Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月23日

映像クリエイターとは?映像クリエイターになる3つの方法

映像クリエイターとはどのような仕事をする人か知っていますか?現在、さまざまな映像コンテンツが溢れ映像クリエイターの需要はどんどん増えています。映像クリエイターになるにはどうしたら良いのか、どのようなスキルが必要なのか、映像クリエイターについて詳しくご紹介します

映像クリエイターとは?映像クリエイターになる3つの方法

映像クリエイターの仕事とは?

映像クリエイターの仕事は、私たちが生活の中で日々触れるさまざまな映像を作成することです。

テレビコマーシャルや、映画やミュージックビデオ、ゲームやアニメなど、活躍の場は多岐にわたります。

映像クリエイターの仕事と言っても、仕事内容は色々ありますので、以下で詳しくご紹介していきます。興味のある方はご一読ください。

制作系

映像クリエイターとは?映像クリエイターになる3つの方法
映像クリエイターの仕事は、大きく分けると2つに分かれます。

まず1つ目は、制作系です。制作系の中には、プロデューサー・アシスタントプロデューサー・ディレクター・アシスタントディレクターが含まれ、映像の企画や制作をするのが仕事です。

それぞれの仕事内容を詳しくご紹介します。

1:プロデューサー

映像クリエイターのプロデューサーの仕事は、作成する映像作品の指揮者であり、企画や交渉、予算の管理やスケジュールの管理まで、全体のマネジメントを行う仕事です。 

映像を作成する際のさまざまな業務を行うため、全体をまとめる力が必要とされ、人脈の広さも必要とされる重要な役割です。

2:アシスタントプロデューサー

映像クリエイターのアシスタントプロデューサーの仕事は、その名のとおり、プロデューサーのアシスタントを行う仕事です。

また、プロデューサーの仕事に就くには、アシスタントプロデューサーの経験を必要とします。

そのため、アシスタントプロデューサーの間は、プロデューサーとして必要な制作や演出について学び、しっかり人脈を作る期間でもあります。

3:ディレクター

映像クリエイターとは?映像クリエイターになる3つの方法
映像クリエイターのディレクターの仕事は、プロデューサーの指示の元、制作や演出を行い、映像を作成することです。

現場で、カメラマンやキャストに指示を出し、思いどおりの映像を作成します。プロデューサーの企画や、コンセプトを汲み取る力や、制作や演出を思いどおりに仕上げる知識や経験も求められます。

4:アシスタントディレクター

映像クリエイターのアシスタントディレクターの仕事は、その名のとおりディレクターのアシスタント業務を担う仕事です。アシスタントプロデューサーと同様に、ディレクターになるためにも、アシスタントディレクターの経験が必要となります。

アシスタントディレクターの間に、映像の制作や、思いどおりの演出を行うための知識や経験を十分に学ぶことが大切です。

技術系

映像クリエイターとは?映像クリエイターになる3つの方法
映像クリエイターの仕事2つ目は、技術系です。編集オペレーター・CGクリエーター・音声などが含まれ、映像の編集や加工などの専門技術を生かした専門的な仕事です。

それぞれの仕事内容について、詳しくご紹介します。

5:編集オペレーター

映像クリエイターの技術系の仕事である、編集オペレーターの仕事は、ディレクターの指示どおりに映像を編集したり、さまざまな技術により映像を加工する仕事です。

映像加工にもさまざまな内容があり、映像に字幕を入れたり、音楽を追加したり、映像をつなぎ合わせてストーリーを構築していくこともあります。作成する映像によって、伝わる印象が変わってしまうため、技術を必要とする仕事です。

6:CGクリエイター

映像クリエイターとは?映像クリエイターになる3つの方法
映像クリエイターの技術系の仕事2つ目の、CGクリエイターの仕事内容は、コンピューターグラフィックを使って、映像にデザインを加え作成する仕事です。

CGクリエイターの仕事によって、作成する映像に特殊効果を加え、現実では不可能な表現を可能にしたり、逆に映像に現実味を加えることもできます。現在、さまざまなものにCGが利用されているため、需要が増している仕事です。

7:音声

映像クリエイターとは?映像クリエイターになる3つの方法
映像クリエイターの技術系の仕事の最後は、音声の仕事です。音声の仕事内容は、作成した映像に、ナレーションや音などを加える仕事です。音の中でも、映像にBGMやナレーションを加えるのがマルチ・オーディオ・ミキサーで、MAミキサーと呼ばれます。

また、主に撮影中の音声を録音する仕事は録音技師と呼ばれ、映像に効果音をつける仕事は音響効果と呼ばれます。

映像クリエイターの平均年収と時給

映像クリエイターの仕事内容についてご紹介しましたが、実際に映像クリエイターを仕事にした場合、どのくらいの給料がもらえるのか、平均年収と時給についてご紹介します。

正社員の年収

映像クリエイターの正社員になった場合どのくらいの年収がもらえるかは、職種や自身の仕事スキルによって変わってきます。一般的な平均年収は約300万~400万円程度と言われていますが、それまでのスキルや経験によって年収には幅があります。

大手のテレビ局や制作会社では、他と比べ給料が高くなりますので、経験を積めば平均700万~1000万円になる人もいます。

派遣・アルバイトの場合

次に、正社員ではなく、派遣やアルバイトの場合にどのくらいの給料がもらえるのがをご紹介します。こちらも、正社員と同じく、それまでの自身の経験やスキルで大きく幅があります。未経験の場合で、平均900円~1200円程度となります。

スキルを重視する職種ですので、経験によってはより高い時給を獲得できる可能性が高い仕事です。

映像クリエイターになる3つの方法

映像クリエイターとは?映像クリエイターになる3つの方法
実際に映像クリエイターになりたいと思った場合には、3つの方法があります。映像クリエイターになるための学校に通う方法、自分で映像クリエイターになるために必要な資格や試験を受け勉強する方法、そして、映像制作会社に入社する方法です。

それぞれの方法について次項で詳しくご紹介します。

1:映像クリエイターの学校・学費

映像クリエイターとは?映像クリエイターになる3つの方法
映像クリエイターには、学歴や資格がなくてもなれますが、専門的な知識や技術が必要な仕事なので、学校で学ぶ事は、映像クリエイターになるための近道になります。

大学の場合、美術大学や芸術大学の映像科です。入学までの難易度が高く学費も高く、平均で150万~200万近く掛かりますが、就職に有利になる場合もあります。専門学校だと、映像学科やCGクリエイターのコースなどで、100万~150万ほどで学べます。

2:映像クリエイターの資格・試験

映像クリエイターとは?映像クリエイターになる3つの方法
映像クリエイターとして働くときに、絶対に必要とされる資格はありません。あくまで、実力主義の世界なので、センスを磨いたり、技術を鍛える必要があります。

しかし、資格があると就職のときに、即戦力になる人材とみなされる場合もありますので、自身のスキルとして勉強することは有利になります。CGエンジニア検定や、映像処理エンジニア検定、映像音響処理技術者認定試験などが人気の資格・試験です。

制作系 動画・映像クリエイターに必要なスキル

制作系の動画・映像クリエイターの仕事は、企画や制作の仕事を行うプロデューサーやアシスタントプロデューサーなどです。

クライアントが求める内容を正確に汲み取り、カメラマンやキャストに指示できるよう、高いコミュニケーション能力や、マネジメントスキルが必要となります。自身のセンスを高めるために、日ごろからたくさんの映像に触れたり、流行を意識して過ごすことも必要です。

技術系 動画・映像クリエイターに必要なスキル

技術系の動画・映像クリエイターの仕事は、映像の処理や編集から加工まで作業は多岐にわたります。

編集用のソフトやツールを使いこなす高い専門技術が求められるため、日々スキルを高める必要があります。映像コンテストなどに積極的に応募して、センスやテクニックを磨くとことも、より活躍の場が広がるのでおすすめです。

3:映像制作専門の企業に入社

映像クリエイターとは?映像クリエイターになる3つの方法
映像クリエイターになる方法3つ目は、映像制作専門の企業に入社することです。就職先もさまざまありますので、映像制作会社や、テレビ局、広告代理店などから自分の理想の分野の映像を作れる企業を選ぶことが大切になります。

入社した後は、先輩のアシスタントをしながら、仕事の流れや企画、映像の加工・編集・作成についてもスキルを高めながら、一人前を目指していきます。

映像クリエイターでおすすめの転職エージェント5選

実際に映像クリエイターとして働きたいと思った場合、どのように企業を選べばよいか分からない方も多いです。

そこで、映像クリエイターになるための、たくさんの転職エージェントの中から、おすすめの5つのエージェントをご紹介します。

1:マイナビエージェント

おすすめの転職エージェント1つ目は、マイナビエージェントです。20代の方に1番人気のエージェントです。自分の希望やスキルから最適な企業をマッチングしてくれて、どんな企業が自分に合うのか困っている方におすすめです。

企業の業務内容や、社員の様子まで、しっかり調べてからアドバイスしてくれますので、入社後も安心です。初めての転職や、初めて映像クリエイターとして働く方も安心して仕事が探せます。

2:リクルートエージェント

おすすめの転職エージェント2つ目は、リクルートエージェントです。老舗の転職エージェントなので、求人数が多いのが強みです。

他の転職エージェントと比べ、面接対策が充実しているのが特徴で、企業への交渉力が高いため、内定率が高いのもおすすめのポイントです。職務経歴書や、履歴書、面接などに自信がない方もしっかり指導してくれるので安心です。

3:DODA転職支援サービス

おすすめの転職エージェント3つ目は、DODA転職支援サービスです。業界国内2位の大手エージェントです。求人企業が多いので、希望条件が多い方でも希望の求人が多数該当します。また、スカウトサービスがあるので、オファーや、自分だけの限定応募で面接までがスムーズです。

転職者の成功例や、失敗例を公開しているのもDODA転職支援サービスの特徴です。転職に不安がある方も色々な声を聞いて企業を選ぶことができます。

4:パソナキャリア

おすすめの転職エージェント4つ目は、パソナキャリアです。何といっても、求人数が多いのがおすすめのポイントです。キャリアアドバイザーがしっかりカウンセリングし、自分にピッタリの企業を提案してくれます。

サポートが手厚いので、転職相談、準備期間から入社までしっかり相談に乗ってくれます。キャリアアップしたい方にもパソナキャリアがおすすめです。

5:ワークポート

おすすめの転職エージェント5つ目は、ワークポートです。たくさんの転職エージェントの中で、転職決定者の人数はNO.1です。選任の転職コンシェルジュが付いてくれ、転職の要望や自分のスキル、過去の職務経歴をしっかり考慮して的確なアドバイスをしてくれます。

また、ワークポートは、未経験からの転職に強いのが特徴です。異業種から、映像クリエイターに転職したい方に特におすすめの転職エージェントです。

幅広い業界で活躍できる映像クリエイターに挑戦しよう!

映像クリエイターとは?映像クリエイターになる3つの方法
映像クリエイターは、学歴や資格に左右されず、自分のスキルやセンスで可能性が広がる仕事です。テレビの高画質化や、3D技術や映像コンテンツの増加により、映像クリエイターの需要はどんどん高まっています。

動画サイトの普及もあり、仕事の幅はより広がっています。将来性の高い業界で活躍できる映像クリエイターにぜひ挑戦しましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related