Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月13日

5つの年齢別ブランドマネージャーの平均年収|企業規模別での平均年収は?

近年、日本の企業においてもブランディングは重要視され、ブランドマネージャーを育てる企業も増えてきました。外資系企業ではよく聞く職業ですが、どのような仕事をするのでしょうか。年収はどのくらいあるのでしょうか。ブランドマネージャーの仕事内容や年収に迫ります。

5つの年齢別ブランドマネージャーの平均年収|企業規模別での平均年収は?

ブランドマネージャー

5つの年齢別ブランドマネージャーの平均年収|企業規模別での平均年収は?
マーケティング担当の方、あるいはマーケティングに関心のある方であれば「ブランドマネージャー」という言葉を聞いたことがあるでしょう。

ブランドマネージャーとはブランドの責任者のことを指します。ブランドに関わるマーケティング戦略やブランディング戦略について全ての管理を行っていますが、具体的にはどのような業務を行っているのでしょうか。

この記事では、ブランドマネージャーの仕事内容や年収についてご紹介します。

ブランドマネージャーの仕事内容

5つの年齢別ブランドマネージャーの平均年収|企業規模別での平均年収は?
ブランドマネージャーは具体的にどのような仕事をしているのでしょうか。

ブランドマネージャーは主に市場調査や競合分析を行ったり、ブランドコンセプトやプロモーション施策の立案などを行っています。また、他部署や代理店との連携も必要となるため、ディレクション能力も必要となります。

市場調査や製品開発、販促活動など全ての施策に関わるので、ブランド・マネージャーの資質がブランドの成功の鍵を握っているとも言えます。

ブランドマネージャーの将来性

ブランドマネージャーの前後のキャリアパスはどのようになっているのでしょうか。

マーケティング部門に入ると、まずブランドマネージャーを目指します。ブランドマネージャーで経験を積んだ後は、マーケティングマネージャー、さらにはマーケティングディレクターへ昇格していきます。

CMOのポストのある企業では、CMOを目指す人も珍しくありません。また、外資系メーカーではマーケター出身者がCEOに就くことも多いです。

ブランドマネージャーの平均年収相場

5つの年齢別ブランドマネージャーの平均年収|企業規模別での平均年収は?
マーケティング部門に入ってまず最初に目指すブランドマネージャーの仕事ですが、平均年収はどのくらいあるのでしょうか。

ブランドマネージャーは多岐にわたるマーケティング領域を担った上で任されることが多いポジションです。そのため、年収の相場としては600万円~1000万円程度と全体的に高めです。

それだけブランドの成功を握る重要な仕事であるといえます。

年収をアップさせる方法

相場としても高めである、ブランドマネージャーの平均年収ですが、さらにアップさせる方法はあるのでしょうか。外資系企業のマーケティング職はそもそも日本企業よりも年収が高めの場合が多く、年収アップのために外資系企業に転職するという方も多いです。

また、外資系企業以外でなくても、外国との取引があることも多いので、TOEICなど外国語スキルがあると評価されて年収アップにつながることもあります。

ブランドマネージャーは経験を積んでスキルを伸ばせば年収相場が上がる

5つの年齢別ブランドマネージャーの平均年収|企業規模別での平均年収は?
就職先を選ぶ以外でも、年収を上げることはできるのでしょうか。ブランドマネージャーは経験を積んでいくと、転職という手段を使わなくても収入をアップさせることができます。

マーケティングには絶対の正解がないので、物のとらえ方で理解度が問われますが、この理解度の中には学習次第で時代の変化に追いつけるものもあります。経験によって学習していくことで、ブランドマネージャーとしての活躍の幅を広げることができます。

ブランドマネージャーの推定生涯年収(生涯賃金)

ブランドマネージャーになると、生涯賃金はどのくらいあるのでしょうか。

マーケティング職はその企業の商品の売れる仕組みを作る重要な仕事です。そのため、年収は全体的に高めです。ですが、特にブランドマネージャー制を敷いている会社は外資系が多く、年齢が上がれば成果がなくても給与が上がるということがありません。

そのため、ブランドマネージャーのままだと生涯賃金はそれほどではなく、40代に向けてマーケティングマネージャーなど次のステップを目指す必要があります。

5つの年齢別ブランドマネージャーの平均年収・給与・ボーナス

5つの年齢別ブランドマネージャーの平均年収|企業規模別での平均年収は?
一般的に平均年収が高めであるブランドマネージャーですが、年代別に見ていくと平均年収はどのくらいあるのでしょうか。年代ごとにみてもずっと高めなのか、あるいは途中で頭打ちになってしまうのかによって今後のキャリアの描き方は大幅に変わってきます。

ここでは、ブランドマネージャーの平均年収を20代、30代、40代、50代、60代の5世代に分けてみていきます。

年齢別ブランドマネージャーの平均年収・給与・ボーナス:20代

まず、20代のブランドマネージャーの平均年収は20代前半で387万円、20代後半で560万円です。他の一般的な職業と比べて20代前半も後半も高いです。

特に外資系企業の平均年収が高く、中には20代のうちに年収が1000万円に到達する人もいます。外資系企業の場合には仕事の成果に応じて成果報酬が支給されることも多いので、同じ年代の他の職業と比較して収入が高めです。

年齢別ブランドマネージャーの平均年収・給与・ボーナス:30代

5つの年齢別ブランドマネージャーの平均年収|企業規模別での平均年収は?
30代になるとブランドマネージャーの平均年収は670万円まで上がります。20代の頃と同じく特に外資系企業での年収が高く、特に多い人で1400万円くらいはもらうことができます。

この年代になってくると、ブランドマネージャーからマーケティングマネージャーへ昇格する人もいます。

年齢別ブランドマネージャーの平均年収・給与・ボーナス:40代

5つの年齢別ブランドマネージャーの平均年収|企業規模別での平均年収は?
ブランドマネージャーの40代以上での平均年収は960万円です。多い人では2000万円、少ないと300万円とかなり収入の幅があります。やはり外資系企業での平均年収が全体的に高いです。

中には長い期間在籍していると、途中からキャッシュではなく株で報酬が支払われる企業もあります。

この年代になるとブランドマネージャーから、マーケティングマネージャーやマーケティングディレクターを目指す人も多いです。

年齢別ブランドマネージャーの平均年収・給与・ボーナス:50代

ブランドマネージャーの50代での平均年収は40代の頃と同じく960万円です。

ただし、この年代になると、40代の場合と同じく、ブランドマネージャーではなくマーケティングマネージャーやマーケティングディレクターなど1つのブランドではなく企業としての利益拡大を目指すようなポジションに就く、あるいはそれを目指すことが多いです。

年齢別ブランドマネージャーの平均年収・給与・ボーナス:60代

ブランドマネージャーの60代での平均年収は40代、50代と同じく960万円です。この場合も、この年代ではブランドマネージャーよりもブランドを横断して企業の利益拡大を目指すポジションを目指す方が多いです。

なお、ダイバーシティが進んだことで中途採用で必ずしも年齢だけで制限されてしまうことはなくなりました。従い、60代であっても才能があるなど場合によってはブランドマネージャーを目指すことはで可能です。

起業の規模別ブランドマネージャーの平均年収

5つの年齢別ブランドマネージャーの平均年収|企業規模別での平均年収は?
同じブランドマネージャーの仕事をするにも、大企業でその仕事につくのか、あるいは中小企業で就職するのかによって平均年収がどの程度異なるのかは押さえておきたいポイントの1つです。

また、ある程度ブランドマネージャーとして経験を積んだ後にマーケティングコンサルタントなどで独立する方もいますが、その場合の収入はどのようになるのでしょうか。

ここでは、企業の規模や就業状態ごとに平均年収を見ていきます。

大企業のブランドマネージャーの平均年収

ブランドマネージャー制を取っている企業では、ブランドマネージャーの年収は他の職業に比べて比較的高いです。

中でも外資系の大企業ではブランドマネジメントを重視しているので、年収はかなり高く、2000万円を超えるところもあります。ただ一方で成果主義であるところも多く、成果が出た場合に日本の中堅企業よりも年収が高くなるということに注意しておく必要があります。

中小企業のブランドマネージャーの平均年収

ブランドマネージャーも中小企業となると外資系の大企業ほどの年収までは得られません。

ただ、中小企業であってもマーケティング戦略の強化を目指しているところの場合には、CMO職を設定している場合があります。その場合には、他の企業でブランドマネージャーとして経験を積み、中小企業へCMOの待遇で転職する、というキャリアパスを選ぶことも可能です。

収入やポジション、働き甲斐などしっかり見極める必要があります。

独立した場合の平均年収

5つの年齢別ブランドマネージャーの平均年収|企業規模別での平均年収は?
ブランドマネージャーとして経験を積んだ後、転職などではなくマーケティングのプロとして独立するという選択肢を選ぶ人も中にはいます。この場合、年収はどのくらいあるのでしょうか。

また、ブランドマネージャーとしての経験を生かして独立して活動する場合、個人事業主としての場合と起業して仕事をする場合では年収は異なるのでしょうか。

フリーランス(個人事業主)

ブランドマネージャーの経験を積んだ後、フリーランスのマーケティングコンサルタントとして独立するケースも多く見かけます。フリーランスの場合、会社員と同じ程度の年収の場合もあれば1800万円くらいの年収を得ている人もいます。

フリーランスで収入を考える上で重要なことは、案件を受注できなければ収入を得られないということです。自分の時間を融通できるというメリットがある一方で、自分で受注を取る必要があります。

起業

ブランドマネージャーの経験を生かして、マーケティングやブランディングのコンサルタント会社を起業する人もいます。平均年収は会社員と同じくらいの場合もあれば2000万円近く得られる場合もあり、幅広いです。

なお、起業して仕事をしていくためには、フリーランスと同じく案件を受注することと、その案件を十分なクオリティで遂行することの両方が必要になります。そのためにも自分の得意分野を打ち出さないといけません。

性別ごとのブランドマネージャーの平均年収

5つの年齢別ブランドマネージャーの平均年収|企業規模別での平均年収は?
年代別や企業の規模などに応じた平均年収を見てきました。ブランドマネージャーは男性であっても女性であっても十分に活躍できる職業ですが、男性と女性で比べた場合に平均年収に違いはあるのでしょうか。

ここでは、ブランドマネージャーの平均年収を男性と女性に分けてみていきます。

男性の平均年収

ブランドマネージャーの職業についた男性の平均年収ですが、基本的には男女で差がありません。特に外資系企業となると男性というだけで年収で優遇されるわけではなく、あくまでも能力や成果を優先します。

企業によっては在籍するブランドマネージャーの男女比が4:6など女性の方が多く活躍している職場も多くあります。

女性の平均年収

近年、女性の職場での活躍が目立つようになりました。結婚、出産を経て、育児をしながらブランドマネージャーという職業に就く女性も珍しくありません。そういう女性のブランドマネージャーの平均年収はどのくらいでしょうか。

女性だからと言ってブランドマネージャーの年収が男性よりも少ないといったことはありません。育児中で時短勤務している場合などにより収入が少なくなることはあるにせよ、十分に能力を発揮できます。

ブランドマネージャーの年収について理解を深めよう!

5つの年齢別ブランドマネージャーの平均年収|企業規模別での平均年収は?
ブランドマネージャーの仕事内容や年収について理解できましたでしょうか。

企画や他部門との調整など幅広い業務を扱う仕事ですが、その分やりがいもあり、年収も比較的高いです。マーケティングに関心を持っている方であれば目指したい職業でしょう。

ブランドマネージャーに転職してみたいと考えられた方には、年収がどのくらい得られるのかも重要なポイントです。関心をもった方はぜひ年収について詳しく調べてみましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related