Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月12日

5つの年齢別AIエンジニアの平均年収|独立開業をしたほうがいい?

最先端IT人材と呼ばれるAIエンジニアは、高い技術力と深い知識そして高い専門性により引く手数多な職種です。現在、世界で人材が不足していて海外では数千万円の年収を提示している求人もあります。AIエンジニアの人材不足はこの先も続くと見られ、高い将来性が期待できます

5つの年齢別AIエンジニアの平均年収|独立開業をしたほうがいい?

AIエンジニア

5つの年齢別AIエンジニアの平均年収|独立開業をしたほうがいい?
AIエンジニアは近年人材が不足しており、今後ニーズがさらに高まる職種として注目されています。日本国内だけではなく世界的にAIエンジニアの需要は伸びていて、伸び代がある業種です。

AIエンジニアの主な仕事内容

AIエンジニアは、AIと呼ばれる人工知能を開発したり、蓄積されたデータの解析を行う、AIに関わるエンジニアを指します。

AIエンジニアはプログラミングとアナリティクスの2分野に大きく分けられます。プログラミングはAIの開発や構成要素の組み込みなどを行い、アナリティクスはAIが学習し構築したデータを解析しプログラムの改善を行います。

人間を育てるようにAIを育てること、それがAIエンジニアの仕事です。

AIエンジニアになるには?

5つの年齢別AIエンジニアの平均年収|独立開業をしたほうがいい?
一般的に、AIエンジニアは大学や大学院にて情報科学の学士や修士、博士号を取得した後AIエンジニアとして就職します。京都大学や東京大学などエリートと呼ばれる大学や大学院を卒業している人が多いです。

そのほかには、Rエンジニアからの転身もできますが、AIエンジニアは基本的に高度な技術や分析力が必要となるため、たゆまぬ努力が必要となります。

AIエンジニアの将来性

5つの年齢別AIエンジニアの平均年収|独立開業をしたほうがいい?
AIエンジニアは、高い専門性や技術、分析力が必要となるため、現在では人材が不足しており各企業、引く手数多の状況です。

将来的に見てもAIエンジニアは世界的に人材が不足するというデータがあり、将来性は非常に高く、市場での価値も高いと言えます。

海外でもAIエンジニアは不足しているため、高い年収を提示した求人もあります。しかし、海外では日本以上に成果主義の傾向が高いため、年収に見合った実績が必要です。

企業の規模別・AIエンジニアの平均年収

5つの年齢別AIエンジニアの平均年収|独立開業をしたほうがいい?
AIエンジニアは高い専門性や技術力が必要となるためかなり狭き門の業種です。そのため、業界では人材が不足しています。

企業規模によって年収が異なるのは一般的な職種でも同じですが、引く手数多のAIエンジニアではそれが顕著です。

さらに、AIエンジニアは日本国内のみならず海外でも活躍できるスキルです。海外では日本よりもさらに報酬が多くなり、成果主義ではあるものの、年収3千万という求人も存在します。

大企業のAIエンジニアの平均年収

5つの年齢別AIエンジニアの平均年収|独立開業をしたほうがいい?
海外では機会学習エンジニアの平均年収は日本円にして1,300万円です。優秀なAIエンジニアにはさらに3,000万円〜5,000万円の年収を謳っている企業もあります。

日本ではIT関連の報酬が低く、大企業でも1,160万円が平均になります。

しかし、現在ではIT人材に対して報酬、待遇が変化しつつあり、報酬面でも待遇面でも海外に劣らない条件が提示されることも珍しくありません。

中小企業のAIエンジニアの平均年収

5つの年齢別AIエンジニアの平均年収|独立開業をしたほうがいい?
大企業と中小企業では一般職でも基本的な年収や待遇が異なります。AIエンジニアでも大企業に比べ、年収の開きは200万ほどあります。

中企業だとAIエンジニアの平均年収は960万円、小企業では870万円です。中小企業であればとても高い水準の平均年収であることは間違いないでしょう。

中小企業の魅力は、大企業にないフットワークの軽さです。年収だけにとらわれない多くの魅力があります。

5つの年齢別AIエンジニアの平均年収

5つの年齢別AIエンジニアの平均年収|独立開業をしたほうがいい?
AIエンジニアの生涯年収は推定で43,000万円と言われています。日本の平均生涯年収は17,845万円であることから、AIエンジニアの年収の高さが際立ちます。

年代別にいうと50代の年収が最も高くなっていますが、これは年齢を重ねることにより重要なポストに就くことによる結果でしょう。

AIエンジニアはどの年代でも年収が高く設定されていて人材の貴重さを伺えます。年代別の平均年収をご紹介します。

年齢別AIエンジニアの平均年収:20代

AIエンジニアはエリート大学を卒業か大学院を修了する必要があり、就職する年齢が一般職よりも高くなります。また、転職者もRエンジニアの経験を経て、さらに独学や専門学校などで学び直す必要もあるため、年齢層は高めに推移します。

20代のAIエンジニアの平均年収はおおよそ570万円から710万円という統計結果が出ています。同じ年代の他業種に比べ突出した年収です。

年齢別AIエンジニアの平均年収:30代

働き盛りである30代でのAIエンジニアの平均年収は約780万です。主任などの肩書きがつくとさらに年収は上がり約860万円ほどになります。

平均給与額は約54万円と他業種に比べてかなり高い給与が期待できるでしょう。

年齢別AIエンジニアの平均年収:40代

40代ともなると年収1,000万円に手が届きます。係長クラスで約1,070万円と大台を超えます。40代前半で、約880万円、40代後半になると約1,120万円の収入が期待できます。

AIエンジニアで高収入を得るためにはスキルが重要になります。プログラミング、数学的知識など日々更新される知識や技術を習得していく努力が必要です。

年齢別AIエンジニアの平均年収:50代

50代でAIエンジニアは最大年収を迎え、平均年収は1,200万円、課長クラスなら1,400万円ほどの年収も期待できます。

課長クラスともなると開発だけに携わるだけではなく、後進の人材育成も重要な課題となります。

プロジェクトや組織を管理し、コントロールする難しさはエンジニアだけに限った話ではありません。しかし、日々更新される最新技術や知識を習得しつつ、マネジメントを行う難しさは察するに余りあります。

年齢別AIエンジニアの平均年収:60代

人材不足を背景に60代のシニアSEにも注目が集まっています。AIエンジニアは50代で最大年収を迎えますが、60代に入ると1,000万に届かない年収に下がります。平均年収は約710万〜1,190万円です。

最新の知識を必要とし、高いモチベーションを維持しなければならないIT関連の職種において、60代までモチベーションを維持するのは体力的にも精神的にも厳しいと考えられます。

男女別のAIエンジニアの平均年収

5つの年齢別AIエンジニアの平均年収|独立開業をしたほうがいい?
どの職種にも言えることですが、男女の差にて年収は大きく変わります。女性は結婚、出産、育児などで職場の最前線を離れる確率が高いためだと考えられるでしょう。

男性は着実に勤続年数を重ねる中、女性は出産や育児で長期の戦線離脱を余儀なくされます。長期休暇中に更新される新しい技術の勉強を、と考えていても育児をしながらではうまく行きません。

男性と女性の年収の差はおおよそ200万円ほどになります。

男性AIエンジニアの平均年収

男性エンジニアの40代の平均年収は1,160万円です。年代的には主任や係長などの肩書きがつき、課長も視野に入る頃でしょうか。

責任に伴い年収も上がる年代ですので、年収1,000万円を超えることは難しくありません。

女性AIエンジニアの平均年収

一方、40代女性のAIエンジニアの年収は1,000万円に届きません。平均年収は830万円、主任級の年収です。

30代に妊娠、出産し現場に戻っても、かつては肩を並べていた男性同僚は係長に昇進し、仕事をしてます。一方、育児休暇を明けてからも子供の体調や保育園などの都合により、休むことが多い女性エンジニアは第一線から離脱せざる終えません。

AIエンジニアとして年収を上げるには開業や独立をしたほうがいい?

5つの年齢別AIエンジニアの平均年収|独立開業をしたほうがいい?
市場ニーズがとても高いAIエンジニアは高収入が約束されています。企業から必要とされるのは高いスキルです。広範囲における高い水準の技能や知識、AI開発にかかる経験が報酬を押し上げます。

日本では優秀なAIエンジニアでも、企業に勤めている限りそれほど高収入が期待できません。

海外の企業ではAIエンジニアの獲得に多くの報酬を提示しています。AIエンジニアは、世界中でその能力が求められています。

勤務AIエンジニアの平均年収

企業に勤めるAIエンジニアの平均年収は、1,000万円を少し超えたくらいです。普通の勤め人としてはかなりの高収入ですが、AIエンジニアは世界的に人材不足で引く手数多の状態、海外企業では数千万円の報酬を提示している企業もあります。

企業に勤めたまま高収入を得たいのならば、実務経験を重ね、日々の研鑽を怠らない努力が必要です。海外を視野に転職をするのも収入を上げる一つの手でしょう。

独立開業AIエンジニアの平均年収

専門性を深めほかとの差別化を測ることで独立開業も視野に入ります。過去の実績は大きな市場価値につながります。独立開業はその人のセンスによって年収は大きく変わります。

企業では、プログラミングや解析に専念できる環境です。仕事は営業がとってきてくれます。支払いや資金の調達などもそれ専門の部署があります。

しかし、独立開業した場合、仕事を取ることも資金の調達などすべて一人で行わなければいけません。

AIエンジニアが登録しておきたい転職サイト・転職エージェント

5つの年齢別AIエンジニアの平均年収|独立開業をしたほうがいい?
AIエンジニアは人材が不足している業界です。市場価値は高く需要が不足しています。優秀なエンジニアは日本国内の大企業だけではなく、海外の企業でも高い年収水準にて人材を募集しています。

AIの開発に携わり、実務的な経験を持っているならば転職は年収を上げる有効な手段です。

将来的にもAIエンジニアの需要は伸びていくと予想されます。さらに、多くの年収を求めるならば、転職エージェントを活用すると良いでしょう。

転職エージェント:ビズリーチ

選ばれた人だけのハイクラスな転職サイト、が謳い文句である転職サイトビスリーチはプロフェッショナル人材向けの求人が多く、高収入の求人が多く掲載されています。

ビスリーチはヘッドハンティング型の転職サイトで人事担当者から直接指名を受けることができます。ビスリーチは専門性の高いスキルを身につけている人や、長い目で見た転職を考えている人にオススメのサイトです。

転職エージェント:doda(インテリジェンス)

dodaはインテリジェンスが提供する転職サイトです。dodaは求人件数が多く登録されており、中小の優良企業や地方の求人も充実しているため、選択肢に困りません。

業界知識や専門性についてはあまり評判は良くありませんが、実践的なサポートがとても素晴らしいと評価されています。AIエンジニアは専門性が高い職種ですので、dodaだけではなく、専門のエージェントも通すことでよりよい転職先を見つけることができます。

AIエンジニアの平均年収と将来性について理解を深めよう!

5つの年齢別AIエンジニアの平均年収|独立開業をしたほうがいい?
AIエンジニアは今後さらに需要が増えると見込まれる職種です。市場価格が高く、また将来性も高いため、今後注目していくにふさわしい職種でしょう。現在でも年収は高いですが、今後さらに上がっていく可能性もあります。

AIエンジニアになるためには、まず「AIは何か」ということを考えることが第一歩です。専門スクールで学び、AIの開発などの実務経験を積み重ねることでAIエンジニアになることも夢ではありません。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related