Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月23日

5つの年齢別税理士の平均年収|独立開業をしたほうがいい?

税理士とは、企業の税務相談や個人の納税のアドバイスなど、税に関する専門的な知識を有している人を指します。加えて、独占業務があるため、一般サラリーマンよりも高い年収をもらっています。この記事では、税理士の仕事内容や年代別の平均年収を中心に記述しています。

5つの年齢別税理士の平均年収|独立開業をしたほうがいい?

税理士

5つの年齢別税理士の平均年収|独立開業をしたほうがいい?
「税理士」とは、企業や個人事業主の確定申告の作成や会計処理の代行など、税務に関して専門的な知識を有している人を指します。私たち国民には納税の義務があるため、税金の支払いをしなくてはなりません。この複雑な税金のアドバイスをしてくれるのが税理士です。

資格を取得するのがかなり難しいため、年収も一般サラリーマンよりも高い傾向にあります。

税理士の主な仕事内容

5つの年齢別税理士の平均年収|独立開業をしたほうがいい?
税理士の主な仕事内容は、「税務代理」「税務書類の作成」「税務相談」の3つになります。いずれも独占業務のため、税理士にのみ業務が許可されています。

「税務代理」は、納税者の代わりに税金の申告を行う業務です。「税務書類の作成」は、確定申告などの税務署に提出する書類を作成します。「税務相談」は、税金の算出や相続などの税に関する相談に対して対応する業務です。

税理士になるには?

税理士になるためには、税理士試験を受験する必要があります。税理士試験を受験するためには、簿記1級などの資格を取得していたり、大学や専門学校で経済学に関する科目を履修するなど、特定の条件があるので、誰でも受験することができるわけではありません。

税理士試験に合格しても、2年間の実務経験を積む必要があり、実務経験を積んで初めて税理士として働くことができるようになります。

税理士の将来性

5つの年齢別税理士の平均年収|独立開業をしたほうがいい?
現在は、パソコンによって会計の計算を行うようになったので、税務に関する業務よりも個人や法人に対して行うコンサルティング業務が増えていく傾向にあります。ですが、独占業務があり国家資格を有しているため、今後も需要が高くなることが予想されます。

また、税理士試験を受けるだけでなく、弁護士や公認会計士の人が申請することで税理士の資格を取得することができるため、非常に競争的になることも予想されます。

企業の規模別・税理士の平均年収

5つの年齢別税理士の平均年収|独立開業をしたほうがいい?
前述したように、税理士は税務に関する業務を中心に個人や法人へアドバイスや相談を行っています。中には、大企業や中小企業に駐在している税理士もおり、経理や財務を担当することが多いです。

今回は、大企業や中小企業の税理士の平均年収について紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

大企業の税理士の平均年収

5つの年齢別税理士の平均年収|独立開業をしたほうがいい?
大企業の税理士の平均年収は、約1,000万円と言われています。一般サラリーマンの平均年収は約450万円と言われていますので、倍以上の年収をもらっていることになります。

大企業の場合は、経理部門で財務や経理の専門家としてアドバイスをするだけでなく、金融や不動産関連の商品開発を手掛けることもあります。

以上のことから、大企業の税理士は年収が一般サラリーマンよりも高くなっています。

中小企業の税理士の平均年収

5つの年齢別税理士の平均年収|独立開業をしたほうがいい?
中小企業の税理士の平均年収は、約900万円と言われています。大企業と同じように、一般サラリーマンよりも倍以上の年収をもらっています。中小企業も大企業と同じような仕事を行っています。加えて、起業支援やコンサルティング業務を行っている企業もあります。

このような業務内容を行っていることから、中小企業の税理士は年収が一般サラリーマンよりも高くなっています。

5つの年齢別税理士の平均年収

5つの年齢別税理士の平均年収|独立開業をしたほうがいい?
税理士は前述したように、独占業務があるだけでなく、資格を取得するのがとても難しいため、一般サラリーマンよりも年収が高くなっています。加えて、60歳を超えても税理士として働くことができるため、税理士人口の年齢は高い傾向にあります。

今回は、20代~60代までの5つの年齢別の税理士の平均年収について紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

年齢別税理士の平均年収:20代

20代の税理士の平均年収は、約660万円と言われています。20代の一般サラリーマンの平均年収は約290万円と言われていますので、倍近くの年収をもらっていることが分かります。前述したように、独占業務を行っているため、年収が高くなっています。

ちなみに、20代の税理士のボーナス支給額は、約165万円と言われています。また、一般サラリーマンのボーナス支給額は、約75万円と言われています。

年齢別税理士の平均年収:30代

30代の税理士の平均年収は、約870万円と言われています。20代の一般サラリーマンの平均年収は約400万円と言われていますので、倍近くの年収をもらっていることが分かります。前述したように、独占業務を行っているため、年収が高くなっています。

ちなみに、30代の税理士のボーナス支給額は、約210万円と言われています。また、一般サラリーマンのボーナス支給額は、約100万円と言われています。

年齢別税理士の平均年収:40代

40代の税理士の平均年収は、約1,050万円と言われています。20代の一般サラリーマンの平均年収は約470万円と言われていますので、倍近くの年収をもらっていることが分かります。

前述したように、独占業務を行っているため、年収が高くなっています。加えて、役職に就く人もおられるため、その分年収も高くなる傾向にあります。

ちなみに、40代の税理士のボーナス支給額は、約270万円と言われています。

年齢別税理士の平均年収:50代

50代の税理士の平均年収は、約1,250万円と言われています。20代の一般サラリーマンの平均年収は約480万円と言われていますので、倍近くの年収をもらっていることが分かります。

前述したように、独占業務を行っているため、年収が高くなっています。加えて、税理士人口の中で40代や50代が多く占めていることも影響しています。

ちなみに、50代の税理士のボーナス支給額は、約310万円と言われています。

年齢別税理士の平均年収:60代

60代の税理士の平均年収は、約840万円と言われています。20代の一般サラリーマンの平均年収は約350万円と言われていますので、倍近くの年収をもらっていることが分かります。

前述したように、独占業務を行っているため、年収が高くなっています。

ちなみに、60代の税理士のボーナス支給額は、約210万円と言われています。また、一般サラリーマンのボーナス支給額は、約200万円と言われています。

男女別の税理士の平均年収

5つの年齢別税理士の平均年収|独立開業をしたほうがいい?
現在の税理士の男女比率は、男性が約8割、女性が約2割であることから、男性が圧倒的に多いことが分かります。男女比率は今後も男性が圧倒的に多くなる傾向にあります。加えて、女性の方は、出産や子育てによる職場復帰が難しくなるのが現状です。

そんな中、男女別の税理士の平均年収について紹介します。男女別でどのくらいもらっているのか気になる方は、ぜひ参考にしてみてください。

男性税理士の平均年収

5つの年齢別税理士の平均年収|独立開業をしたほうがいい?
男性税理士の平均年収は、約900~1,000万円と言われています。年齢別で多少前後しますので、下記を参考にしてください。

ちなみに、ボーナスの平均支給額は、約200~300万円と言われています。
年代平均年収
20代約850万円
30代約930万円
40代約1060万円
50代約1200万円
60代約800~1000万円

女性税理士の平均年収

5つの年齢別税理士の平均年収|独立開業をしたほうがいい?
女性税理士の平均年収は、約750万円と言われています。年齢別で多少前後しますので、下記を参考にしてください。

ちなみに、ボーナスの平均支給額は、約100~200万円と言われています。
年代平均年収
20代約600万円
30代約750万円
40代約950万円
50代約1100万円
60代約700~1000万円

税理士として年収を上げるには開業や独立をしたほうがいい?

5つの年齢別税理士の平均年収|独立開業をしたほうがいい?
税理士として働いている人には、企業や事務所に勤務する人もいますが、中には、独立している人もいます。企業や事務所に勤務している人は安定した収入を得ることができる反面、一定の金額までしか稼ぐことができません。

一方で、独立している人は、仕事次第でいくらでも稼ぐことができる反面、仕事長くなると一気に収入がなくなってしまいます。今回は、税理士として年収をあげるためにどうすればよいのか紹介します。

勤務税理士の平均年収

勤務税理士の平均年収は、約750万円と言われています。前述したように、年齢別で年収は異なりますが、一般サラリーマンよりも高い年収をもらっています。

ちなみに、ボーナス支給額は、企業や事務所によって異なりますが、約140万円と言われています。

独立開業税理士の平均年収

独立開業税理士の平均年収は、約600~700万円と言われています。しかし、独立開業税理士の多くは、300万円や500万円、700万円の人が多く、1,000万円以上を超える人はごくわずかです。

独立する場合は、顧客の獲得や雑務の処理など、やることが多く、なかなか安定した収入を得ることができないのが現状です。ですので、しっかりとしたプランと覚悟が必要になります。

税理士が登録しておきたい転職サイト・転職エージェント

税理士の人は、長期間の試験勉強と約2年間の実務経験を積む必要があり、就職が遅くなってしまうことが多いです。また、転職する際にも、ある程度専門的なサイトやエージェントを活用した方が、良い条件の企業や事務所に就職することができます。

今回は、税理士が登録しておきたい転職サイト・転職エージェントについて紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

転職エージェント:ビズリーチ

転職エージェントとしておすすめなのが「ビズリーチ」です。ビズリーチは、職務経歴書を見た企業からスカウトが来るだけでなく、年収1,000万円以上の求人が多いです。そのため、今勤めている企業や事務所よりもランクアップしたいという人におすすめのエージェントです。

また、厚いサポートで転職活動の手助けをしてくれるので、キャリアアップを目指す方におすすめです。

転職エージェント:doda(インテリジェンス)

転職エージェントとしておすすめなのが「doda(インテリジェンス)」です。doda(インテリジェンス)は、幅広い職種の求人と手厚いサポートが特徴のエージェントです。職務経歴書を見た企業からのスカウトやスタッフによるおすすめの求人など、自分に合った企業を見つけることができます。

キャリアアップやスキルアップを目指す方におすすめです。

税理士の平均年収と将来性について理解を深めよう!

5つの年齢別税理士の平均年収|独立開業をしたほうがいい?
税理士は、独占業務があるため、一般サラリーマンよりも倍以上の年収をもらっています。税理士の中には、企業や事務所に勤務する人や、独立開業して仕事をする税理士もいます。それぞれでメリット・デメリットがあるため、しっかりと特徴を理解して選択する必要があります。

また、今後も税理士の需要は高くなると予想されますので、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related