Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月16日

特許事務の仕事の内容14個|特許事務の仕事に求められる要素4つ

特許事務所の仕事は、特許制度に基づく事務仕事がメインです。特許事務所は、小規模な会社から大企業までさまざまあります。働く会社の規模によって仕事内容も変わってきます。特許事務所の仕事内容と求められる要素を調べてみましょう。

特許事務の仕事の内容14個|特許事務の仕事に求められる要素4つ

特許事務の仕事をしている人は女性がほとんどである

特許事務の仕事の内容14個|特許事務の仕事に求められる要素4つ
特許事務所は女性が働きやすい環境なため女性事務員が多い業界です。女性弁理士の割合は少ないですが、男社会と言った雰囲気はありません。事務所によっては産休や育休が取得しやすい環境であるため、結婚後も仕事を続けたい女性が選んでいます。

ライフステージに合わせた仕事をしたい人は、できるだけ大手の特許事務所を選ぶことがポイントです。人数に余裕のある会社ほど育休などが取得しやすいです。

特許事務の仕事の内容15個

特許事務の仕事の内容14個|特許事務の仕事に求められる要素4つ
特許事務所の仕事は、特許制度を基本とした内容になります。主な仕事は、特許出願手続きで非常に幅が広いです。専門性が高い仕事ですが、7割は未経験からスタートしている職業です。

特許事務所で3~5年経験を積んで、専門職のスキルを身に付け一人前の特許事務員になれます。特許事務の仕事内容は事務所によって大きく違うため、どのような仕事があるか事前にチェックしましょう。

特許事務の仕事の内容1:電話対応

特許事務の仕事の内容14個|特許事務の仕事に求められる要素4つ
特許事務所の仕事では掛かってきた電話を受けます。特許事務所と言っても、一般的な事務作業と同じ内容の仕事になりますから、未経験からスタートすると電話対応の仕事を任されます。

特許事務所では外国籍の人から連絡が来る場合があります。簡単な英会話ができると仕事がスムーズになるでしょう。

特許事務の仕事の内容2:受付対応

特許事務所の仕事には受付対応があります。事務所の入り口近い所に座り、作業をしながら来客の対応もします。特許事務所には外国籍の人も訪ねてくる時があります。簡単な英会話ができると、担当の人に取り次ぎやすいです。

訪ねてきた来客を応接室に案内をして、飲み物を出します。お茶の入れ方や出し方など、基本的なマナーを学んでおくと役立ちます。来客に対して笑顔で感じよく接する対応力も必要でしょう。

特許事務の仕事の内容3:レター等の受送信

特許事務所で顧客や外国の代理人と情報をやり取りします。最近はメールが多くなりましたが、まだまだレターの送受信作業があります。取り扱うレターには、著名書類、証明書類、証拠物件などさまざまです。

一般的なレターは郵送やメールですが、DHLなどの国際宅配便を取り扱う事もあります。メールの送受信は、弁理士や特許技術者が扱うことが多く、事務員は郵便物を振り分ける仕事になります。

特許事務の仕事の内容4:国内顧客向けレター作成

特許事務所では、特許の出願を完了したら報告書を送ります。国内の顧客に向けた報告用レターは定型文を使って事務員が作成します。いくつかの定型文が用意されていますから、最適な文章を選んで作成する事になります。

この仕事は、ある程度の経験が必要ですから特許事務所で数年働くとできる仕事です。レターの中には、特許庁から拒絶された報告書も含まれます。このようなレターは、専門的な判断が必要になります。

特許事務の仕事の内容5:外国代理人・外国顧客向けレター作成

特許事務所は国際色豊かですから、英語が得意な人が求められています。ある程度実務経験を積むと外国向けの英文レターを作成する仕事が与えられます。一般的に、韓国、中国、台湾の代理人とは日本語で行われます。

顧客の中には発展途上国もあり、期限を守らないケースも多くあります。期限が守られない時は、督促状を送り期限を設定する作業があります。重要なレターになるほど、弁理士が作成するでしょう。

特許事務の仕事の内容6:特許庁へのオンライン手続

特許事務の仕事の内容14個|特許事務の仕事に求められる要素4つ
最近では特許庁への手続きはインターネットを使って行われることが多くなりました。専用の出願ソフトを利用して手続きを行う仕事があります。弁理士や特許技術者が確認した書類をもとに、オンライン申請を行います。

手順どおりに進められる仕事で、もし間違いがある時はエラー表示される仕組みになっています。ある程度の特許法の知識や書式を理解していると、急ぎの書類作成も速やかにできます。

特許事務の仕事の内容7:期限管理

特許事務の仕事の内容14個|特許事務の仕事に求められる要素4つ
特許事務所の仕事で最も重要とされている期限管理です。特許を取得したい人は、特許事務所に期限管理を任せる傾向にあります。

もし期限が失効してしまうと最悪の場合、権利が失効してしまう事があります。そのような場合は、損害賠償を求められる事もあるので期限管理は重要な仕事です。

期限チェックは何度も行い、最終的に弁理士がチェックします。繰り返しチェックをして間違いの無いようにしましょう。

特許事務の仕事の内容8:事件袋作成

特許事務所では出願の依頼を受けると事件袋を作成します。依頼書は、権利化されるか拒否が確定するまっで事件袋に入れて管理します。事務所によってはデータ化して管理する所もありますが、紙の方が扱いやすいこともあり事件袋を使用している事務所がまだまだあります。

事件袋はしっかり管理して、紛失する事無いように扱いましょう。

特許事務の仕事の内容9:データ記入

特許事務所の中には事件袋をデータ化していることがあります。その場合、特許事務所をはじめて利用する顧客の情報をデータ入力する仕事があります。入力したデータを基に出願公開や審査請求を入力していきます。

審査に通過しない時は、拒絶された理由も書き込んでおきます。誰が見てもわかりやすいように、事件に動きがある度にデータを記入していきます。パソコンを使う事務所だと、ある程度のパソコンスキルも必要になる仕事です。

特許事務の仕事の内容10:誤記チェック

特許事務の仕事の内容14個|特許事務の仕事に求められる要素4つ
特許事務所では弁理士が特許明細書や意見書などを作成した後に、誤りが無いか確認する仕事があります。この作業は実務経験が浅くてもできる仕事ですから、早い段階で任されるケースもあるでしょう。

誤記チェックは権利範囲や権利解釈に影響を及ばさないように確認をする仕事です。几帳面な性格やベテランに向いている仕事内容でしょう。細かな作業になるため、集中力も求められます。

特許事務の仕事の内容11:給与計算

特許事務所の仕事には給与計算も含まれます。給与計算は社員や契約社員の給料を毎月計算します。大手の特許事務所ですとデータ管理していますが、少人数の事務所は項目ごとに計算する事になります。

支給額には基本給や残業代、通勤手当や各種手当があります。控除項目の社会保険料や、雇用保険料などを差し引いて支給する事になります。過去に経理の経験がある場合や、簿記資格を所有していると有利でしょう。

特許事務の仕事の内容12:経費計算

経費の計算は社員が営業活動に必要な費用を計算する仕事です。交通費や出張費、交際費などを経費と言い、立て替え払いしている社員は領収書などを提出する事で会社から支払われます。

特許事務所によっては経費の計算も仕事になります。経費を精算する時は、領収書や清算書の内容に問題が無いか確認をします。正しい内容なら社員へ支払いをします。受け取った領収書は、帳簿や会計ソフトをを使って勘定科目を判断して記入します。

特許事務の仕事の内容13:採用業務

採用業務とは主に人事の仕事です。特許事務所にとって採用業務は重要な仕事となります。採用業務では計画を立てて求人広告を出します。その後、会社説明会や面接、内定まで行い、最終的に内定者のフォローをして完了します。

人選は会社の将来を左右するので、慎重に決定する事になります。特に優秀な人材はいち早く確保する必要があります。新人採用シーズンになると多忙を極める仕事です。

特許事務の仕事の内容14:社会保険の手続き

社会保険の手続き業務は特許事務所の経理が行う仕事です。会社は社員を各種社会保険へ加入させる義務があります。毎月、給与から差し引かれる健康保険や厚生年金保険、雇用保険などが該当します。

社会保険事務の担当になるとこれらの資格取得や喪失、毎月の算定業務を行います。給与計算と関連性が高いため、経理の仕事として割り当てられる事が多いです。社会保険の手続きは制度の内容を理解している事が条件となります。

特許事務の仕事に求められる要素4つ

特許事務の仕事の内容14個|特許事務の仕事に求められる要素4つ
特許事務所の仕事は未経験からでも始められます。他の業界で事務経験がある人なら、チャレンジしてみる価値はあります。働く前には、ある程度の特許の流れや基本事項を頭に入れておくと良いでしょう。

専門的な知識は実際に働きながら学ぶことになりますが、就職で有利になる要素があります。しっかり押さえて未経験でも特許事務所の仕事をしてみましょう。

特許事務の仕事に求められる要素1:英語ができる

特許事務の仕事の内容14個|特許事務の仕事に求められる要素4つ
特許事務所によっては国際部と国内部に分かれて、海外との取引を積極的に行っている所もあります。国際部で働くと海外から日本で特許を取得したいと言った問い合わせがあります。また、日本のクライアントから海外で特許を申請したいと言う注文もあり、英語力が必要になります。

特許事務所の求人では、英語能力を求めている事が多く、読み書き程度の英語力は必要になります。事務所によっては、電話の取次ぎで英会話が必要なケースもあります。

特許事務の仕事に求められる要素2:几帳面である

特許事務の仕事の内容14個|特許事務の仕事に求められる要素4つ
特許事務所での仕事は細かい事務作業がメインです。超几帳面と言われる位の性格が特許事務所には向いています。事務所で働く人たちは、業務に集中しているため事務所内は静まり返っています。間違いが許されない仕事が多いですから、集中力も求められます。

また、法律を基準にした仕事内容ですから、法改正された時は迅速に対応できる能力も必要です。細かい仕事を的確に作業できる几帳面な人が向いています。

特許事務の仕事に求められる要素3:社交的である

特許事務の仕事の内容14個|特許事務の仕事に求められる要素4つ
特許事務所の仕事ではコミュニケーション能力が問われます。クライアントとの打ち合わせやクライアントから案件をもらうための営業、社内のチームワークなど、コミュニケーションが求められる場面が多くあります。

ひとりで黙々と作業をする仕事内容ではありませんから、社交的な人が向いています。しっかりとしたコミュニケーションが取れる事で評価も上がります。特許事務所に就職するなら、社交的な人のほうが有利でしょう。

特許事務の仕事に求められる要素4:向学心を持っている

特許事務所の求人では向学心のある人が求められています。特許の現場では常に新しい技術や商品を取り扱います。常に勉強していく必要があり、自分の知らなかった知識に対する興味も重要です。

特許事務所によっては未経験でも向学心があれば評価されるケースもあります。常に向学心をもって特許事務所の一員として働いていきましょう。

特許事務の仕事の内容を一通り把握しましょう

特許事務の仕事の内容14個|特許事務の仕事に求められる要素4つ
特許事務所の仕事は多くの種類がありました。会社の規模によって任される仕事もさまざまです。数人程度の従業員しかいない特許事務所では、いくつかの仕事を兼任する事もあるでしょう。

未経験でスタートする人は、過去の経歴を活かして特許事務所に入ると有利に仕事ができます。まずは、特許事務所でどのような仕事をしたいのか見極めて就職をしましょう。几帳面で丁寧な仕事ができる人ほど活躍できるでしょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related