Search

検索したいワードを入力してください

英語が使える営業職は人気!日本で英語が使える職場12選紹介

初回公開日:2019年05月21日

更新日:2019年05月21日

記載されている内容は2019年05月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

今回は「英語が使える営業職は人気!日本で英語が使える職場12選紹介」と題して、「英語が使える人気の営業職」をピックアップするとともに、日本で英語が使える職場12選の形で、さまざまな側面から多角的にご紹介します。ご参考下さい。

英語が使える営業職は人気!日本で英語が使える職場12選紹介

営業職に英語が必要になった理由3選

現代の営業職を見る上では、英語能力の高低を問う企業が多くなってきており、その理由には「グローバル企業が増えたこと」や「外資企業の発展」などが大きく影響しています。

また営業スキルが主に問われる観光客向けの営業職では、外国人観光客への接客対応が求められるため、そこでも英語能力が問われることになるでしょう。ビジネス英語程度の実力で十分ですが、そのための基礎知識をしっかり把握する必要があります。

1:経済のグローバル化

現代の企業市場を見ていればわかりますが、どの営業職でもやはりグローバル化が進んできた傾向を見せており、その点では英語能力が十分問われる機会が非常に増えてきています。

ビジネス英語程度の実力にしても、実際に仕事で使う英語能力が求められる上では、やはり臨機応変に対応できるネイティブ感覚の英語スキルがどうしても問われます。現代の世情を見る限りでは、今後のグローバル化・英語能力の必要性は強まることでしょう。

2:外資系の会社が増えてきた

現代において多く認められる企業のビジネス規模の拡大・国際化を図る方針や理念を見ていると、外資系企業で見られる企業方針が非常に根強くなっています。

基本的に外資系企業の発展を担うのはやはり「国際化を図るための社員育成」をはじめ、その営業職においても英語能力の必須性になります。

この点を鑑み、外資系色に傾倒してきた多くの企業・営業職へ転職する場合、やはり英語能力を高めておくことは大切です。

3:外国人観光客の増加

日本ならではの観光地へ旅行する外国人観光客は年々増えてきており、そのため企業側の営業職においても、その外国人観光客向けの接客姿勢・能力・技術がかなり求められるようになりました。

その点で英語能力を高めておくことは必須の課題となる上で、企業利益を伸ばす前提にしてもグローバル企業などで求められる語学力の斡旋基準が年々高まってきています。この点に配慮する上で、英語能力を高める機会を確保することが重要です。

英語が必要とされる営業職の職場12選

さて、先述では「グローバル化が進んできた現代の市場における英語能力の必須性」についてご紹介しましたが、ここからは「英語が必要とされる営業職の職場12選」と題し、多種多様な企業における営業職に就く際の具体的な方法・コツについてご紹介していきます。

現代では従来の企業でもグローバル化・外資系企業並みの「国際化を図った企業方針」を取り入れており、それに習った語学力を養っておくことが大切になります。

1:商社

「海外営業マン」などの呼称で有名ですが、多くの商社においても海外を拠点にして活動する企業が増えてきており、その場合は必ずと言ってよいほど英語能力の高低が求められます。

商社の利益は思い「商取引」をはじめとするビジネス規模の拡大にあるため、そのための営業方針として「営業職に英語能力に堪能な者」を採用することは必須になります。海外営業に限らず、日本国内での営業職において英語能力は必要になっています。

2:外資系の会社

外資系企業というのは必ずと言ってよいほど英語能力の高低が(書類選考・面接の時点で)求められることになり、その場合に少しでも英語能力に長けている求職者が主に採用される形になります。

これほど外資系企業向けの採用基準というのは「英語能力・語学力」を重視している傾向が強く、主に外資系の営業職に就職・転職する場合は必ず自分の語学力(英語力)の確認をしておくことが望ましいでしょう。

3:貿易会社

貿易会社というのはその名のとおりに「国内外を問わず、その国際的な貿易によって利益をあげる会社」となるため、国際的な職種になることは間違いありません。その点では英語力に長けている人が営業職を任されることが多くなるでしょう。

この場合も商取引によって利益を上げることがメインとなるため、英語力・語学力を十分鍛錬しておくことによって、それぞれの取引を十分有利に運ぶことが可能となります。

4:英会話スクール

英会話スクールというのはもともと「英語を教えるための会社・企業」という形になるため、英語能力が問われることが必須になります。また英会話スクールも1つの会社に過ぎないため、そのビジネス規模の拡大を図る際には他企業との連携が必要になるでしょう。

その場合に、外国人との商取引を担わされる場合も増えてくるため、そこで英語能力をもって有利な展開に運べる営業職スキルを身に付けておくことが肝心になります。

5:外国人観光客相手の販売会社

外国人観光客相手の販売会社では文字どおりに「外国人観光客に商品を売る・製品説明をしなければならない」といった英語力を駆使した上での営業職が見られ、その点で営業用の語学力をしっかり養っておく必要が出てきます。

プライベートでビジネス英語程度の語学力を駆使できる人なら申し分なく、その実力をさらに伸ばしながら、営業職にとって必要な専門的な英語スキルを培っておくと良いでしょう。

6:外国人相手の不動産営業

外国人相手の不動産営業というのは主に外資系不動産業のことを指しており、そこでは商取引が英語でなされることをはじめ、日常の他企業との連絡のやり取りにおいてもビジネス英語が多用される環境になるでしょう。

そのため、それぞれの分野で交わされる取引を有利な展開に導くため、あるいは通常の連絡交換を円滑に行なうためにも、営業職で求められる英語能力を身に付けておくことが肝心です。

7:外国人相手のコンサルタント事務所

外国人相手のコンサルタント事務所では主に「コミュニケーション能力の高低」が求められ、そこで使われる言語はほぼ英語(日本語を話せる外国人の場合は日本語)となる可能性が高いため、普段からビジネス英語程度の実力を身に付けておくことが大切です。

主にこの場合は「営業職用の英語能力」を身に付ける必要はないですが、それでもコンサルタント事務所の規模拡大の際には他企業との連絡交換に英語が必要となることがあります。

8:外国人専門の弁護士事務所

弁護士事務所というのは基本的に専門性の高い職種となるため、取り扱う案件によってはかなり高いレベルの英語能力が必要となるでしょう。さらに人権を確保した上での専門スキルが求められるため、間違った英語能力を身に付けていては話になりません。

この場合も営業職向けの英語能力というより、人権問題を取り扱うために必須とされる専門の英語スキルが求められるため、普段からその点を心がけておきましょう。

9:旅行会社

これは先述でもご紹介しましたが、最近では外国人観光客が非常に増えてきているため、日本国内でも旅行会社に勤める場合は英語スキルの必須性が求められます。旅行会社の場合は営業職向けの接客対応が必須となるため、その点での英語能力が肝心となるでしょう。

主に観光地の説明や旅行プランの説明をはじめ、外国人観光客が希望するプランにきちんと応えられるだけの英語力・語学力が必須とされる形になります。

10:外国をターゲットにした投資会社

これは基本的に外資系企業の企業戦略・方針に見られる「ターゲット層の集約」になりますが、この点でも外資系企業で採用されている英語スキルの高低が求められ、国際化をしっかり図ることができる十分な語学力が求められるでしょう。

外国をターゲットにするという時点で「英語能力の必須性」は生まれており、企業戦略に欠かせない営業職向けの英語能力・語学力の鍛錬もきちんと積み上げておくことが大切です。

11:外国人専門のモデル会社

次に外国人専門のモデル会社についてですが、このような企業では主に「外国人モデル・ナレーター・シンガー」などを率先して起用する商社となるため、1人1人の採用者とコミュニケーションを図る場合でも英語能力は必須の実力に含まれます。

この場合は営業職向けの英語能力はもとより、コミュニケーションをきちんと図るための日常の英語能力が必要となるため、日頃から英語の鍛錬をしておく必要があります。

12:外国人相手の行政書士事務所

行政書士事務所というのは一般的に、「官公署に提出する書類その他権利義務、および事実証明に関する書類などの作成を行う事業所」を指し、その職務内容に「外国人を顧客とした書類手続き業務」などがあれば英語能力の必要性が問われることになります。

主に「外国人相手の」という時点で英語スキルの重要性が求められることになるため、外国人を顧客に迎え入れる職種に就く場合はそれが営業職でも、英語の鍛錬はしておきましょう。

営業職で使える英語を身に付ける方法4選

さて、ここからは「営業職で使える英語を身に付ける方法4選」と題して、特に営業職に就く場合に役立つ英語力の身に付け方をご紹介していきます。

営業職というのは、基本的に「自社製品の売り込みに必要なコミュニケーション能力」が必須となるため、英語を学ぶ際もそのための英語能力が必要になります。この点に配慮して営業職で使える英語力を身に付けましょう。

1:ビジネス系の英会話スクールに通う

ビジネス系の英会話というのは、日常で使う英語力の訓練ではなく、基本的には「ビジネス上で扱う専門性の高い英語力」を培うための学校になります。

この場合の特徴としては「実践的な英語能力の蓄積」がメインとなるため、その分野にはミーティング、社内会議、電話対応、メール交換、営業・商談などを含め、契約・事務手続きなどに際する場合の英語能力を培う形になります。

2:英語圏に留学する

ネイティブ感覚で英語を学びたい場合は、この「英語圏内に留学する」という方法が勧められるでしょう。日常から英語を使うことによって、普段の外国人が使う英語のニュアンスがわかり、その感覚をもって営業職向けの英語能力に生かすことができます。

英語圏内で語学を学ぶ際の利点は、このような「普段の外国人の様子」を確認するとともに、その時に使うべき英語表現が巧みになる点にあります。

3:ビジネス英語に関する本を大量に読む

これは読書好きな人に勧められる方法ですが、やはりビジネス会話をはじめ、そこで使われる英語表現のあり方を独学することによって、マイペースで英語スキルを上げることができます。

この場合は継続することが大事になるため、まず「自分にとってその独学法が向いているかどうか」を確認しておきましょう。その上で、営業職向けの英語能力を上げたい場合は、その営業職で基本的に使われる英語表現に関する書籍を読みましょう。

4:英語圏の友達を作る

友人関係において英語を日常から使うことにより、この場合もネイティブ感覚で英語を学ぶことができます。友人関係であれば、普段会社では聞けない英語表現についてもたやすく聞くことができるため、ちょっとしたレベルアップにも最適となるでしょう。

そこで直接的に営業職向けの英語能力を上げることはできませんが、コミュニケーション能力を上げることによって、間接的に営業職で求められる能力を培うことはできます。

これからの時代は英語が営業職の武器になる

いかがでしたか。今回は「英語が使える営業職は人気!日本で英語が使える職場12選紹介」と題して、「英語が使える人気の営業職」をピックアップするとともに、日本で英語が使える職場12選の形で、さまざまな側面から多角的にご紹介しました。

営業職向けの英語能力を伸ばす場合は日頃からの鍛錬が必要で、いろいろな情報を活用しながら自分に合った、マイペースな語学力アップ法を会得しましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related