Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月28日

アパレル商社の仕事の内容14個|アパレル商社に向いている人の条件4つ

アパレル業界は、ファッションが好きな人にとっては憧れの業界です。アパレル商社では、常に流行を先読みし、商品を世の中へ発信しています。アパレル商社ではどのような仕事をしているのでしょうか。また、どのような人材が向いているのでしょうか。

アパレル商社の仕事の内容14個|アパレル商社に向いている人の条件4つ

アパレル商社とは何か

アパレル商社の仕事の内容14個|アパレル商社に向いている人の条件4つ
アパレル商社とは、ファッション用品を販売するためのプロセスを築く仕事です。マーケティングや流通企画、イベント展開を行いなどを行います。日本だけでなく海外に出向いて生地や商品の買い付けをしたり、製造に携わったりする機会もあります。

アパレル商社は、アパレルメーカーから仕入れた商品を各小売店に売り込むためのプレゼンテーションも担当します。

アパレル商社の仕事の内容14個

アパレル商社の仕事の内容14個|アパレル商社に向いている人の条件4つ
アパレル業界で仕事をするのは、ファッションが好きな人にとっては憧れの業界です。アパレル商社の仕事は多岐に渡り、さまざまな人と関わって仕事をしていきます。「商社」とつくため、アパレル商社で働く人は商社マンとなります。

アパレル商社の仕事内容には、どのようなものがあるのでしょうか。単に洋服を作ることがアパレル商社の仕事ではありません。アパレル商社の仕事内容をご紹介します。

アパレル商社の仕事の内容1:ファッションの企画

まずはファッションの企画です。過去から現在までの流行データを基にして、これからどのようなものが流行るのか、どのようなものが求められているのかというトレンドを予測し、商品作りを行っていきます。

ファッションデザインをはじめ、それに使う素材や型の選択、製造計画案などを決めていきます。企画段階で、販売利益の予測などの具体的な数値もデータとして作っていきます。

アパレル商社の仕事の内容2:今後のトレンドの予測

アパレル商社の仕事の内容14個|アパレル商社に向いている人の条件4つ
次に、今後のトレンドの予測です。ファッションの企画段階で、過去から現在までの流行データを基にして、これからどのようなものが流行るのか、どのようなものが求められているのかという予測を立てていきます。

「いま何が売れるのか」や「次に何が流行るのか」というのは非常にビジネス面を重視しなければいけない仕事です。会社としては利益の作れる商品を作らなければいけないので、非常に重要な作業と言えます。

アパレル商社の仕事の内容3:生地や型の選択

アパレル商社の仕事の内容14個|アパレル商社に向いている人の条件4つ
生地や型の選択も大事な仕事です。販売するシーズンにあった生地の選択、魅惑的な型を選択しなければいけません。冬に薄い生地の服は必要ありませんし、夏にボアやニット生地は暑く感じてしまいます。

ファッションの型は、そのシーズンの流行を作るきっかけとなります。過去の流行を基にするのもいいですし、新しい斬新なアイディアを生み出しても良いです。製法は下請けの会社がやることが多いですが、商社はひらめきが必要です。

アパレル商社の仕事の内容4:製造過程における計画の立案

アパレル商社の仕事の内容14個|アパレル商社に向いている人の条件4つ
製造過程における計画の立案は、クリエイティブな仕事をするためには必要不可欠なことです。その計画を基にして、さまざまな人に仕事を発注し、商品を作り上げていきます。

もちろん全て計画どおりに事が運べば問題はありませんが、スケジュールの遅れやトラブルは予測ができません。アパレル商社は発注元となるので、その都度スケジュールの練り直しをしたり、調整をすることが必要となり、コミュニケーションが必要です。

アパレル商社の仕事の内容5:生地や商品の買い付け

商品企画をした先に決定した素材や記事を買い付けるのもアパレル商社の仕事です。取引先のニーズを基にして買い付けをし、予算を元に買い付けをします。

日本国内にとどまらず、必要であれば海外での買い付けも行います。現地での仕入れをするときには、価格交渉もアパレル商社の仕事の一つです。そのため、アパレル商社で働くには海外でも通用できるコミュニケーション能力の高さが求められます。

アパレル商社の仕事の内容6:仕入れ時の価格交渉

アパレル商社の仕事の内容14個|アパレル商社に向いている人の条件4つ
先ほどご紹介しましたが、海外などで仕入れを行う際の価格交渉もアパレル商社の仕事の一つです。特に生地などの繊維物に関しては海外の方が安価なため、仕入れはほとんど海外で行なっています。

日本の繊維業界全体はやや落ちつつありますが、化学繊維の技術が発達してきています。しかし、海外の中でも中国の繊維は特に安く、どのアパレルブランドも中国の繊維に注目しています。安くて性能の良い生地が中国には多いです。

アパレル商社の仕事の内容7:イベントの開催

アパレル商社の仕事の内容14個|アパレル商社に向いている人の条件4つ
企画してでき上がった商品の販売促進をするために、アパレル商社はイベントの企画、運営をします。今期はこのような商品を製作したという商品をお披露目する場所です。

このようなファッションイベントでは、他社の営業職やバイヤーなどが顧客と関われる機会でもあり、プレゼンテーションをすることもあります。自信を持って作り上げた商品をさまざまな人へプレゼンし、確実に売上にしていきます。

アパレル商社の仕事の内容8:コンベンションの開催

コンベンションとは、人や情報、知識や物などの交流の場所、集りのことを指します。大規模な会議という意味がありますが、アパレル商社のコンベンションには、展示会や見本市という意味の方が強いでしょう。

アパレル商社が開くコンベンションは新規顧客の獲得だけではなく、情報交換の場としても貴重な物です。新しいものを作るには情報交換がとても重要になります。イベントやコンベンションを開くことは大切です。

アパレル商社の仕事の内容9:プレゼンテーション

アパレル商社の仕事の内容14個|アパレル商社に向いている人の条件4つ
アパレル商社などのクリエイティブな仕事をしていくには、プレゼンテーション能力が物を言います。自分の会社は今期このような商品を作りましたというプレゼンテーションが、次の流行を作っていく鍵となります。

自身の会社が開いたイベントやコンベンションのなかで、作った商品をプレゼンしていきます。プレゼンしなければアピールすることもできませんし、商品を売ることができないでしょう。ここは商社マンとしての見せ所と言えます。

アパレル商社の仕事の内容10:流行を作り出す

アパレル商社は、流行を作り出すのが仕事です。企画会議の段階で過去の流行を踏まえ、これからを見据え多商品開発をしていきます。新しい商品のアイディアを出し、流行を作り出せるのはアパレル商社ならではです。

有名人が着用しているものが流行になったり、エッジの効いた物が売れたり、その時の流行というのは予測がつかないことが多いです。何が流行になるかはわからないため、常に色々な場所へアンテナを張ることが必要です。

アパレル商社の仕事の内容11:未踏の地を開拓する

新しい流行を作れるのがアパレル商社で働くことの醍醐味ですが、新しい流行を作り出すには新しいアイディアを生み出し続けます。ファッション業界は常に刺激にあふれています。新しく斬新なアイディアをどのようにして作り上げていくかを考えるのも仕事の一つです。

アパレル商社では海外との関わりを持つこともあり、海外の流行の流れから新しいインスピレーションを受けることが多々あります。

アパレル商社の仕事の内容12:ブランドを発掘する

アパレル商社の仕事の内容14個|アパレル商社に向いている人の条件4つ
アパレル商社の仕事は非常にグローバルです。世界中に眠っているさまざまなブランドを発掘し、トレンドとして日本に広げていきたいと考え、アパレル商社に入社する人も多くいます。

国が違えば発想のもとも違うので、常に新しいものを生み出し続けるアパレル商社は、インスピレーションのもとが必要です。

国や人種が違えば、生まれてくるアイディアは違います。このブランドのここが面白いという発見ができる目が必要です。

アパレル商社の仕事の内容13:仕入れた商品の売り込み

完成した商品をイベントやコンベンションで売り出すのはアパレル商社の仕事です。商品の説明をするだけではなく、販売実績や売上の見込、需要の予測データなど、さまざまな数値を具体的に使ってプレゼンテーションをします。

プレゼンテーション能力は、アパレル商社で働く上で必要なスキルです。自信を持って作った商品を売り込むためには、さまざまな予測を立てていきます。

アパレル商社の仕事の内容14:受け渡し

商品ができあがったら、商品を受け渡していきます。受け渡しとは、取引先に対する代金回収、配送手配などを中心とする、事務的な業務です。こちらでの業務では、一連の流通の流れを把握できるようになっています。

企画で上がったアイディアが形となり、店頭へと流れていきます。実際に販売した上でまた数値データを取り、今後の流行の傾向などのデータを作っていきます。こうして、また新しい商品を作り上げていきます。

アパレル商社に向いている人の条件4つ

アパレル商社の仕事の内容14個|アパレル商社に向いている人の条件4つ

アパレル商社に向いている人の条件1:洋服に関する知識がある

まず大切なのは、洋服に関する知識があることです。洋服やファッションが好きでアパレル商社に入社する人がほとんどですが、入社して一から勉強するよりは、最初からある程度洋服に関する知識が必要です。

部位の名称や製法のやり方、ブランディングの方法など、洋服やそれに付随する知識がたくさんあります。アパレル商社は商社マンという扱いにはなりますが、ファッションに関する知識がとても重要です。

アパレル商社に向いている人の条件2:情報収集能力が高い

次に情報取集力の高さが求められます。アパレル商社に入るということは、商社マンになるということです。自分の会社が作った商品をどのようにして売っていくか、また、時代のニーズを捉えるためにはどうしていくかという情報収集能力が必要となります。

企画会議をする際に、過去の流行から今までをみていくこととなります。情報は多い方がいいです。常にさまざまな場所へアンテナを張ることが必要です。

アパレル商社に向いている人の条件3:チャレンジ精神が旺盛

新しいものを作っていくには、チャレンジ精神が必要です。新しいものに果敢に挑戦し、生まれたアイディアを作り上げていきます。アパレル商社に勤めるならば、チャレンジ精神が必要です。

新しい何かを始める時、不安を感じたり尻込みをしてしまうのは当然です。しかし、安定を求めていては新しい流行は作れないでしょう。チャレンジ精神が旺盛な方が、アパレル商社マンに向いていると言えます。

アパレル商社に向いている人の条件4:コミュニケーションスキルが高い

アパレル商社は仕事の発注元になるので、仕事をする上でさまざまな人と関わっていきます。さまざまな人と関わって仕事をする上で、コミュニケーションスキルが高い方が良いでしょう。アパレル業界は横のつながりが非常に大切なので、より仕事がやりやすくなります。

また、原料の買い付けなどで海外へ行ったり、取引先に外国人がいることも考えられます。外国人は日本よりもコミュニケーション能力が高いので、慣れが必要です。

アパレル商社の仕事の内容を一通り把握しましょう

アパレル商社の仕事の内容14個|アパレル商社に向いている人の条件4つ
ファッション業界で仕事をすることを夢見ている人は数多くいます。アパレル商社と聞いても仕事の内容がピンとこない人も多くいるでしょう、しかし常に新しいアイディアを模索しながら流行を作っていく、非常に素晴らしい仕事です。

ファッションが好き、新しい流行を自分で作りたいという人にアパレル商社はオススメの就職先です。主体的に行動でき、またコミュニケーション能力の高い人は、積極的に調べてみると良いでしょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related