Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月21日

人事考課での自己評価の例文4つ|成果をアピールする例文と人事考課の目的

人事考課の査定結果は給与や昇格に影響を与えます。その人事考課の際には自己評価が必要となる場合があります。もし、自己評価の書き方が悪いと、思うような評価が得られなくなる可能性があり流ため、自己評価はポイントをを抑えて、正しい書き方をする必要があります。

人事考課での自己評価の例文4つ|成果をアピールする例文と人事考課の目的

人事考課とは

人事考課での自己評価の例文4つ|成果をアピールする例文と人事考課の目的
会社などでは、業務による会社への貢献度や実績、能力などを基準を設けて査定が行われます。これを人事考課と言い、人事考課の結果は給与の額や、昇進などの人事に反映されることになります。

人事に反映される内容を査定するため、人事考課と人事評価は同じ意味で使われることもあります。しかし、人事考課は従業員のことを査定することに対し、人事評価はその人の行った業務の結果を査定することになります。

成果基準

人事考課の内容は給与の額や昇進などに反映されることがあります。そのため、査定を行う人の主観で行ってしまうと、査定内容にばらつきや、不平が生じる可能性があります。なので、人事考課での査定では基準が設けられています。

その基準にはいくつかの種類があり、成果基準もその基準の1つとなります。成果基準では、業務の結果が出る前の過程ではなく、結果そのものの功績を査定します。

能力基準

人事考課での自己評価の例文4つ|成果をアピールする例文と人事考課の目的
能力基準では、その結果を出すまでの過程で能力を身につけたり、すでに持っていた能力をうまく活用することで、良い結果を出すことができたなど、個人の能力が評価されます。

そのため、難しい仕事や大きな仕事で良い結果を出すほど、高度な能力が必要となったり、途中で高度な能力を身につけなければいけなくなったりなどすることがあるため、能力基準の評価が高くなる場合が多いです。

情意基準

難しい仕事や、大きな仕事で、どれだけ良い結果を残し、どれだけ高い能力を持っていたとしても、不真面目な態度で仕事をしていると情意基準の評価が下がってしまいます。

情意基準では会社で仕事をするうえでの規律性、仕事に対する責任性、常に能力を高めたて仕事の幅を広げるための積極性、職場の人と連携を取って仕事をするための強調性を総合して判断されます。

人事考課での自己評価の書き方の例文

人事考課での自己評価の例文4つ|成果をアピールする例文と人事考課の目的
定期的に自分の仕事内容や結果を振り返り、以降の仕事に活かすために自己評価という形で会社に資料として提出する会社もあります。

この提出した資料が人事考課で利用されることもあります。そのため、うまく自己評価で会社に自分の業務の成果や貢献を伝える必要があります。

ですが、中には自己評価が人事考課に利用されていると知らない人もいます。良い評価を得るためにも、自己評価の正しい書き方は把握しておかないといけません。

1:目標達成できた場合

仕事で目標を達成できた場合には、その仕事の内容について書けば良いので、書き方で困ることは少ないです。しかし、より人事考課で高い評価を得るための書き方は意識する必要があります。

営業職や販売職であれば、設定した目標の売り上げと、実際の売り上げを書いて、具体的にどれだけの結果が出たのかを書くようにしましょう。また、問題などが起こっていた場合には、その解決方法などの過程も書くようにしましょう。

2:目標を達成できなかった場合

人事考課での自己評価の例文4つ|成果をアピールする例文と人事考課の目的
設定した目標や、設定されたノルマを達成できないこともあります。そのような場合にはノルマや目標と、実際の結果の差を書くようにしましょう。

また、どのようなことが原因で目標を達成できなかったのか、今後はどのようにして状況を改善するかなどの具体案も書くようにしましょう。

状況改善の書き方としては、新しい目標を書き、その目標をどのようにして達成するか、具体的に書くと良いでしょう。

3:数値的なアプローチ

上記で述べた通り、自己評価では目標を達成していても、達成できていなくても、その内容は具体的な書き方をしなければいけません。

営業や販売であれば、目標と実際の売り上げを比較することで、会社に効率良く結果を伝えることができます。

そのため、「売上目標が(目標金額)円に対し、実績は(実績金額)円でした。」と数字で書くようにしましょう。また、その際に達成率も書いておくと、結果がわかりやすいです。

4:数値以外の目標設定

人事考課での自己評価の例文4つ|成果をアピールする例文と人事考課の目的
営業職や販売職であれば、自己評価は目標や実績に具体的な数字を使った書き方ができます。しかし、事務職などのように、売り上げのようなわかりやすい数字がないため、目標や実績を具体的な数字を使った書き方ができません。

なので、事務職などのように、売り上げなどの数字が使えない場合には、自分で目標を設定して、「残業時間を30%減らすことに成功」などのように、その達成率を書くようにしましょう。

人事考課での自己評価のポイント

人事考課での自己評価の例文4つ|成果をアピールする例文と人事考課の目的
自己評価が人事考課に反映されることがあります。そのため、自己評価は会社に自分の仕事の結果を伝えるために、正しい書き方を把握しておく必要があります。正しい自己評価の書き方をするためには、まず自己評価でのポイントを抑えておく必要があります。

ただし、人事考課の査定を良くするために大げさな内容の書き方をしたり、過大評価となる内容の書き方などをしてしまうと、評価を落とす可能性があるので注意しましょう。

1:自己啓発

自己評価で人事考課の査定を良くするためには、ポイントを抑えた書き方をする必要があります。そのポイントの1つが自己啓発です。

先に述べた通り、人事考課の情意基準では積極性が評価されます。そのため、目標などを達成するために必要なスキルや資格などを書き、それらをどのようにして取得するつもりであるかなどを書くようにしましょう。

2:指導育成

人事考課での自己評価の例文4つ|成果をアピールする例文と人事考課の目的
同じ職場に長く勤めているのであれば、後輩や新任者の育成指導をしている場合もあります。人材の育成は企業に取って非常に重要なことのため、育成指導を行い、その育成指導で結果が得られているのであれば、自己評価に含めておきましょう。

また、部署の移動などで、後任に仕事を引き継いだ場合には、どのようなアドバイスをしたのかなども書き、どのような結果が得られたのかも書くようにしましょう。

3:連携

仕事をする際には、他部署と連携を取らなければいけないこともあります。他部署の人はそれぞれ持っている専門知識や仕事の仕方などが異なるため、連携を取ることが難しい場合もあります。

先に述べた通り、難しい仕事をすることで人事考課の査定は良くなる場合があります。なので、他部署と連携を取って、仕事で良い結果を出すことができるということを自己評価えd書くようにしましょう。

4:目標以外の成果

自己評価では目標を数字でわかりやすくする書き方をしなければなりません。しかし、仕事をしているうちに、目標以外にも派生的に得られる結果も多々あります。

これらも仕事で得た結果のため、人事考課に査定対象となります。ですが、派生的に得られる仕事の結果は、もともと得るつもりのなかったものなので、自己評価を書くときには忘れてしまう可能性があります。なので、仕事の過程は記録するようにしましょう。

成果をアピールする自己評価の書き方

人事考課での自己評価の例文4つ|成果をアピールする例文と人事考課の目的
人事考課は給与や昇格などに影響します。そのため、人事考課の判断基準の1つとなる自己評価は正しい書き方をして、成果をしっかりと会社にアピールをしなければなりません。また、職種によって成果の書き方は変わってきます。

なので、自分はどのようなことを自己評価でアピールして、そのアピールはどのような書き方をするべきかは把握しておく必要があります。

1:営業職や販売職のばあい

営業職や販売職では、売り上げなどで目標やノルマなどが具体的となっていることが多いです。そのため、その目標やノルマを基準にして、目標やノルマが達成できたかどうかを書くようにしましょう。

また、目標やノルマを達成できている場合には、どれほどの結果を出せているかを達成率を書いてわかりやすくしておきましょう。もし、達成できていない場合は、その原因と今後の課題と改善策も書きましょう。

2:事務職の場合

事務職の場合は営業職や販売職の売り上げなどのように、明確な数字での目標やノルマ、実績がわかりにくいこともあります。そのため、事務職などでは自分で残業の削減や、資格の取得など目標を作りましょう。

また、自己評価ではその内容をできるだけ数字で書くようにしましょう。なので、残業が20%減った、資格は取得できなかったが、合格点まであと5点なので次回の試験で合格するなどと具体的な書き方をしましょう。

人事考課制度の目的

人事考課での自己評価の例文4つ|成果をアピールする例文と人事考課の目的
人事考課の査定結果は給与や昇進などに影響することがあります。また、このような個人に対する評価だけでなく、従業員の能力や実績の把握、人材の運用方法、異動配置、能力開発などいろいろな場面の判断材料になります。

他にも、企業にとって、人事考課の制度を活用するメリットはいくつかあります。

1:公平な評価

人事考課の査定結果は給与や昇進に影響することがあります。そのため、人事考課では評価の基準を設けて、公平な評価ができるようにしています。もし、基準がなく、査定をする人の主観が入ってしまうと、評価が不公平になってしまう可能性があります。

ただし、人事考課の査定では公平な評価がされますが、もし自己評価の書き方が悪ければ、その実績が会社に伝わらず、思うような評価が得られないことはあります。

2:会社の方向性の可視化

人事考課での自己評価の例文4つ|成果をアピールする例文と人事考課の目的
人事考課を行うことで、従業員の能力や実績などを把握することができます。そのため、人事考課を行うことで、給与や昇進の判断だけでなく、人材の運用方法、人事異動の参考、人材の育成方針などの判断材料にもなります。

なので、従業員の能力や実績がわかることは、会社の今後の方向性を判断するための材料に使うこともできます。

3:社員のモチベーションの向上

人事考課の査定結果は給与や昇進に影響がでます。そのため、人事考課の査定結果によって、給与が上がったり、昇進できる可能性があったりなどもします。なので、人事考課の時期に向けて、従業員たちの仕事に対するモチベーションを向上させることができます。

また、人事考課の査定だけでなく、自己評価をする場合も、これまでの仕事の実績などを再確認して、成長を実感することで、モチベーションを向上させることもできます。

人事考課の目的を理解して自己評価の書き方を考えよう

人事考課の査定結果は給与や昇格に影響を与えます。その人事考課の際には自己評価が必要となる場合があります。自己評価は会社に能力や実績を伝え、アピールをするために非常に重要となります。

もし、自己評価の書き方が悪いと、思うような評価が得られなくなってしまう可能性があります。なので、自己評価はアピールすべきポイントをを抑えて、正しい書き方をしましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related