Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月24日

5つの年齢別テクニカルアーティストの平均年収|独立開業をしたほうがいい?

皆さんこんにちは、今回は「5つの年齢別テクニカルアーティストの平均年収|独立開業をしたほうがいい?」と題して、「年齢別テクニカルアーティストの平均年収」をはじめ、テクニカルアーティストの独立開業の魅力や注意点についてご紹介します。ぜひご参考下さい。

5つの年齢別テクニカルアーティストの平均年収|独立開業をしたほうがいい?

テクニカルアーティスト

5つの年齢別テクニカルアーティストの平均年収|独立開業をしたほうがいい?
テクニカルアーティストと聞いて皆さんはどんな印象・イメージが湧くでしょうか。「テクニカルアーティスト」の主な仕事というのは、基本的にゲーム分野でのCG担当となり、新しい企画・ゲームソフトの開発現場においてデザイナーとエンジニアの仲介役になります。

デザイナーによって「このようなゲームを企画しよう」と提案された内容(イメージ)をそのままエンジニアへ伝え、次はエンジニアによって企画が実現されます。

テクニカルアーティストの主な仕事内容

5つの年齢別テクニカルアーティストの平均年収|独立開業をしたほうがいい?
先述のように、テクニカルアーティストの主な仕事内容は、企画したゲーム内容をデザイナーからエンジニア(システムエンジニアなどを含む)へ伝え、そのデザインされた内容を実現に向けて開発していく仕事となり、具体的にはそのための支援という形になります。

テクニカルアーティストに求められる技術というのは、基本的に「企画と設計に携わるためのワークサポート」となり、想定した企画の具体的な実践となります。

テクニカルアーティストになるには?

まずテクニカルアーティストになるためには「ゲーム企画に精通する知識・スキル」が求められ、現代のゲーム業界ニーズをはじめ、その企画を達成させられるだけの「IT関連技術・コミュニケーション能力」などが必須となるでしょう。

テクニカルアーティストになる上で重要なことは「IT関連・ゲーム情報に詳しいこと」はもちろん、各部署に設計内容を伝えられる交渉・伝達能力がかなり重要となります。

テクニカルアーティストの将来性

5つの年齢別テクニカルアーティストの平均年収|独立開業をしたほうがいい?
テクニカルアーティストという職種は先述のように「職種間での伝達を行なう仕事」がメインになるため、その将来性を図る場合は企業別での関連職種を同時に確認する必要があり、テクニカルアーティスト関連の資格取得なども求められます。

テクニカルアーティストに就く場合の年収も高額の場合が多いため、独学でテクニカルアーティストを希望する傾向は高く、IT関連企業に転職しやすい点も強みとなるでしょう。

企業の規模別・テクニカルアーティストの平均年収

5つの年齢別テクニカルアーティストの平均年収|独立開業をしたほうがいい?
「企業の規模別・テクニカルアーティストの平均年収」についてですが、テクニカルアーティストとして実際に就く職種・分野によってかなり違ってくるでしょう。さらに雇用形態によっても年収は変わり、そのため自分の雇用形態と職種をまず確認しましょう。

一般的な年収相場では、主に「400万円から600万円」とされ、多額の場合の年収では「1000万円以上」が相場となるでしょう。

大企業のテクニカルアーティストの平均年収

5つの年齢別テクニカルアーティストの平均年収|独立開業をしたほうがいい?
大企業に勤める場合のテクニカルアーティストの平均年収ですが、この場合は一般的に「300万円から800万円」前後とされます。もちろんこの場合でも職種・雇用形態によって年収額が変わるため、その点もしっかり確認しましょう。

正社員雇用の場合でテクニカルアーティストの職種と兼任する場合では、400万円から1000万円近くの年収にアップすることがあるため、その点も把握しましょう。

中小企業のテクニカルアーティストの平均年収

5つの年齢別テクニカルアーティストの平均年収|独立開業をしたほうがいい?
次に中小企業のテクニカルアーティストの平均年収ですが、この場合は一般的に「300万円から500万円」前後とされており、この場合ではシステムエンジニア系・デザイナー関連の職種も兼任する際にはさらに昇給する機会が得られるでしょう。

また正社員雇用でグラフィック・エディトリアルデザイナーの職種と兼任する場合、一般に「400万円から800万円」程度に昇給する傾向があります。

5つの年齢別テクニカルアーティストの平均年収

さて、ここからは「5つの年齢別テクニカルアーティストの平均年収」と題し、実際にテクニカルアーティストに就く場合にもらえる年代別での平均年収について具体的にご紹介します。

テクニカルアーティストという職種は最近かなり人気が集まってきておりその優遇も認められ、その平均年収・ボーナスにしても、個別の躍進によってかなり大きく期待できるでしょう。

年齢別テクニカルアーティストの平均年収:20代

まずテクニカルアーティストに就く場合の20代でもらえる平均年収・給与・ボーナスです。

この場合、20~24歳で「350万円」(年収)、「25万円」(月給)、「60万円」(ボーナス)前後となり、25~29歳では「400万円~450万円」(年収)、「30万円」(月給)、「65万円」(ボーナス)前後の稼ぎとなるでしょうか。

20代でもらえる初任給はかなり高額になります。

年齢別テクニカルアーティストの平均年収:30代

次はテクニカルアーティストに就く場合の30代でもらえる平均年収・給与・ボーナスです。

この場合、30~34歳で「300万円~350万円」(年収)、「30万円」(月給)、「60万円」(ボーナス)となり、35~39歳では「350万円~400万円」(年収)、「35万円」(月給)、「80万円」(ボーナス)前後の報酬となるでしょうか。

30代では次第に年収も安定してくるでしょう。

年齢別テクニカルアーティストの平均年収:40代

5つの年齢別テクニカルアーティストの平均年収|独立開業をしたほうがいい?
次はテクニカルアーティストに就く場合の40代でもらえる平均年収・給与・ボーナスです。

この場合、40~44歳で「350万円~400万円」(年収)、「40万円」(月給)、「70万円」(ボーナス)となり、45~49歳では「400万円~450万円」(年収)、「45万円」(月給)、「75万円」(ボーナス)前後の稼ぎとなるでしょうか。

年齢別テクニカルアーティストの平均年収:50代

5つの年齢別テクニカルアーティストの平均年収|独立開業をしたほうがいい?
次はテクニカルアーティストに就く場合の50代でもらえる平均年収・給与・ボーナスです。

この場合、50~54歳で「450万円~500万円」(年収)、「50万円」(月給)、「100万円」(ボーナス)となり、55~59歳では「480万円~550万円」(年収)、「55万円」(月給)、「130万円」(ボーナス)前後の報酬となるでしょうか。

50代では年収・給与がピークになります。

年齢別テクニカルアーティストの平均年収:60代

5つの年齢別テクニカルアーティストの平均年収|独立開業をしたほうがいい?
次はエテクニカルアーティストに就く場合の60代でもらえる平均年収・給与・ボーナスです。60代になると、現役から定年を迎える時期に差し掛かるため、年収・給与・ボーナスは他の年代に比べて下降します。

この場合、60~64歳で「270万円~400万円」(年収)、「25万円」(月給)、「60万円」(ボーナス)前後となり、定年を穏やかに迎えるためのその後の生活安定に重点が置かれます。

男女別のテクニカルアーティストの平均年収

テクニカルアーティストとして従事する場合でも他の一般の他の職種と同じく、男性の年収と女性の年収はかなり変わってくる傾向が見られます。

この場合でも雇用形態・職種によって年収が大きく変わることがあるため、先に自分の雇用形態を調べた上で、実際にどのような職種に就くかを十分下調べしておきましょう。

男性テクニカルアーティストの平均年収

5つの年齢別テクニカルアーティストの平均年収|独立開業をしたほうがいい?
まず男性がテクニカルアーティストに就く場合の平均年収ですが、この場合は一般的に「550万円」前後とされており、場合によってはさらに高額の年収が得られています。

この場合でもエンジニア系・デザイン系の職種を兼任することによって高額の年収となりやすく、さらにはプロデューサー系職種に就く場合でも(兼任)、年収アップの機会が多くなります。

女性テクニカルアーティストの平均年収

5つの年齢別テクニカルアーティストの平均年収|独立開業をしたほうがいい?
次に女性の場合ですが、この場合は一般的に「300万円から500万円」程度とされており、男性の場合よりはやや安価な年収になります。

しかしこの際でも、雇用形態・職種によって年収額はアップするため、女性の場合でもデザイン系・エンジニア系の職種と兼任することによってさらに高額の年収になる場合があります。

テクニカルアーティストとして年収を上げるには開業や独立をしたほうがいい?

5つの年齢別テクニカルアーティストの平均年収|独立開業をしたほうがいい?
次に、独立した場合のテクニカルアーティストの平均年収ですが、この場合は一般的に「500万円から800万円」程度が多く見られ、特に企業成果を上げた場合では「1000万円」以上とされています。

独立開業する場合には経営の浮沈によるダメージがそのまま自分に降りかかるため、そのリスクも背負う形になります。その辺りの事情を考慮し、確実な成果を期待しましょう。

勤務テクニカルアーティストの平均年収

基本的に大企業・中小企業などの企業規模によっても大きく変わりますが、主に大企業でテクニカルアーティストとして働く場合の平均年収は「600万円から1000万円」前後とされています。

さらに実務キャリアの積み上げ・信用実績によって昇給する例も多くなり、その場合には常に「1000万円」以上の年収も期待でき、独学でそのためのスキルを築き上げる人も多く見られます。

独立開業テクニカルアーティストの平均年収

次にテクニカルアーティストとして独立開業する際の平均年収ですが、この場合は先述のように随時のリスクを先に想定しておく必要があります。

一般的には「600万円から1000万円以上」とされることが多く、仕事内容・兼任数によってはさらに大きく年収額が変動します。

経営不振による痛手を被らないよう先を見越した運営が必要で、リスクを最小限に抑える形で起業・経営維持を行なう必要があります。

テクニカルアーティストが登録しておきたい転職サイト・転職エージェント

テクニカルアーティストとして安定するためにも、まずはその条件を確保するために必要な転職サイト・転職エージェントを活用することが最適となるでしょう。

いわゆる転職サイト・転職エージェントでは、「希望する職種分野に必要な個別ニーズを把握し、転職活動を円滑に進展させること」を念頭に置き、そのための実益的な活動方法を進めてくれます。

転職エージェント:ビズリーチ

このビズリーチでは、どの職種に転職する場合でも「個別能力・スキルを十分生かしたPR方法」を教えてくれます。

テクニカルアーティストに就く場合でも、エンジニア・デザイナー関連の多彩な職種分野から求人情報をストックし、転職後の安定性に配慮してくれるでしょう。/mark>

未経験者の転職成功率も高いため、ビズリーチを利用する際の利点は高く、誰にとっても手頃かつ有力なサイトになるでしょう。

転職エージェント:doda(インテリジェンス)

非公開求人数もかなり充実しており、「個別能力・スキルを最大限に発揮させてくれる支援」が魅力的です。dodaでは特に個別状況に配慮した転職斡旋が強く、未経験・中途採用からの転職でもスムーズに活動できるでしょう。

テクニカルアーティストに就く場合では、その個別状況・スキル・能力を把握した上で「その時に適職となる職種」を勧め、着実な支援に率先して尽力してくれます。

テクニカルアーティストの平均年収と将来性について理解を深めよう!

5つの年齢別テクニカルアーティストの平均年収|独立開業をしたほうがいい?
いかがでしたか。今回は「5つの年齢別テクニカルアーティストの平均年収|独立開業をしたほうがいい?」と題して、「年齢別テクニカルアーティストの平均年収」をはじめ、テクニカルアーティストの独立開業の魅力や注意点についてご紹介しました。

テクニカルアーティストへ転職する際に重要な点は「自己スキル・能力」を十分確認し、企業ニーズの条件に自己ステータスを見合わせることが重要です。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related