Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月27日

5つの年齢別社会保険労務士の平均年収|独立開業をしたほうがいい?

社会保険労務士は、人事に関する専門的な知識を有している人のことです。加えて、社労士にしか認められていない独占業務を持っているため、一般サラリーマンよりも年収が高い傾向にあります。この記事では、社会保険労務士の平均年収を中心に記述しています。

5つの年齢別社会保険労務士の平均年収|独立開業をしたほうがいい?

社会保険労務士

5つの年齢別社会保険労務士の平均年収|独立開業をしたほうがいい?
「社会保険労務士」とは、企業を経営して行く上での労務管理や社会保険に関する相談・指導を行う人を指します。労働基準法や労働保険などに関する専門的な知識を持っており、近年進められている働き方改革に対して、重要が高まりつつある職業です。

今回は、「社会保険労務士の主な仕事内容」「社会保険労務士になるための方法」「社会保険労務士の将来性」について紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

社会保険労務士の主な仕事内容

社会保険労務士の主な仕事内容は、「1号業務」と呼ばれる申請書などの作成や事務代理など、「2号業務」と呼ばれる帳簿書類などの作成、「3号業務」と呼ばれる人事に関する業務です。特に、1号業務と2号業務は、独占業務のため、社会保険労務士にしか許可されていない業務です。

このように、社会保険労務士は、大きくわけて3つの業務を行っており、うち2つは独占業務として行っています。

社会保険労務士になるには?

5つの年齢別社会保険労務士の平均年収|独立開業をしたほうがいい?
社会保険労務士になるためには、社労士試験に合格し、実務経験を2年以上積み、社会保険労務士会に入会する必要があります。

まず初めの難関として社労士試験がありますが、一定の条件による受験資格があるため、誰でも受験できるわけではありません。加えて、2年以上の実務経験を積み、連合会の名簿に登録する必要があります。

社会保険労務士の将来性

5つの年齢別社会保険労務士の平均年収|独立開業をしたほうがいい?
近年、社会保険労務士に、「補佐人業務」というのが追加され、労働や社会保険に関する裁判で、訴訟代理人の弁護士とともに、補佐人として裁判所に出廷や陳述を行うことができるようになりました。業務が1つ増えたことで、今後の需要が高まっていく傾向にあります。

加えて、独占業務を持っているため、年収が安定しており人気の職業のため、需要過多になる可能性もあります。

企業の規模別・社会保険労務士の平均年収

5つの年齢別社会保険労務士の平均年収|独立開業をしたほうがいい?
社会保険労務士は、前述したように、3つ(実際には4つ)の業務を行い、うち2つは独占業務のため、社会保険労務士にしか許可されていません。加えて、国家資格のため、一般サラリーマンよりも年収が高くなる傾向にあります。

今回は、「大企業の社会保険労務士の平均年収」「中小企業の社会保険労務士の平均年収」について紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

大企業の社会保険労務士の平均年収

5つの年齢別社会保険労務士の平均年収|独立開業をしたほうがいい?
大企業の社会保険労務士の平均年収は、約600~700万円と言われています。一般サラリーマンの約1.5倍もの年収をもらっていることになります。

大企業で勤めている社会保険労務士は、人事に関する業務を行います。労働者の名簿を作成し、賃金規定の作成や就業規則の作成など、重要な業務を行うことが多いため、年収が高くなる傾向にあります。

中小企業の社会保険労務士の平均年収

5つの年齢別社会保険労務士の平均年収|独立開業をしたほうがいい?
中小企業の社会保険労務士の平均年収は、約450~500万円です。中小企業では、一般サラリーマンとほとんど同じ年収をもらっていることになります。

中小企業で勤めている社会保険労務士は、大企業と同じように、人事に関する業務や、労働者の名簿を作成し、賃金規定の作成や就業規則の作成などを行います。しかし、規模の違いなどといった理由から年収がそこまで高くない傾向にあります。

5つの年齢別社会保険労務士の平均年収

5つの年齢別社会保険労務士の平均年収|独立開業をしたほうがいい?
社会保険労務士は、前述したように、独占業務を含めた3つの業務(実際には4つ)を行っています。そのため、一般サラリーマンの人よりも多く年収をもらっていることが多いです。

今回は、社会保険労務士の平均年収として、「20代」「30代」「40代」「50代」「60代」の5つの年齢別に紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

年齢別社会保険労務士の平均年収:20代

20代の社会保険労務士の平均年収は、約420~430万円です。20代の一般サラリーマンの平均年収は約250~300万円と言われているので、比較的多く年収をもらっていることになります。

ちなみに、20代の社会保険労務士のボーナス支給額は、年間を通して約95~120万円と言われています。20代の時点で一般サラリーマンより多くもらえているというのは大きな利点です。貯金も若いうちから始められるでしょう。

年齢別社会保険労務士の平均年収:30代

30代の社会保険労務士の平均年収は、約500~520万円と言われています。20代の一般サラリーマンの平均年収は約380~420万円と言われているので、比較的多く年収をもらっていることになります。

ちなみに、30代の社会保険労務士のボーナス支給額は、年間を通して約130~150万円です。家庭を持ち始めたりと、生活に必要な費用が多くでてくる30代ですが、生活に困らない年収であると言えます。

年齢別社会保険労務士の平均年収:40代

40代の社会保険労務士の平均年収は、約700~710万円です。20代の一般サラリーマンの平均年収は約400~450万円と言われているので、比較的多く年収をもらっていることになります。

ちなみに、40代の社会保険労務士のボーナス支給額は、年間を通して約170~190万円と言われています。

年齢別社会保険労務士の平均年収:50代

50代の社会保険労務士の平均年収は、約750~800万円と言われています。20代の一般サラリーマンの平均年収は約600~650万円と言われているので、比較的多く年収をもらっていることになります。

ちなみに、50代の社会保険労務士のボーナス支給額は、年間を通して約180~200万円です。

年齢別社会保険労務士の平均年収:60代

60代の社会保険労務士の平均年収は、約770~790万円と言われています。20代の一般サラリーマンの平均年収は約450~500万円と言われているので、比較的多く年収をもらっていることになります。

ちなみに、60代の社会保険労務士のボーナス支給額は、年間を通して約150~200万円です。

男女別の社会保険労務士の平均年収

5つの年齢別社会保険労務士の平均年収|独立開業をしたほうがいい?
平成26年度のデータによると、社会保険労務士の男女比率は7:3と、男性が多いです。この比率から男性が働きやすい職種と考えがちですが、意外と女性の方が働きやすい傾向にあります。

これは、主人がいる方は、収入面をあまり気にすることなく働けるためとも言われています。

今回は、男女別の社会保険労務士の平均年収について紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

男性社会保険労務士の平均年収

男性の社会保険労務士の平均年収は、約770~800万円と言われています。これは、企業の人事部や総務部など、企業の中枢を担う部署に配属されることが多く、責任のある仕事を任されることが多いことが理由で、上記のような年収をもらうことが多いです。

また、年齢が上がるにつれて、たくさん培ってきた経験を元に役職に就く人が多くなるため、一般サラリーマンよりも年収が高くなっています。

女性社会保険労務士の平均年収

女性の社会保険労務士の平均年収は、約530~550万円と言われています。男性の方と同じような仕事内容を任されることが多いです。

しかし、結婚や出産などで離職する人も多く、男性の社会保険労務士の人よりも200万円以上低くなる傾向にあります。ですが、前述したように、主人がいる人は、収入を気にすることなく働くことができる傾向にあるため、女性の方でも積極的にチャレンジする人が多いです。

社会保険労務士として年収を上げるには開業や独立をしたほうがいい?

5つの年齢別社会保険労務士の平均年収|独立開業をしたほうがいい?
社会保険労務士は、企業において重要な役割を担うことが多いですが、専門的な業務内容から開業や独立をする人もいます。

努力次第で一般サラリーマンの2倍や3倍以上の年収を稼ぐことが可能です。一方で、仕事を獲得することができなければ収入がほとんどないため、リスクも把握しておく必要があります。

今回は、勤務社会保険労務士と独立開業社会保険労務士の平均年収について紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

勤務社会保険労務士の平均年収

勤務社会保険労務士の平均年収は、約400~650万円と言われています。前述したように、大企業に勤めるか中小企業に勤めるによって収入が異なります。また、どの企業に就職しても仕事内容はほとんど変わらないので、企業の規模によって年収が変わると言っても過言ではありません。

しかし、社会保険労務士は国家資格のため、就職や転職活動をする際に有利に働くことが多いです。加えて、働きながら資格取得することも可能です。

独立開業社会保険労務士の平均年収

独立開業社会保険労務士の平均年収は、約450~800万円です。前述したように、営業努力によって収入が前後するため、中には年収1,000万円稼ぐ人もいます。営業で仕事を獲得する以外にも、書籍を出版したりメディアに出演することでお金を稼ぐ方法もあります。

独立や開業し始めの時期は、なかなか仕事を獲得できず、満足する収入を得ることができない場合が多いです。

社会保険労務士が登録しておきたい転職サイト・転職エージェント

社会保険労務士は、資格試験に合格するだけでなく、2年以上の実務経験が必要になるため、周囲の人と比べて就職が遅くなりがちです。また、働きながら資格取得を目指す人も、転職サイトやエージェントによっては、求人情報に満足できない人もいます。

今回は、評判の良い転職サイトや転職エージェントして、「ビズリーチ」と「doda(インテリジェンス)」を紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

転職エージェント:ビズリーチ

5つの年齢別社会保険労務士の平均年収|独立開業をしたほうがいい?
転職エージェントとしておすすめなのが「ビズリーチ」です。

ビズリーチは、職務経歴書を見た企業からスカウトが来るだけでなく、年収1,000万円以上の求人が多いという特長があります。そのため、今勤めている企業や事務所よりもランクアップしたいという人におすすめのエージェントです。

また、厚いサポートで転職活動の手助けをしてくれるので、社会保険労務士の人にとって強い味方であると言えます。

転職エージェント:doda(インテリジェンス)

5つの年齢別社会保険労務士の平均年収|独立開業をしたほうがいい?
転職エージェントとしておすすめなのが「doda(インテリジェンス)」です。doda(インテリジェンス)は、幅広い職種の求人と手厚いサポートが特徴のエージェントです。職務経歴書を見た企業からのスカウトやスタッフによるおすすめの求人など、自分に合った企業を見つけることができます。

社会保険労務士として転職するだけでなく、キャリアアップやスキルアップを目指している人もおすすめの転職エージェントです。

社会保険労務士の平均年収と将来性について理解を深めよう!

5つの年齢別社会保険労務士の平均年収|独立開業をしたほうがいい?
社会保険労務士は、一定の学力や職歴などが必要になる国家資格であり、誰でも取得できるわけではありません。一方で、一度取得することで、一般サラリーマンよりも多くの年収をもらうことができます。

仕事をしながらでもキャリアアップを目指して資格を取得する人もいるので、現状に満足していない人は資格取得を検討してみてはいかがでしょうか。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related