Search

検索したいワードを入力してください

2019年04月19日

映画監督を目指せる8つの学校|映画監督の7つの仕事内容の紹介

映画監督とはどのような仕事を指すのでしょうか。わかっているようで詳しくはわからない、映画監督についてご紹介していきます。を目指せる8つの学校|映画監督の7つの仕事内容の紹介営業以外映画監督を目指せる8つの学校|映画監督の7つの仕事内容の紹介します。

映画監督を目指せる8つの学校|映画監督の7つの仕事内容の紹介

映画監督とは?

映画監督とは、映画を製作する際のすべての権限を持つ仕事です。

映画監督は撮影、衣装の選定、俳優の演技指導など、何から何まで全部の決定権を持っている存在です。それだけ責任も大きく、絶対に逃げだすことができない仕事です。

映画監督には休日や休みはありません。映画を撮り続けている間は常にカメラの前で演技指導や河原ワークの選定を行う過酷な仕事です。映画監督という職業は、体力と知力が必要な特殊な仕事です。

映画監督の7つの仕事内容

映画監督を目指せる8つの学校|映画監督の7つの仕事内容の紹介
映画監督の7つの仕事内容についてご紹介していきます。

映画監督はひとつの作品の脚本から配役、ロケ地や音楽など、さまざまな構成をひとつにまとめるたいへん重要な仕事です。映画監督は映画製作におけるすべての決定権を有しています。有能なリーダーシップがあり、高い責任能力を持ち合わせていないとできない職業です。

一見、華やかな映画監督ですが、編集作業などのたいへん地味な業務も含まれているため、忍耐力も必要です。

1:作品の緻密な構成

映画監督の仕事内容の1つに作品の緻密な構成があります。

映画監督は1本の映画を作り上げるために緻密な構成を行う必要があります。構成とは映画のストーリーに起承転結をつけて、映画を観た人にわかりやすい話の流れを作ることです。

映画監督としてこの作品を通して何を伝えたいかをお客様に理解してもらえるように、脚本家と緻密な打ち合わせをしていきます。俳優のセリフや配置、場面展開なども綿密に決定していきます。

2:撮影場所の決定

映画監督を目指せる8つの学校|映画監督の7つの仕事内容の紹介
映画監督の仕事内容の1つに、撮影場所の決定があります。

映画の撮影は大抵、ロケを行いながら進行していきます。そのために、映画作品にぴったりのロケーションがある場所を映画監督が世界中から選定していきます。ロケーション・ハンティングという和製英語の仕事で、通称ロケハンと呼ばれる業務も、映画監督に最終決定権があります。

脚本やイメージをもとに、映画にぴったりの風景を求めて屋外の撮影場所を探しにいく仕事です。

3:キャスティングの決定

映画監督の仕事内容の1つにキャスティングの決定があります。

映画の配役の決定権は映画監督にあります。自分の作品のイメージにぴったりの俳優を探して役柄に当てはめていきます。作品の宣伝も兼ねて、大々的なオーディションを開いて主役を決定する場合もあります。

プロディーサーが配役を決める場合もありますが、映画監督が決定に関与しているケースが多くあります。配役はプロダクションを通して行われることがほとんどです。

4:作品すべての指揮

映画監督を目指せる8つの学校|映画監督の7つの仕事内容の紹介
映画監督の仕事内容の1つに、作品すべての指揮があります。

映画監督は映画作品全体を引っ張っていく指揮官です。さまざまな専門家が関わる映画というひとつの作品を作り上げるために、いろいろな人の意見やアイデアを盛り込み、スポンサーの意向を確かめながら、それらを一つにまとめあげる能力が必要です。

指揮官としてイメージ通りの作品を作り上げるための交渉術なども、映画監督には必須となっています。

5:演技指導

映画監督の仕事内容の1つに、演技指導があります。

作品に対するイメージを俳優に指導するのが、映画監督の仕事です。頭の中にある映画作品のイメージを言葉や絵に起こして、俳優に正確に伝えなければいけない大切な仕事が映画監督にはあります。

緻密な脚本や打ち合わせで俳優にさまざまなイメージを伝えたあとも、どのようなセリフ回しでどんな表情をして欲しいかなど、細かい演技指導を俳優に行いながら映画を製作していきます。

6:細かい打ち合わせ

映画監督を目指せる8つの学校|映画監督の7つの仕事内容の紹介
映画監督の仕事内容の1つに、細かい打ち合わせがあります。

映画監督の仕事は華やかな部分だけではなく、陰の地味な作業が大半を占めています。映画監督はさまざまなスタッフや専門家と一緒に仕事をしています。彼らのベテランとしての意見やアイデアを取りまとめていくために、頻繁に細かい打ち合わせが必要になってきます。

映画監督という職業はそういう意味では、対人スキルが発達している社交的な人間に向いている職業です。

7:プロモーション活動

映画監督の仕事内容の1つにプロモーション活動があります。

映画は製作するだけでは成り立ちません。さまざまなプロモーションをかけてお客様にお金を出して見てもらわなくてはいけない産業です。利益を生み出せないと次の作品を映画監督が作成することができなくなります。

映画監督は役者やプロデューサーとともに、各地を回ってプロモーション活動をしていきます。テレビや雑誌などのマスコミなども利用して宣伝をしていきます。

映画監督の年収

映画監督を目指せる8つの学校|映画監督の7つの仕事内容の紹介
映画監督の年収について見ていきましょう。

映画監督の年収は製作する作品の内容や規模によってさまざまです。映画監督の1年間の映画の本数が年収に値します。ちなみに日本映画監督協会では、最低賃金が350万円という規定があります。

誰もが知っている有名な映画監督の場合は、1本1000万円以上など年収は破格値です。誰もが有名な映画監督に撮影して欲しいと願っているので、作品を映画監督側が選ぶことができるからです。

1:映像制作会社に所属してる場合

映像制作会社に所属してる場合の映画監督の年収は、駆け出しの映画監督がスポンサーをつけて商業映画を1本製作した場合で約400万円といわれています。

映画が大ヒットしても映画監督の給料はあまり変わらないといわれています。興行会社が売上の多くを持っていってしまうからです。映画監督は中間の立場にある映像制作会社の社員なので、興行成績がそのまま年収に反映するわけではないケースが多々あります。

2:フリーの場合

映画監督を目指せる8つの学校|映画監督の7つの仕事内容の紹介
フリーの映画監督の年収は200万円前後、アマチュアの場合は0円に近い金額です。

近年は映画用の機材の発達やネット・映像処理技術等の発達で誰もが気軽に映画を撮れる時代になりました。フリーの映画監督が台頭している反面、生活できるだけの年収を稼げる人は一握りとなっています。

フリーの映画監督は赤字になっても製作したいという熱意の元で頑張っています。年収を度外視しても、映画監督にやりがいを感じているからです。

映画監督を目指せる8つの学校

映画監督を目指せる8つの学校|映画監督の7つの仕事内容の紹介
映画監督を目指せる8つの学校をご紹介していきます。

映画監督を目指している方は弟子入りする方法もありますが、各種専門学校などへ入学して映画の勉強を行うやり方が現在は主流です。

映画監督を目指す方のための学校は全国にたくさんあります。映画監督といっても、ドキュメンタリやテレビなどたくさんの種類があります。自分が希望する専用のコースを選び、映画監督としての知識をしっかりと学んでいきましょう。

1:九州ビジュアルアーツ専門学校

九州ビジュアルアーツ専門学校は、映画監督を目指せる学校です。

九州ビジュアルアーツ専門学校は、福岡にある芸術系の専門学校です。放送・映画学科以外にも、声優・俳優・ミュージック・音響などの学科があり、クリエイティブな職業を目指すための授業を受けることができます。

映画コースでは、映像制作に必要な技術や学問をわかりやすく学べます。実際に作品を仕上げていくことで、総合的な力を養うことができます。

2:ビジュアルアーツ専門学校・大阪

ビジュアルアーツ専門学校・大阪は、映画監督の勉強ができる学校です。

大阪にあるビジュアルアーツ専門学校・大阪は、ビジュアル関係の仕事に直結したさまざまなアート系の勉強を学ぶことができる専門学校です。実際の現場が体験できる実習や就職が充実していることが特徴です。映画監督のためのコースも設置されています。

ビジュアルアーツ専門学校・大阪に興味がある方は、オープンキャンパスなどに積極的に参加してみましょう。

3:東放学園映画専門学校

映画監督を目指せる8つの学校|映画監督の7つの仕事内容の紹介
東放学園映画専門学校は、映画監督の知識が学べる専門学校です。

東放学園映画専門学校は、体験入学ができるたのしい雰囲気の専門学校です。映画監督志望の方は、実際にプロが使用している機材を利用して編集作業なども体験できます。就職のデビュー支援も行っています。

4:国際映像メディア専門学校

国際映像メディア専門学校は、映画監督になりたい人のための学科が学べる専門学校です。

映画監督の勉強をするための機材や資料も豊富に取り揃えられています。インターンシップ制度も充実していて、指導の先生方の中には現役の映画監督もいらっしゃいます。

5:専門学校 名古屋ビジュアルアーツ

専門学校名古屋ビジュアルアーツは、映画監督になりたい人におすすめの専門学校です。

専門学校名古屋ビジュアルアーツは愛知県の専修学校です。声優やダンサー、ミュージシャンのための学科も用意されています。

映画専攻のコースは50年以上の歴史があります。脚本家やシナリオライターなど、さまざまな仕事のノウハウを学ぶことができます。

最新の機材でプロとしての技能を磨くことができます。マスコミ学で業界の今も学べます。

6:東京映画・俳優&放送芸術専門学校

映画監督を目指せる8つの学校|映画監督の7つの仕事内容の紹介
東京映画・俳優&放送芸術専門学校では、自由な雰囲気の中でのびのびと映画監督の知識を学んでいくことができる専門学校です。

東京映画・俳優&放送芸術専門学校では、貸し出し・持ち出し可能な最新機材で映画監督の勉強ができます。映画監督としての知識を基礎から学びながら、カメラ技術などの専門知識も同時に学べる制度があります。就職時にも有利なカリキュラムが実現している専門学校です。

7:阿佐ヶ谷美術専門学校

阿佐ヶ谷美術専門学校は、映画監督としての知識がしっかりと学べる専門学校です。

阿佐ヶ谷美術専門学校は、デザインと美術をバランスよく学べる学校です。専門的な機材が揃えられていて、講師やスタッフも充実しています。映画監督に必要となる映像技術を、基礎からしっかりと学べる専門学校です。

8:専門学校 名古屋ビジュアルアーツ

専門学校名古屋ビジュアルアーツは、就職に強い映画監督志望者におすすめの専門学校です。

魅力的なカリキュラムと校風が、エンタメやクリエイティブに強い人格を育ててくれます。業界への就職にも優位な、映画監督を目指す方向けの専門学校です。

能力を実績で示すことがなによりも重要

映画監督を目指せる8つの学校|映画監督の7つの仕事内容の紹介
優秀な映画監督になるためには能力を実績で示すことが重要です。

映画監督としてデビューすることは簡単な世の中になりましたが、有名な映画監督になれる人は一握りしかいません。彼らは優秀な作品を作り上げるとともに優秀なプロモーターでもあります。

映画監督になるためには技術力と一緒に、責任感・忍耐力・リーダーシップ・社交性・交渉力などのさまざまな資質が必要です。専門学校に通いながら才能を開花させていきましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related