Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月07日

人事に役立つ資格10個|人事担当者に求められる能力や適正8つ

人事の仕事は、人の採用から管理、教育、育成まで行う重要な部署です。大企業では仕事を細分化して細かく部署分けをしています。これから人事で働く人に役立つ資格を紹介します。人事担当者に求められる能力を磨いて人事部で活躍しましょう。

人事に役立つ資格10個|人事担当者に求められる能力や適正8つ

人事とは

人事に役立つ資格10個|人事担当者に求められる能力や適正8つ
人事部は、企業を支える人材の確保や管理、人の活用をする部署です。人の採用や雇用、労務管理、教育や育成を行います。経営と連動して仕事を行い、大企業では人事部の仕事を細分化しています。

会社は優秀な人材を確保することで業績がアップし経営が安定します。人事の仕事は、会社運営にとって重要な枠割があり、やりがいを感じられるでしょう。

人事に資格は必要か?

人事に役立つ資格10個|人事担当者に求められる能力や適正8つ
これから人事で働きたい人は、特別な資格が必要なのでしょうか。人事部の仕事内容は企業によって異なります。資格を取得する時は、働いている環境に適した種類を選びましょう。資格を取得することで知識を増やすことができます。

直接収入アップに繋がらなくても、仕事に役立つでしょう。また資格を取得しているからと言って採用される事はありませんが、加点の対象にはなります。人事で役立つ資格を取得して、仕事に活かしましょう。

取得すべき!人事に役立つ資格10個

人事に役立つ資格10個|人事担当者に求められる能力や適正8つ
働き方改革もあって、人事で求められることが変わってきています。働く人の満足度や従業員と会社が一体になって向上する姿勢が強くなっています。人事部で役立つ資格は多くあります。

簡単に取得できる資格から、数年かけて取得する難易度の高い資格までさまざまです。人事部で役立つ資格を見ていきましょう。

1:マイナンバー実務検定

国民に割り当てられた12ケタの番号は、税金や保険などの管理に使われています。マイナンバーはとても重要な番号ですから、セキュリティ対策が万全でないと個人情報流出の可能性が大きくなります。人事部ではマイナンバーの正しい知識が求められます。

マイナンバー実務検定で、マイナンバー法と個人情報保護法を学びましょう。難しい内容の検定ではありませんから、比較的簡単に取得できるでしょう。

2:衛生管理者

衛生管理者の資格は国家資格です。50人以上働く会社では衛生管理者が必ず必要になります。衛生管理者は働く人の衛生教育や相談を受けます。これから人事部で働くなら取得しておくと役立つでしょう。

資格取得には学歴ごとに実務経験が設定されています。試験は筆記試験のみで難易度もそれほど高くありません。独学で合格を目指せるでしょう。

3:ビジネスキャリア検定

ビジネスキャリア検定は、ビジネスマンのキャリアを客観的に判断する事ができます。人事部では、新しい人材を開発する役目があるので取得しておくと役立ちます。この資格を取得すると企画力を含めた評価が認められ、就職や転職に有利になります。

2級以上を取得すると管理職として活躍することもできるでしょう。この資格を取得するには、中央職業能力開発協会のサイトで紹介されている学習支援のテキストを使って学習します。

4:中小企業診断士

中小企業診断士の資格は、中小企業の経営を判断して適切なアドバイスをします。企業全般のアドバイスをする経営コンサルタントの役割を果たすことができます。人事部でキャリアアップを目指すなら取得しておきましょう。

受験資格は特にありませんが、合格者が非常に少ない難関試験です。幅広い分野の知識を理解する必要があり、丸暗記で試験突破はできません。繰り返し問題を解いて、経営や経済情報を吸収しておく必要があります。

5:キャリアコンサルタント

人事に役立つ資格10個|人事担当者に求められる能力や適正8つ
キャリアコンサルタント試験は、厚生労働省が認めた国家資格です。取得すると労働者の悩みや相談に応じて、能力の開発や向上の手伝いができます。1級と2級がありますが、1級を取得すれば指導者レベルの知識が習得でき、人事部で的確なアドバイスが行えるでしょう。

資格を取得するには、学科試験と実技試験に合格する必要があります。難しい試験ですからきちんとした対策が必要です。

6:メンタルヘルス・マネジメント検定

メンタルヘルスマネジメント試験は、職場の環境にあったメンタルケアのアドバイスができる資格です。多くの人はストレスを抱えながら働いています。メンタルヘルスケア計画や従業員への教育法など、人事部で役立つ知識が身に付きます。

試験は一種から三種まであり、二種の合格率は50%以上です。人事部に所属している人は、一種のマスターコースを目指すと実務に役立つでしょう。

7:社会保険労務士

社会保険労務士の資格は、人事部の転職にも役立ちます。企業に勤める人が安心して働ける環境を作る事ができ、保険関係の手続きを行うこともできます。また、企業の立ち上げに必要な就業規則や給与規定を作成する事もできます。

社労士の資格はとても難しく出題範囲が広いです。過去問題を含めた問題集をまんべんなく解いておくことが合格への近道になります。受験直前になったら模試受験を受けると有効でしょう。

8:人事総務検定

一般社団法人人事総務スキルアップ検定協会が主催している検定です。人事部の幅広い知識が習得できる資格です。1級から3級まであり、人事担当者レベルなら3級で十分でしょう。より高度な知識を習得したいならレベルアップしていきましょう。

人事総務検定の試験内容は、社労士の試験範囲と重なります。まずはこちらの試験合格を目指してから社労士試験にチャレンジしても良いでしょう。2級と3級は講習を修了するだけで取得できます。

9:MOS

マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト試験は、マイクロソフトのオフィスのスキルを認定する資格です。オフィスソフトは世界各国で使われており、導入している企業も多くあります。人事部の作業にも役立つ資格でしょう。

MOSのテストは、実際にパソコンを使用した実技試験です。試験対策にはパソコンが必要になります。エクセルやワードの使い方をマスターして、苦手意識を克服できます。

10:年金アドバイザー

人事に役立つ資格10個|人事担当者に求められる能力や適正8つ
銀行業務検定協会が主催する民間資格です。銀行に勤めている人を対象にした資格ですが、社労士やフィナンシャルプランナーを目指す人も多く受験しています。この資格に合格すると、年金の相談や指導を行うことができます。

人事部では、定年後の継続雇用についてや、年金に対しての知識を活かしてアドバイスする事ができます。試験は2級から4級まであり、3級から難易度が上がります。

人事担当者に求められる能力・適正8つ

人事に役立つ資格10個|人事担当者に求められる能力や適正8つ
人事は社員のキャリアやモチベーションに対して方向性を示したり、経営陣と戦略を練って会社の方向性を決めます。会社にとって重要な役割があるため、スキルアップ以外にも求められる能力が高いです。人事担当者に求められる能力と適性を見ていきましょう。

1:分析力

人事に役立つ資格10個|人事担当者に求められる能力や適正8つ
分析力とは、一つ一つの成分や要素、側面を明らかにすることです。物事を細分化する事で問題点や疑問点が浮き彫りになり解決策が見つかります。物事を分解する力や組み合わせる力を鍛える事で人事の仕事に役立てられます。

情報を分析する力は、情報整理や分析力を司る理解系脳番地と、企画立案に必要な思考系脳番地を鍛える事で分析力が向上します。分析力を鍛えてデータ活用や情報を理解し、人事の仕事に活用しましょう。

2:解決力

何かの目標を達成するためには、解決力が必要になります。解決力がアップすると人事の仕事以外にも私生活でも役立ちます。問題を解決できる人は、自分で考えて提案できる人です。求められたこと以上に大きな成果を上げられる人は人事の仕事で認められます。

与えられた仕事の目的を自分なりに考えてまとめてみましょう。常に考えながら行動する事で、トラブルにも素早く対応でき、他人へアドバイスする事もできます。

3:説得・対話力

人事に役立つ資格10個|人事担当者に求められる能力や適正8つ
説得力があると、人事の仕事以外にも役立ちます。会話や文章力が優れていると相手を納得させることができて物事がスムーズに進みます。正しい情報を正確に伝える事で相手は納得をして行動します。

人事部は多くの人とコミュニケーションをとります。採用や雇用の他にも社員の教育や育成も行うでしょう。誰かに情報を伝える時は、物事を論理的に話しをする事が重要になります。人を説得できる対話力を身に付けましょう。

4:対人感受性

対人感受性と言う言葉はあまり聞き慣れないでしょう。対人感受性とは、簡単に言うと相手が何を考えているかを理解する力です。相手の気持ちや感情を理解する事で、相手の立場に立った話ができます。

対人感受性が強い人は、良好なコミュニケーションをがとれると言われています。人を相手にすることが多い人事部では重要な力になるでしょう。

対人感受性は、トレーニングする事で磨かれていきます。これから人事として活躍する人は、自然に相手を思いやれる心を身に付けましょう。

5:柔軟性

人事に役立つ資格10個|人事担当者に求められる能力や適正8つ
何事も柔軟に対応できる人は、人事部以外の部署でも重要な能力になります。問題があった時に、機転を利かせて対応できます。柔軟性のある人は、新しいことにもすぐに対応ができ、相手の意見を聞き入れることができます。

柔軟性を身に付けると視野が広がります。多くの人の意見を参考にするので、自分の考え方が広がり、何か問題が起こった時も解決策を見つけられるでしょう。

6:コミュニケーション力

人事に役立つ資格10個|人事担当者に求められる能力や適正8つ
人事部は人と接する事が多いため、コミュニケーションスキルが求められます。仕事をスムーズに進めるには、他者に説明をして理解してもらうことが重要です。特に、新入社員が多く入社する時期は、コミュニケーションが重要なカギになるでしょう。

また、人事部は初対面の人と話すことが多い部署です。面接や採用イベントなど会社を代表して人と接する必要がでてくるため、笑顔でコミュニケーションがとれる人を人事部は求めています。

7:第一印象

人の印象は第一印象が大切だと言われるように、初対面で挨拶する時にその人の評価が決まります。面接でも第一印象を悪くしないように気を付けるでしょう。第一印象が良いことで、その後の人間関係が良好になります。

人事の仕事は人を相手にするので、好感の持てる人を目指しましょう。まずは、笑顔を意識した挨拶を心がけます。そして、相手に伝わりやすい話し方を心がけると印象が良くなります。

8:要点把握力

要点把握力が優れていると、未経験の仕事でも難なく取り組めます。はじめて人事の仕事をする人は、要点把握力を磨いておくと良いでしょう。要点把握力は専門的用語を理解していなくても、相手が何を伝えたいのかポイントを絞って把握する力です。

この力があれば、初めての仕事でもある程度理解して取り組むことができます。要点を押さえる事ができると、効率がアップして時間短縮にも繋がります。

人事に役立つ資格を取得してみよう!

人事に役立つ資格10個|人事担当者に求められる能力や適正8つ
人事に役立つ資格を確認できました。これから人事で活躍したい人やキャリアアップを考えている人は、資格取得をして役立てましょう。資格取得をしたら、能力を磨き重要な役割を果たしましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related