Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月17日

オススメの思考ツール16選|思考ツール活用のメリット3つ

自分の持つ情報やアイデアを整理・分析しまとめていくときに役立つ思考ツールに興味のある人は多いのではないでしょうか。この記事ではおすすめの思考ツールと、思考ツールを活用することで得られるメリットについて詳しくみていきます。ぜひ読んでみてください。

オススメの思考ツール16選|思考ツール活用のメリット3つ

思考ツールはアイデアに行きづまったときに助けてくれる

オススメの思考ツール16選|思考ツール活用のメリット3つ
思考ツールとは自分の頭の中にある情報を整理・分析し、自分の考えをまとめるのに役立つのはもちろん、自分の頭の中にある情報を他者に伝えやすい形にまとめていくときにも役立ちます。

思考ツールは自分の持つ情報がうまくまとまらず、新たなアイデアが浮かばなくなり行き詰ってしまったときに助けてくれます。

思考ツールを使いこなし日々自分の頭の中にある情報を整理する習慣をつけていくと、仕事の効率が上がっていきます。

オススメの思考ツール16選

オススメの思考ツール16選|思考ツール活用のメリット3つ
自分の頭の中の情報をまとめるときに用いる思考ツールにはたくさんの種類があります。どの思考ツールも思考整理という目的は同じですが、思考を整理していくまでのプロセスが異なります。

たくさんある思考ツールの中から自分にあった思考ツールを見つけ、活用していくことが大切です。

ここからはおすすめの思考ツールを16個紹介していきます。それぞれの思考ツールの特徴を知って、自分にあった思考ツールを見つけてください。

ツール1:Mind Vector

オススメの思考ツールの1個目はMind Vectorです。Mind Vectorは物事の全体像を把握するために用いるマインドマップの作成と共有ができるアプリです。

マインドマップを共有することで、チームでブレインストーミング行うことができ、効率的にアイデアをブラッシュアップすることができます。

ツール2:ひとり会議

オススメの思考ツール16選|思考ツール活用のメリット3つ
オススメの思考ツールの2個目はひとり会議です。ひとり会議は一人でチャットを用いて会議をするアプリです。

ひとり会議を行うことで自分のかかえている問題に、客観的な視点を持ちながら向き合うことができるので、問題を解決しやすくするスキルを身につけられます。

ひとり会議を習慣化していくと、物事を多角的にみることができるようになり問題解決能力が高まっていきます。

ツール3:MindNode 5

オススメの思考ツールの3個目はMindNode5です。MindNode5は自分の思考を視覚的に表現するマインドマップを作ることができるアプリです。

自分の持つアイデアを打ち出すとアイデアを自動で整理してくれるので、アイデアを分析しやすくなります。アイデアを分析し革新的なアイデアを生み出していきたい人にオススメです。

ツール4:iThoughts

オススメの思考ツール16選|思考ツール活用のメリット3つ
オススメの思考ツールの4個目はiThoughtsです。iThoughtsは、物事の全体像を把握するために用いるマインドマップを用いてアイデア整理したり目標を立てたりするのに役立ちます。

有料のアプリですがタスクリストの作成ができたりメモ機能がついていたりと思考を整理し、自分の能力を高めるのに役立つサービスがたくさん盛り込まれているので、無料の思考ツールに物足りなさを感じている人におすすめです。

ツール5:MandalArt

オススメの思考ツールの5個目はMandalArtです。MandalArtでは3×3の9つのマスを利用して自分の考えを整理します。

9つのマスには中央にメインテーマを記入しメインテーマに関連した事柄を周辺の8つのマスに記入します。その後関連した事柄をメインテーマにして新たに9つのマスを埋めていく作業を繰り返します。

メインテーマに関連した事柄について深く考えることで、自分のアイデアが深まっていきます。

ツール6:WiDEA

オススメの思考ツールの6個目はWiDEAです。WiDEAはkeywardとideaを組み合わせた造語で、このアプリではランダムに提示される3つのワードから連想されるアイデアを記録していきます。

このアプリを利用すると日々自分の発想力を鍛えることができることはもちろん、仕事に役立つ新たな着想を得る機会が増えます。

ツール7:iCardSort

オススメの思考ツールの7個目はiCardSortです。iCardSortは思いついたアイデアを付箋のように張り付けていくことができます。

iCardSortの特徴としては、普選を張り付けることで自分の思いつきを可視化し構想を練りやすくなる点です。

ごとにフォルダーを分け残しておくこともできるので、今の仕事についてだけでなく今後のキャリアプランについて自分の考えをまとめていくときにも便利です。

ツール8:MindMeister

オススメの思考ツールの8個目はMindMeisterです。MindMeisterは自分の思考を視覚的に表現するマインドマップをリアルタイムで同僚や友人などとシェアすることができます。

このアプリにはチャット機能やプレゼンテーションを作成する機能も付いているので、離れた場所にいてもすぐに話し合いをすることができアイデアをもとにした作業を進めていくことができます。

ツール9:Ideament

オススメの思考ツールの9個目はIdeamentです。Ideamentは自分の思考を視覚的に表現するマインドマップや相関図をスマホで簡単に作成できるアプリです。

マインドマップや相関図に吹き出しを入れたり矢印を追加したりできるので、よりわかりやすい図を作ることができ、あとから見ても記入した際の自分の考えがしっかりとわかるアイデアメモが作成できます。

ツール10:アイデアの小槌

オススメの思考ツール16選|思考ツール活用のメリット3つ
オススメの思考ツールの10個目はアイデアの小槌です。アイデアの小槌はスマホを振るとランダムに単語を出したり、入力した単語に関連する単語を提示したりする機能があります。

アイデアの小槌を利用すると、自分ではなかなか思いつかない単語んい接することができ、自分の発想に良い刺激を与えてくれます。キャッチコピーを考えるなど人に新しいアイデアを提供することを仕事にしている人に特におすすめしたいアプリです。

ツール11:Draft Space

オススメの思考ツールの11個目はDraft Spaceです。Draft Spaceは自分の頭に浮かんだアイデアをためておくけるアプリです。

記入したアイデアは画面上に無造作に表示され、スマホを動かすとそれぞれがランダムに動きます。関連するか分からないアイデアを見つめることで新しい発想が生まれやすくなります。シンプルで自分の思考の邪魔にならない思考ツールが欲しい人におすすめです。

ツール12:マンダラチャート

オススメの思考ツール16選|思考ツール活用のメリット3つ
オススメの思考ツールの12個目はマンダラチャートです。マンダラチャートは前述したMandalArtと明確な違いはなく、マンダラチャートも3×3の9マスを用いて思考を整理していきます。

中心になるメインワードから連想するワードを周りに記入し、その後周りの連想ワードをメインにおいて再度マンダラチャートを利用してくことでたくさんのアイデアが浮かんできます。

ツール13:Instaviz

オススメの思考ツールの13個目はInstavizです。Instavizはスマホの画面を指でなぞるだけで、円や四角などの図形や線を簡単に書くことができ、自分の発想を樹形図で表すことができるアプリです。

自分の思考を大まかにスケッチしたあとに、ゆっくりと詳細をまとめていきたい人におすすめです。

ツール14:NeverMind

オススメの思考ツールの14個目はNeverMindです。NeverMindは物事の全体像を把握するのに用いるマインドマップを簡単に作ることが可能です。

このNeverMindでは自分の考えの中心になるワードを記入したあと、関連するワードをツリー上に配置することができます。

メインワードを関連ワードを図式化することで、頭の中で考えているだけではイメージがつかみずらかったものが明確になっていきます。

ツール15:アイディア帳

オススメの思考ツールの15個目はアイディア帳です。アイディア帳は自分のアイディアを記入していくノートです。

スマホのアプリでもアイディアを書き残していくものがありますが、洋服やインテリアなどのデザインを記入していく際にはデジタルよりもアナログのアイディア帳の方が便利です。

アイディア帳に書きこんだアイディアを時々見返す習慣をつけると、過去の発想から新たな発想が生まれる可能性があります。

ツール16:KATARUTA

オススメの思考ツールの16個目はKATARUTAです。KATARUTAは「もし」や「例えば」などの何かを語る際の文頭に置かれる言葉を集めた、人と何かを語るためのカルタです。

お題をについて話すときに使う文頭の言葉がKATARUTAで決まるので、自分の思うとおりに話しを進めるのは難しいですが、人前で話すのが苦手な人でも簡単に話しができます。頭の中を整理しながら話す訓練がしたい人におすすめです。

思考ツール活用のメリット3つ

オススメの思考ツール16選|思考ツール活用のメリット3つ
思考ツールを活用し頭の中にある情報が整理された状態にはたくさんのメリットがあります。

ここからは思考ツール活用のメリットを3つ紹介します。どのメリットもビジネスシーンで役立ち、自分のキャリアアップを図るのに役立つものなので、メリットを思考ツールを利用する習慣をつけるときのモチベーションにしてください。

メリット1:思考の可視化が図れる

オススメの思考ツール16選|思考ツール活用のメリット3つ
思考ツール活用のメリットの1つ目は思考の可視化が図れることです。人は日々たくさんの情報に触れていて、その中には情報同士がつながることで役立つものも多く存在しています。

思考ツールを活用するとその日に触れた情報を整理・分析しまとめる作業を円滑に行えるので、思考の可視化が容易になります。

また思考の可視化を行うと、話し合いやプレゼンテーションの場面で、自分の考えを明確に伝えられるようになっていきます。

メリット2:話し合いが活発になる

オススメの思考ツール16選|思考ツール活用のメリット3つ
思考ツール活用にメリットの2つ目は話し合いが活発になることです。思考ツールを使って自分の頭の中を整理した上で話し合いに参加すると、自分の意見をしっかりと持った状態で他者と話すことができるので活発な意見交換がしやすくなります。

普段から活発な話し合いの中心に自分が存在できるようにしておくと、上司や同僚から能力を認められやすくなり、リーダーを任されるなどキャリアアップにつながっていきます。

メリット3:新たな気付きが生まれる

オススメの思考ツール16選|思考ツール活用のメリット3つ
思考ツールのメリットの3つ目は新たな気づきが生まれることです。思考ツールは自分の持つ情報を整理・分析しながらまとめていくので、自分の考えをまとめていく過程で新たな気づきが生まれることが多くあります。

新たな気づきは良いアイデアが浮かばず悩んでしまっている現状を打開するカギになります。そのカギを発見することができる思考ツールはビジネスシーンはもちろんプライベートでも自分自身を助けてくれます。

思考ツールを有効に活用しましょう

オススメの思考ツール16選|思考ツール活用のメリット3つ
今回は思考ツールについて詳しくみてきました。たくさんある思考ツールの中から自分に合いそうなものを見つけられた人もいるのではないでしょうか。

思考ツールは自分の考えを持ち生活したいと考えている人にはとても役立つものです。自分に合った思考ツールを見つけ、思考整理に有効に活用し、仕事やプライベートの場面に活かしていきましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related