Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月09日

アカウントマネージャーとは|5つの業務内容と必要なスキル

アカウントマネージャーとは優れた戦略家であり的確な企画力を持つトップ営業マンです。そこで今回は、アカウントマネージャーの5つの業務内容と必要なスキルについてご紹介していきます。アカウントマネージャーがどのような仕事をしているかについて、詳しく見ていきましょう。

アカウントマネージャーとは|5つの業務内容と必要なスキル

アカウントマネージャーとは

アカウントマネージャーとは、法人営業マネージャーのことです。

インターネット業界にアカウントマネージャーの存在は欠かせません。クライアントに対してWebやモバイルを使った宣伝・プロモーションの提案を行っていきます。

過去のアカウントマネージャーはバナー広告やテキスト広告などの提案がメインでした。しかし最近は新しいマーケティングの手法が次々と開発されているため、AIなどのスキルも重要となってきています。

日本語の意味

アカウントマネージャーのアカウントとは広告主という意味で、マネージャーは管理者という意味です。

アカウントマネージャーは広告代理店で使われていた言葉で、広告主であるクライアントとの窓口となって広告提案を行い、制作進行までフォローすることもある立場の人間です。

アカウントとはもともとは取引口座という意味で、ネット上ではログインするための権利を表す単語として使われています。

会社でどのような位置になるか

アカウントマネージャーは会社の窓口となり、クライアントのすべての営業企画を立てる営業マンとしての立場にいる人物です。

アカウントマネージャーは広告主に対してWebを使った宣伝などの営業戦略を組織的・中長期的に立てます。商品開発も含めて、企画を立てられる法人営業を行っていきます。

アカウントマネージャーとは、マーケティングセンスで一転集中で確実に営業活動を行うことができる、トップ営業マンです。

アカウントマネージャー5つの業務内容

アカウントマネージャーにはさまざまな役割がありますが、主に5つの業務内容から成り立っています。

アカウントマネージャーは法人という大きなクライアントの営業を一手に任される職種です。豊富な経験と卓越した営業能力が必要です。

アカウントマネージャーの仕事は主に、Webを使った宣伝やプロモーションです。しっかりとした営業戦略や企画を立てて売上を伸ばし、顧客と密に連絡を取り合ってニーズに応えることが大切です。

業務内容1:Webを使った宣伝

アカウントマネージャーの業務内容にWebを使った宣伝があります。

現在の営業戦略の中心は、Webを使った宣伝です。アカウントマネージャーは従来のような純広告だけではなく、リスティング広告・行動ターゲティング広告・報酬型の広告・SEO対策・プロモーションサイト制作など、多岐に渡る豊富な商品ラインナップを提案していく必要があります。

業務内容2:プロモーションの提案

アカウントマネージャーの業務内容にプロモーションの提案があります。

プロモーションとはマーケティング技術の一つで、消費者の購買意欲を喚起させるための活動を指します。具体的には、モニタリングやデモンストレーション・特典や割引・会員制度などの提案です。一つひとつのプロモーションはばらばらに実施せずに、一貫性を持たせたマーケティング・ミックスを行うことが重要だとされています。

業務内容3:営業戦略を立てる

アカウントマネージャーの業務内容に営業戦略を立てることがあります。

アカウントマネージャーはクライアントの製品を売り込むために、さまざまな分析を重ねてターゲット層の嗜好を絞り、的確に営業戦略を立てる必要があります。アカウントマネージャーがプロモーションのツールであるネット・映像系ツール、POP広告プロモーションイベント、SPメディア、印刷物などの中から広告主にぴったりの営業戦略を打ち出していきます。

業務内容4:企画を立てる

アカウントマネージャーの業務内容に企画を立てることがあります。

アカウントマネージャーはクライアントに最適な営業企画を立てて、それを実行していきます。近頃は、SNSやVR・AR技術などもプロモーションに取り入れられています。アカウントマネージャーは現代のニーズに合わせた的確な企画を立てる必要に迫られています。

アカウントマネージャーはその営業結果を効果測定して、活動に活かす工夫をすることも大切です。

業務内容5:顧客とこまめに接触

アカウントマネージャーの業務内容に顧客とこまめに接触することがあります。

アカウントマネージャーは広告主のために中・長期的な営業戦略と企画を打ち立てるだけではなく、その後のフォローが大切です。

アカウントマネージャーは、自身の戦略がクライアントの製品にどのような影響を与えてどんな結果を得られたかを報告・確認しながら不備を無くして料金の調整をしながら、次なる企画を考え出していく必要があるからです。

アカウントマネージャーに必要なスキル

アカウントマネージャーに必要なスキルについてご紹介していきます。

アカウントマネージャーには、広告主への的確な企画・提案力がなくてはいけません。また、営業として自社を売り込み、新規の顧客を開拓するためのコネクションや営業能力が必要です。

Webを使った宣伝が増えている近年では、インターネット広告に強いアカウントマネージャーのスキルが必要とされています。

提案力

アカウントマネージャーに必要なスキルとは提案力です。

アカウントマネージャーはクライアントの製品を売り出すために、良いところと悪いところを冷静に判断して営業戦略を生みだせるスキルがなくてはいけません。広告主の意向を100パーセント受けるのではなく、お客様の立場に立って企画を立ち上げていきます。提案力には知識が必須ですが、できる・できないを的確に判断してクライアントに提案できる決断力も必要です。

営業能力

アカウントマネージャーに必要なスキルとは、営業能力です。

営業能力とはいかにお客様の立場に立った戦略を考え出せるかということです。クライアントのターゲット層を的確に判断して、ムダのない営業戦略を立てて宣伝活動を行えるスキルがアカウントマネージャーには必要です。

また、集客・受注率を上げてタイミング良く購入してもらえるための説得力や企画力も必須です。

新規開拓営業

アカウントマネージャーに必要なスキルとは、新規開拓営業力です。

既存のクライアントの売上を伸ばすことも大切ですが、長期的な視点では新規開拓営業スキルがもっとも重要だといわれています。新規開拓営業が無くては自社の成長がストップしてしまうからです。

AIが導入されはじめた現代社会では、特に多様性が求められています。広告主にも多様性が求められている現在、アカウントマネージャーの新規開拓営業は必須業務です。

企画制作力

アカウントマネージャーに必要なスキルとは、企画制作力です。

本来、企画と制作は別モノですが、これからの社会は企画制作力のどちらも兼ね備えたアカウントマネージャーの存在が必要です。アカウントマネージャー自身がクライアントと接して得た情報と、データ分析や経験から得たお客様のニーズを踏まえて、的確な企画制作を行っていく業務が当たり前の世の中になっていきます。

媒体への対応力

アカウントマネージャーに必要なスキルとは、媒体への対応力です。

アカウントマネージャーには、デジタルメディアやWebなど媒体への対応力が必要です。媒体への対応力の中には、社会的な責任や法・道徳などに対する常識的な知識も含まれています。

アカウントマネージャーはネットなどの媒体に対する技術力・応用力を持ち合わせている必要があります。また、それらの媒体を的確に利用できるためのスキルも必須です。

昔と今のアカウントマネージャーの違い

昔と今のアカウントマネージャーの違いについて5つご紹介していきます。

アカウントマネージャーというよりも、営業の形態自体がネットの流通で以前とは大きく違っています。特にAIの導入は大きく、アカウントマネージャーがいろいろな職種の業務を兼務できるようになりました。

そのため、アカウントマネージャーの仕事の効率化が進み、自身の企画をダイレクトに本人が実行できる時代がきています。

取り扱い広告の違い

昔と今のアカウントマネージャーの違いに取り扱い広告の違いがあります。

ネットの発達により、アカウントマネージャーに求められる役割もインターネットを活用したプロモーション全般に関する提案活動へ変化してきています。しかもとても広範なものへと変わってきたため、アカウントマネージャーがIT業界などの法人営業にも簡単に携わることができる時代になりました。

ラインナップ数

昔と今のアカウントマネージャーの違いはラインナップ数です。

現代社会は、広告主からのラインナップがたいへんな数に上っています。一つの商品に一つの戦略では追いつかない時代になっています。

製作活動の有無

昔と今のアカウントマネージャーの違いは製作活動の有無です。

アカウントマネージャーは企画だけではなく制作活動もできなくてはいけません。ネットやAIが無かった昔の時代のように、営業の仕事は細分化されていません。アカウントマネージャーは営業戦略に基づいた制作活動も請け負います。

また、それができるだけのツールや条件がそろっていて、アカウントマネージャー自体も必要なスキルを身につけています。

求められる役割の範囲

昔と今のアカウントマネージャーの違いは、求められる役割の範囲です。

現代のアカウントマネージャーの役割は多岐にわたっています。AI技術やネットの発達により、アカウントマネージャーは営業能力だけでなく、企画力や制作能力・分析力にも長けている必要があります。

それだけ、アカウントマネージャーが活躍できる現場の範囲が広がった証拠です。

使用媒体の違い

昔と今のアカウントマネージャーの違いは、使用媒体の違いです。

アカウントマネージャーは足で働くという時代ではなく、Webを使った宣伝やプロモーションなどの、ネット媒体を利用することが多くなりました。アカウントマネージャーは今後、ロボット(AI)などの最先端技術も使いこなしていく必要があります。

さまざまな新技術と宣伝効果に精通することが、現代社会のアカウントマネージャーに求められています。

事態に即した働きが必要な役職

アカウントマネージャーとは、事態に即した働きが必要な役職です。

アカウントマネージャーについてご紹介してきました。アカウントマネージャーとは、法人を対象にして全面的にバックアップしていく優れた営業マンです。

的確な企画力を持つ戦略家であり、顧客のニーズやクライアントの製品の良し悪しをしっかりと把握できる能力の持ち主です。また現代では、ネットやWeb・メディアにも的確に対応できるスキルも必要です。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related