Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月27日

製薬会社のMRとして活躍する秘訣14個|製薬会社のMRが激務な理由4つ

製薬会社のMRとはどのような仕事をするかご存知でしょうか。初めて聞いたという人のために、製薬会社のMRとは何か、そして、活躍する秘訣を14個ご紹介します。さらに、MRがなぜ激務と言われるのか理由についてもお伝えしますので、就職する際の参考にしてみてください。

製薬会社のMRとして活躍する秘訣14個|製薬会社のMRが激務な理由4つ

製薬会社のMRとは何か

製薬会社のMRとして活躍する秘訣14個|製薬会社のMRが激務な理由4つ
製薬会社のMRとは、医薬情報担当者のことをいいます。仕事内容は、病院で働く医師、薬剤師に製薬会社で開発された薬や販売している薬について情報を提供しています。

営業的なことはせず、薬の有効性や安全性について伝え、薬の品質の良さ、情報を説明するのが仕事です。

いかに病院に通院してくる患者や入院している患者の治療に役立ち、最適な処方薬となるのか、自社の薬を医療従事者に選んでもらうことが仕事となります。

製薬会社のMRとして活躍する秘訣14個

製薬会社のMRとして活躍する秘訣14個|製薬会社のMRが激務な理由4つ
一人でも多くの医療従事者に自社製品の良さを知ってもらい、使ってもらおうと病院に行って説明します。製薬会社のMRの仕事によって、薬が売れます。そんな製薬会社のMRとして活躍する秘訣とは一体何なのか14個ご紹介します。

製薬会社のMRとして活躍する秘訣1:常に医師のスケジュールを考える

製薬会社のMRとして活躍する秘訣14個|製薬会社のMRが激務な理由4つ
製薬会社のMRとして活躍する秘訣は、常に医師のスケジュールを考えることが大切なことです。医師のスケジュールを考えて行動をすることで、話を聞くことを拒否され難くなります。

医師が休憩時間であれば自社製品の薬について話を聞いてもいいと感じますから、薬の情報もゆっくり話せるでしょう。

医師の方としても、余裕のある日時にきてくれる製薬会社のMRはどこか信頼感もあり、薬を選んであげようとの気持ちになります。

製薬会社のMRとして活躍する秘訣2:常に医師が欲しているものを探る

製薬会社のMRとして活躍する秘訣14個|製薬会社のMRが激務な理由4つ
常に医師が探しているものを探ることが、製薬会社のMRとして活躍する秘訣となります。

医師がこの患者には効き目が強く、飲みやすい薬を処方したいと考えている情報を周囲から聞き、求めている薬を持って情報を説明すれば受け入れてくれるでしょう。

また、通院患者は高齢だから刺激が弱い薬が欲しいと考えています。ロビーで待つ患者でチェックして探ることができれば、医師からも頼りにされ、話を聞いてもらえるようになります。

製薬会社のMRとして活躍する秘訣3:相手の情報を上手く引き出す

相手の情報を上手く引き出すことが製薬会社のMRとして活躍できるでしょう。

医師は今度どのような手術をしてどの薬を患者に処方するのかをさりげなく会話をし、引き出すことができれば製薬会社の薬でどれを勧めれば話を聞いてくれるかわかります。

いろいろな製薬会社の薬がある中で、相手がこんな薬に興味があると考えているものを選ぶことができる製薬会社のMRは信用と安心感を与えますので、話を聞いてくれるでしょう。

製薬会社のMRとして活躍する秘訣4:直接関係ない人にもアプローチする

製薬会社のMRとして活躍する秘訣は、直接関係ない人もアプローチすることが大切です。

薬を直接的に使う医師でなくても、周囲にいる看護師に薬の情報を説明し、興味を持ってもらえれば、医師にこんな薬があるから使ってはと勧めるでしょう。

また、内科の医師に説明したい薬の情報であっても、皮膚科の医師の看護師にアプローチをすることでその看護師から内科の看護師に情報が伝わり、医師にいい薬があると伝わります。

製薬会社のMRとして活躍する秘訣5:医師の誘いは断らない

製薬会社のMRとして活躍する秘訣14個|製薬会社のMRが激務な理由4つ
医師の誘いは断らないことが製薬会社のMRとして活躍できる秘訣となります。

仕事で忙しい、体調が悪くて医師の誘いを断り、不快な気持ちにさせてしまえば二度と会ってもらえなくなってしまうでしょう。医師に自社の薬の情報を説明するには仲良くなり、話を聞いてくれる時間を作ってもらうことが大切です。

ですから、医師がご飯を食べに行こうと誘ってきたら時間を作り、快く誘いに応じるのが話を聞いてくれる秘訣となります。

製薬会社のMRとして活躍する秘訣6:最低限の学術知識は理解しておく

最低限の学術知識は理解しておけば製薬会社のMRとして活躍できます。医師としては、病気についての知識も学び、薬を勧められるMRを選びたいと考えることが多いでしょう。

薬の説明書を読んだだけで使い方や効き目を説明するのは簡単ですが、いまいち医師が納得するような説明ができないでしょう。

ですが、しっかり成分について、原料についての知識を学んで説明した方が医師は信頼をおくようになり、話を聞くようになります。

製薬会社のMRとして活躍する秘訣7:常に高いモチベーションを維持する

自社の薬の話を医療従事者に快く聞いてもらうには、常に高いモチベーションを維持することが製薬会社のMRとして大切なことです。

いつも暗く、落ち込んだテンションでは表情も暗く、話し方も楽しい感じがしないMRから話を聞きたいとはならないでしょう。

ですが、いつも前向きで明るく、行動的なモチベーションの高いMRなら医師も楽しく話が聞けそうですし、薬にも興味がわきますので話を聞き入れてくれます。

製薬会社のMRとして活躍する秘訣8:MRという仕事を楽しむ

製薬会社のMRとして活躍する秘訣14個|製薬会社のMRが激務な理由4つ
とにかく仕事が好き、やりがいがあるから頑張れると、製薬会社のMRという仕事を楽しむことで活躍できます。

時間も体力も使う仕事ですが、医師が薬に興味を持ってくれた時の達成感を楽しむことで、製薬会社のMRとして活躍できます。

また、新しい薬が出た時は、どのように説明して多くの医療従事者の気持ちを掴んで興味を持ってもらうかを考えるのも仕事で活躍する秘訣です。

製薬会社のMRとして活躍する秘訣9:オンオフを上手く切り替える

製薬会社のMRとして活躍する秘訣14個|製薬会社のMRが激務な理由4つ
上手くオンとオフを切り替えることで、ストレスが溜まり易い製薬会社のMR職で活躍できるでしょう。

何度も病院へ行っても医師に薬の情報を伝えずに返されると、精神的にも落ち込み、仕事をする気力を失うことがあります。

ですが、オフの日は仕事のことを考えないようにして、自分の好きな趣味をする、リゾートに行ってストレスを発散するなどして、上手く気持ちを切り替えることで仕事に前向きに取り掛かれるようになるでしょう。

製薬会社のMRとして活躍する秘訣10:まずは特定の医師の信頼を得る

製薬会社のMRとして活躍する秘訣14個|製薬会社のMRが激務な理由4つ
まずは、特定の医師の信頼を得ることで製薬会社に勤めたばかりのMRでも活躍できます。まだ製薬会社のMRとして経験が浅いのに、手当たり次第に医師へアプローチしても相手にしてくれないでしょう。

ですが、相手にしてくれそうと感じる特定の医師を探し、根気よくアプローチしていくことが大切です。

そして、何度も足しげく通うMRは根気とやる気が見えますので、経験が少ないMRでも話を聞く気持ちになってくれるでしょう。

製薬会社のMRとして活躍する秘訣11:フィードバックを開発者に伝える

現場の医療担当者から得たフィードバックを開発者に伝えてよりいい医薬品作りに貢献することが、製薬会社のMRとして活躍する秘訣となります。病院などの医療現場と製薬会社を繋げる架け橋的な役割を担うのがMRとして活躍する秘訣です。

自社の医薬品で治療している医師従事者から使ってみた感想を聞き、どの点を見直して、改善した方がいいか聞いた内容を自社の開発部門へと伝えて、今後の開発に役立てる情報を与えるでしょう。

製薬会社のMRとして活躍する秘訣12:研究心と向上心を持つ

製薬会社のMRとして活躍する秘訣14個|製薬会社のMRが激務な理由4つ
医薬品の説明をよく読み、研究心と向上心を持つことが製薬会社のMRとして活躍する秘訣となります。

研究心を養うことで、医療者に対して医薬品の情報を確実に伝えることができますし、どの成分が入っている薬を使えば患者が救われるのか提案するためには、日々、勉強することが大切です。

ですから、研究心を持ち、向上心をもって製薬会社のMRの仕事をすることが活躍する秘訣となるでしょう。

製薬会社のMRとして活躍する秘訣13:人の力になりたいと考える

人の力になりたいと考えることが製薬会社のMRとして活躍する秘訣となります。自分が紹介する医薬品により、多くの患者が救われることになるMRという仕事は、人の力になりたいと考えて働くことが必要です。

自分が勧めた薬のおかげで病気や怪我が劇的に改善した時の喜びを知ることで、もっと人の力になりたいと、さらに考えることになるでしょう。

製薬会社のMRとして活躍する秘訣14:先輩の指導から実務経験を積む

製薬会社のMRとして活躍する秘訣14個|製薬会社のMRが激務な理由4つ
先輩の指導をしっかり受け、製薬会社のMRとしての実務経験を積んでいくことがポイントとなります。

製薬会社でMRとして働く先輩と一緒に病院へと訪問し、どのように医薬品を説明するのか様子を見て、聞きながら学ぶことが大切です。

そして、一人前になれば独り立ちして、一人で病院に訪問しては医師や薬剤師に医薬品の説明をして受け入れられることでさらに実績を積み、活躍することになるでしょう。

製薬会社のMRが激務な理由4つ

製薬会社のMRとして活躍する秘訣14個|製薬会社のMRが激務な理由4つ
製薬会社のMRは残業が多く、仕事内容が激務で大変と言われています。実際に、MRを辞めていく人も多い職業である製薬会社のMRの激務の理由について4つご紹介しましょう。

製薬会社のMRが激務な理由1:MR職に対する扱いがヒドい

製薬会社のMR職に対する扱いがひどいことが激務な理由となります。MRは仕事内容が直接利益に繋がらないことで社内でもポジションが低い位置として他の部から見られてしまいます。

また、一つでも多くの医薬品を販売したい会社は、MR職に製品の説明をしてこいと強く指示を出すなど、休憩も与えてくれないでしょう。

病院へ行ってもいい結果が報告できなければ怒鳴られ、馬鹿にされるなど酷い扱いをすることがあるでしょう。

製薬会社のMRが激務な理由2:誰からも必要とされていない

誰からも必要とされていないのが製薬会社のMRが激務な理由となります。MRは医薬品の説明や情報を伝えるだけです。

価格交渉や販売をしないのでは、医師からも製薬会社からもたいして必要とされることもないでしょう。

WEBでも医薬品の情報は足りてしまう近年は、とにかく病院へ何度も行き、情報説明をして医師や関係者が興味を持つようにしなければなりませんので、激務となってしまいます。

製薬会社のMRが激務な理由3:朝が早く夜が遅い

製薬会社のMRとして活躍する秘訣14個|製薬会社のMRが激務な理由4つ
製薬会社のMRが激務になるのは、朝が早くて夜が遅いことが理由です。早くに起きて会社に行き、医薬品の情報について学び、病院へと行くでしょう。

病院へ行っても医師が手術中、検査中であれば終わるまで待ちますし、その後はまた別の病院へ訪問するなどすれば帰社時間も遅くなります。

やっと製薬会社に帰れば報告書を作成し、医師との接待をするのであれば、もっと帰宅時間が遅くなることで激務となってしまうでしょう。

製薬会社のMRが激務な理由4:医師が話を聞いてくれない

医師がちっとも話を聞いてくれないから何度も病院を訪問したり、仕事が終わるまで待つことが製薬会社のMRが激務になってしまう理由となるでしょう。

一度ですんなり仕事が忙しい医師が話を聞いてくれないことがほとんどですから、製薬会社のMRは根気よく話し掛けることになります。

そのために、医師がランチの時間、帰宅時間を狙って病院へと何度も訪問すれば食べている時間もなくなり、体力的にもしんどい仕事になります。

製薬会社のMRとしていい仕事をしましょう

製薬会社のMRとして活躍する秘訣14個|製薬会社のMRが激務な理由4つ
製薬会社のMRとしていい仕事をしましょう。常に医師のスケジュールを考えて行動したり、医師が求めるものを探す努力をする、相手の情報を上手く引き出す工夫が必要です。

また、自分なりに医師と距離を縮める方法も考えて、医薬品の説明を快く聞いてくれるようにしてみましょう。

製薬会社の顔となるMRは、常に高いモチベーションを持てるよう日頃からテンションを上げ、仕事が好きになるよう努力しましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related