Search

検索したいワードを入力してください

アカウンタントの仕事内容3つと関連する職種|アカウンタントの求人情報

初回公開日:2019年05月31日

更新日:2019年05月31日

記載されている内容は2019年05月31日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アカウンタントとはどのような職業でしょうか。経理や会計などのお金に関する事に携わるという雰囲気はありますが、実際はどうなのでしょう。アカウンタントの様々な業務の理解を深めましょう。また、転職希望の方にはお勧めサイトも合わせてご紹介します。

アカウンタントの仕事内容3つと関連する職種|アカウンタントの求人情報

アカウンタントとは

アカウンタントとは、財務部や経理部で仕事をしている人の事を指します。

日本においては財務部や経理部の職員をアカウンタントと呼ぶことがあります。しかし、実際の所はどうなのでしょか。詳しく見ていきましょう。

英語の意味は

アカウンタントとは、会計士、計理士、主計(官)の事です。

アカウンタントは、大学やカレッジを卒業してちゃんとアカウンティングを学んだ人物という事になります。ちなみに公認会計士になるとcertified public accountantと呼ばれます。

経理と計理の違い

「経理」は多くの会社でも使用される言葉ですが、「計理」は保険会社独特の言葉で生命保険や事故補償など、将来のお金の出入りを予想してそれを計算する仕事を指します。

「経理」では年度末に収支を総括する決算を行いますが、その際に将来の支出を予測して責任準備金を計算するのは「計理」の仕事です。

英語では経理はアカウンタント、計理はアカウンティングと称されます。

会計と経理の違い

会計と経理の違いとしては、会計はお金に関する事の全てに対しての管理となり、経理はその部分的な特定の業務を担う点で異なります。

会計とは、帳簿や家計簿などのお金に関する事すべての管理の事を指します。政府関係のお金の管理も会計と称されます。

経理は、伝票の作成、帳簿記帳業務、請求書作成、支払い書作成、税金書類作成、財務証票作成などの業務を担い、会計の中の特定の業務を指します。

アカウンタントの仕事内容

アカウンタントの仕事内容には、経理、会計、経理財務の3つの仕事があります。

アカウンタントの仕事は、経理、会計、経理財務の3つに分類されますが、具体的にどの様な業務なのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

アカウンタントの仕事内容1:経理の仕事内容

経理としてのアカウンタントの仕事は、公的な会計業務です。

経理の業務は、収支、出入金、貯蓄、清算、税金の支払い、給与計算、保険料計算、請求書や伝票作成、帳簿の記帳など、さまざまな書類の作成などが挙げられます。仕事の内容は多岐にわたるため、日々の積み重ねの努力が重要になってきます。

その積み上げて来たデータを元に経営陣が、将来の会社の方向性や戦略を練りますので、とても重要な業務です。

ファイナンシャルアカウンタントとも呼ばれる

外資系企業においては、経理の事をファイナンシャルアカウンタントと称します。

もしあなたが経理の仕事を外資系企業や外資銀行で探すのならば、ファイナンシャルアカウンタントと言うタイトルを探してみましょう。そのポジションには、ファイナンスマネージャー、プロジェクトアカウンタント、ビジネスアカウンタントなども含まれます。

アカウンタントの仕事内容2:会計の仕事内容

会計としてのアカウンタントの仕事は、企業の状況や経済活動を把握して、経営者や株主、クライアントに対して正しく報告する事です。

会計は、企業の出入金に関して正確に記録し、その使用や管理全般を担っています。企業の資本に変化がみられる場合や、収支に変動がみられる場合は、企業内外を問わす報告する事が求められています。

経営陣や税理士など、色々な人と関わりながら、資料作成や帳簿づくりを行っています。

ファイナンスとの違い

アカウンタント(会計)とファイナンス(財務)の違いは、会計が過去の利益を扱うのに対して、財務は資金調達をしどのように運用して行くかを考える、未来の利益を考える事です。

会計と財務の違いは、会計が財務状況の把握と、株主への開示など、過去の利益を取り扱っているのに対し、財務は将来の資金の流れ(会社がどのようにビジネスを拡大するか、その資金繰り)を扱っています。

アカウンティングとも呼ばれる

アカウンティングは、「企業会計」と経済界では呼ばれます。

インターネットは、企業経営にも大きな変化をもたらしています。企業の生み出す製品のサークルは、消費者の情報量と共に加速の一途をたどっています。色々な意思決定の要素としての「数字」は重視され、経営陣、株主にとっても大切な指針となります。

その「数字」の説明がアカウンティングです。それは、その企業の状態を知るのにとても重要になってきます。

アカウンタントの仕事内容3:経理財務の仕事内容

経理財務としてのアカウンタントは、企業業績の上昇のために数字を活用して貢献する重要な役割を果たしています。

経理財務の仕事は、企業のマネーフローの見える化です。経営状態を数字に置き換える事により、企業経営の問題点や改善点を見つける事が容易になります。

作成された決算書によって今後の経営方針が決定されます。今後の会社の利益を生み出す指針となるため重要な書類作成業務と言えます。

シニアアカウンタントとも呼ばれる

経理財務としてのアカウンタントは、シニアアカウンタントとも呼ばれます。

経理財務の仕事は、監査時の対応や、税務の補佐、経営分析などの重要な業務を担うため、シニアアカウンタント(経理主任)と呼ばれます。

アカウンタントと関連ある職種

アカウンタントと関連のある職業として、経理財務管理者、ジュニアアカウンタント、バイリンガルアカウンタントがあります。

では、それらの仕事はどのような仕事でしょうか。一つずつ見ていきましょう。

経理財務管理者

財務管理者は、資金調達をする事により、企業を資金面でサポートする仕事です。

財務管理者の仕事は、多岐にわたりますが、資産運用、企業の買収合併や、資産、資金構成、企業査定などがあります。企業内の部門ごとに集めた情報を分析する能力や、数値分析だけに頼らずに、財務戦略を査定して行く能力も必要になります。

財務管理者は、企業のベースを作るとても重要な役割です。

ファイナンスマネージャーとも呼ばれる

財務管理者は、ファイナンスマネージャーとも呼ばれます。

ファイナンスマネージャーは、財務面の業務一般の監督責任を負い、会計業務において観察業務を行います。年間予算や、将来予測、企業内コントロールシステムの補強改善なども行います。

ジュニアアカウンタント

ジュニアアカウンタントとは、日本の役職で言う、経理補佐に当たります。

ジュニアアカウンタントは、経理の職種の中では一番経験の浅いアカウンタントと考えるのが通例です。日本では、役職が無い場合は平社員と一括りにされることがほとんどですが、外資では明確に新人と中堅を区別できるように名称が違います。

ジュニアアカウンタントと同位に扱われるタイトルとしては、アシスタントがあります。

バイリンガルアカウンタント

外資銀行、外資系企業では、二か国語を話すことができるバイリンガルアカウンタントが必要とされます。

外資系企業においては日本の会計知識のみならず、他の外国語でも経理、財務を丁寧かつ正確に説明できる人が重宝されます。

これらの能力のある人は「バイリンガルアカウンタント」とされ、2か国語で業務に対応しています。日本語での会計知識は必須能力として備えている事に加えて、外国語もできる事が条件となります。

アカウンタントの求人探しにオススメのサイト5選

アカウンタント業務を希望される場合には、それに特化したサイトを検索する事から始めましょう。

求人サイトはネット上にあふれているため、どこから探せばよいのか迷ってしまう事はありませんか。アカウンタントにお勧めできるサイトをご紹介します。

登録はWEBサイトから行い、その後電話や事務所でのカウンセリングサービスや求人紹介を受けます。転職のノウハウを一から教えてもらえるので非常にお勧めです。

アカウンタントの求人探しにオススメのサイト1:マイナビ会計士

アカウント求人探しにお勧めのマイナビ会計士は、キャリアーアドバイザーとして、会計士業界に精通した人が多く在籍しています。

マイナビ会計士は、アカウンタント求人紹介の際には推薦状の作成や履歴書の添削指導を行ってくれます。育児などのワークバランスを考えた、女性が働き安い職場に精通していることも魅力です。

マイナビ会計士を利用した人の95%以上の人がキャリアーアドバイザーの仕事に満足しています。

アカウンタントの求人探しにオススメのサイト2:リクルートエージェント

次にアカウント求人探しにお勧めなのはリクルートグループです。人材業界最大手の強みを活かした経理、会計の求人を2000件以上取り扱っています。

アカウンタントの転職成功実績ランキングでは1位で、過去には30万人以上もの転職を成功させた知識と実績があります。リクルートエージェントが高額年収の求人を取り扱っているのは、リクルートグループの独占求人が多いことが理由の1つです。

アカウンタントの求人探しにオススメのサイト3:ジャスネットキャリア

アカウント求人探しにお勧めのジャスネットキャリアは、会計・経理業界で20年の歴史を有しています。そのため5000社以上の取引先があります。

ジャスネットキャリアはアカウンタントに特化しているエージェントです。業務を熟知したカウンセラーが監査法人、会計事務所、事業会社の求人情報を希望に合わせてマッチングしていきます。

3年以上のアカウンタント経験を持つ20代や30代の転職には、大きな成果を上げています。

アカウンタントの求人探しにオススメのサイト4:MS-JAPAN

アカウント求人探しにお勧めのMS-JAPANは、管理部門に特化した人材紹介会社として業界内で知られています。

MS-JAPANはオリコン顧客満足度ランキング(人材紹介部門)で、常に上位に輝く実績を得ています。同社はアカウンタント業務に特化した人材紹介会社です。

またアカウンタントの管理部門紹介会社として、2010年に売上高ランキング1位に輝くなど高く評価されています。転職エージェントとしてお勧めです。

アカウンタントの求人探しにオススメのサイト5:doda(デューダ)

アカウント求人探しにお勧めのdoda(デューダ)は、交渉力、営業力が他社と比較にならないほど高く、独占求人が多くを占めています。

dodaは、人材紹介会社では、その名を知られるパーソナルキャリア(前:インテリジェンス)の運営するサイトです。

公開されていない求人が、8割から9割とほとんどですので、カウンセラーとの面談をした上で、良い条件の求人を紹介してもらうのが通例になっています。

アカウンタントは重要な仕事

アカウンタントは、企業の診断医の役割を果たします。

アカウンタントは重責です。ビジネスが健全な状態で営まれているか否かは、彼らの出すデータを基にした数字やグラフで見られるからです。彼らの見出すデータと、それに基づく意見によって、経営陣は会社の方向性を決断していきます。

アカウンタント業務で得られる正確な情報は、株式市場の健全化にも貢献するものなので、使命感・正義感を持って務めると良いでしょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related