Search

検索したいワードを入力してください

2019年04月23日

未経験で知識0でもアプリ開発はできる?おすすめのプログラミング言語7選

現代社会には欠かせないアプリは、開発の知識が全くない初心者でもきちんと学習すればアプリを制作することが可能です。アプリ開発に必要なプログラミング言語やアプリ開発の流れ、初心者でも分かりやすい学習方法を簡単にわかりやすくご説明します。

未経験で知識0でもアプリ開発はできる?おすすめのプログラミング言語7選

知識0からでもアプリ開発できる?

未経験で知識0でもアプリ開発はできる?おすすめのプログラミング言語7選
初心者でも、アプリ開発の知識が全くなくてもアプリ開発は可能です。

最近では、アプリ開発やプログラミング言語の基礎を学ぶことができる初心者用のテキストが数多く出版されており、休日やちょっとした空き時間だけで簡単なプログラムが作れます。

アプリ開発のメリット

すべてのアプリに共通しているメリットは「アクセスがワンステップで可能」ということです。

アイコンからタップするだけで瞬時にアクセスできる手軽さが現代人のニーズにマッチしており、クーポンやプッシュ通知、アイコンのデザインによる集客効果や大幅な売上増加を見込むことができます。

アプリ開発の流れ

アプリ開発の手順は、「企画・設計」「制作・開発」「公開・運用」と大きく3つの工程に分かれます。これは企業としての業務だけでなく、個人でアプリを制作する時にも当てはまります。

全てを書き出すと膨大な量になるので、絶対にやっておくべき作業や工程を重点的に書いていきます。

アプリの企画

最後まで目的や目標がぶれることなく達成できるコンセプトを立てることが重要です。上手く形にならない場合は、5W1Hを使って書き出してみる方法もあります。

コンセプトがまとまったら、「ペーパープロトタイプ」でアプリの完成イメージ図を手描きで紙に描きだしていきます。多少時間はかかりますが、実装してから問題を発見した時よりも修正が容易です。

アプリ開発の実施

アプリ開発をスムーズに進める鍵は、企画案をとことん細かく詰めておくことです。

ペーパープロトタイプで作った完成イメージ図だけでなく、アプリの要件定義書や画面遷移図など、企画段階で行わなければならない事項を繰り返し精査することで、実装段階になってからの大幅な修正や作り直しが発生する確率が格段に減ります。

アプリ開発のテスト

何度も入念なテストを行うことで、リリース後のシステムトラブルを防げます。

アプリのテストはシミュレータやエミュレータ、iPhoneやAndroidの実機、クラウドを利用します。テストの種類としては、表示テスト、動作テスト、単体テストなどがあり、これらを少しずつ進めていきながら完成へと近付けていきます。

アプリの公開

審査を通過したアプリでも最初から順風満帆にいくことは少ないです。

iPhoneアプリの配布には審査が必要ですが、どれだけ企画段階やテスト段階でバグが発生しないようにアプリ開発しても、予期せぬシステムトラブルは高い確率で発生するので、定期的にメンテナンス作業を行う必要があります。

アプリ開発に必要なこと

アプリ開発やプログラミングの習得も大切なのは「とにかく楽しむこと」です。楽しむ気持ちを持たないと、苦行になってしまい学習へのモチベーションもなくなってしまいます。

焦らずにゆっくりと自分のペースで進めたり、初心者用のテキストに書かれているサンプルコードを入力して実際に動かしたりすることで少しずつ理解することが可能なので、それに応じて楽しめることも少しずつ増えていきます。

作りたいものをイメージ

まずは今から自分が作るものをしっかりと理解してイメージしましょう。作りたいアプリの大まかなイメージを、ひとまず紙に描き起こしてみるのも一つの手段です。

イメージを保ちつつプログラミング言語やアプリ開発の学習を続けていくと、理解のスピードも早くなります。楽しく勉強することを大切にすることで、モチベーションの上がり方や習得していく知識の量が全く変わってきます。

プログラミング言語を学ぶ

まずは図書館などで初心者用のさまざまな言語のテキストを借りてきてじっくりと目を通してみましょう。闇雲にテキストを購入しても費用がかさばるだけですが、図書館は誰でも利用することが可能で、時間をかけてゆっくりと目を通すことができます。

最初につまづきがちな環境設備に必要なソフトウェアやインストールの方法を詳しく掲載している本もあります。焦らずにテキストの指示に従って環境設備を行いましょう。

iPhoneアプリの開発に必要なもの

iPhoneアプリを作るためには、まずMacユーザーになる必要があります。

MacさえあればiPhoneアプリ開発の環境はすぐに作ることが可能です。アップル社はアプリ開発ツール「Xcode」を無償で提供しており、インストールさえしてしまえばその日のうちからアプリ開発に取り組むことができます。完成したアプリの配布には「iOS Developer Program」に有料加入する必要があります。

Androidアプリ開発に必要なもの

手持ちのパソコンがWindowsならソフトウェアを揃えるだけで開発環境が作れます。

Androidアプリ開発には「JDK」「Android Studio」「Android SDK」の3種類のソフトウェアが必須です。アプリ開発に必須の統合開発環境であるAndroid Studioと必要なツールが一式含まれているAndroid SDKは一緒にインストールされます。

アプリ開発におすすめのプログラミング言語

アプリ開発に欠かせないプログラミング言語は、言語によって使いやすさが異なります。ほとんどの言語はオープンソースコードなので、無償で簡単にインストールすることが可能ですが、言語の中にはアプリ開発よりWebページ開発に特化している言語や、言語同士での互換性が全くない場合もあります。

しかし、どの言語もアプリ開発においては必要となってくる言語です。今回は初心者用のテキストと一緒に紹介していきます。

1:Ruby

「プログラマーが書いて楽しい言語」として人気がある日本製のプログラミング言語です。

Rubyは最近のMacであれば最初からインストールされており、Windowsでも簡単にインストールができます。自分が使いやすいテキストエディターを使ってプログラミングができるので、プログラミング初心者の入門用言語として注目を集めています。

2:PHP

一言で説明するなら「Web開発に特化したプログラミング言語」です。

データベースとの連携機能や、メール送信、画像処理などPHP用のさまざまなライブラリが用意されており、これらを利用することでWeb開発を手軽に行うことが可能です。サーバーのメンテナンスやデータ集計など、Webアプリケーションの補助目的でも使用されています。

3:Python

一度に多くの文法をまとめて覚える必要がない「書き方の正解」があるプログラミング言語です。

Pythonはシンプルで、かつ処理の書き方が文法としてきちんと定義されており、ソースコードを書くことに特化したテキストエディターを使えば、初心者でも正しいプログラミングをすることが可能です。

4:Java

アプリ開発だけでなく、現代のネットワーク社会において絶対に欠かせない言語です。

充実したライブラリと呼ばれる部品の集まりが標準提供されているほか、複数の処理を同時並行的に動作させる機能、使われなくなったメモリ領域を自動的に整理してくれる機能、予期せぬエラーに遭遇してもプログラムの暴走を未然に防御する機能も備わっています。

5:JavaScript

Webブラウザとテキストエディターさえあれば初心者でもすぐに始められるプログラミング言語です。

Webブラウザに搭載されたのがJavaScriptの始まりで、名前にJavaと付いていますがJava言語に由来して名付けられただけで、Java言語との互換性は全くありません。情報通信システム関連の標準化団体が「ECMAScript」としてJavaScriptの言語の基本部分を標準化しています。

6:Perl

強力なテキスト処理機能を持つプログラミング言語です。文字列の検索や抽出はもちろん、正規表現による検索や置換など複雑なテキスト処理も可能です。

正式名称を日本語に訳すと「実用的なデータ抽出とレポート作成のための言語」になり、元々はUNIX上で利用できる言語として開発されました。現在ではほとんどのOSで利用が可能です。

7:Swift

Mac OS、およびiOSアプリ開発のための最も新しいプログラミング言語です。2014年にアップル社から発表され、可読性の高さと記述ミスによって生まれるバグの発生率の低さが特徴です。

これまでより処理が高速になり、専用ツールを使えばリアルタイムで開発コードの処理結果を確認できます。Swiftの発表と同時にマニュアルも無料提供しており、解説ビデオやサンプルコードを提供する専用サイトも公開されています。

アプリ開発のための勉強方法

未経験で知識0でもアプリ開発はできる?おすすめのプログラミング言語7選
アプリ開発を勉強する上で絶対抑えておきたいのは、既存のソースコードを活用できる「ライブラリ」、アプリ開発の土台となる「フレームワーク」、プログラミングによって外部のWebアプリを動かす「API」の3つです。

初心者でこれから独学で勉強しようと考えている人も、この3つをしっかり抑えておくだけでプログラムに対する理解度が大きく違ってきますし、実際にアプリ開発する時に効率よく開発することが可能です。

動画で学ぶ

一番手軽なのは学習コンテンツを配信しているWebサイトを利用することです。テキストと一緒に活用すれば理解できるまで何度でも繰り返し学習できます。

サクサクと進めたい人には3分動画で学習できる「ドットインストール」、会員費を払ってでもしっかりと学びたい人には「Schoo」をおススメします。アプリ開発に必要なプログラミング言語をどれだけ理解しているかを把握できるサイトもあるので成長具合が分かります。

セミナーで学ぶ

独学で勉強するよりも効率的に勉強することが可能です。アプリ開発のスクールやオンライン講座を効果的に利用すれば、費用も安く抑えることが可能です。

「TECH PLAY」を利用すれば、アプリ開発に関わるスクールやオンライン講座、専門学校などの情報はインターネット上で多数仕入れることができます。ほかにもIT勉強会やセミナー情報の検索サイトもあるので、自分に合った勉強法を探してみましょう。

知識がなくても勉強次第でアプリ開発はできる!

アプリ開発の知識は、就職や転職活動でも大きな武器になります。

最近では複数のアプリ開発を行うことで副収入を得る副業としても注目を浴びていますし、ゲームに興味がある人なら、キャラクターがどんな動きをしているのかを自分で把握することができます。ゲーム業界では入社試験の一環でアプリ開発を義務付けている会社もあるので、就職・転職活動でも身に付けておいて損することはありません。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related