Search

検索したいワードを入力してください

contractingの意味は?訳語3つと使用例10|類義語と関連語

初回公開日:2019年05月20日

更新日:2019年05月20日

記載されている内容は2019年05月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

皆さんこんにちは、今回は「contractingの意味は?訳語3つと使用例10|類義語と関連語」と題し、「contractingの意味と訳語3つと使用例」をピックアップし、ビジネス上で「contracting」を使う際の特徴や用法についてご紹介します。

contractingの意味は?訳語3つと使用例10|類義語と関連語

contractingとは

まず「contracting」の意味についてですが、これはかなり多くの意味合い・用法があります。基本的には、「縮む」、「減る」、「請け負う」、「引き受ける」、「契約する」などの意味に加え、さらに「病気になる」、「失脚する」などの意味も俗語的に使用される場合があります。

「contracting」の意味では主に「請け負う」、「引き受ける」、「契約する」に限られ、その意味から派生する用法が取られます。

原形は動詞のcontract

「contracting」という言葉は見た目どおりに動名詞という名詞形の扱いになるため、その動詞での表記は「contract」となります。この場合でも意味はかなり多く、「契約する」、「約定する」、「予約する」、「縁組」、「請け負う」、「縮む」、「狭める」などとなります。

「contracting」の意味合いを動詞に置き換えた使用法になりますが、場面によっては動詞的な活用法もあるため留意しましょう。

日本語の意味

日本語でもこの「contracting」は「コントラクト・コントラクティング」などと外来語使用で認められており、多くのビジネスシーンで普通に使われている言語・ターム(専門用語)になります。

主に日本語として使われる「contracting」の意味合いでは「契約する」、「引き締める」、「縮める」、「請け負う」などと認められ、基本的には「依頼された仕事を引き受ける」という意味合いになります。

契約する

「contracting」の意味合いで最も多く使われる意味がこの「契約する」となり、よく「コントラクト」という表記でそのまま契約締結の意味合いに用いられる場合があります。

「contracting」の用法というのはビジネス上では契約成立の意味に置き換えられることが多く、その他でも約定・契約内容などを指す場合があり、企業別での契約内容の確認に使われる場合が多く見られています。

引き締める

「contracting」と表記して「引き締める」という意味につなげる場合でも、ビジネス上での意味の使われ方をはじめ、主に専門的な分野での用法に認められています。「contracting」の基本的な意味になります。

この場合の「contracting」の意味は、「狭める」という意味合いが強く出ており、何らかの緩んでいた物事を改めて引き締める・仕事として成立させるという、具体的な措置について示します。

縮める

「contracting」の意味にはまた「引き締める」の他に「縮める」という意味合いも含まれ、この場合は「特定の物同士の距離を縮める・コンタクトする」などの意味合い・ニュアンスをもって使われます。

コンタクトレンズなどの意味合いでもこの「contracting」の意味が使用されており、目とレンズがぴったりくっ付くこと(目とレンズが互いの距離を縮めること)の意味合いで使われています。

ビジネスで使用するcontractingの訳語3つ

さて、ここから「ビジネスで使用するcontractingの訳語3つ」と題し、主にビジネス上で使用される「contracting」の意味合い・用法についてご紹介していきます。

「contracting」という言葉はげ現代でも非常に多くのビジネスシーンで扱われており、特に外資系企業やIT企業などといった世情を賑わせている国際関連の職種においては、日常茶飯事的なビジネスタームとして認められています。

contractingの訳語1:請負

まず「contracting」の基本的なビジネスタームとして、この「請負(うけおい)」という意味合いが含まれており、これは契約成立時に使われるタームとして非常に多く見られます。

請負業務という言葉に始まり、基本的には「他社との仕事上の契約を締結させる場合の合言葉」のようにして使われやすく、契約書でも従来使われてきたなじみ深い言葉となります。「contracting」の中心的な意味として認められます。

contractingの訳語2:契約

次にこの「契約」の意味合いですが、これは「contracting」がビジネス上で使われる際に最も中心的な意味として置き換えられ、特に商談成立時・契約成立時には必ずと言ってよいほどこの「contracting(契約)」の文字が見られるでしょう。

「contracting」の中心的な意味がこの「契約」になるため、他の意味合いはこの「契約」の意味から派生した意味としてもかまいません。

contractingの訳語2:収縮

「contracting」の意味にはこの「縮小・収縮」という意味合いも含まれており、この場合は先述しましたように「特定の物同士の緩みを引き締めること・縮めること・狭めること」などを示す意味合い・用法となるため、ビジネスタームとしては稀に見られます。

ただし、企業戦略などでビジネス規模の拡大・縮小などをはじめ、企業理念の見直しを図る際にはこの「contracting(収縮)」の意味合いが使われます。

contractingの10の使用例

先述では「contracting」の基本的な意味合いからビジネスタームとしての用法についてご紹介しましたが、ここかららは「contractingの10の使用例」と題し、「contracting」という言葉そのものが持つ中心的な意味合いに配慮して用法をご紹介していきます。

英語を学ぶ際にはまず、その英単語そのものが持つ中心的な意味・基礎的な用法を確認しておき、その上で応用していくことが大切です。

contractingの使用例1:個別契約

まず「contracting」の基本的な意味合いにある「個別契約」という意味・用法ですが、これはビジネスタームとしても普通に使用されている言語として認められ、「ビジネス上での個別契約・契約成立の認証」として用いられています。

個別契約というのは一般的にすべてのビジネス契約に当てはまるため、この場合の「contracting」の意味合い・用法は非常に広範囲で使われます。

contractingの使用例2:契約金額

次に「contracting」の意味合いをもって「契約金額」を示す場合ですが、これはビジネス上の言葉の使い方としてもよく見られるケースで、単純に「contracting」と表記する形で「契約金額」そのものを指している場合もあります。

ただしこの場合は、「contract amount(契約金額)」という正式名称で記載されることもあり、これは公式書類などに多く使われる表記になります。

contractingの使用例3:契約年次

次は「契約年次」ですが、これも「contracting」と単純に明記しただけでその意味合いが示される場合があり、主に簡易契約書の類においては非常に多く見られる表記法になります。

この場合でも、基本的には「contract year」や「contract term(契約期間)」などと表記されることもあるため、その辺りの情報もきちんとピックアップしておきましょう。

contractingの使用例4:契約機関

次は「契約機関」ですが、これも簡易契約書の類においては単純に「contracting」と表記するだけでその意味合いが示される場合がありますが、主に公式書類をはじめ、初めて契約を取り交わす会社との間では別の表記をもって「契約機関」を示す言葉とされます。

この場合は「contract organization」や「contract section」などといった「機関」を示す言葉も使われます。

contractingの使用例5:契約期間

次に「契約期間」ですが、これは多くのビジネスタームでもいろいろな用法・意味合いの表現法が見られており、企業によってはまったく違った表記法で示される場合があります。

基本的には、「contracting」、「business term」、「contract period」、「time」、「date」、「season」、「limit」などと表記される場合もあります。

contractingの使用例6:賃貸借契約

次にこの「賃貸借契約」という言葉ですが、これも「賃貸によって購買契約を斡旋する(約定する)」といったビジネスタームとなりますが、基本的には「contracting」と表記することでこの意味合いが(場面によって)示されることになります。

しかしこの場合でも、主に「lease agreement」という表記でその内容が伝えられることが多いため、別の表記・用法も押さえておきましょう。

contractingの使用例7:請負関係

次はこの「請負関係」ですが、これは主に「relationship」、「connection」、「relevancy(関連性)」などの表記をもってその意味合いが示される場合もあります。

ビジネスタームでは「contracting」としてその意味を示す場合が非常に多く、この場合の正式な表記では「contract relationship」という形になります。英単語の基礎的な用法を十分覚えておきましょう。

contractingの使用例8:請負の仕事

「請負の仕事」というのは基本的に2つの言葉(単語)が重なって表記されているため、その正式な表記法では「contracting」では足りない場合が出てきます。

簡易契約書の類であればOKですが、公式契約の場合は「contract work」や「requested works」、また「requested item(依頼案件)」などと表記されます。他にも「demand works」などと表記されることがあります。

contractingの使用例9:収縮を繰り返す

「contracting」という言葉は一般的に「契約成立・締結」を示すため、その仕事上の規模拡大・縮小・収縮について表記する際には、契約規模の収縮やビジネス戦略そのものの方針改善などの意味合いで使われることになります。

また「contracting」というのは現在進行形でもあるため、「収縮」の意味合いで使われる場合でも「現在でも収縮している」という「繰り返し」の意味が加味されます。

contractingの使用例10:収縮色

「収縮色」というのは、「現状における特定企業のビジネス規模」を示す言葉となり、その企業の特徴を大まかに見立てた上での表現となります。具体的にどのような経緯をもって収縮するのか・今後の将来的ビジョンなどの進展も、その意味に含められます。

一般的に「収縮色」と表記する場合は「shrink color」がよく使われますが、この「contracting」の場合はビジネスタームとして使われる形となります。

contractingの類義語や関連語

さて、ここかららは「contracting」そのものの意味合い・用法を確認しながら、その他の英語表現との関連性について見ていきましょう。「contracting」という言葉は主に「契約」や「請負」などの意味を持ちますが、他にもこれと似た意味を持つ英語はあります。

その用法において派生する形で意味合い・用法が似る英単語もあり、「contracting」の意味を知るためにも基礎的な知識を会得しましょう。

agreement

まず「agreement」ですが、この英単語も「contracting」と同じく「契約」、「規約」などの意味合いを持ち合わせており、その他にも「合意」、「一致」、「承諾」、「約定」、「取り決め」、「賛成」などの意味合いが認められます。

「契約」、「規約」、「合意」などの意味合いにおいては「contracting」とほぼ同じ意味・用法に扱われ、「contracting」に次いで多く使用される単語です。

conclusion

次に「conclusion」という言葉ですが、これはそのメインの意味合いに「結論」や「終結」などの意味を持つため、「contracting」の意味合いで使われる場合は「契約成立・締結」などの意味合い・用法で使われる形になるでしょう。

主に「○○が完了した」という意味で使われることが多く、「結局○○と契約を結んだ」などの意味・用法によってビジネスタームとして扱われます。

termination

次は「termination」ですが、この言葉の意味も先述の「conclusion」の場合と同じく、「○○が終了した・完了した・満了になった」などの「終了・完了・終止」などの意味合いがそのまま強く表現されます。

「契約締結・成立」という意味で「contracting」が使われる場合、この「termination」の意味合いと学際的に使用される形となり、多くのビジネスシーンで使われることになります。

contractingの正しい使い方を知っておこう

いかがでしたか。今回は「contractingの意味は?訳語3つと使用例10|類義語と関連語」と題し、「contractingの意味と訳語3つと使用例」をピックアップし、ビジネス上で「contracting」を使う際の特徴や用法についてご紹介しました。

「contracting」という言葉は基本的に「契約・請負・縮小・収縮」などといったビジネスシーンでよく使われる「契約」に関する意味合いを持ちます。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related