Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月21日

イベントプロデューサーが携わるイベント15個|向いている人の特徴3つ

イベントプロデューサーが実際に携わるイベントを15個ご紹介していきます。イベントプロデューサーになりたい人は、まずはそれぞれのイベントでのイベントプロデューサーの役割を具体的に知りましょう。イベントプロデューサーに向いている人についてもご紹介します。

イベントプロデューサーが携わるイベント15個|向いている人の特徴3つ

イベントプロデューサーはフリーランスがいいかどうか判断が難しい

イベントプロデューサーが携わるイベント15個|向いている人の特徴3つ
イベントプロデューサーという仕事は、人々の生活を豊かにする娯楽を作り出す仕事です。しかしイベントプロデューサーはフリーランスになる時期などが難しい仕事なので、独立するのかなどを悩んでいる人が多いです。

イベントプロデューサーとして、自分の仕事を認められたかったり、名前をどんどん売り出したいという方はフリーランスになった方がチャンスは多くつかめるでしょう。安定を取りたければ雇われをおすすめします。

イベントプロデューサーが携わるイベント15個

イベントプロデューサーが携わるイベント15個|向いている人の特徴3つ
それでは、ここからは実際のところイベントプロデューサーが携わるイベントについてご紹介していきましょう。イベントプロデューサーが携わりやすいイベントを具体的に知って、発想力を鍛えていきましょう。

イベントプロデューサーはさまざまなジャンルに携わりますが、不得意なジャンルがあったら、自分の得意ジャンルを見つけてきわめて行くような自己プロデュースもおすすめです。ぜひご覧ください。

イベントプロデューサーが携わるイベント1:スポーツイベント

イベントプロデューサーが携わるイベント15個|向いている人の特徴3つ
スポーツは正々堂々と勝負をして、応援や参戦でおおいに盛り上がるので国民にとってたいへんな娯楽性のあるイベントだといえるでしょう。イベントプロデューサーは季節感や天候を考えつつ、全ての参加者たちがたのしめるように考えます。

イベントプロデューサーはスムースな実行のために、運営が何人必要か、キャパシティーなども考えます。近年、暑すぎる夏などの開催には慎重になるイベントプロデューサーもおおいです。

イベントプロデューサーが携わるイベント2:コンサート

コンサートはイベントプロデューサーにとって、かなり大きな仕事だと言えるでしょう。アーティストの魅力を最大限にアピールできるコンサートは、ファンにとっても大きなイベントです。

とどこおりなくイベントスケジュールが進むようにスタッフの選別・配置はもちろん、時間の管理などイベントプロデューサーのやる下準備は多いです。広範囲での作業になりますので、補佐を付ける必要があります。

イベントプロデューサーが携わるイベント3:ライブ

イベントプロデューサーが携わるイベント15個|向いている人の特徴3つ
ライブはファンも参加している一体感が強いイベントのため、イベントプロデューサーがけが人やもめごとなどのトラブルにも目を配らなくてはいけないイベントです。

イベントプロデューサーはイベントを企画することが主な仕事ですが、当日の運営をリアルに考慮しなくてはいけません。

たくさんのイベント現場を経験して、さまざまな事態に備えてスムースなイベントスケジュールを考えるといいでしょう。

イベントプロデューサーが携わるイベント4:ウエディングプラン

イベントプロデューサーが携わるイベント15個|向いている人の特徴3つ
ウェディングプランは専門的な知識と経験が必要なイベントとなっていますので、もしもウェディングの道に進みたければしっかりと学ぶことをおすすめいたします。

人生最大の「晴の日」ですから、気合いと思い入れがたくさんあるカップルばかりです。失礼のないようにマナーはもちろん風土に合わせたしきたりを学びましょう。イベントプロデューサーはさまざまな知識がないといけないということです。

イベントプロデューサーが携わるイベント5:フリーマーケット

フリーマーケットはさまざまな世代の人が気軽に低いコストで参加できるイベントなので、近年とても人気が高まっています。

イベントプロデューサーたちはただ購買意欲が高まるフリーマーケットではなく、売り物の知識を取り入れることができたりする新しいイベントとしてフリーマーケットを作っています。

フード屋台を作ったり、ただのショッピング以上の楽しみを演出しているイベントプロデューサーが増えています。

イベントプロデューサーが携わるイベント6:ブックフェア

ブックフェアは特定の作品の発売を記念して行なわれることもありますが、書店が独自に本を販売促進する目的でイベントプロデューサーに依頼するパターンもあります。

電子書籍化が進んでいる昨今、紙媒体の本の良さをあらためて感じられるようなイベントを開催するイベントプロデューサーも増えています。今まで当たり前にあった本の良さをさらに感じられるように、工夫しているイベントプロデューサーばかりです。

イベントプロデューサーが携わるイベント7:モーターショー

イベントプロデューサーが携わるイベント15個|向いている人の特徴3つ
モーターショーは多くの注目が集まるイベントなので、世界中のイベントプロデューサーがその手腕を問われています。イベント自体もたのしめるようにしなくてはいけませんし、モーターショーではモーターが魅力的にみえるような演出も必要です。

最新の、いまはまだ資料などしかないモーターたちを少しでもステキにみせるため、さまざまな照明や人員を空想してセッティングしなくてはいけません。

イベントプロデューサーが携わるイベント8:見本市

見本市もイベントプロデューサーにとってとてもむずかしいイベントの1つだと言えるでしょう。企業向けに用意された商品や企画を、魅力的に見せなくてはいけないからです。

見本市はイベントとしては世の中から注目されやすいので、メディアへの露出もあります。夕方のワイドショーなどに映った時に映えるようなイベントにすると良いでしょう。注目度が高いブースの配置などにも気を配らなくてはいけません。

イベントプロデューサーが携わるイベント9:セミナー

セミナーは生徒となる一般客だけではなく、プロの起業家や実業家を募ることもありますので、さまざまな人たちに満足してもらえるようにイベントの方針やテーマのボキャブラリーをたくさん備えておかなくてはいけません。

セミナーは、どのような講師陣を用意するかもとても重要です。しかし講師がよくてもセミナーの趣旨や集客アプローチが悪いと、講師陣の手腕が発揮されませんので、繊細な計画が必要です。

イベントプロデューサーが携わるイベント10:セレモニー・式典

イベントプロデューサーが携わるイベント15個|向いている人の特徴3つ
イベントプロデューサーにとって、セレモニーや式典を企画して運営していくということは大きな仕事です。セレモニーや式典となると、招待する一般客だけではなくて来賓や、ホストのスケジュール管理、会場設営などやることが多いです。

イベントプロデューサーは企画だけ行なえばいいわけではなくて、セレモニーをどのように印象にのこすのかなども重要な仕事です。大切な場面になる事が予想されますのでしっかり取り組みましょう。

イベントプロデューサーが携わるイベント11:映画完成イベント

映画完成イベントは、近年さまざまなプロデュースをされています。街をジャックしたり、主題歌を担当するアーティストのライブを行なったり、またゲリラ的な方法を取られることもあります。

一般的には、映画館で主演俳優たちがそろって鑑賞前後にトークショーを行なったり、非売品のグッズを配って販売促進活動を行ったりします。限られた時間の中で少しでも映画の宣伝を効果的に行なう方法を考えましょう。

イベントプロデューサーが携わるイベント12:宝飾展

イベントプロデューサーが携わるイベント15個|向いている人の特徴3つ
宝飾展は、顧客層が高くて客の利用単価も高いため、ついつい慎重になってしまいがちなイベントです。顧客層が高いと、斬新な手法は受け入れられないことも安易にイメージできますので、チャレンジすることがむずかしいでしょう。

しかし、宝飾品のイメージはそのままに、プロジェクションマッピングなどの最新技術を取り入れる事によって低予算で華やかなイベントを開催することができるでしょう。

イベントプロデューサーが携わるイベント13:フードイベント

季節の変わり目に行なわれるフードイベントは、かなり人気がたかくて全国からファンや美食家たちがこぞって集まってきます。単価が高くてもたくさん購入してくれるお客さまが多いので、会場設営などに費用が回しやすかったり、大掛かりな宣伝アピールをすることもできます。

衛生面やトイレ、喫煙所などの細やかな部分に神経を向けることが、イベントを充実させてリピーターを増やすためにできることです。

イベントプロデューサーが携わるイベント14:お見合いパーティー

イベントプロデューサーが携わるイベント15個|向いている人の特徴3つ
「婚活」と称してお見合いパーティーを利用する人々が増えています。お見合いパーティーというと堅苦しいイメージをもたれていましたが、アプリの発展やさまざまなイベントプロデューサーの試みで、お見合いパーティーがカジュアルで楽しい出会いの場になっています。

ゲーム感覚でお互いを知れたり、気軽に質問ができるシステムは人気がたかく、お見合いパーティーのための旅行なども企画されています。

イベントプロデューサーが携わるイベント15:キャラクターショー

キャラクターショーは小さな子供だけではなく、その親やキャラクターが大好きな大人たちにも人気がたかいイベントです。ハウスメーカーや遊園地などのキャラクターショーが一般的です。

しかし近年では小規模スーパーや温泉スパリゾートなどでも開催されていますので、さまざまな場所でキャラクターショーを見ることができます。気軽に足をはこぶことができる場所ばかりなので、ぜひ参考にしましょう。

イベントプロデューサーに向いている人の特徴3つ

イベントプロデューサーが携わるイベント15個|向いている人の特徴3つ
いったいどのような人がイベントプロデューサーに向いているのでしょうか。実はいくつかイベントプロデューサーに向いていると言える人がいます。

イベントプロデューサーを目指している方はぜひこれからご紹介します、イベントプロデューサーに向いている人の特徴を知って、近づけるようにしてみてください。どれもけして難しいことではありませんので、気軽に読んでみましょう。

イベントプロデューサーに向いている人の特徴1:賑やかな雰囲気が好きな人

イベントはそれぞれ参加する人たちが心から楽しんで、にぎわう場所です。賑やかな雰囲気が好きな人は、それだけでイベントプロデューサーに向いているといえるでしょう。

イベントプロデューサーはイベントを、にぎわわせなくてはいけません。イベントを商品として考えた時に、にぎわっていないということは人気がないということです。イベントプロデューサーはどうしたら賑わうのか、を考えられると向いています。

イベントプロデューサーに向いている人の特徴2:お客さんに楽しんでもらいたい人

お客さまに楽しんでもらいたいと考えられる人がイベントプロデューサーに向いています。

接客を直接する機会は少ないイベントプロデューサーですが、イベント自体でおもてなしをしてお客さまたちに楽しんでもらおうという考え方ができなくては、イベントプロデューサーには向いていません。

積極的にお客さまに楽しんでもらえるような仕掛けを考えましょう。人気のイベントプロデューサーになれます。

イベントプロデューサーに向いている人の特徴3:自分自身も楽しみたい人

やはり自分自身が楽しいと自信を持って言えるイベントが作れる人でないと、イベントプロデューサーには向いていません。自分自身もファンの1人として楽しもう、という考え方で、お客さまの目線に立ってイベント内容を考えられると良いでしょう。

ぜひたくさんのイベントに参加して、楽しめたイベントの共通点を見つけて勉強しましょう。

イベントプロデューサーとして活躍しましょう

イベントプロデューサーが携わるイベント15個|向いている人の特徴3つ
イベントプロデューサーとして活躍する人々は、クリエイティブなイマジネーションのなかにいつだって楽しさを見出しています。子供心と大人の遊びをしっかりと捉えて、自分にしかできないイベントを考えましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related