好きな人にはおのずと向かない仕事となる傾向が強く見られます。自分の性格と職務内容との相性をきちんと見極めましょう。

真面目で堅実な人

真面目で堅実な人というのは、基本的にどの企業で働く場合でも信頼が持たれやすく、特に継続的な仕事(経理や人事担当、また企業で行なわれる定期的な仕事など)を任せる場合には、その実力をその人間性から評価される場合が多くなるでしょう。

つまり堅実でひたむきな姿勢を持つ人の魅力は、「継続する仕事でもマンネリ化せずにしっかり努め、継続的に企業利益を約束してくれる人材」として企業に評価されます。

協調性があり人の意見をよく聞ける人

組織で仕事をする上ではこの「協調性の有無」が非常に重要な評価点となるため、人事・総務などの他部署との連携を重要視する職場では、必ずその協調性の有無・意見を素直に聴けるかどうかを図る点での評価が基準とされるでしょうか。

協調性というのはスタンドプレイに走ることなく、必ず組織全体で1つの仕事を受け持つ姿勢を大事にするため、この点で企業側としては損失を免れる点で安心できます。

常識的な人

「常識を持っていること」というのは就職活動時の基本的な評価点となるため、すべての就活者・転職希望者に求められる基本姿勢となります。

常識がなければ、与えられた仕事でも平気でおざなりにした上で、企業利益への視点も持たないことになるため、この点で人材としての信頼を失うことになります。

幅広く関心を持ち対応できる人

これは基本的に「ビジネスライフを送る上での向上心・向学心への姿勢」に含まれますが、仕事をする上でよくある社員の姿勢に、仕事・毎日の生活がマンネリ化することによって、次第に向上心がなくなっていく傾向が強く見られます。

この姿勢を常に自分で見直し、各自で向上心を燃やしながらいつでも「新しいことに向かっていくための向上の土台」を持つことが企業側から求められます。これは企業利益を上げるためにも重要です。

不向きな人

次に人事・総務に不向きな人のご紹介です。この場合、先述でご紹介してきました「人事・総務に向いている人」の特徴をそのまま逆にすれば、この不向きな人の特徴になるでしょう。

基本的に人事・総務に向いていない人の特徴としてあげられるのは、「目立ちたい・目立つ仕事がしたい」という人や、仕事に対する姿勢そのものが大雑把であり、1つ1つの仕事をいい加減にしてしまう人などが含まれます。

目立ちたい人

人事・総務の仕事というのは、先述のように「地道な仕事(地味な仕事)」、「毎日同じような仕事を継続的に行なっていく仕事内容」となるため、変わった仕事がしたい場合や、少しでも目立ちたいと言う人の場合は、総じて向いていない人に含まれるでしょう。

毎日同じような仕事でも1つ1つの項目をそつなくこなし、そのビジネスライフにマンネリ化を見ずにコツコツ行なっていける人が、人事・総務に就く場合の基本的姿勢です。

大雑把な人

もとから仕事に対し、大雑把な印象しか持たず、1つ1つの仕事をいい加減に行なってしまう人というのは、人事・総務(またはその関連職種)には向いていない人となるでしょう。

人事・総務で行なわれる仕事内容というのは、主に社員各自の能力査定・給与試算・経営管理となるためその点では非常に重要な仕事となり、それらの仕事をいい加減にされたのではどの企業にとっても大きな損失になります。

人事や総務の仕事を理解してキャリアアップしよう

人事や総務の仕事内容15個|人事や総務に向いている人と不向きな人
いかがでしたか。今回は「人事や総務の仕事内容15個|人事や総務に向いている人と不向きな人」と題し、「人事や総務の仕事内容15個」をピックアップし、人事や総務に向いている人と不向きな人の特徴を具体的にご紹介しました。

人事・総務の仕事内容というのは、どの企業にとっても重要な人材管理・企業利益を向上させるための部署となるため、すべての仕事をコツコツと進めていくことが初歩的な姿勢として求められます。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related