Search

検索したいワードを入力してください

2019年04月19日

将来AI化してもなくならない仕事14選|需要が増すであろう職業4つ

AI化によって多くの仕事が消えるといわれていますが、将来AI化してもなくならない仕事とはどのような職業なのでしょうか。この記事では、将来AI化してもなくならない仕事の共通点や、今後需要が増すであろう職業をご紹介していきます。ぜひお読みください。

将来AI化してもなくならない仕事14選|需要が増すであろう職業4つ

AIとは

将来AI化してもなくならない仕事14選|需要が増すであろう職業4つ
AIとは人工知能のことです。人工知能は、コンピューターを使用して人工的に人間の知能のような働きを行わせる技術です。このAIの進化によって、さまざまな仕事が消滅するといわれています。

この記事では、将来AI化してもなくならない仕事とはどのような職業なのか、また、今後需要が増すと考えられている職業についてご紹介していきます。

AI化が進んでもなくならない仕事の共通点

将来AI化してもなくならない仕事14選|需要が増すであろう職業4つ
AI化してもなくならないと言われている仕事には共通点があります。その共通点は、AIでは代替できないとされるポイントがあることです。主なポイントは、新しいアイデアを出すことです。

また、倫理的にシステムでは違和感を感じるようなことは、AIでは代替できません。その反面、ルーチンワークのような業務は、どの仕事でもいずれAIに取って代わられることでしょう。

将来AI化してもなくならない仕事14選

将来AI化してもなくならない仕事14選|需要が増すであろう職業4つ
私たちの生活は、AIによってどんどん便利になっていきます。一説では、AIの進化によって今ある仕事の半分はなくなる可能性があるともいわれてます。

今すぐに全ての仕事がAIに取って代わられるということはないですが、近い将来には、AIの導入によって職場環境が変わっている可能性があります。ここからは、将来AI化してもなくならないと言われている仕事を14個ご紹介していきます。

将来AI化してもなくならない仕事1:教師

将来AI化してもなくならない仕事14選|需要が増すであろう職業4つ
教師という仕事は、ただ単に勉強を教えればいいというわけではありません。生徒の人格形成に大いに影響を与える仕事です。勉強を教えるという点においては、AIの方が優れている点もあるでしょう。

しかし、生徒の人格形成という点においては、人間が関わっていく必要があります。教師は、生徒一人一人に対してさまざまなケアができますが、AIには難しい役割でしょう。

将来AI化してもなくならない仕事2:医師

将来AI化してもなくならない仕事14選|需要が増すであろう職業4つ
AIの進化によって、医療業界にも変革が起こるといわれていますが、医師という仕事がなくなることはないでしょう。確かに、病気の診断などにおいてAIの精度が高くなっていく傾向はあるでしょうが、AIによる診断だけでは、医療業界は成り立ちません。

病名を機械的に告げられることを全ての人が受け入れることは困難であり、同じ病名を告げられるにしても、AIでは患者の気持ちに寄り添って言葉を選ぶことは難しいでしょう。

将来AI化してもなくならない仕事3:カウンセラー・セラピスト

将来AI化してもなくならない仕事14選|需要が増すであろう職業4つ
カウンセラーやセラピストも、人の気持ちに寄り添うことが求められる仕事です。ただ単にアドバイスをする仕事ではありません。AIでは人の気持ちに寄り添うことは難しいでしょう。

また、場合によっては、カウンセリング内容の扱い方が問題視されることもあるでしょう。プライバシー保護の観点からも、カウンセラーやセラピストといった職業は必要だといえます。

将来AI化してもなくならない仕事4:コンピューターシステムアナリスト

将来AI化してもなくならない仕事14選|需要が増すであろう職業4つ
コンピューターシステムアナリストも、AI化してもなくならない仕事だといえるでしょう。コンピューターシステムアナリストとは、ソフトウェアの技術者を統括する仕事です。

例えば、ある企業に対して、どのようなシステムの導入を行うべきか、どのような部分をシステム化するべきかを判断するということを行います。プログラマーのようにシステムを作るだけではなく、新しい発想が求められる仕事です。

将来AI化してもなくならない仕事5:スポーツトレーナー

将来AI化してもなくならない仕事14選|需要が増すであろう職業4つ
スポーツトレーナーもAI化してもなくならない仕事のひとつです。スポーツトレーナーは、知識だけでなく、選手と向き合う必要がある仕事です。AIによって適切なトレーニングプログラムを提案することはできるでしょうが、選手のモチベーションを維持するのは難しいでしょう。

人と接する仕事の一部は、いくらAI化が進んでもなくならないといわれています。その中でもスポーツトレーナーは代表的です。

将来AI化してもなくならない仕事6:アーティスト・漫画家

将来AI化してもなくならない仕事14選|需要が増すであろう職業4つ
アーティストや漫画家も、将来AI化してもなくならない仕事のひとつです。アーティストや漫画家は、アイデアや創造力を必要とする仕事です。場合によっては、思いついたアイデアを形にするための手段としてAIが導入されることはあるでしょう。

しかし、アイデアや創造力がなければ作品は生み出せません。いくらAIの技術が進化してもなくならない仕事だといえるでしょう。

将来AI化してもなくならない仕事7:営業

将来AI化してもなくならない仕事14選|需要が増すであろう職業4つ
営業の仕事も、将来AI化してもなくならない仕事だといえます。既存のクライアントと接したり、新しい営業先を得るためには、人との直接的な関わりが欠かせません。

しかし実際には、営業に関連する仕事の中でもルーティン化された単純労働に関してはAI化されていくでしょう。いわゆる事務的な仕事に関してはなくなっていくことが予想されます。営業はなくならない仕事でも、営業事務などの仕事はなくなる可能性が高いです。

将来AI化してもなくならない仕事8:経営者

将来AI化してもなくならない仕事14選|需要が増すであろう職業4つ
経営者は、AIでは判断しかねる仕事上の重要な判断を行う必要があります。また、仕事の統括を担う存在です。経営者には、人をまとめるといった要素も必要となります。その点においてAI化によってなくならない仕事だといえるでしょう。

しかし一説では、いずれ経営者の判断力とAIの判断力が同じかそれ以上になる可能性が指摘されています。人工知能の学習能力によって、経営者ですら仕事を失う可能性があるということです。

将来AI化してもなくならない仕事9:デザイナー

将来AI化してもなくならない仕事14選|需要が増すであろう職業4つ
デザイナーも、将来AI化してもなくならない仕事だといわれています。デザインなどのアイデアを生み出すという創造力の点で、AI化してもデザイナーはなくならない仕事です。

しかし実際には、アイデアを形にするためのシステムがあれば人手はいらないでしょう。デザイナー自体の仕事はなくなりませんが、その下で働いている人は仕事がなくなる可能性が高いです。

将来AI化してもなくならない仕事10:ダンサー・アイドル

将来AI化してもなくならない仕事14選|需要が増すであろう職業4つ
ダンサー・アイドルも、AI化によってなくならない仕事だといえるでしょう。ダンサーやアイドルなどのような、人間が表現することで人の心を感動させる仕事は、AIでは代替できないといわれています。そのため将来AI化してもなくならない仕事だといえるでしょう。

AIでも、ダンスをしたりアイドルのように振る舞うことはできますが、人が表現することは、今後も多くの人が求める姿でしょう。

将来AI化してもなくならない仕事11:警察官

将来AI化してもなくならない仕事14選|需要が増すであろう職業4つ
警察官も、AI化によってなくならない仕事だといわれています。既に、監視システムや防犯に関する面でAIは活躍しています。

しかし、全ての取り締まりをAIに任せることは難しいでしょう。AIの技術を利用して犯人逮捕に繋げるといったことはできても、取り締まることはできません。

将来AI化してもなくならない仕事12:弁護士

将来AI化してもなくならない仕事14選|需要が増すであろう職業4つ
弁護士もAI化してもなくならない仕事です。AIは法律を覚えることはできても、その知識を使って裁判で弁護することはできません。

しかし今後は、データの分析や翻訳などをAIで行えるようになるため、細々とした仕事に関しては、AIによって代替されていくと予想されます。

将来AI化してもなくならない仕事13:ライター・作家

将来AI化してもなくならない仕事14選|需要が増すであろう職業4つ
ライター・作家もなくならない仕事だといわれています。ライターや作家は、自分の頭で考えて文章を生み出すことが求められます。

いくらAI化が進んでも、AIが作った文章だけでは世の中は成り立たないでしょう。しかしAIによって文章をまとめることは可能になっていくでしょうから、まとめ記事サイトを作っているだけの人は、AI化によって仕事がなくなるでしょう。

将来AI化してもなくならない仕事14:コーディネーター

将来AI化してもなくならない仕事14選|需要が増すであろう職業4つ
コーディネーターもなくならない仕事だといわれています。コーディネーターとは、物事を調整する仕事です。新しい物を作る場合、多くの人の協力が必要となります。

それらをまとめる仕事はAIには難しいでしょう。また新しい物を作るということは、AIが苦手とする分野だといわれています。そのため、コーディネーターはなくならない仕事だといえるでしょう。

今後需要が増すであろう職業4つ

将来AI化してもなくならない仕事14選|需要が増すであろう職業4つ
ここからは、今後需要が増すであろう職業を4つご紹介していきます。これからはAIに使われる人間と、AIを使う人間の二極化が進むと予想されます。

既にスーパーマーケットの自動レジ導入など、私たちの身近な生活の中でも、AIによって人の手から離れつつある仕事があります。その一方で、需要が増すであろう職業があります。今までの時代とは大きく流れが変わることが予測されています。

今後需要が増すであろう職業1:システムエンジニア・ホワイトハッカー

将来AI化してもなくならない仕事14選|需要が増すであろう職業4つ
今後需要が増すであろう職業1つ目は、システムエンジニア・ホワイトハッカーです。システムエンジニアは、プログラマーと異なり、全体を俯瞰して設計を行うことができる人材ですから、今後も必要とされます。

また、ホワイトハッカーは、プログラミングの技術を善良な目的のために使う人材なので、なくてはならない存在です。倫理観を持ってAIを扱うためには、その技術を持った人が欠かせません。

今後需要が増すであろう職業2:IoT農家

将来AI化してもなくならない仕事14選|需要が増すであろう職業4つ
2つ目は、IoT農家です。こちらも今後需要が増すであろう職業だといわれています。IoTとは、Internet of Thingsを短くした言葉です。クラウドなどを活用して、農産物の生産から販売までを管理し、農業全体の経営を最適化することを目的とした仕事です。

しかし、高齢化が進む農業従事者の中には、システムの扱いが困難であったり初期費用がかかるなどの理由から、IoT農業を敬遠する人もいます。

今後需要が増すであろう職業3:人工肉クリエーター

将来AI化してもなくならない仕事14選|需要が増すであろう職業4つ
3つ目は、人工肉クリエイターです。これも今後需要が増すであろう職業だといわれています。人口肉とは、肉を使わずに人工的に作られた肉のことです。ベジタリアンの人でも、利用者がいます。

大豆や遺伝子組み換え技術を使って作る人工肉は、今後も伸びしろがある業界だとされています。そのため、人工肉クリエーターは、今後ますます需要が伸びる仕事だといえるでしょう。

今後需要が増すであろう職業4:アフィリエイター

将来AI化してもなくならない仕事14選|需要が増すであろう職業4つ
最後にご紹介するのはアフィリエイターです。アフィリエイターは、成功報酬型広告であるアフィリエイトを利用して利益を得る仕事のことで、主に、商品を紹介して収入を得ています。

Webサイトやメルマガを使って利益を出す人もいます。また、近頃はインフルエンサーと呼ばれるSNSアフィリエイターも増えています。自分のアイデア次第で利益を得ることができるため、なくならない仕事だといえるでしょう。

将来AI化してもなくならない仕事に注目してみよう!

将来AI化してもなくならない仕事14選|需要が増すであろう職業4つ
将来AI化してもなくならない仕事やAI化によってなくなってしまう仕事には、共通点があります。人間の発想がないと成り立たないという点が、AI化が進んでも生き残ることのできるポイントです。

突然すべての仕事がなくなることはないですが、徐々に人の手から離れて行く仕事は今後も増えていくと予想されます。AI化のメリットをポジティブに享受するためにも、AI化してもなくならない仕事に注目してみましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related