Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月24日

5つの年齢別ウェブディレクターの平均年収|起業の規模別ウェブディレクターの平均年収

皆さんこんにちは、今回は「5つの年齢別ウェブディレクターの平均年収|起業の規模別ウェブディレクターの平均年収」と題して、「5つの年齢別ウェブディレクターの平均年収」をはじめ、ウェブディレクターの役割や魅力と規模別年収についてご紹介します。ぜひご参考下さい。

5つの年齢別ウェブディレクターの平均年収|起業の規模別ウェブディレクターの平均年収

ウェブディレクター

5つの年齢別ウェブディレクターの平均年収|起業の規模別ウェブディレクターの平均年収
一般的にウェブディレクターというのは、Web業界において企画(プロジェクト)を指揮し、総括・管理する人のことを言います。最近では特に職種ニーズが高まっています。

ウェブプログラマー・ウェブデザイナーなどのWeb制作に関連するスタッフと協力し、クライアントの希望に沿ったWebコンテンツを作成する上で、各種プロジェクトの進行管理を監督しながらウェブディレクターとしての職務を果たします。

ウェブディレクターの仕事内容

5つの年齢別ウェブディレクターの平均年収|起業の規模別ウェブディレクターの平均年収
先述しましたように、ウェブディレクターの主な仕事内容では、スケジュールの進行管理、フォント、コンテンツの品質管理、プロジェクトメンバーの選定へのイメージを決めておき、特定の製品をクライアントの指示・希望に添って作成する企画が課されます。

ウェブディレクターに求められる能力というのは主に「企画とクライアントの理想を合致させること」にあり、想定した企画の具体的な構成が主流となります。

ウェブディレクターの将来性

5つの年齢別ウェブディレクターの平均年収|起業の規模別ウェブディレクターの平均年収
ウェブディレクターの職種は先述のように「クライアントの理想と企画を引き合わせる仕事」でもあるため、その将来性を図る場合は多数の職種からの依頼内容への配慮が必要で、ウェブディレクター関連の企業ニーズにより将来性は変わります。

この場合の年収は(企画によって)高額で契約されることが多く、給与を目当てにウェブディレクターを志望する人もかなり見られます。企画力の充実度が利点となるでしょう。

ウェブディレクターの平均年収相場

「ウェブディレクターの平均年収相場」についてですが、ウェブディレクターとして実際に就く職種・分野によって大きく違ってくるでしょう。また雇用形態によっても年収は変わるため、事前に自分が目指すべき雇用形態・職種を確認しておきましょう。

一般的な年収相場では、主に「450万円から500万円」とされ、多額の場合の年収では「1000万円以上」が相場となります。

年収をアップさせる方法

ウェブディレクターとして勤める場合でも、やはり大企業の場合では一般的に「700万円から1000万円」前後の年収とされるため、まずは企業規模を見定めておくことが大切です。

雇用形態によっても年収額が変わるため、事前にその点も押さえておきましょう。

正社員雇用の場合では、ウェブディレクターとして働く場合「500万円から800万円」程度が確約されることが多いため、年収が元から高い形で従事できるでしょう。

ウェブディレクターは経験を積んでスキルを伸ばせば年収相場が上がる

5つの年齢別ウェブディレクターの平均年収|起業の規模別ウェブディレクターの平均年収
ウェブディレクターに就く場合でも他のIT関連職種の場合と同じく、やはりそれまでの実務キャリア・経験・成果を上げたことによる功績などによって、そこで培った知識とともに大きくその能力が評価される形になります。

自己スキルを伸ばしておき、クライアントから依頼される内容もさらに豊富になれば、年収をアップさせる土台も充実し、常に高額の年収を確保することができるようになるでしょう。

ウェブディレクターの推定生涯年収(生涯賃金)

5つの年齢別ウェブディレクターの平均年収|起業の規模別ウェブディレクターの平均年収
次に「ウェブディレクターの推定生涯年収(生涯賃金)」についてですが、一般的な生涯年収を計算してみると「20,000万円」程度が妥当なところだとされます。この場合の数字は概算となるため、個別での昇給は別になります。

年収を引き上げるためには主に「実務キャリアの蓄積・実績による信頼度」によって評価してもらい、企業からのスカウト(引き抜き)でアップする方法が実践的でしょう。

5つの年齢別ウェブディレクターの平均年収・給与・ボーナス

さて、ここからは「5つの年齢別ウェブディレクターの平均年収・給与・ボーナス」と題し、実際にウェブディレクターに就く場合にもらえる年代別での平均年収・ボーナスなどについて、詳細にご紹介していきます。

ウェブディレクターという職種は最近でもかなり人気が集まる職種としてあるため、その平均年収・ボーナスにしても、個別での活躍によってはかなり期待できるものとなります。

年齢別ウェブディレクターの平均年収・給与・ボーナス:20代

まずウェブディレクターに就く場合の20代でもらえる平均年収・給与・ボーナスです。

この場合、20~24歳で「267.9万円」(年収)、「16.7万円」(月給)、「67.0万円」(ボーナス)となり、25~29歳では「283.7万円~333.7万円」(年収)、「20.9万円」(月給)、「83.4万円」(ボーナス)前後の稼ぎとなるでしょうか。

20代でも十分安定する年収になるでしょう。

年齢別ウェブディレクターの平均年収・給与・ボーナス:30代

次はウェブディレクターに就く場合の30代でもらえる平均年収・給与・ボーナスです。

この場合、30~34歳で「266.6万円~366.6万円」(年収)、「22.9万円」(月給)、「91.7万円」(ボーナス)となり、35~39歳では「314.3万円~418.3万円」(年収)、「26.1万円」(月給)、「104.6万円」(ボーナス)前後の稼ぎとなるでしょうか。

30代では徐々に年収も安定してきます。

年齢別ウェブディレクターの平均年収・給与・ボーナス:40代

次はウェブディレクターに就く場合の40代でもらえる平均年収・給与・ボーナスです。

この場合、40~44歳で「349.0万円~470.0万円」(年収)、「29.4万円」(月給)、「117.5万円」(ボーナス)となり、45~49歳では「404.4万円~526.4万円」(年収)、「32.9万円」(月給)、「131.6万円」(ボーナス)前後の稼ぎとなるでしょうか。

年齢別ウェブディレクターの平均年収・給与・ボーナス:50代

次はウェブディレクターに就く場合の50代でもらえる平均年収・給与・ボーナスです。

この場合、50~54歳で「454.0万円~564.0万円」(年収)、「35.3万円」(月給)、「141.0万円」(ボーナス)となり、55~59歳では「449.3万円~559.3万円」(年収)、「35.0万円」(月給)、「139.8万円」(ボーナス)前後の稼ぎとなるでしょうか。

50代では一般的に年収も最盛期になります。

年齢別ウェブディレクターの平均年収・給与・ボーナス:60代

次はウェブディレクターに就く場合の60代でもらえる平均年収・給与・ボーナスです。60代になれば、そろそろ定年を迎える時期に差し掛かるため、年収・給与・ボーナスはやや下がるでしょう。

この場合、60~64歳で「280.7万円~559.3万円」(年収)、「23.8万円」(月給)、「95.2万円」(ボーナス)となり、それでも一般職種に比べた場合では十分な年収になるでしょう。

起業の規模別ウェブディレクターの平均年収

5つの年齢別ウェブディレクターの平均年収|起業の規模別ウェブディレクターの平均年収
ここからは「企業の規模別ウェブディレクターの平均年収」と題し、大企業でウェブディレクターに就く場合、中小企業でウェブディレクターに就く場合とを比較し、その2点でどのように年収が違ってくるかを検証していきます。

ウェブディレクターに就く場合では企業規模によって待遇・年収がかなり違うため、事前にどの程度の年収額になるかについて十分調べておきましょう。

大企業のウェブディレクターの平均年収

まず大企業のウェブディレクターの平均年収ですが、この場合は一般的に「500万円から600万円」前後とされます。基本的にこの場合でも職種・雇用形態によって年収額が変わってくるため、事前にその情報をしっかり押さえておきましょう。

正社員雇用の場合で企画職から交渉担当の職種まで就いた際には、一般的に300万円から400万円近くの年収になるため、その点から見てもかなり高額となります。

中小企業のウェブディレクターの平均年収

次に中小企業のウェブディレクターの平均年収ですが、この場合は一般的に「350万円から450万円」前後とされており、この場合でもクライアントからの依頼・関連感触との兼任の場合にはさらに昇給する機会が得られるでしょう。

この場合でも、正社員雇用で企画職から交渉担当の職種まで就いた際の年収では、一般的に「400万円から600万円」程度に昇給する傾向があります。

独立した場合の平均年収

次に、独立した場合のウェブディレクターの平均年収ですが、この場合は一般的に「350万円から450万円」が妥当なところだとされ、さらに企業成果を上げた場合には「500万円から1000万円」以上とされます。

独立する場合は企業不振のダメージを自己負担するリスクもあるため、起業時には着実な成果を上げられることを想定した上で開業しましょう。

フリーランス(個人事業主)

次にフリーランスでウェブディレクターに就く場合の平均年収ですが、この場合は主に「派遣社員に見られる平均年収」と同じ形となり、兼任する職種によっては「500万円から1000万円」前後の年収が約束されるでしょう。

この場合は独立する場合で負わされるリスクがないため、独立開業よりもこのフリーランスが選ぶことがまずは有利とされるでしょうか。

起業

次にウェブディレクターとして独自に起業する場合の平均年収ですが、この場合は先述の独立開業する場合の年収とほぼ変わりません。一般的には「300万円から1000万円」程度と幅が広く、クライアントからの依頼内容や頻度によって大きく変動します。

この場合は独立時と同じく、経営不振などのリスクを自己負担することになるため、独立開業・起業する場合は資金・堅実なプランを充実させておきましょう。

性別ごとのウェブディレクターの平均年種

ウェブディレクターに就く場合では、主に男性の年収と女性の年収はかなり変わってくる傾向が見られます。

この傾向を先に想定しておき、自分が目指すべき雇用形態・職種を「生活安定」につなげられるよう設定し、自分にとって理想的な就業環境になるよう最適な職種に就くことをじっくり検討しましょう。

男性の平均年収

男性がウェブディレクターに就く場合の平均年収ですが、この場合は一般的に「545.2万円」前後とされており、場合によってはさらに高額の年収が得られています。

この場合でも正社員であり、さらに関連職種に就くことによっては高額の年収となりやすく、特に交渉担当をはじめ、クライアントからの企画(プロジェクト)内容によっては、年収アップの機会向が大きく期待されます。

女性の平均年収

次に女性の場合ですが、この場合は一般的に「390.1万円」前後とされており、男性の場合よりはやや低い年収になることが多くなります。

ただしこの場合でも、実際に携わる職種・クライアントからの依頼内容によって年収額はアップするため、女性の場合でも関連職種と兼任する場合には500万円を超える年収になることも多々見られます。

ウェブディレクターの年収について理解を深めよう!

5つの年齢別ウェブディレクターの平均年収|起業の規模別ウェブディレクターの平均年収
いかがでしたか。今回は「5つの年齢別ウェブディレクターの平均年収|起業の規模別ウェブディレクターの平均年収」と題して、「5つの年齢別ウェブディレクターの平均年収」をはじめ、ウェブディレクターの役割や魅力と規模別年収についてご紹介しました。

ウェブディレクターに就く場合は、自分に見合うクライアントを味方に付け、少しでも自己スキルが評価される機会を獲得しましょう。その努力によって年収が変わります。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related