Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月23日

5つの年齢別エディトリアルデザイナーの平均年収|独立開業をしたほうがいい?

皆さんこんにちは、今回は「5つの年齢別エディトリアルデザイナーの平均年収|独立開業の魅力」と題し、「年齢別エディトリアルデザイナーの平均年収」をはじめ、おすすめの転職サイト、エディトリアルデザイナーの仕事内容や魅力についてご紹介します。

5つの年齢別エディトリアルデザイナーの平均年収|独立開業をしたほうがいい?

エディトリアルデザイナー

5つの年齢別エディトリアルデザイナーの平均年収|独立開業をしたほうがいい?
エディトリアルデザイナーというのは、基本的に、デザインテイスト(色調を含む)や配色レイアウト、フォント、写真・イラスト・表装のイメージを詳細に決め、大まかなデザインをもとに、販売促進に関わるデザイン設計を行なう職業を指します。

一般的に製品に付けるテキストや写真をはじめ、イラストに使用する素材を用意すれば、最終的なデザインにそれらを仕上げ、発注者の承認を得た後で印刷所へ入稿します。

エディトリアルデザイナーの主な仕事内容

5つの年齢別エディトリアルデザイナーの平均年収|独立開業をしたほうがいい?
先述しましたように、エディトリアルデザイナーの主な仕事内容というのは、デザインテイスト(色調を含む)や配色レイアウト、フォント、写真・イラスト・表装のイメージを決めておき、特定の製品に添えるためのテキストや写真、デザインを作成していきます。

「エディトリアルデザイナー」の「エディトリアル」というのは主に「編集作業」のことを指しており、既存のデザインやイラストに加工を施す構成作業がメインとなります。

エディトリアルデザイナーになるには?

5つの年齢別エディトリアルデザイナーの平均年収|独立開業をしたほうがいい?
一般的にエディトリアルデザイナーになるために必要なことは、デザインに関する専門学校・美術系大学を卒業しておき、それによって一応の信頼を得た後、エディトリアルデザイン関連企業へ就職する例が多く見られています。

特に美術関連の大学・専門学校に通っていない場合でも、デザインや構成作業に関する一応の技術・能力を独学によって積み上げている場合には、その経験が評価される形で各職種に就ける例もあります。

エディトリアルデザイナーの将来性

5つの年齢別エディトリアルデザイナーの平均年収|独立開業をしたほうがいい?
エディトリアルデザイナーの職種は先述のように「多くの職種分野に跨って行なう仕事」でもあるため、その将来性を図る際には数多の関連職種からの依頼が殺到しやすく、エディトリアルデザイナー関連の資格を取得していれば有利です。

比較的その場合の年収も高額で確約される例に多いため、独学でエディトリアルデザイナーを志望する人も多く、特に構成作業に強いことがその場合の大きな利点となるでしょう。

企業の規模別・エディトリアルデザイナーの平均年収

「企業の規模別・エディトリアルデザイナーの平均年収」についてですが、エディトリアルデザイナーとして実際に就く職種・分野によってかなり違ってくるでしょう。さらに雇用形態によっても年収は変わり、そのため自分の雇用形態と職種を先に確認しましょう。

一般的な年収相場では、主に「510万円から700万円」とされ、多額の場合の年収では「1000万円以上」が相場となるでしょう。

大企業のエディトリアルデザイナーの平均年収

大企業に勤める場合のエディトリアルデザイナーの平均年収ですが、この場合は一般的に「300万円から700万円」前後とされます。もちろんこの場合でも職種・雇用形態によって年収額が変わるため、その点もしっかり押さえておきましょう。

正社員雇用の場合でグラフィックデザイナーの職種と兼任する場合では、500万円から1000万円近くの年収にアップすることがあるため、その点も把握しましょう。

中小企業のエディトリアルデザイナーの平均年収

5つの年齢別エディトリアルデザイナーの平均年収|独立開業をしたほうがいい?
次に中小企業のエディトリアルデザイナーの平均年収ですが、この場合は一般的に「350万円から600万円」前後とされており、この場合でもクリエイティブ系・グラフィック関連の職種も兼任する際にはさらに昇給する機会が得られるでしょう。

この場合も正社員雇用でグラフィックデザイナーの職種と兼任する場合では、一般に「400万円から1000万円」程度に昇給する傾向があります。

5つの年齢別エディトリアルデザイナーの平均年収

さて、ここからは「5つの年齢別エディトリアルデザイナーの平均年収」と題し、実際にエディトリアルデザイナーに就く場合にもらえる年代別での平均年収について、具体的にご紹介していきます。

エディトリアルデザイナーという職種は現代でもかなり人気が集まる職種としてあり実力も必要なため、その平均年収・ボーナスにしても、個別での躍進によっては大きく期待できることでしょう。

年齢別エディトリアルデザイナーの平均年収:20代

まずエディトリアルデザイナーに就く場合の20代でもらえる平均年収・給与・ボーナスです。

この場合、20~24歳で「372.6万円」(年収)、「23.3万円」(月給)、「93.1万円」(ボーナス)となり、25~29歳では「298.0万円~348.0万円」(年収)、「21.8万円」(月給)、「87.0万円」(ボーナス)前後の稼ぎとなるでしょうか。

年齢別エディトリアルデザイナーの平均年収:30代

5つの年齢別エディトリアルデザイナーの平均年収|独立開業をしたほうがいい?
次はエディトリアルデザイナーに就く場合の30代でもらえる平均年収・給与・ボーナスです。

この場合、30~34歳で「 299.0万円~399.0万円」(年収)、「24.9万円」(月給)、「99.8万円」(ボーナス)となり、35~39歳では「 309.0万円~413.0万円」(年収)、「25.8万円」(月給)、「103.2万円」(ボーナス)前後の報酬となるでしょうか。

年齢別エディトリアルデザイナーの平均年収:40代

5つの年齢別エディトリアルデザイナーの平均年収|独立開業をしたほうがいい?
次はエディトリアルデザイナーに就く場合の40代でもらえる平均年収・給与・ボーナスです。

この場合、40~44歳で「343.0万円~464.0万円」(年収)、「29.0万円」(月給)、「116.0万円」(ボーナス)となり、45~49歳では「397.7万円~519.7万円」(年収)、「32.5万円」(月給)、「129.9万円」(ボーナス)前後の稼ぎとなるでしょうか。

年齢別エディトリアルデザイナーの平均年収:50代

5つの年齢別エディトリアルデザイナーの平均年収|独立開業をしたほうがいい?
次はエディトリアルデザイナーに就く場合の50代でもらえる平均年収・給与・ボーナスです。

この場合、50~54歳で「446.8万円~556.8万円」(年収)、「34.8万円」(月給)、「139.2万円」(ボーナス)となり、55~59歳では「442.2万円~552.2万円」(年収)、「34.5万円」(月給)、「138.0万円」(ボーナス)前後の報酬となるでしょうか。

年齢別エディトリアルデザイナーの平均年収:60代

5つの年齢別エディトリアルデザイナーの平均年収|独立開業をしたほうがいい?
次はエディトリアルデザイナーに就く場合の60代でもらえる平均年収・給与・ボーナスです。60代では、現役から定年を迎える時期に差し掛かり、年収・給与・ボーナスは他の年代に比べて下がります。

この場合、60~64歳で「275.8万円~552.2万円」(年収)、「23.5万円」(月給)、「94.0万円」(ボーナス)となり、定年を迎えるためのその後の活動に勤しむ形となるでしょう。

男女別のエディトリアルデザイナーの平均年収

エディトリアルデザイナーに就く場合でも他の一般の職種と同じく、男性の年収と女性の年収は微妙に変わってくる傾向にあります。

この場合、その雇用形態・職種によって年収が変わることがあるため、先に自分の雇用形態を調べる上で、自分が実際にどのような職種に就くかを十分検討しましょう。

男性エディトリアルデザイナーの平均年収

まず男性がエディトリアルデザイナーに就く場合の平均年収ですが、この場合は一般的に「510.4万円」前後とされており、場合によってはさらに高額の年収が得られています。

この場合でもグラフィック系・クリエイティブ系の職種を兼任することによって高額の年収となりやすく、さらにはエンジニア系職種に就く場合でも(兼任)、年収アップの機会が多く見られます。

女性エディトリアルデザイナーの平均年収

次に女性の場合ですが、この場合は一般的に「385.1万円」程度とされており、男性の場合よりはかなり安価な年収になる傾向が見られます。

ただしこの場合でも、雇用形態・職種によって年収額はアップするため、女性の場合でもグラフィック系・エンジニア系の職種と兼任する際にはさらに高額の年収になる場合があります。

エディトリアルデザイナーとして年収を上げるには開業や独立をしたほうがいい?

5つの年齢別エディトリアルデザイナーの平均年収|独立開業をしたほうがいい?
次に、独立した場合のエディトリアルデザイナーの平均年収ですが、この場合は一般的に「500万円から1000万円」程度が多く見られ、特に企業成果を上げた場合では「1000万円から2000万円」程度とされています。

独立開業する場合は経営不振のダメージがそのまま自分に降りかかるため、そのリスクも背負うことになります。その辺りの事情を踏まえ、着実な成果を期待しましょう。

勤務エディトリアルデザイナーの平均年収

5つの年齢別エディトリアルデザイナーの平均年収|独立開業をしたほうがいい?
これは大企業・中小企業などの企業規模によっても大きく変わりますが、一般に大企業でエディトリアルデザイナーとして働く場合の平均年収は「800万円から1000万円」前後とされています。

さらに実務キャリアの積み上げによって昇給するケースも多くなり、その場合には「1200万円」以上の年収も期待できるため、独学でそのための土台を築き上げる人も多く見られます。

独立開業エディトリアルデザイナーの平均年収

5つの年齢別エディトリアルデザイナーの平均年収|独立開業をしたほうがいい?
次にエディトリアルデザイナーとして独立開業する際の平均年収ですが、この場合は先述のようにそれなりのリスクも検討しておく必要があります。

一般的には「500万円から1000万円以上」とされることが多く、仕事の依頼数によってはさらに大きく年収額が変動することがあります。

経営不振にならないよう先々を見越した経営・運営が必要で、リスクを最小限に抑えて起業する必要があるでしょう。

エディトリアルデザイナーが登録しておきたい転職サイト・転職エージェント

5つの年齢別エディトリアルデザイナーの平均年収|独立開業をしたほうがいい?
エディトリアルデザイナーに就いて安定するためにも、まずはその安定するために活用できる転職サイト・転職エージェントを活用することが最適な方法となります。

転職サイト・転職エージェントというのは、「その職種分野に関する個別ニーズを把握し、転職活動を円滑に進展させること」をモットーに、そのための実践的な活動方法を教えてくれます。

転職エージェント:ビズリーチ

一般的にビズリーチでは、どの職種に転職する場合でも「個別スキルに配慮したPR」を伝授してくれます。

エディトリアルデザイナーに就く場合でも、デザイナー関連の多彩な職種分野から求人情報をストックし、転職後のアフターフォローに徹底します/mark>

中途採用からの転職斡旋成功率も高いため、就活を始める場合にはまずこのビズリーチを利用してみましょう。非常に手頃かつ有力なサイトです。

転職エージェント:doda(インテリジェンス)

非公開求人のストック数も充実しており、「個々の能力を最大限に発揮させる支援」で定評があります。dodaでは特に個別んぼ状況に見合わせた転職斡旋が強いため、未経験職先への転職でもスムーズになるでしょう。

エディトリアルデザイナーに就く場合では、その個別状況・スキル・能力を確認した上で「その時に転職しやすい適職」を勧め、的確なアフターフォローにも率先して尽力してくれます。

エディトリアルデザイナーの平均年収と将来性について理解を深めよう!

5つの年齢別エディトリアルデザイナーの平均年収|独立開業をしたほうがいい?
いかがでしたか。今回は「5つの年齢別エディトリアルデザイナーの平均年収|独立開業の魅力」と題し、「年齢別エディトリアルデザイナーの平均年収」をはじめ、おすすめの転職サイト、エディトリアルデザイナーの仕事内容や魅力についてご紹介しました。

エディトリアルデザイナーへ転職する際に重要な点は「自己スキル・能力」をしっかり確認し、構成作業に際する自己ステータスを向上させておくことです。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related