Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月16日

経理に英語は活かせる?英文経理に就く5つのメリット

英文経理を知っていますか。英文経理とは、どんな仕事をするのでしょうか。ここでは、英文経理の仕事内容や英文経理になるためにはどういった英語力が必要なのか、またおすすめの資格をみていきます。また、英語習得におすすめの学習サービスについてもご紹介します。

経理に英語は活かせる?英文経理に就く5つのメリット

経理に英語は必要?

経理に英語は活かせる?英文経理に就く5つのメリット
経理というと企業の収益をまとめたり勘定科目を計算するというイメージですが、そのような部分的な仕事だけでなく、財務領域全般を担う経理の方もいらっしゃいます。

そのように企業の財務全般を担う経理の場合には、グローバル化されている企業が多い昨今では、英語力が必要になってきています。ここでは、英語力のある経理、英文経理とはどういった仕事なのかについてみていきます。

英文経理とは

英文経理の仕事は企業が海外進出する際に必要になります。海外の企業が日本に子会社として拠点を設立する場合にも、子会社の連結決算を本部に英文で報告しなければなりませんので必要になってきます。

英文経理の仕事は、経理事務の知識はもちろんですが、英語でその経理事務の報告をできるだけの英語力も求められます。また、英文経理は経理の仕事をする上で、よりキャリアアップするための分野であるといえます。

経理で英語が使えることのメリット5つ

経理に英語は活かせる?英文経理に就く5つのメリット
英文経理の仕事が、企業の経理における決算資料や財務諸表などを英語で報告するという仕事であることがわかりました。英文経理は報告資料としての英語力はもちろんですが、口頭による報告もあるため英語のスピーチ力も必要な場合があります。

では、経理で英語が使えることのメリットとは何なのでしょうか。ここでは、経理で英語が使えることのメリットを5つご紹介します。

メリット1:外国法人への報告がスムーズ

経理で英語が使えることのメリットに外国法人への報告がスムーズに行えるということが挙げられます。外資系企業や海外事業を展開する企業の場合は、英文会計が必要なところもあり、外国法人に会計報告をしなければなりません。

もし、英語が使えない場合には会計を出した結果を英訳してもらえるところに依頼しなければならず二度手間になりますが、英語が使えれば一気に報告書を作成でき、スムーズに仕事をすすめることができます。

メリット2:年収が高くなる

経理に英語は活かせる?英文経理に就く5つのメリット
経理で英語が使えることのメリットに年収が高くなるということが挙げられます。経理で英語が使えるということは、外国法人への経理の報告を英訳せずにすぐに報告できるということであり、ただ経理ができる人よりも人材的価値が上がります。

そのため、ただ経理を行うよりも英語力を追加することによって年収アップを期待できます。ただし、年収アップは給与水準の高い企業へ就職することが前提ですので、その点にも注意が必要です。

メリット3:現在持つ経理スキルにプラスできる

経理で英語が使えることのメリットに現在持る経理スキルにプラスできるということが挙げられます。英文経理や英文会計はそれまでの経理経験が基礎となり、培った経験が無駄になりません。

経理スキルにプラスで英語力をつけることでステップアップし仕事の幅も広がります。専門職にありながら、それを活かしステップアップできる仕事はなかなかありませんが、経理の場合は英語力を身につけることにより仕事の幅が広げられます。

メリット4:英文会計や英文経理のニーズが多い

経理に英語は活かせる?英文経理に就く5つのメリット
経理で英語が使えることのメリットに英文経理や英文会計のニーズが高いことが挙げられます。外資系企業や多くの会計事務所では英文会計の求人があります。

英文会計や英文経理は、会計基準が国際化しようとしている現在では求められる人材です。企業や監査法人はグローバル化する中で、国際基準に見合う経理をできる人材を確保したいと考えています。

メリット5:外資系企業への転職に有利

経理で英語が使えることのメリットに外資系企業への転職に有利だということが挙げられます。すでに、外資系企業や海外事業を展開している企業では英文経理の求人は多いです。このような求人では、国際会計基準の理解のほか英語スキルの高さも求められています。

外資系企業に転職する場合には、英文経理のスキルが高ければ、非常に強いアピールになり、転職する場合の大きな強みとなります。

経理に必要な英語力

経理に英語は活かせる?英文経理に就く5つのメリット
英文経理が、経理の中でもステップアップとなるということがわかりましたが、経理に必要な英語力というのは単に会話ができるというものとも違います。ここでは経理に必要な英語力とは何かについてみていきます。

会話力

英文経理の場合には、経理に関する資料を英語で作成することが重要視され、日常会話レベルでも採用されることがあります。しかし、実際は外資系企業や海外支店などで経理を行う場合に日本人以外のスタッフと連絡をとったり海外からの問い合わせに答える必要があります。

そのため、経理に必要な英語力の中にはビジネスレベルで必要な会話力として、具体的にはTOEIC700点ほどのレベルが必要です。

聴き取り力

経理に英語は活かせる?英文経理に就く5つのメリット
経理に必要な英語力として聴き取り力は重要です。なぜなら、英文経理においては海外からの問い合わせや現地スタッフとのコミュニケーションが必要であり、聴き取り力がなければ仕事にならないからです。

英文会計の資料を英語で作成するにしても、企業からの要求を聴き取りできなければ、きちんとした資料作成は難しいでしょう。また、会話においても聴き取り力は必須です。

読解力

経理に必要な英語力として読解力も必要になります。読解力とは、英文会計の資料を読み解く力です。ただし、英文会計の場合は、必要な英語は専門的になってくるため、最初はなかなか難しいでしょうが、覚えてしまえば経理に関する英語の読解力が高まります。

専門性の高い分野で、覚えるべき専門用語も限られているため、一度おぼえれば英文経理の読解力は徐々に培われていくことでしょう。

執筆力

経理に英語は活かせる?英文経理に就く5つのメリット
経理に必要な英語力として執筆力も必要になります。執筆力は英文会計の資料を作る場合には必須の英語力で、英語の執筆力がなければ英文会計の仕事になりません。ただし必要な英語の執筆力はその会社や業務内容によって異なります。

勘定科目のみの仕事であればその業務に特化した言い回しを書くことができれば良いでしょうし、海外の企業とやり取りしつつ幅広い事柄を報告する場合にはより高い執筆力が必要になります。

英文経理を目指す上でおすすめの資格

経理に英語は活かせる?英文経理に就く5つのメリット
英文経理を目指す場合には、取得しておくと役立つ資格があります。ここでは、英文経理を目指す方におすすめの資格を3つご紹介します。これから英文経理を目指す方は以下を参照してぜひ検討してみてください。

資格1:USCPA

英文経理を目指す場合におすすめの資格にUSCPA(United States Certified Public Accountant)があります。USCPAは米国公認会計士という資格で、国際的会計資格です。

日本の公認会計士よりも合格率は高く、知名度もあることから人気の資格といえます。また、日本国内で受験が可能となっており、専門的な経理特有の用語を英語で理解する場合に役立つ資格です。

資格2:BATIC

経理に英語は活かせる?英文経理に就く5つのメリット
英文経理を目指す場合におすすめの資格にBATICがあります。BATICは国際会計検定のことで、英語の読み書きは必要ですが合否判定のないスコア形式となっています。

基礎的試験と専門的試験にわかれており、自分の能力を測るのに適した試験といえます。BATICはUSCPAと同じく国際会計基準の知識を英語により習得するためにはおすすめの試験といえます。

資格3:TOEIC

TOEICは英文経理以外に英語を使う企業であれば高得点をとっていることで就職に有利になる資格試験です。英文経理を目指す方であれば、まず簿記1級をとりTOEIC730点以上とれば国内の一部上場企業の経理に就職するチャンスは広がります。

国内といえどもグローバル化されている企業も多く海外支店との英語のやり取りが必要なケースもあります。知名度も高いTOEICの高得点をとっておくと役立つことが多いでしょう。

英語習得におすすめの学習サービス

経理に英語は活かせる?英文経理に就く5つのメリット
ここまで英文経理を目指す場合には、どういった英語力が必要なのか、またどういった資格を取得するのがおすすめかをみてきました。しかし、英語習得のためには学習サービスを利用することも有益です。ここでは、英語習得におすすめの学習サービスをいくつかご紹介します。

学習サービス1:ネイティブキャンプ

英語習得におすすめの学習サービスにネイティブキャンプがあります。ネイティブキャンプはスマホアプリで、いつでもどこにいても講師との英会話レッスンができる有料オンライン英会話学習サービスです。

ネイティブキャンプはアプリから直接英会話レッスンをスタートでき、とても便利で値段も他オンライン英会話学習サービスに比べリーズナブルです。またファイミリープランでは代表以外の家族も低額で使用可能です。

学習サービス2:スタディサプリENGLISH

経理に英語は活かせる?英文経理に就く5つのメリット
英語習得におすすめの学習サービスにスタディサプリENGLISHがあります。スタディサプリENGLISHは、eラーニング型で人気で、ブラウザやアプリで手軽に英会話学習が可能です。

いきなり講師と話すのが苦手という方も、文法や英単語などをクイズ形式で学ぶことができたり、eラーニングで苦手箇所の分析ができたりと目に見える成果を確認しながら学習をすすめることができます。

学習サービス3:ネイティブイングリッシュ

英語習得におすすめの学習サービスにネイティブイングリッシュがあります。ネイティブイングリッシュは、CDを聴いて実際の発音を行い英会話をマスターするやり方で、自分のペースでゆっくりと英会話学習ができます。

また、英語のあとに日本語も流れるために、いちいち調べる手間が省け、効率的に学習できます。また、買い切り教材ですので月々のレッスン料がかかることもありません。

学習サービス4:産経オンライン英会話

英語習得におすすめの学習サービスに産経オンライン英会話があります。産経オンライン英会話は、有料オンライン英会話の中でも評判がよく、コスパも良いという特徴があります。

講師はほぼフィリピン人ですが、フィリピン人は英語能力がほぼネイティブと変わらず質が良い上に、スカイプにより低価格で優秀な講師のレッスンを受けることができます。

学習サービス5:DMM英会話

英語習得におすすめの学習サービスにDMM英会話があります。DMM英会話は、低予算で手軽に英会話のレッスンを受けたい方には最適な学習サービスです。

1レッスン約150円から、毎日1レッスンのプランも約6,000円という驚きのコスパの良さが特徴です。また、スタンダードプランでは90カ国以上の講師とスカイプでビデオレッスンができます。

英語が使えると経理の仕事の幅も広がる

経理に英語は活かせる?英文経理に就く5つのメリット
いかがでしたか。英文経理とはどのような仕事か、経理に必要な英語力に何があるか、英文経理を目指す場合に取得すべき資格などわかりました。経理は企業の財務関係のみ担当しているイメージがありますが、実は英語を習得することによりキャリアアップできる職種でもあることがわかりました。

英語が使えることにより経理の仕事の幅も広がりますので、経理担当の方はぜひ英語習得を目指してみてはいかがでしょうか。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related