Search

検索したいワードを入力してください

証券会社からの転職のメリット3つ|おすすめの転職先の業種10個

初回公開日:2019年05月31日

更新日:2019年05月31日

記載されている内容は2019年05月31日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

就職したい企業として証券会社は人気が高いです。給与が高いことなどが理由になっているのですが、実際に証券会社で働いていて転職を考えてる人が後を絶ちません。証券会社からの転職を考えている方へ、証券会社から転職するメリットやおすすめの転職先を紹介していきます。

証券会社からの転職のメリット3つ|おすすめの転職先の業種10個

証券会社とは

証券会社とは、証券市場の円滑な機能を目的とし、おもな業務は有価証券の売買、売買取引の媒介・取次・代理、有価証券の引受け・募集・売出しなどを行う会社のことです。簡潔に言えば、証券会社とは株式の売買の窓口の役割をする会社、ということになります。

証券会社に向いている人

証券会社で働くには為替や株式など経済の詳細な知識が必要不可欠です。社会経済の情報を、新聞やテレビだけでなく自分で専門書を読むなど積極的に勉強する意欲が求められます。

また、営業中心の業務なので、コミュニケーション能力も求められるでしょう。証券会社に向いている人は、社会経済に興味があり株式などについて勉強することが好きで、営業職が得意な人であると言えます。

証券会社に向いてない人

前述の通り、証券会社で働くには経済の豊富な知識と、営業職に必要なコミュニケーション能力が必要不可欠であります。つまり、自分から経済についての勉強をするのが苦になってしまう人や、営業の仕事に抵抗を感じてしまう人にとっては適さない仕事になります。

証券会社に向いていない人は、経済についての勉強が好きではなく、営業職が得意ではない人、ということになります。

証券会社からの転職のメリット3個

証券会社での仕事は高い営業目標や長時間労働など労働環境が厳しいことが多く、転職を考える人も多いです。現在証券会社で働いている方で、転職をするメリットは次の3つがあります。

証券会社からの転職のメリットは、「証券会社での仕事で得た知識や経験を生かした転職ができる」「転職先で給料アップが期待できる」「ワークライフバランスのとれた仕事に就ける可能性がある」の3つです。下にメリット別に詳しく解説します。

転職のメリット1:知識・経験を生かせる

証券会社で働いていていた人は経済や金融の知識が豊富にあります。それらの知識を生かした転職先を見つけることが可能です。

例えば、外資系の企業への転職では、証券会社での知識や経験をそのまま生かすことができます。証券会社からの転職では、経済の知識や経験を生かした仕事を見つけることができます。

転職のメリット2:給料アップが可能

証券会社からの転職では給料アップが見込める会社に転職できる可能性があります。転職のメリット1で述べたような外資系企業への転職であると、給料がアップするケースが非常に多くあります。

日本の企業とは違った勤務形態であったり、また待遇も大きく異なることが多いです。

転職のメリット3:ワークライフバランス

証券会社は労働環境が大変厳しいです。高いノルマがあり、達成できないと上司から厳しい叱責を受けたり、また残業がかなり多いことも知られています。

この厳しい環境に耐え続けられず証券会社からの転職を望む人が多いです。証券会社から転職をすれば、証券会社では実現できなかったワークライフバランスを実現することができるでしょう。

証券会社からのおすすめの転職先業種

ここまでは証券会社から転職するメリットを解説しました。では、具体的にどのような業種に転職するのが良いのでしょうか。

証券会社からの転職においておすすめの業種は、外資系企業、コンサルティングファーム、生保・金融関係、税理士、会計士、メーカー営業、不動産業、商社、人材紹介会社、公務員などが挙げられます。順に業種の内容やメリットを紹介します。

おすすめの転職先業種1:外資系企業

外資系の金融企業では、他業界と比べて高い確率で給料が高く、前述の通り、転職すれば給料アップが狙えます。

外資系企業というとすぐに首を切られるのではというイメージも強いですが、実情はそこまでビクビクする必要はなく、しっかり仕事をしていればすぐに切られる心配はありません。以上のことから、証券会社からのおすすめの転職先として外資系企業が挙げられます。

おすすめの転職先業種2:コンサルティングファーム

次におすすめするのは、コンサルティングファームへの転職です。最近、コンサルティング業界では銀行・証券業界へ向けたコンサルティングを行う上で、豊富な知識を持った人を積極的に採用する傾向にあります。

つまり、経済の知識が豊富にある元証券会社職員を評価しているということです。証券会社からの転職先としてコンサルティングファームがおすすめです。

おすすめの転職先業種3:生保・金融関係

証券会社からの転職では異職種へ転職するのももちろんおすすめですが、やはり同じ金融業のほうが安心感があると思われるかたも多いでしょう。証券会社からの転職先のおすすめ3つ目は生保・金融企業です。

生命保険会社での業務内容も証券会社同様に営業が基本であり、証券会社で培った営業のノウハウをそのまま生かすことができます。

おすすめの転職先業種4:税理士

次の証券会社からのおすすめの転職先は税理士です。税理士の活躍の場は多岐に渡り、会計事務所やコンサルティング業界でのエキスパートとなることも、一般企業で金融関連のスペシャリストとなることも可能です。

特に、証券会社からの転職の場合では金融経済の知識が豊富なのでその知識を生かした転職ができるでしょう。

おすすめの転職先業種5:会計士

証券会社からの転職先のおすすめ5つ目は会計士です。会計士の仕事は企業の公正な経済活動のために独立した立場で会計監査をすることです。企業の内部統制に詳しい知識が学べるため、M&A支援コンサルティングを行うこともできます。

先程述べたコンサルティング業にも通じていることから、証券会社からの転職に向いていると言えるでしょう。

おすすめの転職先業種6:メーカー営業

メーカー営業は、自社の製品を売り込むというまさに営業職の代表格の職種となります。営業には契約継続を目指すものと新たな販売ルート開拓を目指すものがあります。

営業職ということで、同じ営業職の証券会社からの転職がイメージを持ちやすいです。メーカー営業は証券会社で会得した営業の能力を生かした転職をしたい方におすすめの転職先です。

おすすめの転職先業種7:不動産

次に証券会社からの転職先としておすすめするのは不動産業です。不動産業も、メーカー営業同様、営業中心となります。

株式の売買と同じように、高額で、お客様の大事な資産にかかわる、重要な商材を扱う営業職ですので、証券会社で培った営業スキル、いわばコミュニケーション能力が求められることは間違いありません。

営業職に向いている方や、実力主義や成果主義を希望する方にとっては大変おすすめな転職先だと言えるでしょう。

おすすめの転職先業種8:商社

証券会社からのおすすめ転職先としての業種8つ目は商社です。商社では大規模な投資や融資を行っているところも多くあります。

それはつまり、証券会社で得た株式や投資、買収のスキルを存分に生かした仕事ができるということです

証券会社に比べて給料は下がってしまう可能性がありますが、証券会社ほどの厳しい労働環境ではなくワークライフバランスがとれ、金融の知識が生かせるという業種になります。

おすすめの転職先業種9:人材紹介会社

人材紹介会社とは、厚生労働省の許認可を受けて、企業に求職者を紹介し、成功報酬を得ている会社のことです。

企業からの求人依頼と転職希望者の求職依頼を結びつける業務になります。証券会社からの転職先としておすすめの理由はやはりコミュニケーション能力です。

人材紹介会社の業務も転職希望者や企業と顔を合わせることになりますから、営業のノウハウが活かせます。よって、人材紹介会社は証券会社からの転職におすすめです。

おすすめの転職先業種10:公務員

年齢制限や資格制限などもあるため、そこまで多くはありませんが、証券会社からのおすすめ転職先として最後に紹介するのは公務員です。

証券会社から公務員に転職する人は多く、大手の証券会社からの転職を考えている人は国家公務員も狙えます。もちろん公務員になるには公務員試験を受ける必要があります。

証券会社に在職中でも勉強は可能ですが、やはり退職してからの方が多く時間が取れるので勉強しやすいでしょう。

証券会社からの転職を成功させるためのポイント

ここまで、証券会社からのおすすめの転職先を紹介しました。労働環境が厳しいと言われる証券会社です。ぜひとも転職を成功させて少しでも快適に働けるようになると良いでしょう。では、転職を成功させるためのポイントを紹介します。

証券会社からの転職を成功させるためのポイントは「自分にあう転職先を考える」「在職中に転職先を探す」「退職後のことを考えておく」の3つです。次項からこの3点について詳しく説明していきます。

自分にあう転職先を考える

言わずもがなという感じですが、いくら給料や待遇が良くても、自分にあった仕事でなければ継続して働くのは苦痛になってしまいます。実際、証券会社の給料は他業種と比較して高いのですが、ご自身の性格と一致しないなどを理由に転職を希望する方が多いです。

転職先を探す際には、自分にあった、この仕事ならば苦痛を感じずに楽しめるといった業種を探すようにすると良いでしょう。それが結果的に転職先での好業績になるでしょう。

在職中に転職先を探す

在職中に転職先を探すことには大きなメリットがあります。1つは、職歴にブランクが生じないことです。企業には長期間のブランクを嫌うところもありますからブランクなしに転職できるのは大きなメリットです。

2つ目は経済的な不安がないことです。転職活動中にも収入があるため、金銭面の心配が要りません。もちろん、在職中ですので、いろいろと制限はありますが、それでもやはりメリットのほうが多いことは間違いないでしょう。

退職後のことを考えておく

3つ目の転職の成功ポイントは転職した後、さらに退職した後のことを考えて転職をするということです。退職する際に貰える退職金は、企業の規模の大きさや、勤続年数、また在職期間中の役職や功績によって上下します。

証券会社から次の企業に転職した後に、何年勤めてから退勤するつもりなのかというビジョンをある程度持っておいて、転職活動をするのが良いでしょう。それが人生にとっても成功をもたらすこと間違いないでしょう。

証券会社から転職してキャリアアップしよう

以上のように証券会社からの転職について細かく紹介しました。高いノルマに伴って、残業も多いという厳しい労働環境の証券会社では、転職を希望される方が多いです。

証券会社からの転職では、その専門的な知識とコミュニケーション能力を生かしたハイレベルな転職を見込めます。ぜひキャリアアップを狙って、自分にあった転職先を見つけてください。

きっと、ご自身にあった職場環境と給料を約束してくれる企業が見つかるはずです。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related