Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月21日

ビジネスアナリストとは?ビジネスアナリストの仕事内容4つ

皆さんこんにちは、今回は「ビジネスアナリストとは?ビジネスアナリストの仕事内容4つ」と題して、「ビジネスアナリストの仕事内容や役割」をはじめ、ビジネスアナリストになる際に役立つおすすめの資格についてご紹介します。ぜひご参考にしてみて下さい。

ビジネスアナリストとは?ビジネスアナリストの仕事内容4つ

ビジネスアナリストとは?

ビジネスアナリストとは?ビジネスアナリストの仕事内容4つ
ビジネスアナリストというのは、基本的に「特定の企業に見られる現状を把握した上で、その企業のビジネス規模を円滑に広げ、その後の経営戦略を促進するための分析・助言を展開し、上層部の意向に配慮した上でシステム開発部にその分析内容を伝える人」を指します。

このビジネスアナリストは主に「経営コンサルタント」としての役割を持つ上で、少しでもその企業の利益が向上することを念頭に、そのための分析が仕事になります。

ビジネスアナリストの歴史

ビジネスアナリストとは?ビジネスアナリストの仕事内容4つ
この「ビジネスアナリスト」という言葉は主に2000年に入ってから多用され始めた言葉になりますが、経営コンサルタント的な働きとして企業貢献を約束していた職種そのものの歴史を探る上では、かなり以前からその歴史を展開していました。

1980年代にインターネットが普及し始めた時代にさかのぼり、IT・工学系の先駆けの企業においては、このビジネスアナリストの存在が「分析官・アドバイザー」として定着していました。

ビジネスアナリストのコアコンセプト6つ

ビジネスアナリストとは?ビジネスアナリストの仕事内容4つ
さて、ここからは「ビジネスアナリストのコアコンセプト6つ」と題して、ビジネスアナリストが担う仕事・役割をもう少し詳細にご紹介していきます。

ビジネスアナリストの仕事内容は先述のように、「特定の企業で採用されている作業システム・経営戦略を抜本的に見直し、企業利益を少しでも向上させること」を目的にした内容となります。この点を把握しつつ、以下を参照していきましょう。

コアコンセプト1:チェンジ

ビジネスアナリストとは?ビジネスアナリストの仕事内容4つ
ビジネスアナリストが受け持つ仕事のうちで、最もその初歩的な土台となるのがこの「チェンジ」というコンセプトです。この場合の「チェンジ」というのは文字どおりに「変換・転換」という切り替えの意味合いを指しており、それまでの企業方針の転換を意味します。

それまでの企業戦略・方針でどうしても上がらなかった利益をはじめ、解決できなかったニーズ対策を踏まえ、利益を上げるためのパフォーマンスの転換を指します。

コアコンセプト2:ニーズ

ビジネスアナリストとは?ビジネスアナリストの仕事内容4つ
この場合の「ニーズ」というのはもちろん「顧客ニーズ」のことも含めますが、それよりも「企業そのものが利益向上で求められるニーズ・世間から求められるニーズ」を合わせたニーズとして認められます。

企業利益促進のための対処すべき諸問題へのニーズを考慮した上で、その変更のタイミングのニーズを図りながら、さらに円滑な企業活動の展開を約束します。この点も企業活動においては非常に重要な点になります。

コアコンセプト3:ソリューション

ビジネスアナリストとは?ビジネスアナリストの仕事内容4つ
まず「ソリューション」の意味ですが、これは「解決・解明」を意味しており、ビジネスアナリストが使う「ソリューション」の意味合いでは「企業利益を上げるための解決・対処すべき諸問題への解決策」そのものを指しています。

つまり、ビジネスアナリストによる企業分析を基準にした上で、どのようにすれば企業利益促進が約束され、企業の土台となる方針・理念を円滑に変更できるかという方法の検討がなされます。

コアコンセプト4:ステークホルダー

ビジネスアナリストとは?ビジネスアナリストの仕事内容4つ
「ステークホルダー」の意味は「企業・行政・NPOなどの利害と行動に直接・間接的な利害関係を有する者」を指しており、つまりその企業の顧客(消費者)をはじめ、その企業の従業員、債権者、提携企業など、その企業の関連者すべての内容を指します。

ビジネスアナリストが扱う「ステークホルダー」の意味・用途では主に「顧客」と「従業員」、「提携企業」に絞られ、それぞれのニーズを加味する上での刷新が検討されます。

コアコンセプト5:価値

ビジネスアナリストとは?ビジネスアナリストの仕事内容4つ
ビジネスアナリストにとって重要な「価値」というのは、主に「企業利益を上げるために必要なコスト」に集中する上で、企業利益を上げる際に必要な顧客ニーズの確保と補充、また社員をはじめとする提携企業から得られるニーズへの対応への価値が検討されます。

つまり、不要なコストとなる方針・活動はすべて切り捨てておき、必要となる企業方針のみをピックアップする形となります。損失を免れるための検討です。

コアコンセプト6:コンテキスト

ビジネスアナリストとは?ビジネスアナリストの仕事内容4つ
「コンテキスト」の直接的な意味は「文脈」であり、ビジネスアナリストが扱う「コンテキスト」の意味合いは「チェンジから価値基準を決めるフローを俯瞰する上で、すべての場面で関係するニーズ」そのものを指します。

チェンジの基準を決める上で企業にとっての価値基準を見定めるために、競合企業との関係のあり方、顧客ニーズへの対応、コスト削減をはじめ、それぞれの設定基準をこの「コンテキスト」の確認から獲得します。

ビジネスアナリストの仕事内容とは?

ビジネスアナリストとは?ビジネスアナリストの仕事内容4つ
さて、ここからは「ビジネスアナリストの仕事内容とは」と題し、実際にビジネスアナリストが行なう仕事がどのようなものか、その辺りをもう少し具体的にご紹介していきます。

ビジネスアナリストの仕事内容は先述のように、基本的には経営コンサルタントが行なう仕事内容と酷似する部分もあり、企業戦略に関する企業の体制維持・抜本的な企業方針の切り替え、コスト削減字のリストアップなど、多様な作業が必要になります。

ビジネスアナリストの仕事内容1:ビジネスアナリシスを行うための全体的な計画を練る

ビジネスアナリストとは?ビジネスアナリストの仕事内容4つ
ビジネスアナリストの仕事内容で重要なことは、「その時点での企業の状況を確認しておき、その後における企業全体の利益促進に貢献すること」となります。

そのためには時系列で見た上での企業評価が必須となり、現時点から未来における企業評価フローを用意しておき、そのうちから適切な分析・変更課題などをピックアップする形になります。

ビジネスアナリストの仕事内容2:顧客の要求を引き出し正確に汲み取る

ビジネスアナリストとは?ビジネスアナリストの仕事内容4つ
企業というのはどんなものでも、必ず「社会に貢献できる企業成果」を約束しておかなければならず、その企業成果の多くは基本的に「顧客(消費者)ニーズ」を満足させるもの・対応するものでなければなりません。

そのためビジネスアナリストの仕事内容でも、「顧客の要求を引き出し正確に汲み取る」といった基本的な作業・分析が必要となる上で、その顧客ニーズへ対応する際にピックアップされる課題への解決策が必要になります。

ビジネスアナリストの仕事内容3:顧客の要求を充たし満足させられる改善案を考える

ビジネスアナリストとは?ビジネスアナリストの仕事内容4つ
これは基本的に「企業が社会から求められるニーズ」とほぼ一致しますが、ビジネスアナリストの仕事内容においても「顧客ニーズを満足させること・それに対応するための分析や助言を行なうこと」が必須課題とされ、そのための企業分析を日夜することになります。

企業が存続するためには、まずこの顧客ニーズを円滑に充足しておくことが必須で、そのために課題となる企業と顧客とのニーズの合致を確認しなければなりません。

ビジネスアナリストの仕事内容4:改善案を的確にエンジニアへと伝える

ビジネスアナリストとは?ビジネスアナリストの仕事内容4つ
この点でビジネスアナリストの仕事内容というのは、いわゆる「上層部(企業側)とエンジニアとの仲介役」となりますが、企業の上層部が決定した改善案とそれに必要な解決策・方針などに具体的な分析を加え、各部署のエンジニアへ伝える必要があります。

それを直接的に行なうのがこのビジネスアナリストであり、ビジネスアナリストに求められるニーズは「改定案・改善案を実現させられる分析力・アイデア」となります。

ビジネスアナリストに適した人材とは?

ビジネスアナリストとは?ビジネスアナリストの仕事内容4つ
さて、ここでは「ビジネスアナリストに適した人材とはどのような人材か」という点についてご紹介します。

まずビジネスアナリストに向いている人の性質は、「経済分析に長けている人」があげられ、その次にシステムエンジニア向けの実力に長じている人材がピックアップされるでしょう。

さらに企業戦略に必須のマーケティング部門へも精通しており、それらに関する実力を証明するための資格保持者が最適となります。

ビジネスアナリストにおすすめの資格5つ

ここからは「ビジネスアナリストにおすすめの資格5つ」と題し、先述でも少し触れました「ビジネスアナリストになる際に実益的な資格」の種類を簡潔にご紹介していきます。

ビジネスアナリストは基本的に経営コンサルタントの内容に似ているため、すでに経営コンサルタントとして働いている人であれば、それまでの活動実績が評価される形で、資格保持と同じ程度の評価が受けられるでしょう。

ビジネスアナリストにおすすめの資格1:IIBA資格試験

まずビジネスアナリスト向けの資格としておすすめされるのが、この「IIBA資格試験」でしょう。この資格の内容はビジネスアナリストとして働くための国際的な資格となるため、日本国内で働く場合に限らず、外国で働く際にも十分活用できる資格です。

CBAP®試験、CCBA®試験において約150問程度の出題がなされ、個別の実力を合格基準にする上で主に「システム分析」に関する試験内容がメインになります。

ビジネスアナリストにおすすめの資格2:ECBA

次にビジネスアナリスト向けの資格として夢居な「ECBA」ですが、この場合も試験内容は先述の「IIBA」の場合とそれほど変わらず、主に企業分析に必要となる「経営戦略」や「システム設計」に関する知識をはじめ、マーケティング戦略部門の知識が問われます。

この場合は「ビジネス・アナリシス業務に関わるマネージャー」を対象とした試験内容・目的となり、職業訓練が課されることが試験の条件になります。

ビジネスアナリストにおすすめの資格3:CCBA

次にビジネスアナリスト向けの資格「CCBA」ですが、これは「Certification of Competency in Business Analysis」と正式名称で表記され、レベル2のIIBA認定とされます。

さらにこの試験の用途・方針としては「ビジネス・アナリシスの業務実践者」と対象としており、過去7年間で3,750時間以上の実務経験と、過去4年間で21時間以上の職業訓練が条件になります。

ビジネスアナリストにおすすめの資格4:PMP

ビジネスアナリストにおすすめの資格「PMP」ですが、これは「プロジェクトマネジメント」に関する国際的な資格となり、正式名称は「Project Management Professional」とされます。

プロジェクトの立ち上げ、プロジェクトの計画、プロジェクトの実行、プロジェクトの監視コントロール、プロジェクトの終結などが試験内容になり、プロジェクトマネージャとして必要な知識が求められます。

ビジネスアナリストにおすすめの資格5:CBATL

次にビジネスアナリスト向けの資格「CBATL」ですが、これは正式名称を「Certified Business Analysis Thought Leader」と言い、レベル4のIIBA認定ステージとなります。

ビジネスアナリスト向けの国際資格の中でもトップレベルの認定資格となり、企業分析・企業パフォーマンスを検討する際に、かなり専門能力が求められることになるでしょう。

ビジネスアナリストは責任が重い重要なポジション!

ビジネスアナリストとは?ビジネスアナリストの仕事内容4つ
いかがでしたか。今回は「ビジネスアナリストとは?ビジネスアナリストの仕事内容4つ」と題して、「ビジネスアナリストの仕事内容や役割」をはじめ、ビジネスアナリストになる際に役立つおすすめの資格についてご紹介しました。

ビジネスアナリストの仕事というのは、主に企業戦略を向上させるための企業分析・助言を専門的に行なう内容になるため、それなりの活動実績に加え、有効な資格取得が必須になります。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related