Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月07日

金融業界で活かせる資格13選|難易度の高い資格5つ

金融業界は銀行や信託など、とても多くの職種があります。これから金融業界で活躍したい人は、資格を取得すると役立つでしょう。金融業界に役立つ資格はとても多くあります。仕事に活かせる資格と難易度の高い資格をチェックしましょう。

金融業界で活かせる資格13選|難易度の高い資格5つ

金融業界とは

金融業界で活かせる資格13選|難易度の高い資格5つ
金融業の代表は銀行や信託会社です。お金を扱った業務内容で、供給者と需要者の間にたって資金の取引を仲介します。金融業と呼ばれている業種は、銀行、信託、保険、無尽業です。他には証券業や貸金業、質屋も含まれています。

同じ金融業でも職種によって仕事内容が異なります。どのような職種に就きたいのか考えて、将来有利になる資格を取得すると良いでしょう。

金融業界に資格は必要か?

金融業界で活かせる資格13選|難易度の高い資格5つ
金融業界で活躍するための資格はとても多くあります。職種によって必要な資格が異なり、資格を持っている事で、昇給したりキャリアアップする事ができます。これから金融業界に就職をする人も役立つ資格があります。

まずは、金融業界でどのような職種で働くのかを決めて資格取得をしましょう。自分の仕事にあった資格を取得する事で業務に役立てることができます。これから金融業界で働く人は資格があると有利でしょう。

金融業界で活かせる資格13選

金融業界で活かせる資格13選|難易度の高い資格5つ
金融業界で活かせる資格はとても多くあります。自分の職種に合った資格を取得するのがポイントです。資格を取得していると手当が付いたり、資格を活かしたポジションで活躍する事もできます。どのような資格があるか調べてみましょう。

1:日商簿記

金融業界で活かせる資格13選|難易度の高い資格5つ
日商簿記検定は年間60万人の人が受験する人気の資格です。2級に合格すると、大学の推薦入試が有利になったり転職にも役立ちます。日商簿記検定では、商業簿記と工業簿記が学べます。商業簿記は一般的な簿記の内容で、財務管理や会計処理など基礎的な内容がメインになります。

工業簿記は、企業の商業製造が加わり材料の仕入れについても学べます。金融業界でも役立つ知識が多くありますから、取得しておいて損は無いでしょう。

2:証券外務員

証券外務員の資格は、金融機関で株式や債券などの有価証券を売買する時に必要です。勧誘する仕事に就く人は必らず必要になる資格です。金融業に就職をする前に取得しておくと、転職に有利でしょう。

この資格は一種と二種があり、取り扱うことのできる商品が違います。一種の方が難易度は高めで、二種で扱う商品の他、先物取引やデリバティブ取引まで学べます。試験は随時行われており、全国各地で受験できます。

3:証券アナリスト

金融業界で活かせる資格13選|難易度の高い資格5つ
証券アナリストの資格は、証券投資で専門知識を活かして分析をして、資産投資の評価やアドバイスをします。これから証券会社で活躍したい人は取得しておくと良いでしょう。通信講座で学習できますから、社会人でもスケジュールがたてやすいです。この資格は実務経験が3年以上の必要になります。

金融業界や証券会社で実務経験を積んでから受験しましょう。試験は一時レベルと二次レベルがあり、一時レベルに合格すると二次レベルの受験ができます。

4:AFP

AFPはフィナンシャルプランナーの資格です。日本フィナンシャル・プランナーズ協会が認定する資格は、AFPとCFPがあります。AFPは一般知識が学べる普通資格で、CFPは世界に通用する上級資格になっています。

AFPの資格はフィナンシャルプランニング技能士の2級に合格して、研修を修了する事で取得できます。金融業界でお金に関する接客をする人に役立つ資格です。

5:FP技能士

フィナンシャルプランニング技能士は、平成14年に登場した比較的新しい資格です。金融業などで、お客の人生設計に合った資産運用の手助けができます。この資格は社団法人と金融財政事情研究会と日本ファイナンシャル・プランナーズ協会が実施しており、どちらの団体で受験してもかまいません。

フィナンシャルプランナーの知識は、金融業界の他、不動産会社や税務関係の仕事でも役立ちます。

6:アクチュアリー

アクチュアリーとは、保険や年金業界で働くプロの事です。税率論や統計学など数理的手法を用いて保険や年金に関する問題を取り扱います。受験資格は大学を卒業した人が対象になっています。

一次試験と二次試験があり、合格率はわずか15%位です。高度な知識が必要になり試験も難関です。計算問題が多い試験ですから、数字に強い人が向いています。経済や投資関連の問題も主題されるので、広範囲の知識が求められます。

7:宅地建物取引士

宅地建物取引士、通常「宅建」の資格は、国家資格の中でトップクラスの人気がある資格です。毎年20万人の受験者がおり、学生から社会人まで幅広い層が受験をします。この資格を取得すると、土地取引の責任者になれます。

不動産業界や、土地の投資を行う金融業で働く人は取得しておくと有利になるでしょう。法律では宅建取引業務を営むには、従業員5名につき1名の宅建有資格者が必要になります。小さな不動産屋でも活かせる資格です。

8:中小企業診断士

中小企業診断士の資格は、中小企業の経営を分析して適切なアドバイスをします。合格すると経営コンサルタントとして活躍する事ができ、多くの人が独立開業します。試験は非常に難関で、受験者の1/4以下しか合格できません。幅広い知識が必要になるため、学習範囲が広く応用力が求められます。

経済や経営に関心があり、流通や金融などに知識が豊富な人はチャレンジしてみましょう。合格するには過去問題を多く解くことがポイントです。

9:社会保険労務士

社会保険労務士は、従業員が安心して働ける環境を作る手助けをします。健康保険や厚生年金など、社会保険関連の手続きを行います。必要書類を作成して従業員代わって提出をしたり、就労規則や給与規定の作成にも関わります。

金融業内の社労士として働き、キャリアを積んでから独立開業しても良いでしょう。試験は非常に難関で、広範囲の問題が出題されます。バランスよく勉強をして幅広い知識を学ぶ必要があります。

10:税理士

金融業界で活かせる資格13選|難易度の高い資格5つ
税に関するエキスパートを目指すなら、税理士の資格がおすすめです。所得税や法人税など税務に関する業務を代行します。試験は非常に難関ですから、自分のペースにあった勉強法で5科目の合格を目指しましょう。資格を取得すると、税の相談や書類作成の代行、申告代理をすることができます。

税理士の資格を取得したら、税理士事務所や会計事務所で働くことが多くなりますが、金融業で経理をしている人もキャリアアップする事ができます。

11:公認会計士

金融業界で活かせる資格13選|難易度の高い資格5つ
経理や会計の仕事を大変役立つ資格です。公認会計士の資格を持っていると、企業で必要な財務書類の監査や正銘ができます。責任の重い仕事内容で、公正な判断と信頼が求められます。

試験は非常に難関で、合格者は1割弱です。試験は短答式試験と論文式試験があります。両方の試験に合格、または好成績の科目は2年間試験免除してもらえます。合格したら、監査法人に勤務する人が多いでしょう。

12:米国公認会計士

米国公認会計士はアメリカの公的資格です。日本でもコンサルティング業や監査などの業種で有利になることから、受験する人が多いです。日本国内で受験する事ができますが、受験までに手間がかかるため、資格スクールを利用すると便利です。

試験は全て英語表記になるため、会計士としての知識以外に英語力も必要です。語学力に不安のある人は、英語の理解力からスタートしましょう。外資系の金融業に就職したい人におすすめです。

13:MBA(経営学修士)

アメリカでは最高責任者が多く取得している資格ですが、日本ではあまり評価されていませんでした。しかし、最近ではグローバル化が進み、優秀な人材確保に力を入れている企業が多くなりMBA取得が見直されてきました。

この資格を持っていると必ずしも昇進や昇給するものではありませんが、有利になることがあります。外資系企業や海外の金融業で活躍をしたい人におすすめです。

金融資格難易度の高い資格5つ

金融業界で活かせる資格13選|難易度の高い資格5つ
金融業界で役立つ資格には、とても難しい資格があります。難しい資格ほど評価が高く、就職や転職に役立つと言われています。早速、難易度の高い資格5つを調べてみましょう。

1:アクチュアリー

アクチュアリーの資格は、公益社団法人日本アクチュアリー会が実施しています。試験は一次試験と二次試験があり、一次試験の五科目に合格するとアクチュアリー会の準会員になれます。二次試験は「生保」「損保」「年金」コースから二科目選び受験します。

二次試験に合格後、研修を受講してアクチュアリー会の正会員になります。非常に難易度の高い資格で、合格率は15%程度です。年金や経済に関する知識が必要になります。

2:BATIC

BATIC(国際会計検定)は、簿記の会計テストです。世界に通用する簿記会計資格ですから、外資系の金融業に就職したい人におすすめです。この資格は、東京商工会議所が実施しており、試験はSubject1(英文簿記)とSubject2(国際会計理論)になります。

Subject1は簿記検定3級レベル、Subject2は簿記検定2級レベルが求められます。難易度の高い資格ですから、しっかりした対策が必要です。

3:CFA

金融業界で活かせる資格13選|難易度の高い資格5つ
CFA協会認定証券アナリストの資格は、国際化に対応した世界的評価の高い資格です。この資格を持っていると平均収入が高くなり、メリットが多いと言われています。証券アナリストとして活躍したい人はぜひ取得しておきましょう。

CFAの資格はとても難しい内容です。合格率が公開されていませんから、詳細は不明ですが試験は英語なので語学力も必要になります。資格取得まで最短で2年半、平均で3~5年かかる資格です。

4:証券アナリスト

日本証券アナリスト協会検定会員の資格です。試験は一次試験と二次試験があり、一次試験は52%の合格率で難易度は普通レベルでしょう。計算する事が得意でトレンドに敏感な人は有利に受験できます。

出題される問題は高度な証券知識も含んでいるため、大学で専門科目を学んでいると回答率がアップするでしょう。仕事に役立てるなら、資格取得後コミュニケーション能力も磨く必要があります。

5:税理士

金融業界で活かせる資格13選|難易度の高い資格5つ
税理士資格は国家試験です。簿記論と財務諸表論が必須科目で所得税法化法人税法から一科目を選び、残り2科目が選択制になっています。合計5科目に合格しなければならないため、数年かけて合格を目指す事になります。

会社によっては一科目合格でも報奨金が与えられるケースもありますから、チャレンジしてみると良いでしょう。超難関の資格ですから、対策をしっかりして受験しましょう。

金融業界で活かせる資格を取得してみよう!

金融業界で活かせる資格13選|難易度の高い資格5つ
金融業界で活かせる資格はとても多くありました。比較的簡単に取得できる種類から、超難関の資格までありました。金融は資格が多い業界です。自分の職種に合った資格を取得して、就職やキャリアアップに役立てましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related