Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月13日

MRの志望動機の書き方のポイント15個|サポートするエージェント3つ

MRの志望動機の書き方のポイントを紹介しています。職務要約では、経験と成果を具体的な数字や事実で表現しましょう。主観的な内容や表現は排除し、客観的に事実を伝えます。優先順位をつけて、特に、直近2つ以上の業務内容と実績をアピールしたいものに絞って説明します。

MRの志望動機の書き方のポイント15個|サポートするエージェント3つ

MRの志望動機には業界や企業についての十分な理解が必要である

MRの志望動機の書き方のポイント15個|サポートするエージェント3つ
MR職の魅力は、社会への貢献度が高いことです。医業業界全体に関わる仕事です。MRは、医薬品の営業をおこなう充分な理解が必要です。MR仕事への志望度を高めて、志望動機の作成を行います。

ビジネスプロフェッショナルとして、一定のコミュニケーション能力も必要です。

MRの志望動機の書き方のポイント15個

MRの志望動機の書き方のポイント15個|サポートするエージェント3つ
MRの志望動機の書き方のポイント15個紹介します。MR職を目指す際には、仕事内容や医薬品業界、製薬企業について十分に理解することが大切です。そのうえで履歴書の志望動機を書きます。

まず日常の業務は、医師に医薬品の情報を提供することから、やりがいを感じ専門的な知識が身につくためのキャリアアップも望めます。履歴書の志望動機には、企業にも知識の深さや志望度の高さを考慮します。

MRの志望動機の書き方のポイント1:MR職の役割を理解する

MR職の役割を理解することは、仕事内容や医薬品業界、製薬企業について十分に理解することが大切です。MR職は専門性が求められ、医師と密接なコミュニケーションを取ります。

MR職の志望動機には、医師を通じて医薬品を患者に届ける大切な役割があります。正しい情報を伝え、患者に必要な薬を届ける仕事です。MR職の役割を理解して、履歴書の志望動機を書くことは企業に知識の深さや志望動機の高さが伝えられます。

MRの志望動機の書き方のポイント2:具体的な根拠を用意する

MRの志望動機の書き方のポイント15個|サポートするエージェント3つ
MR職を志望する具体的な根拠を用意するためには、情報を正しく的確に伝える能力が必要です。志望動機を書く前に、MR職に求められるキャリアを理解します。医療現場に受け入れてもらえる表現で、文章構成を伝えることが必要です。

例えば、独自の志望動機ストーリーを練るプロセスに時間をかけることです。未来のMR職としての自分の姿を具体的に描くことにより、志望先の企業へ志願動機の思いが伝わるようになるからです。

MRの志望動機の書き方のポイント3:応募先企業の主力製品を調べておく

応募先企業の主力製品を調べておくことは、分野に興味がある志望動機の明記につながります。「最新の技術を取り入れて」など、応募先企業の主力製品を調べて具体的な理由を挙げることは、企業を理解していることになります。

例えば、新薬メーカーMRは新薬を中心に扱っている製薬会社のMR職です。同職種のなかでも多くの割合を占めていますので、医薬品の専門性と豊富な知識が求められます。

MRの志望動機の書き方のポイント4:医薬品業界の特徴について考えてみる

MRの志望動機の書き方のポイント15個|サポートするエージェント3つ
開発に長い時間をかけて、多くの人の命を助ける新しい医薬品を作り出すことは、医薬品の製品生産開発業務です。医薬品業界の特徴は、専門知識を身に付けて医薬品業界を目指しましょう。

MRの志望動機に、社会への貢献度が高いことを上手に仕事への熱意を示して、MRへの就職を目指しましょう。

MRの志望動機の書き方のポイント5:なぜ医薬品業界なのかを明確にする

MRは医薬品に関わる仕事です。高い専門性に見合った収入があり、薬の効能、使用方法や副作用などについても詳しく専門性の高い知識が必要になります。

研究職は、知見が病気の予防や治療を調べる仕事です。根気が必要で効果的な薬の素を研究する仕事です。人間性、どういうスキルや経験が活かせるかを把握しましょう。

MRの志望動機の書き方のポイント6:なぜMRなのかを明確にする

MRは医療業界に属する非常に安定した業界です。人気の職種です。高給を目指してMR職を志望されます。仕事は大変ですし、就職後のハードルも非常に高いので就職には努力が必要となります。

MR職の魅力を自身の経験や体験談を交えて、明確に詳細まで仕事を志望する熱意を伝えていくことが重要なポイントです。自身の経験の中から、MR職の魅力を明確に書きましょう。

MRの志望動機の書き方のポイント7:志望動機を面接で話す内容と一致させる

MRの志望動機の書き方のポイント15個|サポートするエージェント3つ
一般的には、これまでの経験やスキルについての説明が求められます。面接は企業研究ということです。自己紹介では、長所や短所は話す内容と志願動機を一致させて、明確に正確に答えられるようにします。実績や実務経験をきちんと伝えることが大切です。

ポイントは、MR職という仕事に対する考えやその企業を志望した理由を、身近なエピソードを加えます。明確に説得力のある志望動機にすることです。マナー・振る舞いには、誠実な対応をするのが良いでしょう。

MRの志望動機の書き方のポイント8:全ての情報を正しく簡潔に書く

全ての情報を正しく清潔に書くことは、MR職の志望動機では重要です。MR職の主な仕事は、取り扱い製品についての正しい情報を医療関係者に提供できることです。正しい情報を間違えずに伝えるプレゼンテーション能力です。

職種のポイントは、実績は具体的な数字や事実で、売り上げ、達成率、受賞歴、担当病院の数・規模を記載します。志望動機の書き方は、正しく簡潔に説明します。

MRの志望動機の書き方のポイント9:志望動機は自己分析

企業研究を繰り返すことにより、事前に徹底した企業研究を行いましょう。希望するホームページの情報から、徹底的にリサーチしましょう。企業への熱意を伝えるために、説得力のある志望動機が必要です。

志望動機の書き方のポイントは、「何を」「なぜ」をしっかりと答えられるために、自己分析をしましょう。例えば、「頑張れた理由」「続けられた理由」を志望動機の軸として、集めた情報を明確に志望動機を作成しましょう。

MRの志望動機の書き方のポイント10:面接の練習

面接の練習として、模擬面接を事前にしておくことは大切です。雰囲気に慣れるために、志望動機と面接練習を対策にして入念に行いましょう。実際の面接状況を再現して、入室から質疑応答、そして退出までの一連の流れを疑似的に体験して面接の練習をしましょう。

ポイントは、面接の練習にビデオに撮って記録に残します。何度でも見直して、改善点を見つけることができ、表情や声の調子、意思などを知ることもできます。

MRの志望動機の書き方のポイント11:MR職の魅力を入れる

MRの志望動機の書き方のポイント15個|サポートするエージェント3つ
MRの志望動機の書き方に、MR職の魅力を入れて作成すると、仕事への志望動機の高さを伝えることができます。

例えば、大学生で就職活動を始め、会社説明会で初めて話を聞いた会社でした。実際に10人くらいのMRの方にお会いしました。皆さんが、とても生き生きとしていました。一緒に働きたいと強く思った。

経験や体験談を交えて単純にMRとして働きたいと書くのではなく、MR職の魅力をきちんと伝えます。

MRの志望動機の書き方のポイント12:この業界を選んだ理由を書く

MRの志望動機の書き方のポイント15個|サポートするエージェント3つ
この業界を選んだ具体例を挙げて書くことは、しっかりと業界を勉強してきている現状をアピールすることができます。志望動機の高さを上手に伝えましょう。

例えば、情報提供というかたちで薬が適正に使われることに貢献するために、理解を深め、就活を成功させましょう。患者さんの目線に合わせた、忘れない情報提供をできるように仕事に生かしたいと考えます。

売り上げ、達成率、受賞歴実績は、具体的な数字や事実で記載します。

MRの志望動機の書き方のポイント13:熱意を伝える

MRの志望動機の書き方に、志望する熱意を伝えることは、課題に寄り添った営業活動を心掛けるやる気は大切です。就職後に企業で、どのように活躍したいかを文章表現して、仕事への熱意をアピーしていきましょう。

例えば、応募先の会社をよく調べて何に興味を持ったのかを、具体的に説明する必要があります。自分の強みや経験を活かせる熱意を、具体的に伝えます。多すぎると、要約力がない印象がありますので注意します。

MRの志望動機の書き方のポイント14:職務経歴書の冒頭にまとめて書く

MRの志望動機の書き方のポイント15個|サポートするエージェント3つ
MRの志望動機の書き方のポイントは、職務経歴書の冒頭にまとめて3~5行書きます。職務経歴の概要は、重要アピールポイントです。 会社名、業種、従業員数を記入します。

例えば、自身の職務内容を配属部署や仕事内容、役職などを明確に詳しく書くと、担当者はキャリアをイメージしやすくなります。

免許・資格は、仕事に関係のあるものだけを書きます。勉強中の資格についても、仕事に活かせるものは、優先して書くようにします。

MRの志望動機の書き方のポイント15:履歴書・職務経歴書に添えて提出する

MRの志望動機の書き方に、履歴書・職務経歴書に添えて提出するときは、送付状・添え状を同封するのがマナーです。理由は、「誰が」「何を」送ったのかを採用担当者に示すためです。

履歴書は、応募の経緯と志望動機・自己PRを、送付状・添え状の中で、経験やスキルを応募先の事業内容・仕事内容とうまくつなげて、明確にまとめます。何度も練り直して改善を重ね、MR職への就職を目指しましょう。

MRの志望動機をサポートするエージェント3つ

MRの志望動機の書き方のポイント15個|サポートするエージェント3つ
MRの志望動機をサポートするエージェント3つ紹介します。業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリアアドバイザーが、ひとりひとりに合わせた転職支援です。

職種にあった職務経歴書を豊富なテンプレートを選択して、悩むことなく作成するサポートがあります。Wordファイルも自分自身の職務経歴に書き換えて利用できます。面接力向上セミナーの開催を受講することにより、面接通過率も良く満足度99%です。

MRの志望動機をサポートするエージェント1:doda

人材業界国内2位の大手転職サイトです。10万件以上の豊富な求人から、対象地域は全国です。すべてのニーズに対応可能です。スカウトサービスの利用ができます。

面接で話す場合の例文(サンプル)を交えて紹介されます。自己PR、履歴書・職務経歴書などの応募書類一式についても客観的にアドバイスされます。「応募書類の作り方編」「面接対策編」チェックリストをWEBから見ることができます。

MRの志望動機をサポートするエージェント2:リクルートエージェント

MRの志望動機の書き方のポイント15個|サポートするエージェント3つ
応募企業ごとのアドバイスをされ、キャリアUPを応援されます。電話での面談もできます。リクルートエージェントのサービスは完全成功報酬型です。

職務経歴書・履歴書は、登録時不要です。かんたん、無料登録ができます。サポート内容は、相談時間、初回面談、アピールポイントを的確に伝える文章作成です。ワンランク上の履歴書・職務経歴書に添削されます。

面接対策セミナーなどが充実しているため、内定率も高いです。

MRの志望動機をサポートするエージェント3:ビズリーチ

WEBサイトをチェックすると、年収600万円以上の方に転職経験のある方に指示される転職ナンバー1の企業です。結構テレビで見かけるCMです。申し込み段階で、履歴書や職務経歴書は必要ありません。

職務経歴書作成の入力項目を2つ紹介されています。職務要約・スキルと職務経歴です。職務要約を100文字以上、スキルを3つ以上、職務経歴の入力です。職務経歴書の書き方をより詳しくまとめています。ぜひご覧ください。

MRの志望動機の書き方のポイントを押さえましょう

MRの志望動機の書き方のポイント15個|サポートするエージェント3つ
MRは、日本語では医薬情報担当者と訳されます。MRの主な仕事は、医師などの医療従事者に薬の情報を提供することです。志望動機の書き方のポイントは、医師に医薬品の情報を提供することを日常の業務とします。高度な専門性を志望動機に、しっかりと練ることが大切なポイントです。

公益財団法人MR認定センターが実施するMR認定試験に合格すること、医師への働きかけを中心に、高いコミュニケーション能力が必要となります。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related