Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月16日

人事は英語で何ていうの?|人事を使った英語例文5選や人事に関する英単語

皆さんこんにちは、今回は「人事は英語で何ていうの?|人事を使った英語例文5選や人事に関する英単語」と題し、「人事で使われる英語表現・英語例文」をはじめ、さまざまなビジネスシーンで見られる英語表記などを詳細かつ簡潔にご紹介します。ぜひご参考下さい。

人事は英語で何ていうの?|人事を使った英語例文5選や人事に関する英単語

人事とは

人事というのは「採用するべき求職者の管理」に始まり、その会社の人材の出入りを逐一管理・監督する立場にあり、そのための「人間を見る目」が必要とされる部署になります。英語で表記する場合は「human resources」と訳され、他にも表記法は見られます。

人事の仕事は主に「人材を適所に配置すること」をはじめ、会社に必要な社員を個別に管理する仕事と並行して行なわれます。

人事を使った英語例文5選

さて、人事の仕事内容や人事部署の役割、また人事の英語表記などについて先述しましたが、ここから「人事を使った英語例文5選」と題して、さらに人事に関するいろいろな役職や表現を英語で言うとどうなるか、についてご紹介していきます。

最近では国際社会の到来をはじめ、いろいろな日本語表記を英語に置き換えて表現されるパターンも非常に増えてきているため、英語表現の基礎・応用についてもしっかり把握しましょう。

人事を使った英語例文1:人事異動

まず「人事異動」についてですが、これは英語表記する場合、「personnel change」、「personnel shift」、「reshuffle」、「staff reassignment」などと表記されます。

主に「配置を変える」や「編集する」、または「構成し直す」という意味合いの英語が使われるため、その「変更・編成」を基準に単語を探していけば近い表記になるでしょう。

人事を使った英語例文2:人事部

続いて「人事部」ですが、これを英語に表記し直す場合は「Human Resources Department」となり、これについては他の表記表はありません。企業によってはあえて他の英語表記を使っている場合もありますが、一般的には上記の英語表現が適切となります。

あらゆるビジネスタームの英語表記を考える場合、基本的には「公に使用されている英語表現」を覚えておけば問題ないでしょう。

人事を使った英語例文3:人事課

次に「人事課」という言葉の英語表記ですが、この場合も先述と同じく、基本的には「Human Resources Department」が使用されますが、この場合は別に「personnel section」という英語表記も使用されています。

「課」という言葉が「Department」でも「section」でもどちらでも通用するため、ビジネスタームとしてもこの2つの記載法をもって表現されます。

人事を使った英語例文4:人事担当

次に「人事担当」という言葉の英語表記ですが、この場合は主に「Human Resources」という英語で表現されます。ただしこの場合も他に「human resources」や「personnel organization」などと英語表記されることもあるので、一応念入りに調べましょう。

どちらの英語表記でも通用するという場合、いずれの英語表記も覚えておくことが大切で、イザという時の予備知識にしましょう。

人事を使った英語例文5:人事評価

次は「人事評価」ですが、この言葉を英語に直す場合は主に「personnel assessment」や「assessment」、また「estimation」や「valuation,」などの英語表記が使用されます。

この場合は「人事」という言葉よりも「評価」のほうに重点が置かれて英語表記されることが多いため、その「評価」という意味合いを示す英語を検索するとわかりやすいでしょう。

人事に関するビジネス英単語・例文4つ

さて先述では「人事」に関する基本的な英語表記についてご紹介してきましたが、ここからは「人事に関するビジネス英単語・例文4つ」と題し、人事に関するいろいろなビジネスタームを英語に置き換えた場合の記載法をご紹介していきます。

現代では国際社会・交流が盛んになってきており、特に外資系企業の到来も目覚ましく発展してきているため、外国人向けの英語表記もかなり多くなっています。この点にも留意しておきましょう。

人事に関するビジネス英単語1:recruitment

人事は英語で何ていうの?|人事を使った英語例文5選や人事に関する英単語
まず「recruitment」という英語表記ですが、これは「リクルートメント」と読み、その基本的な意味合いは「募集」となります。

・This company is in the process of recruiting.
「この会社ではリクルートを実施中です。」
・Recruitment for Participation
「参加者募集」


他にもありますが、基本的には「参加」や「募集」というテロップにより表現されます。

人事に関するビジネス英単語2:management

人事は英語で何ていうの?|人事を使った英語例文5選や人事に関する英単語
次に「management」ですが、これは読み方が「マネジメント」で、その意味合いにはかなり多くの使われ方があります。

・Please manage.
「どうかマネジメントをして下さい。」
・At present, capable management is necessary.
「現状では有能なマネジメントが必要です。」


マネジメントの場合は主に「管理」が基本になるため、その中心的な意味合いを踏まえて理解しましょう。

人事に関するビジネス英単語3:employee welfare

次に「employee welfare」という英語表記の意味ですが、これは直訳すると「従業員福祉」・社員福祉」となります。つまり、社員に向けられた福利厚生の意味合いを指しており、その中心的な意味合いでは「雇用関係における基本的な条件」を指しています。

・Please go to the welfare department.
「福利厚生課においで下さい。」

人事に関するビジネス英単語4:employment

次は「employment」ですが、これはビジネスタームでも基本中の基本の英語表現になり、その意味合いでもかなり多く使われています。

・We are not currently employment.
「現在は採用を行なっていません。」
・It is necessary to review the employment system.
「雇用制度の見直しが必要です。」

シチュエーションに合わせて使い方も変えよう

ビジネスターム・英単語というのは、基本的に「さまざまなビジネスシーンにおいて使い分けられるもの」としての認識が大切で、主にその仕事やビジネスタームに関連する英語が使用されていることを予備知識としてストックしておくことが大切になります。

日常的な動作や関連用語を英語に置き換える学習法もかなり効果的で、それを継続していくことによって、英語力アップにもつながっていくことでしょう。

電話

人事の仕事でもかなり頻繁に扱われる連絡交換ですが、その場合に「電話を使用すること」はさらに日常的な動作に含まれるでしょう。

この場合、電話を英語表記すると「phone」や「telephone」になりますが、ビジネスタームでは主に「call」や「calling」が使われることが多いため、その辺りの常用語のあり方にも留意しておきましょう。人事には必須の英単語になります。

メール

次に「メール」の英語表現ですが、これも先述の電話の場合と同じく、日常的にかなり頻繁に使われる英語表記・ビジネス英単語になります。これも人事では必須です。

一般的に「メール」は「Email」や「mail」、あるいは「letter」などと表記されますが、この他にも「epistle」や「note」、また「writings」と表記される場合もあります。いろいろな英語表記の仕方を覚えましょう。

社内文書

次に「社内文書」という言葉の英語表現ですが、これは基本的に「internal documents」という英語で表現されます。この場合、「internal」は「内部の」という意味合いになり、「documents」が「文書・公式書類」の意味合いになります。

他にも「document」、「writings」、「letter」、「archives」、「records」などの英語で表現されることもあります。

英語力のある人事の人におすすめな転職先

人事職をはじめ、英語力(語学力)が高い人におすすめされる転職先は実に多くあり、その中でも特に外資系企業、翻訳業、スチュワーデス、IT関連企業、パイロットなど、英語が必須とされる企業・職種も従来から見られています。

国際社会への兆しが益々大きく発展してきた現代においては、この英語力の有無が問われる企業が通常になっているため、あらかじめ英語力を高めるための工夫をしておくことが大切です。

総務

人事職でも関連性の高いこの総務職ですが、総務の仕事というのは基本的に「事務職全般の仕事を請け負う仕事」となるため、その職種において英語能力が求められる機会もかなり多くあります。

主にマネジメントの仕事やIT企業関連の仕事においては、総務職では「グローバル企業向けの職種」がかなり増えてきたため、そこで交渉技術を養うため・高めるために英語力が必須になることが多いです。

労務

労務においても最近ではかなり「英語力の高低」が求められるようになってきており、たとえば多くの転職サイト・エージェントを利用する場合でも、まず「英語力・他の外国語に関する語学力」が求められることがよくあります。

この場合も人事・総務職の場合と同じく、基本的に国際社会・グローバル向け企業の振興が盛んになっていることに起因し、そこで企業取引で多言語を使える人材確保を重要視する企業が増えてきています。

英語力を活かすおすすめの転職先

人事は英語で何ていうの?|人事を使った英語例文5選や人事に関する英単語
人事職・事務職においても英語力の高低が求められるようになっているため、英語力・多言語を扱える能力を自主的に伸ばそうとする人も、現代においてはかなり増えてきています。

せっかく覚えた英語ですから、その英語力を具体的に生かせる職種に就くことがお得というもので、そのための転職先を探す活動がやはり勧められます。

その場合、商社、IT企業、外資系企業、英会話など、英語が必須の企業を押さえておくと有利でしょう。

商社

総合商社の人事・事務に就く場合でも、最近では英語能力の高低が大きく問われる傾向が見られています。

これは主に、グローバル企業化が進んでいる日本の企業において、やはりマーケティング戦略、ビジネス規模拡大に向けて、国際発展を目指す企業が破格に増えていることに起因します。

転職時にはこの点に配慮しておき、少しでも有利に活動を進められるよう工夫しておきましょう。

IT企業

人事は英語で何ていうの?|人事を使った英語例文5選や人事に関する英単語
IT企業は従来こそ「パソコンスキルが高ければそれでOK」とされていましたが、このパソコンスキルを持っているのは当たり前となった現代において、さらに「語学力の向上」が頻繁に求められるようになりました。

国際発展するためにはやはり英語力・語学力を高めることが優先され、人事職においても英語を扱う機会が多いため、その場合に備えて語学力を伸ばしておくことが先決とされています。

英会話・塾講師

次に「英会話・塾講師」に就く場合ですが、これは英語教師になる場合はもちろんのこと、他にも国語、社会、数学など、多分野に渡る学術分野でも英語を使う機会が増えているため、やはり最低限の英語能力を備えておくことが望ましくなってきています。

主に教職に就く場合には、英語能力の高さは受験科目に組まれているのと同じく課題化されやすく、たとえば予備校の人事に就く場合でさえ英語力が問われる例が見られます。

英語力をあげてコミュニケーションを楽しもう

いかがでしたか。今回は「人事は英語で何ていうの?|人事を使った英語例文5選や人事に関する英単語」と題し、「人事で使われる英語表現・英語例文」をはじめ、さまざまなビジネスシーンで見られる英語表記などを詳細かつ簡潔にご紹介しました。

最近は事務職・人事職でも英語力の高低が問われ始め、他にも多くの職種で必須の課題となっているため、あらかじめ英語力を高める努力・工夫が必須となるでしょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related