Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月10日

ヘッドハンティングでの転職の特徴7つ|おすすめの転職サービス7選

皆さんこんにちは、今回は「ヘッドハンティングでの転職の特徴7つ|おすすめの転職サービス7選」と題し、「ヘッドハンティングでの転職の特徴」をはじめ、ヘッドハンティングを活用する際に有力な転職サービスを詳細かつ簡潔にご紹介します。ぜひご参考下さい。

ヘッドハンティングでの転職の特徴7つ|おすすめの転職サービス7選

ヘッドハンティングとは?

一般的に「ヘッドハンティング」というのは、「多種多様な職種分野に通用する能力を持つ人材を、多くの情報ネットを駆使して探し出し、主に企業側からスカウトの形で採用する」といったスカウト制の人材採用基準を指します。

プロ野球やバスケットボール界などをはじめ、主にスポーツの世界でよく見られる「スカウト」や「ドラフト制」に見られる人材採用に近く、この点で求職者としては得意な分野で活躍できる利点があります。

ヘッドハンティングによる転職について

先述でご紹介しましたように、ヘッドハンティングによる転職において利点となるのは、まず「待っているだけで企業から採用のオファーを出してくれる点」にあり、その上で得意な能力を買われての採用となるため、得意分野で仕事ができる点にあります。

主にスカウト制による人材採用となるため、企業側が手取り足取り動いてくれるといった逆転型の転職活動になるため、求職者にとっての利点は非常に大きくなります。

ヘッドハンティングでの転職の特徴7つ

さて、先述では「ヘッドハンティング」そのものについてのご紹介をしましたが、ここからは転職とヘッドハンティングとの関連性に注目し、「ヘッドハンティングでの転職の特徴7つ」と題して、具体的なヘッドハンティング転職の魅力・利点をご紹介していきます。

ヘッドハンティングは現代でも非常に多くの分野で行なわれており、一般企業からのヘッドハンティングをはじめ、在宅ワーク向けのヘッドハンティングも見られます。

1:転職を考えていない人が対象

転職時にヘッドハンティングが行なわれる場合、主に「その特定企業への転職を考えていない人」を対象にしたオファーがよくあります。

これはなにも、その企業に向いていない人を対象にするわけではなく、その分野に能力があればその人を採用するといった、これもヘッドハンティングならではのスカウトになります。

この場合も求職者は待つだけでかまわないため、余裕をもって転職時の交渉ができるでしょう。

2:企業からの指名によるスカウト

このヘッドハンティングが行なわれる場合は、基本的に「その採用候補者を指名する形」でのスカウトが行なわれ、企業とその採用候補者との1対1での(転職に関する)交渉が展開されます。

余計な外野を挟まず1対1での交渉が基本となるため、その点では転職するまでのスピードがかなり速くなる場合が多いでしょう。

3:選考はされない

ヘッドハンティングが行なわれる場合はまた、必要以上の選考課程が取られない場合が多くあります。たとえば書類選考・面接を含め、一般に行なわれる選考基準が省かれた上で、直接交渉の形で「すぐ採用」となることが非常に多いです。

ヘッドハンティングでは基本的に「その採用候補者の既存の能力」を買った上での企業側からの採用となるため、選考する必要がないことに起因します。

4:リスクが低い

通常の転職・就活においては、「失敗」というリスクを背負うことになりますが、このヘッドハンティングの場合はいわゆる「指定校推薦」と同じレベルでの採用選考となるため、ほぼその採用が決定されている傾向が高まります。

「その人の能力がどうしてもほしい」とした企業からの逆指名候補・採用となるため、普通の転職時に見られるリスクが減ることは当然で、その上でなお優遇される機会も破格に増えることになるでしょう。

5:断る可能性もある

ヘッドハンティングによる採用オファーが舞い込んできた場合でも、その後で採用が断られるケースもあります。

この場合は稀ですが、たとえば採用が決定した後で、採用候補者が何らかの問題を起こしてしまったり、また何らかの経歴詐称などが発覚した場合には、その時点で採用が見送りの形がよく採られます。

これは通常の転職・就活時でも同じ経過となるため、ヘッドハンティングだからと言って油断していてはいけません。

6:ヘッドハンターによる声掛け

ヘッドハンティングでは主に、ヘッドハンター(採用担当者・スカウト担当者)によるオファー(声掛け)から始まります。

この場合はなにも、街を歩いているときにいきなり声を掛けるといった具合ではなく、また電話を掛けるでもなく、電子メールを通じて声掛けをする(オファーを申し入れる)という形になります。

転職サイトなどでWeb履歴書などを提示している場合に、そのサイトを通じてメールが送られます。

7:非公開求人である

転職サイト・エージェントなどを通じてこのヘッドハンティングが行なわれる場合、その求人情報はほとんど「非公開求人」であることが多いです。企業が独自に求職者に対してオファーをするため、その求人情報が一般に公開されないのは当たり前のことになります。

転職サイトなどで公開されている求人情報というのは、基本的には「求職者から企業に向けてオファーする」という情報になるため、この逆の場合は非公開となります。

ヘッドハンティングでの転職のリスク

さて、先述では「ヘッドハンティングによる転職のメリット」を主にご紹介してきましたが、ここからは「ヘッドハンティングでの転職のリスク」と題し、その場合にどのようなデメリットがあるか・リスクを背負うことになるかについてご紹介していきます。

ヘッドハンティングの場合でも、主にその転職後には定着率が割と低いという統計が出ているため、結果的には満足のいかない転職が行なわれる場合も多く見られます。

1:入社後のプレッシャー

これは人によって変わりますが、ヘッドハンティングというのは先述のように「指定校推薦で高校・大学に入学した」という状態とほぼ同じ状態が見込まれ、その点では仕事において大きなプレッシャーが掛かってしまうことがよくあります。

「自分の能力を買ってくれたんだから期待に応えないと」と異常に気構えてしまい、それによって気疲れしてしまう人も少なくありません。

2:考えていた職場環境との違い

これも通常の転職時・就職時によく見られる例ですが、都合の好いことばかり言われて実際に職場に入ってみると、自分が想定していた理想的な職場環境からかけ離れていた、というケースもよく見られます。

これは主に企業情報をしっかり把握していないためのデメリットになり、ヘッドハンティングされたことによってその辺りの情報確認を油断してしまい、何でも良く考えてしまった結果に見られます。

3:入社した企業の社員の反応

転職する場合の非常に大きな課題・問題点がこの点ですが、「入社後の人間関係の構築が非常に難しい」というデメリットがこのヘッドハンティングの場合、通常の転職時よりかなり大きくなってしまう場合があります。

ヘッドハンティングは「その人材の能力を大きく評価した上での採用」となるため、通常の就活を経て入社した社員にとっては立場が上のように見えてしまうこともあります。

ヘッドハンティング型の転職が可能な転職サービス7選

ここからは「ヘッドハンティング型の転職が可能な転職サービス7選」と題して、ヘッドハンティングをねらって転職を目指す際に、実用的な転職サイト・エージェントの類をご紹介していきます。

ヘッドハンティングというのは、どのサイトも利用していない場合はまず行なわれず、必ず「Web履歴書を提示できるどこかの転職サイトを活用している人」に限ってなされます。この点に十分配慮しておき、理想的な転職を目指しましょう。

1:BIZREACH(ビズリーチ)

BIZREACHでは主に、求職者の個別能力に配慮したPR方法を教え、その能力を確実に活躍させてくれる点が魅力です。

ヘッドハンティングによる転職をねらう場合でも、そのために必要なハウトゥ・PR方法を具体的に提示し、理想的な職先へ斡旋できるだけの情報を与えてくれるでしょう。

2:CAREER CARVER(キャリアカーバー)

次にCAREER CARVERですが、ここではハイクラス企業へ転職する場合にそのPRが十分活用される転職法を教えてくれ、適職を見付けるための必須の活動内容を実践的に示唆してくれます。

ヘッドハンティングにより転職する場合では、その際の注意事項と理想の職場との斡旋をはじめ、「現時点で活用できる自己PR」を充実させてくれるでしょう。

3:RAYNOS(レイノス)

最近でも人気が高いRAYNOSですが、ここではまずヘッドハンティング向けの転職斡旋が充実しています。

特に「Web履歴書の魅力的な作成方法」なども通常から教えてくれる上で、求職者はただ「待っているだけで理想の職先を見付けられる」といった、マイペースで転職活動を進められるサイトとして魅力があります。

初めて転職サイトを利用する場合でも都合が良いので、ぜひ一度試してみましょう。

4:dodaエグゼクティブ

次にdodaエグゼクティブですが、dodaでは基本的に求人情報が非常に充実している点が魅力とされ、必ずと言ってよいほど「自分にとっての理想的な適職」を見付けられるという大きな利点があります。

その上で、ヘッドハンティングでの転職斡旋にも注力しており、その際に必要となる活動内容をはじめ、その時点で活用しやすい求人情報を率先して紹介してくれる点でも非常に魅力的です。

5:クライス&カンパニー

スカウトメールの活用も盛んであり、特に非公開求人の数がかなり多く充実している「クライス&カンパニー」では、ヘッドハンティング向けの転職斡旋にとても注力し、その上での成果・実績も非常に安定しています。

主に外資系企業から中小企業各種に至るまで、そのヘッドハンティングがオファーされる企業職種の幅も広いため、ぜひ一度は利用が勧められるサイトになるでしょう。

6:Korn Ferry(コーン・フェリー)

Korn Ferry(コーン・フェリー)では、提携企業との密な連絡のやり取りをもってスカウトメールも盛んに活用され、その上で転職情報にスムーズに置き換えていけるといった、非常に転職サイトとしての利点の高さがウリになります。

初めて転職サイトを利用する場合でも扱いやすく、自分にとって理想的な職場を簡単に見付けるためのステップアップを図ることもたやすいでしょう。

7:縄文アソシエイツ

縄文アソシエイツでは、主に「ヘッドハンティング専用の転職サイト」とよく言われるほどそのための転職ツールが豊富にあり、主にヘッドハンティング向けの企業情報・顧客(求職者)情報を円滑に疎通させたシステムが独自に取られている点に魅力があります。

ヘッドハンティングのために設けられたこの「縄文アソシエイツ」なので、ヘッドハンティングで転職を決めたい場合は、ぜひ率先して当サイトを利用してみましょう。

ヘッドハンディングによる転職を理解しよう!

いかがでしたか。今回は「ヘッドハンティングでの転職の特徴7つ|おすすめの転職サービス7選」と題し、「ヘッドハンティングでの転職の特徴」をはじめ、ヘッドハンティングを活用する際に有力な転職サービスを簡潔にご紹介しました。

ヘッドハンティングというのは「企業側から求職者にオファーを出し、その場で採用を決定する」という方法になるため、そのための転職活動をしておくことは非常に大きな利点となるでしょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related