Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月11日

ヘッドハンターとは?ハイクラス転職サービスのメリット5つ

転職活動には転職サイトや転職エージェント、ハローワークなどを利用するなどのいろいろな方法などがあります。ヘッドハンターを利用することも転職活動の方法の1つです。ただし、ヘッドハンターを通しての転職活動は他の転職活動とは異なる点が多くあります。

ヘッドハンターとは?ハイクラス転職サービスのメリット5つ

ヘッドハンターとは

ヘッドハンターとは?ハイクラス転職サービスのメリット5つ
今までは同じ職場でキャリアを積むことが良いこととされてきました。しかし、今では自身のステップアップや新しい職場環境を求めるなどの理由で転職を決断する人も増えています。

転職活動には転職サイトや転職エージェント、ハローワークなどを利用するなどのいろいろな方法などがあります。ヘッドハンターを利用することも転職活動の方法の1つです。ヘッドハンターは企業が求める人材を見つけ、企業に紹介をしています。

ヘッドハンターと転職エージェントの違い

ヘッドハンターは企業が求める条件と一致する人材を見つけて、その企業に紹介をします。この転職の流れは転職エージェントと変わりなく思えます。

しかし、転職エージェントでは求職者が自らサービスを利用することに対して、ヘッドハンターでは電話やメール、封書などで連絡を取り、面談にこぎつけます。なので、転職エージェントでは求職者に対して受け身で、ヘッドハンターは積極的に求職者に接触をするという違いがあります。

企業がヘッドハンターを使う理由

企業がヘッドハンターを利用する理由の1つとして、エグゼクティブ層などのハイクラスな人材を求めることがあります。

ハイクラスな人材は能力が高いため、すでに勤めている企業にとって重要な存在となっていることが多いです。なので、ハイクラスの人材は転職活動を行っていることが少ないです。

ヘッドハンターはそのハイクラス転職を検討している人に声をかけたり、引き抜きなどの提案を行ってくれます。

ヘッドハンターを使うメリット

ヘッドハンターとは?ハイクラス転職サービスのメリット5つ
ヘッドハンターを利用することで、企業はハイクラスの人材を確保できる可能性が高くなるというメリットがあります。また、ヘッドハンターを利用することで、企業側だけでなく、転職をする人にとってもメリットがいくつかあります。

なので、転職を検討していないときに、ヘッドハンターからの提案を受けた際には、それらのメリットを転職のきっかけや判断材料などにしても良いでしょう。

メリット1:年収が上がる

ヘッドハンターを通しての転職では年収が上がることが多いです。これはすでに勤めている会社よりも良い条件を提示しなければ、交渉が成り立たないことがあるためです。

しかし、ヘッドハンターを通せば必ず年収が上がるというわけではなく、年収の変わりに労働環境の充実などを提示されることもあります。年収に納得できない場合はヘッドハンターを通して企業と交渉することもできますが、無理な交渉は印象を悪くしてしまいます。

メリット2:空白期間なしで転職できる

ヘッドハンターとは?ハイクラス転職サービスのメリット5つ
転職の際には、勤めている会社での手続きや、業務の引き継ぎなどに時間がかかることがあります。また、退職と入社の時期が合わないと仕事にブランクの期間ができてしまうことがあります。

ですが、ヘッドハンターを通しての転職は、ヘッドハンターを通して企業といろいろな交渉をすることができます。そのため、企業と入社時期について交渉することで、ブランク期間が出ないようにすることができます。

メリット3:管理職などの非公開求人に応募できる

管理職などのハイクラス転職の求人情報は非公開求人となっていることが多いです。そのため、自分で転職サイトや求人情報誌などでその求人情報を見つけることはできません。非公開求人はヘッドハンターや、転職エージェントなどが主に取り扱っています。

その理由は、ハイクラス転職では一般に情報を公開するよりも、ヘッドハンターやキャリアアドバイザーに求職者の面談を事前に行ってもらった方が、効率が良いことなどがあります。

メリット4:採用率が高い

ヘッドハンターとは?ハイクラス転職サービスのメリット5つ
ヘッドハンターを通して企業の紹介を受けた場合でも、選考が行われることはあります。しかし、ヘッドハンターを通しているので、すでに企業が求めている人材の条件とある程度は一致していることがわかっていたり、能力や経歴、実績などが企業に伝わっています。

そのため、選考が行われても他の一般の選考と比べて採用率は高いです。また、場合によっては交渉が成立すれば選考が行われないこともあります。

メリット5:転職のきっかけになる

ヘッドハンターから声をかけらた際に、転職を全く検討していないという人もいます。しかし、ヘッドハンターから声をかけられて、転職の条件を聞くことで、今の会社に勤め続けても良いかどうかを考えるきっかけとなります。

検討した結果、転職をしないとしても今後の仕事について考えることができ、転職を断ったとしても本人には大きなデメリットもありません。

ヘッドハンティングで転職するためにやるべきこと

ヘッドハンターとは?ハイクラス転職サービスのメリット5つ
ヘッドハンターを通しての転職は企業だけでなく、転職する本人にとってもメリットがあります。しかし、ヘッドハンターを通しての転職活動は、転職サイトや転職エージェントなどのように、登録を行えばサービスが受けられるというものではありません。

中には、自身でヘッドハンター会社に連絡をすることもできますが、基本的にはスカウトの流れとなるため、他の方法での転職活動とはやるべきことが異なってきます。

やるべきこと1:人脈を作る

ヘッドハンターを通しての転職活動の基本的な流れはスカウトになります。なので、まずはヘッドハンターに自分の存在を知ってもらわないといけません。

ヘッドハンターに自分の存在を知ってもらうためには、社外での人脈と評判をとにかく広げることが重要です。ヘッドハンターは優秀な人材を確保するために、常に多くの企業や業界に対してアンテナを貼っています。まずはそのアンテナの範囲に入ることが必要です。

やるべきこと2:英語力を鍛える

ヘッドハンターとは?ハイクラス転職サービスのメリット5つ
ヘッドハンターを利用してハイクラスの人材を求めている企業は、能力や実績が重視することが多いです。実績では前職での役職や仕事で出した結果などが重視されます。能力では高度の専門技術や知識、経験などが求められます。

また、海外とのやりとりをしなければならない企業では、英語を使えることが最低条件となる場合もあります。他にも、指定の資格を持っていることなども最低条件として挙げられることもあります。

やるべきこと3:発信して自分をマーケティングする

先に述べた通り、ヘッドハンターは転職サイトや転職エージェントなどのように、自ら進んでそのサービスを受けられるわけではありません。そのため、人脈と評判を広げてヘッドハンターのアンテナの範囲に入るように自ら情報を発信して、自身をマーケティングする必要があります。

効果的な方法の1つとしては、自分の仕事が雑誌やネットなどで名前と顔写真付きで紹介されることなどがあります。

やるべきこと4:チャンスや機会にオープンな姿勢を持つ

ヘッドハンターとは?ハイクラス転職サービスのメリット5つ
ヘッドハンターに自身の存在を知ってもらうためには、自ら自分のことを発信してマーケティングを行う必要があります。しかし、どれだけ自身のマーケティングを行ったとしても、ヘッドハンターを通しての転職活動の基本はスカウトです。

そのため、ヘッドハンターからのアプローチを待つ必要があり、またそのアプローチの機会やチャンスを逃さないように些細なことにも敏感に反応できるようにしておかないといけません。

やるべきこと5:積極的に会う

せっかくヘッドハンターに自分の存在を知ってもらうことができたとしても、ヘッドハンターと接触をしなければ、転職の話しを進めることはできません。

また、ヘッドハンターと会う機会やチャンスがあっても、仕事で時間が取れなかったり、休日の時間を潰してしまうことを面倒に思ったりなどしてしまう人もいます。

機会やチャンスは活かさないと転職は成功しないので、ヘッドハンターと会う時間は積極的に確保するようにしましょう。

おすすめのヘッドハンティング系転職サービス

ヘッドハンターとは?ハイクラス転職サービスのメリット5つ
転職活動では転職エージェントを利用する人も増えてきています。転職エージェントではオファーやスカウトなどの機能で企業から求職者へアプローチが行えるものもあります。

ただし、これらはヘッドハンターの行うオファーやスカウトとは異なり、企業は求職者に興味を持ったというアプローチをしただけなので注意しましょう。

また、転職エージェントにはいくつも種類があり、それぞれ持っている特徴が異なることにも注意が必要です。

おすすめ1:キャリアカーバー

ヘッドハンターを通しての転職はハイクラス転職となることが多いため、転職エージェントではハイクラス転職に特化したものを利用すると転職に成功しやすいです。キャリアカバーはリクルートが運営する転職サービスの1つで、ハイクラス転職に特化しています。

ハイクラス転職では求職者も企業も難度の高い条件を求めてしまうことがありますが、キャリアカバーではその難易度の高い条件をうまくマッチングしてくれます。

おすすめ2:ビズリーチ

ヘッドハンターとは?ハイクラス転職サービスのメリット5つ
ビズリーチはテレビなどでよくCMが流れているため、その認知度は高いです。ビズリーチもキャリアカバーと同様に、ハイクラス転職に特化しています。

取り扱っている求人情報の数も非常に多いため、求める条件が一致する企業をきっと見つけることができるでしょう。

おすすめ3:doda エグゼクティブ

DODAもビズリーチと同様に、テレビなどでよくCMが流れているため、その認知度は非常に高いです。転職エージェントとしても、大手3大エージェントのうちの1つとなっていて、求人数も非公開求人も取り扱いが非常に多いです。

DODAではエグゼクティブ転職に特化させたサービスも取り扱っています。そのため、DODAからハイクラス転職を行うことも可能です。

おすすめ4:JACリクルートメント

ヘッドハンターとは?ハイクラス転職サービスのメリット5つ
JACリクルートメントもDODAと同様に大手3大エージェントの1つで、ハイクラス転職に特化した転職エージェントです。JACリクルートメントの持つ大きな特徴として、求職者側と企業側の両方を同じアドバイザーが担当します。

そのため、段取りがスムーズになったり、求職者側と企業側のアドバイザー同士で意見が異なったりなどすることがありません。

おすすめ5:ランスタッド

ランスタッドは、外資系でトップクラスの人材ビジネスを展開している企業です。そのため、外資系企業の求人を多く取り扱ったり、ハイクラス転職に特化しているという特徴を持っています。

また、20代の若い世代の転職サポートにも力を入れているため、総合的にバランスの良い転職エージェントとなっています。

ヘッドハンターを使って有利に転職しよう

ヘッドハンターとは?ハイクラス転職サービスのメリット5つ
転職活動にはいろいろな活動方法があります。ヘッドハンターを通しての転職活動もその1つです。ヘッドハンターは他の転職活動の方法と異なり、受け身の活動となります。

ですが、うまくヘッドハンターを活用することで、多くのメリットを得ながら転職をすることができることもあります。なので、ヘッドハンターをを通しての転職活動も検討してみましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related