Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月14日

身につけたいスキルは?スキルアップをする意味4つ|用語解説

スキルアップをするという言葉をよく聞きますが、スキルとは実際にどういう意味なのでしょうか。またスキルアップをするとはどういう意味なのでしょうか。ここではスキルアップとキャリアアップの違い、スキルの意味についてご紹介します。

身につけたいスキルは?スキルアップをする意味4つ|用語解説

スキルの意味

身につけたいスキルは?スキルアップをする意味4つ|用語解説
多くの人は「人生を有意義に過ごすためにスキルアップしたい」や「就職に有利になるからスキルアップしたい」などと考えるのではないでしょうか。

ただ、スキルとはどの様な意味か、スキルアップすることと私たちの生活がどのように関係しているのかについて、正しく理解しているという人はそれほど多くいません。今回はスキルの本当の意味や、スキルアップするということについて詳しくご紹介します。

スキルとアビリティの意味の違い

スキルと似た言葉にアビリティがあります。アビリティ(ablilty)を直訳すると、「能力」「技量」「才能」という意味があります。

もともと生まれついて持った才能を表します。反対にスキル(skill)には手腕、技量という意味があり、努力して身につけたものという意味があります。

特にビジネスで使われるスキルという言葉はアビリティに比べ、より専門的に身につけた技量や能力のことを指して使われます。

スキルアップの意味は?

身につけたいスキルは?スキルアップをする意味4つ|用語解説
スキルとは一般的に「訓練や学習を通して得ることができた技術」という意味があります。企業においてのスキルとは「ビジネスに求められる環境の中で知識、経験、資格取得などを磨き、さらに仕事の質を上げていくこと」を意味します。

スキルアップとは、今の状況からさらに、自分の能力や技術を上達させていくという意味です。例えば、新しく資格を取得し仕事ができる幅を広げる、今の仕事内容を熟達させていくことです。

スキルアップとキャリアアップの意味の違い

身につけたいスキルは?スキルアップをする意味4つ|用語解説
ではスキルアップとキャリアアップにはどの様な違いがあるのでしょうか。キャリアとは、その人の役職や地位、経歴のことです。

スキルアップは自分の仕事の質や内容、技術そのものをレベルアップさせていくという意味があるのに対し、キャリアアップは、自分の今の地位を上げていくという意味があります。

スキルアップをする意味4つ

身につけたいスキルは?スキルアップをする意味4つ|用語解説
ではスキルアップして自分の仕事内容や技術をレベルアップさせていくこととは具体的にどのような利点があるのでしょうか。 ここではスキルアップをすることの利点を4つ具体的にご紹介します。

意味1:仕事に活用できる

身につけたいスキルは?スキルアップをする意味4つ|用語解説
スキルアップをする意味の1つは、仕事に活用することができることです。自分が働く職場で必要とされる技術や資格を取得するために努力することは、働く側としては当然のことです。

仕事を長く続けていると、仕事のペースが早くなってきたり、効率よく仕事をこなすことができるようになります。これもスキルアップの1つです。

レベルアップしたいという人もスキルアップするならさらに、自信を持って仕事をこなすことができます。

意味2:昇進につながる

身につけたいスキルは?スキルアップをする意味4つ|用語解説
スキルアップすることの効果は仕事の幅を広げることです。今の仕事内容からさらにレベルアップし、新しい資格を身につける事で仕事の幅がより広がります。

仕事の幅が広がり仕事内容が多くの人に信用されるようになると、それが会社内でのキャリアアップにつながります。

スキルアップすることによって、より多くの報酬を受け取ることができ、自分が希望する職場の環境を選びやすいという点でも有利に働きます。

意味3:転職に有利になる

身につけたいスキルは?スキルアップをする意味4つ|用語解説
スキルアップすることによって、自分の能力や技術を向上させることができます。例えばより良い給与や働きやすい環境の職場に転職するときに持っているスキルを活用することができれば、転職に有利になることがあります。

ただこれはすでにスキルを持っていて、そのスキルを活かしてすぐに働くことができる人の場合であり、新しい職場でスキルアップするために転職するのとは意味が違います。

意味4:趣味や遊びが充実する

身につけたいスキルは?スキルアップをする意味4つ|用語解説
スキルアップとは単に仕事に関してのみに使われる意味ではなく、自分自身の人生をより豊かにするという意味でもあります。

自分の好きなことをスキルアップさせることにより、趣味が充実したり、人間関係が広がるなど、自分の生活がより豊かになります。

キャリアアップや昇給に直接繋がらなくても、スキルアップすることには大きな意味があります。

身に付けたいスキル7選

スキルアップすることの意味についてご紹介しましたが、具体的にどのようなスキルを身につけると良いのでしょうか。

ここでは身につけたいスキルを7選ご紹介します。 スキルアップしたいけれど、どのスキルを選んだらいいのか分からないという人は、自分に合いそうなスキルを試してみるのもいいでしょう。

1:語学スキル

身につけたいスキルは?スキルアップをする意味4つ|用語解説
語学スキルは人気のスキルで、20才〜40才が身につけたいスキルのランキングの上位に上がります。特に英語は国際言語でもあり人気な言語です。

母国語の日本語以外の違う言語を話すことができるなら、仕事の時にも活用する機会も多くなり、キャリアアップにつながりやすくなります。

プライベートでも違う言語のニュースを読むと違う角度から世界情勢について知ることができますし、旅行の時にも役に立ちます。

2:資格取得

語学スキルを身につけたいという人が多いのに比例して、多くの人に人気の資格は、TOIECです。TOIECでいい結果を出すことができると、英語に関連した仕事をするときに採用されやすくなります。

そのほかにも、リビングスタイリスト、インテリアコーディネーターなど、SNSに上手な写真を投稿するためのフォトマスター検定や、旅行が好きな人のために温泉検定など、生活が楽しくなる資格があります。

3:営業スキル

身につけたいスキルは?スキルアップをする意味4つ|用語解説
営業スキルを身につけることで、効率的に業績をアップすることができます。 営業スキルにはコミュニケーション能力、問題を発見し解決策を見極める能力(課題発見力)などが求められます。特に課題発見力を身につけることで、相手側の信用を勝ち得ることができます。

交渉スキル

交渉は、相手に自分の要求、目的などを通すために行われます。そのために、コミュニケーションを駆使しお互いの合意点を見つける必要があります。

交渉スキルとは、自分側と相手側の要求を考慮し互いにとって一番納得のいく着地点を見つけるためのテクニックです。交渉スキルには、相手側に自分の要求をシンプルに伝えること、自分の現状と相手側の気持ちを理解する能力が必要です。

プレゼンスキル

身につけたいスキルは?スキルアップをする意味4つ|用語解説
プレゼンは、会社の中で自分の企画を採用してもらうためにとても重要です。プレゼンの目的は、相手を動かすことで、そのためには、スライドとプレゼンの流れ(シナリオ)とトークが上手くかみ合っている必要があります。

例えば結論を先に伝え、要点を相手に先に理解してもらうことができます。また、ジェスチャーを積極的に用いることもできます。プレゼンスキルが上がると、ビジネスマンとしても大きく成長します。

PCスキル

今は世界中がインターネット社会です。コンピューターを使うことができるか否かは、仕事内容に大きく影響します。 身につけたい資格のランキングにも、MOSなどのパソコン関係のスキルが人気の資格として上位に上がってきています。

基本的なパソコン操作のスキルなら独学でもある程度上達しますし、もっと高度の技術を身につけるために学校に通うのもいいでしょう。日常生活でもPCスキルがあると便利です。

7:コミュニケーションスキル

身につけたいスキルは?スキルアップをする意味4つ|用語解説
コミュニケーション能力の高い人は相手に安心感と信用を抱かせます。これは職場だけでなく、家族内や、友達との間でもそういえます。 コミュニケーションスキルを身につけることは、多くの人と良い関係を築く上でとても大切なことです。

コミュニケーションスキルを見つけるためにはまず相手に関心を払うことです。相手の話をよく聞き、気持ちを汲み取るように努力しながら会話を進めていくことで、相手も話しやすくなります。

スキルの意味を理解するための用語5つ

スキルと言ってもスキルに関連する色々な言葉がありますので、スキルアップをするためにはまずスキルに関連する言葉を知っておく必要があります。ここでは、スキルの意味を正しく理解するための用語を5つご紹介します。

1:ビジネススキル

ビジネススキルとは、社会人として身につけていると望ましいとされる知識や、技術のことです。例えば、電話や店頭での対応やそれに伴う基本的なパソコンの技術などのことです。

また、会社で働く同業者や、取引先の相手との人間関係を円滑なコミュニケーションをとることや、仕事の業務を習得することもビジネススキルです。

2:ヒューマンスキル

身につけたいスキルは?スキルアップをする意味4つ|用語解説
ヒューマンスキルとは、他の人と円滑な関係を築くために必要なスキルのことで、コミュニケーションスキルとも大きく関係しています。

このスキルは新人であっても、高い位の部署についていたとしても、必要とされます。はコミュニケーション力、聞く能力、交渉力、プレゼンテーション能力、向上心、動機付け、リーダーシップの7つの能力から構成されています。

3:テクニカルスキル

身につけたいスキルは?スキルアップをする意味4つ|用語解説
テクニカルスキルとは、実際に仕事をこなすために身につけている知識や、経験、技術という意味です。 実際に仕事をするときに必要となるスキルです。

テクニカルスキルは、職場や職種、配属される部族によって、大きく異なり、求められるものもそれぞれ違います。働く者として、仕事を行うための技術をレベルアップしていこうという気持ちを持って常に取り組むことは必要なことです。

4:コンセプチュアルスキル

コンセプチャルスキルがある人とは、物事の本質を見抜く力を持っている人という意味です。例えば、1つの失敗から多くのことを学ぶことができる人もいますし、そうでない人もいます。多くのことを学ぶことができる人のことをコンセプチュアルスキルが高い人と言います。

コンセプチャルスキルのある人は、論理的思考、多面的視野、探究心、洞察力、応用力を持っています。そして物事を全体的、かつ論理的に見ることができます。

5:スキルタイム

スキルタイムとは、毎日短時間を、スキルアップのための時間に当てて努力するという意味です。また、「小さな努力の積み重ねが大きなレベルアップの結果につながるので努力しましょう」という意味が込められています。

最近は小学校などがスキルアップタイムが設けて、15分などの短時間を計算や漢字などの学習時間に当てています。1日15分を英語のレベルアップのためのスキルタイムと決めて努力してみてはいかがでしょうか。

スキルの意味を理解しよう

身につけたいスキルは?スキルアップをする意味4つ|用語解説
職場や趣味、ゲームの世界まで幅広く使われているスキルという言葉ですが、スキルの意味を正しく理解することが大切です。

スキルの意味を理解することで、スキルアップをするとはどういう意味なのかも理解することができます。それが実際の職場でのキャリアアップにもつながりますし、スキルアップをするにはどうしたらいいのか具体的にイメージしやすくなります。

スキルの意味を正しく理解し、スキルアップを目指しましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related